ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「復興」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「復興」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

5G時代の“au Design project”とは? 現代アート作品を5GとAR技術で体感できる「AR x ART」アプリ
KDDIは、au Design project [ARTS & CULTURE PROGRAM]の取り組みとして、現代アート作品を5GとAR技術で体感するアプリ「AR x ART」の提供を11月24日に開始した。第1弾として、「White Deer」「PixCell」などの作品で世界的に有名な彫刻家、名和晃平氏とコラボ。3つのアートエクスペリエンス(コンテンツ)を用意している。(2020/11/25)

都内のホテルは高値に:
訪日旅行者はいつ戻る? 東京五輪は?  「GoTo後の観光業」、復興への課題に迫る
全国の新規感染者数は2300人を超え、過去最多を更新し、先が不透明な旅行業界。「ポストGoToトラベル」が大きな課題となっている。日本と世界のコロナ感染対策の状況や違いなどについて、国際保健・医療政策のスペシャリストである慶應義塾大学 医療政策・管理学教室 特任助教の坂元晴香氏に取材した。(2020/11/19)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
星野リゾート星野佳路代表に聞く マイクロツーリズム成功の秘訣とポストコロナへの施策
コロナ禍でのマイクロツーリズムをはじめとした取り組み、ポストコロナへ向けた展望について、星野リゾートの星野佳路代表に聞いた。(2020/11/11)

2代目設計屋の事件簿〜量産設計の現場から〜(1):
【トラブル1】試作がそのまま使えない!? 3Dプリンタと量産金型の違い
量産樹脂製品設計の現場でよくあるトラブルを基に、その原因と解決アプローチについて解説する連載。第1回は、3Dプリンタで試作した製品を量産しようとした際、そのままでは金型に展開できず設計の見直しを余儀なくされた……というトラブルだ。問題の原因はどこか? その解決アプローチとは?(2020/11/12)

イノベーションは日本を救うのか(最終回):
イノベーションは日本を救うのか
長く続いてきた本連載も、いよいよ最終回を迎えた。連載名でもある「イノベーションは日本を救うのか」という問いへの答えを出してみたい。(2020/11/10)

調査レポート:
2020年度の建設投資は前年度比3.4%減の63兆1600億円、国交省
国土交通省が発表した資料「2020年度 建設投資の見通し」によれば、国内の建設投資は、1992年度の84兆円をピークに減少基調となり、2010年度には1992年度の半分程度にまで減少したが、その後、東日本大震災からの復興などにより回復傾向に転じている。2020年度は、2019年度の補正予算などに関連する政府建設投資が見込まれることから、63兆1600億円になる見通しだ。(2020/11/6)

いわき駅「浜べん」(1480円)〜常磐線全線運転再開記念! 駅弁で福島の漁業も復興を!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 福島県・いわき駅「浜べん」です。(2020/11/5)

Japan Drone2020:
ドローン開発を加速させる「福島ロボットテストフィールド」の有用性を訴求、田中前復興相
国際的なドローン展示会「Japan Drone2020」で、田中和徳前復興大臣が登壇し、2020年10月22日に開所したドローン・ロボットのオープンな実験場「福島ロボットテストフィールド」の存在意義について有用性を説いた。(2020/10/27)

「iPhone 12」「12 Pro」を使って見えた、買い換えへの決断ポイントと新しい「Pro」の定義
Appleが2020年に投入する「iPhone 12」の中で、スタンダードモデルとなるiPhone 12とiPhone 12 Proを徹底比較。そこから見えてくることについて、林信行氏がまとめた。(2020/10/20)

コロナで生まれた新しい旅の形:
瀕死の観光産業を救うか? GoToで注目される「ずらし旅」とは
2021年3月期通期連結最終損益予想は、JR東日本が4180億円、JR西日本が2400億円のいずれも赤字と、かつてない状況となっている。東海道新幹線を運行するJR東海も8月が対前年25%、9月は23日までで対前年38%(いずれも東海道新幹線輸送量)と厳しい状況だ。そんな中でJR東海が仕掛ける「ずらし旅」とは?(2020/10/14)

スピン経済の歩き方:
「オレは絶対に悪くない!」という“他責おじさん”が、なぜ出世するのか
「オレは絶対に悪くないからな!」――。会社の幹部や上司の顔を思い出して、「いるいる。ウチの会社にもたくさんいるよ」と感じた人もいるのでは。なぜ、他人のせいにする人が出世するのか。その背景を調べてみると……。(2020/10/13)

産業動向:
新型コロナの建設雇用への影響は、“リーマンショック”と比べ上回るか?ヒューマン総研
ヒューマンタッチ総研は、新型コロナウイルス感染症の再拡大が懸念される中、建設業の雇用動向に及ぼす影響について、これまでとは異なるアプローチで、リーマショック時との比較から現況を分析した。(2020/10/8)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
6億人が旅行の中国「国慶節連休」、それでも売れる「巣籠もり家電」
中国で「国慶節」の8連休が10月1日に始まった。昨年の同連休では、旅行者数がのべ7億8200人、国内観光収入が6497億1000万元(約10兆円)だったが、コロナ後初となる今回の大型連休で、旅行と消費の動向が注目される。また家電セールも好調だ。(2020/10/8)

コロナ禍でテクノロジー関連予算が増加 取締役会が重視するIT投資先とは?
ガートナーによると、企業の取締役会メンバーの69%が、コロナ禍で「デジタルビジネスイニシアチブを加速させた」と回答し、さらにその約半数が「ビジネスモデルの変更」を想定していることが分かった。(2020/10/6)

デザインの力:
2020年度グッドデザイン賞発表、「LOVOT」や「VISION-S」などがベスト100に
日本デザイン振興会は「2020年度グッドデザイン賞」受賞記者発表会をオンラインで開催した。今回は、1395件がグッドデザイン賞を受賞し、そのうち特に審査委員会の高い評価を受けた100件のプロダクトやサービスに「グッドデザイン・ベスト100」が贈られた。(2020/10/6)

法話を動画で お坊さんYouTuber、小池陽人・須磨寺副住職
真言宗須磨寺派大本山・須磨寺の副住職、小池陽人さんが動画サイト「YouTube」で配信する法話が人気を集めている。小池さんは「新型コロナ禍で多くの方が不安や悩みを抱える社会だからこそ仏教を伝えたい」と話す。(2020/10/5)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
外食チェーンが郊外に簡易型店舗 から揚げやたこ焼きに商機見いだす
商業施設や都心部などの飲食店が苦戦している一方で、郊外などの“密”になりにくい場所での持ち帰り販売に商機を見いだす企業がある(2020/10/5)

静岡駅「幕の内弁当」(880円)〜静岡の幕の内が“今川義元”掛け紙にリニューアル!
(2020/9/23)

コロナ禍でもスーパーはオンラインより「リアル店舗」重視 消費者が求めるキーワードは「発見」や「社会貢献」
約9割の人がネットスーパーよりも食品スーパーを重視しています。(2020/9/22)

プロジェクト:
緑豊かな公園と調和する木造商業施設が木場で開業、方杖は木をイメージして配置
東急コミュニティーは、東京都江東区にある都立木場公園内で開発を進めていた複合商業施設「Park Community KIBACO」を2020年8月7日に開業した。Park Community KIBACOは、公園内の豊かな緑と調和するように、建物全体で木材を使用している他、屋上緑化を行っている。現在、Park Community KIBACOは、周辺住民が憩いの場として活用しており、賑(にぎ)わいを創出している。(2020/9/15)

「大変なこともまだまだたくさんあると思いますが」 スザンヌ、熊本豪雨で被災した小学校に駄菓子やおもちゃ630セットを支援
保護者から感謝のコメントも。(2020/9/10)

自然エネルギー:
国内初の「再エネ・クロス発電」が始動、1つの系統枠で太陽光と風力を同時運用
東光電気工事が1つの系統連系枠内で、太陽光発電と風力発電を同時に運用する「再エネ・クロス発電」を行う国内初の発電所の運用を開始。単独で発電を行うより、設備利用率を高められるのが特徴だという。(2020/9/10)

【装丁にこだわりまくった同人誌】メフィスト評論賞受賞者が“古き良き文芸誌メフィスト”を二次創作した『幻影復興 -メフィスト・リブート-』
掲載作品ではなく、雑誌そのものを二次創作。(2020/9/30)

「サクラ大戦」シリーズのスマホRPG「サクラ革命」発表 セガとディライトワークスがタッグ
プロジェクトのキャッチコピーは「日本、奪還。」。(2020/9/2)

建設業の人材動向レポート(24):
新型コロナウイルス感染症が建設業の雇用環境に与えた影響を検証、ヒューマン総研
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポートしている。今回は、新型コロナウイルス感染症の拡大が建設業の雇用環境に与えた影響について、各種統計データを基に分析した結果をまとめている。(2020/9/1)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
実用化が期待される「災害対応ドローンソリューション」の可能性
パーソル プロセス&テクノロジーは、ドローン関連のベンダーやシステムメーカーへの支援、ドローンを使ったソリューション提案を展開している。(2020/8/29)

メカ設計ニュース:
苦境に立たされる中小製造業に支援の手、meviyによる最大10万円の部品無償提供
ミスミグループ本社はオンライン記者説明会を開催し、部品調達オンデマンドサービス「meviy」による中小企業モノづくり支援策と今後のビジネス展開について発表を行った。(2020/8/26)

モーリシャス沖合の油流出事故に油吸着材を提供 エム・テックスのクラウドファンディングに注目集まる
水は吸わず、油だけを水を吸います。(2020/8/21)

宇都宮駅「きぶなカレー(レッドキーマ)」(800円)〜戦争と駅弁(2)
ためになる「駅弁」の歴史話第2弾。宇都宮駅に今春登場した新作駅弁「きぶなカレー」とともに駅弁の歴史を紹介していきます。(2020/8/21)

産業動向:
建設業への影響は軽微、ヒューマン総研がコロナ禍での雇用環境を独自分析
ヒューマンタッチ総研は、新型コロナウイルス感染症拡大が急速に悪化しつつある現在、建設業の雇用環境にどのような影響を及ぼしたか、各種統計から独自に分析した。レポートによれば、建設業の業況は、他産業に比べて比較的好調であり、新規求人の落込み幅も全産業で最小だったことが判明した。(2020/8/20)

蓄電・発電機器:
再エネ水素を上空のパイプラインで輸送、福島県浪江町で実証事業
福島県浪江町で再生可能エネルギーで製造した水素を、空中に敷設したパイプラインで輸送する実証の実施が決定。地上や地中のパイプラインを利用する方法と比較して、水素をより安全に輸送できる可能性があるという。(2020/8/18)

プロジェクト:
東急リバブル、熊本新市街ホテルプロジェクトの本体工事に着手
東急リバブルは「(仮称)熊本新市街ホテル・店舗複合開発 新築計画」のプロジェクトマネジメント事業を受託し、本体工事に着手した。新旧商業拠点を結び、まち全体の魅力の向上を推進する。(2020/8/17)

エモいレトロ車をリアルに再現 ミニカー付き「懐かしの商用車コレクション」が創刊
三輪車でしょ。四輪の免許? 二輪の免許かな?(2020/8/12)

災害遺構3D化で伝承 一生に一度の危機を生き抜くために
2018年の西日本豪雨で51人の犠牲者が出た岡山県倉敷市で、3Dデータを使って被災時の状況を伝承する取り組みが進められている。一生のうちに1回あるかどうかという頻度で起きる大災害の記録を3Dデータとして残し、長期的な記憶の伝承を目指す。(2020/8/12)

KAMIYAMA Reports:
長期的に円高の可能性はあるか
米ドル(対円)は短期的に大きな変化はないと想定している。弊社の2021年6月予想は1米ドル=108.50円(以下、1米ドルを省略)である。15年11月以降のトランプラリーでいったん100円程度から118円程度まで米ドル高となり、その後はおおむね105〜115円の範囲内で推移している。もちろん為替を予想することは難しいが、現時点では、今後もこの範囲を大きく逸脱すると考える理由が見当たらない。(2020/8/11)

モビリティサービス:
CASEで都市交通の利便性向上、国交省が先駆的なスマートシティー事業を選出
国土交通省は2020年7月31日、全国各地で推進されるスマートシティープロジェクトの中で、特に先駆的な取り組みが認められるモデル事業として「先行モデルプロジェクト」に7事業を選定したことを発表した。(2020/8/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの決意とその結果
残念ながらリーマンショックまでの10年間、トヨタは調子に乗っていた。毎年50万台水準で増産を続け、クルマの性能を無視してまで工数を削っていった。しかし結果、リーマンショックの時は15%の生産ダウンで、4600億円の赤字を計上した。そこからカイゼンを積み重ねたトヨタは、コロナ禍にあっても四半期で黒字を保てるほどの強靭(きょうじん)化を果たした。(2020/8/10)

冷静な判断奪う:
「2800億円を提供」 大手チェーン会長が魅了された「M資金」の魔力
先の大戦に敗れた日本を統治したGHQが接収したとされる巨額資産「M資金」を提供すると持ち掛け、多額の現金をだまし取った男らが、神奈川県警に逮捕された。大手飲食チェーンの運営会社会長が狙われ、30億円以上を詐取されたとみられる。(2020/8/3)

スザンヌ、豪雨被害を受けた熊本の小学校に物資支援 被災者からもらった感謝の言葉に「ホッとして嬉しくなりました」
スザンヌさんは熊本県北区の出身。(2020/7/30)

ポイントは「副業」ではなく「複業」:
コロナ機に大手でも採用の「社外プロ人材」 人事領域での活用ポイントは?
コロナを機に増えていきそうな、「社外人材の活用」。導入すべき企業や、人事領域で活用するポイントとは? 「人事の複業」として複数社で活躍する「マイクロ人事部長」の高橋実氏が解説する。(2020/7/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「前例がない」はチャンス! コロナ禍で動画PRは加速する?
前の状態に戻すのではなく新しい形に作り上げていく。それは「前例のない事をするチャンス」でもある。(2020/7/30)

スピン経済の歩き方:
古典的な手口で「30億円」! なぜコロワイドの会長はコロッと騙されたのか
また、企業の経営者が詐欺にだまされてしまった――。外食チェーンを展開するコロワイドの蔵人金男会長である。詐欺の手口は「古典的」なものなのに、なぜだまされてしまったのか。その背景に迫ってみたところ……。(2020/7/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
伝説的ギターの台帳に懸賞金 ギブソンが狙う「ブランド復興」
楽器メーカーの米ギブソンが、伝説的なエレキギター「1959年製レスポール」の販売台帳を見つけた人に懸賞金を支払うと呼びかけている。偽物が出回り、高額で取引されているからだ。一度は破産した同社が、歴史あるブランドを守り、復興させようとする一手だ。(2020/7/23)

「奇跡の1マイル」はシャッター通りに 国際通り
新型コロナの影響で、約80店が閉店・臨時休業に追い込まれている那覇市の国際通り。コロナ禍の前のにぎわいを取り戻そうと、26日からは毎週日曜日の歩行者天国が約3カ月ぶりに再開する。(2020/7/22)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
「GoTo東京除外」でハシゴ外されたJAL、ANA 大手の破綻相次ぐ航空業界の悲鳴
世界で経営が行き詰まる航空会社が相次いでいる。欧州の「ルフトハンザ」や、「エールフランスKLM」はすでに政府が資本注入することで合意。「GoTo東京除外」でハシゴを外されたJAL、ANAは?(2020/7/22)

すべてメイドイン福島の冷感マスクが再販 1枚1000円
メイドイン福島社(福島県福島市)は布製冷感マスクの再販を始めた。1万枚をオンラインで販売する。福島で企画、縫製した国産の布マスクとなる。大人用マスクと子供用マスクがあり、それぞれ1000円(税込み)。(2020/7/21)

地方の再生は災害対策シミュレーションから? 大林宣彦監督の“尾道三部作”で、ITを使った街の再生を考える
大林作品のみならず、映画やアニメのロケ地として知られる尾道。しかし、その現状はバラ色ではない。(2020/7/20)

ハワイ州、主要5空港にNECの感染症対策ソリューションを導入 非接触検温や顔認証で水際対策を実現
NECは、ハワイの主要5空港に、顔認証・映像分析技術とサーマルカメラを活用し、渡航者の体表温度の測定と体表温度の高い人物の特定を効率化するソリューションを導入する。新型コロナウイルス感染症への水際対策として、ハワイ州の観光とビジネスの復活に貢献するという。(2020/7/20)

サングラスと麦わら帽子の「ピカチュウ」が帰ってきた ポケモンGOで夏のイベント 「チュリネ」初登場
ポケモンGOで17日、「盛夏イベント」が始まりました。第5世代のポケモン「チュリネ」と色違いの「マダツボミ」が初実装。「サマースタイルピカチュウ」も2年振りに帰ってきました。(2020/7/17)

飲食店を科学する:
マックがコロナ禍でも好調なのは大手ファストフードだから? 公式アプリ「6600万ダウンロード」の本質
マクドナルドの業績は好調だった。その理由は持ち帰りに適した業態だったからなのだろうか。筆者は他を圧倒する公式アプリのダウンロード数に注目する。(2020/7/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。