ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CSK Winテクノロジ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CSK Winテクノロジ」に関する情報が集まったページです。

実践! IT資産管理の秘訣(7):
IT資産管理、ツールとベンダーの正しい選び方〜推奨機能の詳細資料も無償ダウンロード提供〜
一定規模以上の企業では必要不可欠となるIT資産管理ツール。複数のベンダーがツールを提供している中で、自社の目的に合うツールはどのように選べばいいのか? ツール選び、ベンダー選びの失敗しないチェックポイントを徹底解説する。(2015/9/16)

クラウド時代はITガバナンスの強化が重要に:
人、デバイス、データを三位一体で管理せよ――マイクロソフトがモバイル/ID管理スイート「EMS」を解説
日本マイクロソフトは2014年10月7日、法人向けのモバイル環境管理ソリューションに関するラウンドテーブルを開催。ユーザーID管理、デバイス管理、データ保護を実現するスイートソリューション「Enterprise Mobility Suite(EMS)」を説明した。(2014/10/8)

PR:辞めた社員がシステム侵入? うかつなAD管理が招く“最悪のシナリオ”
辞めたはずの社員が退職後も社内システムに侵入――。うかつなActive Directory(AD)管理が引き起こした“最悪のエピソード”をもとに、AD管理の方法を見直してみたい。(2013/11/28)

Microsoft Worldwide Partner Conference 2013 Houston report:
「グループ14万人もLync利用へ」 NECなどがパートナーアワードを受賞
世界中のパートナー企業の中から優れたパートナーを表彰する「Microsoft Worldwide Partner Award」。今年は4社の日本企業が受賞した。(2013/7/10)

真・Dr. K's SQL Serverチューニング研修(6):
キャッシュを無駄遣いしないようにクエリを書く
実行プランを調べて、効率の良いクエリを書くことを意識している人は多いと思います。しかし、SQL Serverの性能を引き出すにはそれだけでは不十分です。今回は、SQL Serverの性能を引き出すクエリの書き方を解説します(編集部)(2012/2/23)

2011年上半期ホワイトペーパーランキング
2011年上半期、最も読まれたセキュリティ関連のホワイトペーパーは?
2011年上半期は、スマートフォンやタブレット端末向けのセキュリティ対策を記したホワイトペーパーが人気を集めた。ダウンロードランキングトップ10から、ユーザー企業の関心事項を探る。(2011/8/8)

自治体やNPO向けに「復興活動支援クラウド」を提供――MSとCSK Win
日本マイクロソフトとCSK Winテクノロジは、被災者からの要望や問い合わせなどの情報をクラウド上で一元管理するためのサービスを開始した。(2011/4/1)

まる分かりIT基礎解説「メール誤送信対策」
読めば分かる! メール誤送信対策
TechTargetジャパンで過去に掲載したメール誤送信対策の記事を集約した。製品導入前に企業でできる対策や各ベンダーから提供されている誤送信対策製品を紹介する。(2011/3/25)

震災復興のためのリンク集
被災者および被災支援者・企業・団体向けのベンダー支援
東北地方太平洋沖地震とそれに続く一連の地震や津波被害で多くの方々が被災された。それに対してITの面から支援を名乗り出たベンダー各社の情報を集約した。(2011/3/17)

真・Dr. K's SQL Serverチューニング研修(5):
64ビット時代の「バランスド・システム」
64ビットプロセッサなど、最新技術が普及するにつれて、「バランスド・システム」を作るための考え方も変わってきています。今回は64ビットプロセッサやマルチコアプロセッサを使いこなすための考え方を解説します(編集部)(2011/1/25)

NEWS
CSK Winテクノロジ、メール誤送信防止製品「PlayBackMail」に月額150円のSaaS版を追加
「一時保留」「添付ファイルのパスワード付きZIP変換」「Bcc強制書き換え」などの機能で人的ミスから起こる誤送信を防止する。(2011/1/14)

誤送信対策製品一覧
ベンダー各社から提供されている誤送信対策製品を紹介する。(2010/11/16)

真・Dr. K's SQL Serverチューニング研修(4):
DB管理者がいますぐ確認すべき3つの設定
SQLをうまく書くことだけがチューニングではありません。まずは、この3つの設定をチェックすることからはじめよう(編集部)(2010/9/6)

真・Dr. K's SQL Serverチューニング研修(3):
内部動作を知らずしてチューニングは語れない
パラメータの設定値で、あなたの実力まで分かってしまいます。3種類のラッチ動作を学び、自信の持てる設定を解説します(編集部)(2010/7/26)

ホワイトペーパー:
誤送信対策「PlayBackMail」の導入効果
やり直しができるという安心感のあるメール環境を提供する手法を導入効果を交えてご紹介します(提供:CSK Winテクノロジ)。(2010/7/21)

今こそ考えたい“誤送信対策”
電子メールの「誤送信」について、企業でできる対策の考え方、および各社から提供されている製品・サービスを紹介する。(2010/6/30)

誤送信対策製品紹介:CSK Winテクノロジ編
ユーザーに負担を掛けずにメール誤送信を防止できる「PlayBackMail」
情報漏えいの原因として上位に挙げられることの多い電子メールの誤送信。CSK Winテクノロジでは「一時保留」「暗号化」「Bcc強制書き換え」という3つの誤送信防止のアプローチを用意している。(2010/6/16)

真・Dr. K's SQL Serverチューニング研修(2):
CAT秘伝、バランスド・システムの考え方
SQL Server特A級エンジニアの集まり、CAT(Customer Advisory Team)。パフォーマンスを最大限に引き出すハードウェアの組み方を、Dr.Kが伝授します(編集部)(2010/6/9)

OfficeとSharePoint 2010、100組織が早期導入を予定
Office2010とSharePoint 2010の導入を決めた組織は100組織に上る。(2010/5/28)

真・Dr. K's SQL Serverチューニング研修(1):
パフォーマンスを語るために歴史を語ろう
日本におけるSQL Serverコンサルタントの第一人者、熊澤幸生氏によるSQL Server詳説シリーズが帰ってきました。2008 R2に至るまでの歴史を振り返り、その先の世代に向けた展望までも語ります(編集部)(2010/5/10)

NEWS
マイクロソフト、Office 2010導入時の検証・トレーニングコストを削減する企業向け支援策
マイクロソフトは次期Office製品に関する記者説明会を開催し、既存版との互換性検証やトレーニング・インストール作業に掛かるコスト削減策を紹介した。(2010/3/30)

MSがOffice導入時の課題を払しょくするための取り組み発表:
2万人の企業がOfficeの互換性検証にかかるコストは3億円
(2010/3/29)

重要度に応じて電子ファイルを保護するソリューション、NRIセキュアが拡充
NRIセキュアは複数企業と協業し、電子ファイルを重要度に応じて識別・整理するソフト製品を活用したソリューションを展開すると発表した。(2010/1/27)

ホワイトペーパーレビュー
メール誤送信対策を読み取る3つのホワイトペーパー
あて先や添付するファイルを間違ってメールを送ってしまい、後で「しまった」と気付く――これを“なかったこと”にするのがメール誤送信対策だ。メール誤送信対策を理解できる3つのホワイトペーパーを紹介する。(2009/12/9)

CSK Win、誤送信メールを代理削除できる新製品
CSK Winテクノロジは、メールの誤送信を防ぐ製品「PlayBackMail」に社内の人間が代理削除できる新機能を搭載した。(2009/11/20)

NEWS
CSK Win テクノロジ、Outlook環境の誤送信を防止する専用ツールを発売
Outlook 2007および2003に対応した専用ツール「ホッとLOOK」を発売。あて先の顔写真を表示するなど、ユニークな誤送信防止機能を提供する。(2009/6/19)

ホワイトペーパー:
5分以内に気付くメールの「うっかり送信」をなくせる3つの方法とは?
メール誤送信による情報漏えいが今なお続いている。企業に求められるのは、メールを頻繁に使うユーザーが安心して業務を行える環境、ヒューマンエラーが起こっても安全な環境であることだ(提供:CSK Winテクノロジ)。(2009/3/31)

アップデーティング・メールセキュリティ2009
今こそ考えたい「メールセキュリティ」
ウイルス対策、アーカイブ、誤送信対策、SaaS型システム。メールセキュリティに必要なのは最新情報のアップデートだ。@IT主催セミナーの資料をはじめ、メールセキュリティに必要なコンテンツを紹介する。(2009/3/18)

ホワイトペーパー:
「メールをうっかり送信」のミスはやり直せる!
日常的に発生する電子メールの誤送信。初歩的な「うっかりミス」を自分自身でやり直せるメール誤送信防止ソリューションを紹介する(提供:CSK Winテクノロジ)。(2008/11/14)

LAMP対抗の新エディション追加:
マイクロソフト、「SQL Server 2008」日本語版の提供を開始
MSは、大規模なデータベースの運用に適した「SQL Server 2008」の提供を開始した。Webアプリケーションなどに使用範囲を限定した新エディションも追加している。(2008/8/1)

NEWS
LAMPからの乗り換えを狙う──MS、SQL Server 2008日本語版を提供開始
マイクロソフトはMicrosoft SQL Server 2008日本語版の提供を開始した。新たなエディション「SQL Server 2008 Web」投入により、Webアプリケーション分野での製品拡充を狙うという。(2008/8/1)

CSK Winとセンドメール、電子メールの“うっかり”送信を防ぐ新製品
CSK Winテクノロジとセンドメールは、電子メールの誤送信を防止する「PlayBackMail」を発売する。(2008/2/27)

グループウェア分野で業務提携――日本HP、マイクロソフト、CSK
グループウェアソリューションの販売促進に向けて、日本HP、マイクロソフト、CSK Winテクノロジの3社は協業した。(2007/11/14)

Dr. K's SQL Serverチューニング研修 Part II(2):
チューニングに大変革をもたらす動的管理ビュー
日本におけるSQL Serverコンサルタントの第一人者、熊澤幸生氏にチューニングのノウハウを語っていただくシリーズの第2弾は、SQL Server 2005に特化した内容をお届けする。インタビュアーは引き続き、SQL Serverへの造詣が深いITジャーナリスト、工藤淳氏が担当する。(編集部)(2007/9/10)

ホワイトペーパー:
コラボレーション方式採用でチューニングが不要になるスパムフィルタ技術
管理者は増え続けるスパムメール対策に常に頭を痛めている。スパムメールは巧妙化し、既存のスパムメール対策では効果が上がらなくなっている。完ぺきにスパムをシャットアウトするために役立つ新しい方式を紹介する。(2007/7/11)

Dr. K's SQL Serverチューニング研修 Part II(1):
SQL Server 2005でガラッと変わった個所とは?
日本におけるSQL Serverコンサルタントの第一人者、熊澤幸生氏にチューニングのノウハウを語っていただくシリーズの第2弾は、SQL Server 2005に特化した内容をお届けする。インタビュアーは引き続き、SQL Serverへの造詣が深いITジャーナリスト、工藤淳氏が担当する。(編集部)(2007/7/10)

クエスト・ソフトウェア、新パートナーシッププログラムを開始
クエスト・ソフトウェアは日本での販売増を狙い、代理店制度の拡充と日本向け製品を強化する。(2007/2/20)

Dr. K's SQL Serverチューニング研修(9):
チューニングとは……スレッドとの格闘に尽きる
(2007/1/17)

Dr. K's SQL Serverチューニング研修(8):
進化するCPUをパワー全開で走らせるテクニック
(2006/12/7)

センドメールら、「みんなの意見は案外正しい」仕組みのスパム対策アプライアンス
センドメールら3社は、中小規模企業向けの迷惑メール対策アプライアンス製品「EasyNetBox for Spam Filter poweredby Sendmail」の販売を開始した。(2006/10/2)

Dr. K's SQL Serverチューニング研修(7):
I/Oボトルネックの病巣はこれで究明できる
(2006/9/12)

Dr. K's SQL Serverチューニング研修(6):
I/Oチューニングを成功させる必修ポイント
(2006/8/25)

Dr. K's SQL Serverチューニング研修(5):
排他制御の落とし穴を避けるインデックス設計
(2006/6/28)

Dr. K's SQL Serverチューニング研修(4):
排他制御メカニズムから“待ち”原因を究明する
(2006/5/30)

Dr. K's SQL Serverチューニング研修(3):
パフォーマンスを満たす物理メモリ量を算出する
(2006/4/11)

エイ・エヌ・テイとマイクロソフト、エンタープライズ市場での協業関係強化を発表
エイ・エヌ・テイとマイクロソフトは、エンタープライズ市場における「マイクロソフト技術を基盤としたシステム開発、システム構築」の需要増大に応えるために、協業関係の広範囲な強化を発表した。(2006/3/23)

Dr. K's SQL Serverチューニング研修(2):
誰も知らないメモリ・チューニングの極意を教えよう
(2006/3/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。