ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドコモ光」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドコモ光」に関する情報が集まったページです。

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
“おかわり”がうれしい「ahamo大盛り」 Apple Watch対応で死角なし?
NTTドコモが6月、ahamoのオプションサービスとして「大盛りオプション」の提供を開始します。このオプションは思った以上に便利に使えそうなので、その詳細をチェックしてみましょう。(2022/5/18)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【5月最新版】 最新スマホもお得に入手
職場や学校で新年度を迎えてバタバタした月も終わり、身の回りの整備を始めることも多い5月。今月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/5/15)

ahamoで若年層獲得も、通信事業は減収減益のドコモ 値下げはまだ続く?
ドコモの2021年度の業績は減収増益となった。2022年度は法人事業とスマートライフ事業を強化して、2つ合わせて通信事業以上の業績を目指す。ahamoの提供で若年層は獲得できたので、そうした層が楽しめるコンテンツも強化していく。(2022/5/13)

NTTコミュニケーションズが「OCN モバイル ONE」などコンシューマー事業をNTTレゾナントに移管 7月1日付
NTTドコモのグループ再編の一環として、NTTコミュニケーションズのコンシューマー事業がNTTレゾナントに移管される。7月1日からサービスの提供元が変更されることになるが、既存ユーザーは特に手続きをする必要はない。(2022/4/27)

総務省「スマホ乗り換え相談所」で見えた、脱・格安スマホと乗り換えの壁
2021年は政府の呼びかけにより、オンラインブランドの提供開始や「スマホ乗り換え相談所」の実証実験が行われた。この「スマホ乗り換え相談所モデル事業」の効果や課題について振り返っていく。(2022/4/26)

石野純也のMobile Eye:
ドコモに聞く「ahamo大盛り」導入の狙い 想定を超えた利用で“軌道修正”も
サービスインから1年間、料金プランに大きな変化がなかった「ahamo」が、80GBのデータ容量を追加できるオプションを6月に開始する。シンプルで分かりやすいことをコンセプトに始めた料金プランということで、オプションも80GB一択にした。低容量プランはエコノミーMVNOですみ分けを図っていく考えだが、課題もある。(2022/4/23)

スマホ料金プランの選び方:
ドコモ「5Gギガライト」から「ahamo」へ、「dカード GOLD」から「dカード」への乗り換えを検討した結果
毎月、利用するデータ量は多くても5GB程度の筆者はドコモの「5Gギガライト」を利用しているが、「ahamo」の登場で事情が変わった。ahamoは月額2970円で20GBのデータが利用でき、国内通話は5分まで何度でも無料。そこで今回、重い腰を上げて、真剣に乗り換えを検討してみた。(2022/4/14)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【4月】 スマホをお得に手に入れよう
新年度になり、新しくスマホを持つ家族が増えたり、機種変更を行う人は多いだろう。キャリア変更を行うこともある。では、4月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/4/14)

スマホ料金プランの選び方:
「ahamo大盛り」はどれだけお得? 無制限プランやpovo2.0と比較してみた
ドコモが2022年6月から、月額4950円で100GBのデータ通信を利用できる「ahamo大盛り」を提供する。100GBもの容量があれば、固定回線のように使うことができるという人もいるだろう。各社が提供している無制限や大容量のプランと比べて、ahamo大盛りがどれだけお得なのかをチェックした。(2022/3/29)

なぜ今、ドコモが固定電話サービスを始めるのか? 「homeでんわ」の狙いを聞く
ドコモが2022年3月29日の提供開始する「homeでんわ」。LTEの通信を利用して「03」などの市外局番から始まる固定電話番号からの受発信ができるサービス。発表直後より注目を集めているが、その狙いはどこにあるのか。なぜhome 5Gと同じタイミングで提供しなかったのか、固定電話サービスを提供するNTT東西とはどう調整を図ったのか。詳細を聞いた。(2022/3/28)

ahamoはなぜ「大盛り」で大容量を拡充するのか 小容量プランはどうなる?
NTTドコモが、月額4950円(税込み)で100GBまでのデータ通信を利用できる「ahamo大盛り」を6月から提供する。ahamoのメインターゲットである20〜30代ユーザーのデータ通信量が年々増加している。一方、小容量プランについては、現時点で提供する予定はないという。(2022/3/23)

NTTグループ、3月31日までウクライナへの国際通話などを無償化
NTTグループ各社はウクライナへの国際通話などが必要なユーザー、ウクライナへ渡航中のユーザーへ対象サービスを3月31日まで無償化する。(2022/3/7)

ドコモの一部サービスでインターネットが利用しづらい状況に 原因は調査中【※「回復」と発表】
【※2月1日15時追記】利用しづらくなったのはspモードなどのモバイルインターネットサービス。(2022/2/1)

石野純也のMobile Eye:
au、ソフトバンクを追いかける「ドコモでんき」の勝算 “10%還元”がどこまで響くか
NTTドコモは、3月1日からコンシューマー向けの電気サービスとなる「ドコモでんき」を提供する。「ドコモでんき Green」では基本料金として500円がかかるが、最大10%のdポイントが還元される。auやソフトバンクが提供している電気サービスとは何が違うのか。(2021/12/25)

「ドコモでんき」が2022年3月開始 再エネプランでdポイント最大10%還元
NTTドコモは、新電力サービス「ドコモでんき」を2022年3月1日より提供する。再生可能エネルギーを活用する「ドコモでんきGreen」では、ドコモの回線やdカード GOLDの契約状況に応じて、電力料金から最大10%をdポイントで還元する。ポイント増額の対象となる携帯料金プランは「ギガホ」「ギガライト」「ahamo」など。(2021/12/23)

外付けの「Wi-Fi 6アダプター」は通信環境を改善する? バッファロー「WI-U3-1200AX2」を試す
バッファローがUSB 3.0接続のWi-Fi 6アダプターを発売した。Wi-Fi 6ルーターのある環境下でどのくらいの通信速度の改善効果があるのか、簡単ではあるがチェックした。(2021/12/16)

NTTドコモに聞く「エコノミーMVNO」の勝算 収益性や参画のハードルはどう見る?
NTTドコモの「エコノミーMVNO」が始動し、10月からはNTTコミュニケーションズのOCN モバイル ONEが、ドコモショップでの契約に対応。12月にはフリービットグループのトーンモバイルも、「トーンモバイル for docomo」の提供を開始する。そんなエコノミーMVNOの狙いをドコモに聞いた。(2021/11/30)

“低廉な料金と多様なニーズ”に対応 ドコモ「エコノミーMVNO」の狙い
NTTドコモが10月7日、dアカウントやdポイントを活用した「エコノミーMVNO」について発表した。エコノミーMVNOは、低容量かつ低廉な料金サービスを利用したいユーザーのニーズに応えたもの。ドコモから移行したとしても、dアカウントを軸とした非通信分野での収益向上を図るという狙いもある。(2021/10/8)

ドコモ、「dTVチャンネル」を2022年3月31日に提供終了
NTTドコモは、多彩な専門チャンネルが見放題となる月額858円(税込み)の映像サービス「dTVチャンネル」を2022年3月31日に提供終了する。新規受付停止は2021年11月30日で、各種セット割料金の終了と価格の改訂も行う。(2021/9/30)

ドコモが「U30ロング割」を9月21日から提供 30歳以下なら「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」がずっと割引に
NTTドコモが、満30歳以下のユーザーを対象とする新たな割引サービスを開始する。適用当初の6カ月間は割引額が大きくなることが特徴だが、それ以降も毎月550円の割引が自動適用される。【更新】(2021/9/17)

「dカード」「dカード GOLD」会員数が1500万を突破 最大1万ポイント付与のキャンペーンも
NTTドコモのクレジットサービス「dカード」「dカード GOLD」会員数が9月9日に1500万を突破。これを記念し、9月16日〜11月30日に最大1万ポイントが貰える紹介キャンペーンを開催する。(2021/9/15)

「home 5G HR01」クイックレビュー 固定回線を引けない家庭の“救世主”になるか?
NTTドコモのホームインターネットサービス「home 5G」が始まった。その実像はどのようなものか、簡単ではあるがレポートしてみたい。(2021/8/31)

ぷらら、「ゲーミング光回線」βテスター募集 大手タイトルへの通信経路を短縮
NTTぷららがeスポーツゲーマーに特化した光回線のクローズドβテスターを募集している。大手タイトルへのゲームサーバへの通信経路を短縮するなどして、ラグを減らしているという。(2021/8/25)

ドコモの「home 5G」は8月27日サービス開始 月額4950円
NTTドコモの「home 5G」のサービス開始日が8月27日に決定した。前日の8月26日までに予約すると、期間・使途限定のdポイントがもらえるキャンペーンも実施している。(2021/8/19)

4キャリアでスマホをお得に入手するには? 通信料の割引は? 8月のキャンペーンまとめ
ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアでは、端末代金や月額利用料金を割り引くキャンペーンを多数実施している。併用ができるものや、8月限定で実施しているものもある。それぞれのキャンペーンの注意事項もあわせて確認しよう。(2021/8/17)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンクとドコモの決算を振り返る ahamoやLINEMOなど新料金の影響は?
ソフトバンクは8月4日、ドコモは8月6日に第1四半期の決算を発表した。業績自体は好調ながら、どちらも2月、3月以降の料金値下げや新料金プランの導入が響き、通信料収入は減収に見舞われている。一方で、ソフトバンクとドコモを比較すると、中身には少々違いがある。(2021/8/7)

オリコンが調査:
満足度の高い「インターネット回線」ランキング 1位は?
oricon ME)は、「インターネット回線」における顧客満足度調査の結果を発表した。1位になったのは?(2021/6/5)

携帯各社が「電話リレーサービス料」に関する方針を発表 2021年度は7月から7カ月間徴収へ
7月から公的制度としてスタートする「電話リレーサービス」の利用料負担について、携帯電話事業者が相次いでWebサイトなどで告知を開始した。基本的にはユーザーへの負担を求めることになるが、楽天モバイルでは一定の条件を満たす契約はユーザーへの負担を求めない。(2021/6/1)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが固定代替サービス「home 5G」を始める狙い 他社サービスとの違いは?
コロナ禍で家中での通信環境に注目が集まる中、ドコモは5Gを使った新たなサービス「home 5G」を提供する。固定回線の代替としてモバイル回線を使う仕組みで、ホームルーターの「home 5G HR01」も用意。このhome 5Gを他社のサービスと比較しつつ、ドコモの狙いを読み解いていきたい。(2021/5/22)

5Gは400万契約を超えて「普及期に」 ドコモ夏商戦発表会で語られたこと
NTTドコモが5月19日、2021年夏の新サービスと新製品を発表した。5Gの契約者数は400万を超え、「本格的な普及期に入った」と井伊社長は話す。ユーザー一人一人の声に耳を傾け、発表会のテーマを「5G for individuals」とした。(2021/5/21)

モバイルルーターにも新製品:
ドコモがホームルーター「home 5G」を提供 月額4950円(税込み)でスマホとのセット割も提供
NTTドコモが、5Gネットワークに対応するホームルーターを発売する。5Gギガホ プレミアよりも手頃な専用プランを用意し、「ドコモ光」とは違った形でのブロードバンドの普及を図る。(2021/5/19)

ドコモは積極的、auは慎重――携帯電話回線の「Web解約」受け付け、各社の状況は?
NTTドコモが3月24日からWebを使った携帯電話回線の解約を受け付け始めた。一方で、KDDIと沖縄セルラー電話が展開するauブランドでは、Webを使った解約手続きの導入に消極的なようだ。総務省の会合で、KDDIはその理由を説明した。(2021/4/26)

「dカード GOLD」の会員数が800万を突破 ahamo限定10%還元も
NTTドコモの提供するクレジットサービス「dカード GOLD」の会員数が、4月9日に800万を突破。入会すると携帯電話やドコモ光の利用料金の支払いでポイントがたまり、ahamo限定で利用額の10%還元特典も利用できる。(2021/4/16)

ドコモ「ギガプラン」と「ahamo」を比較 移行する際の注意点は?
大手キャリアが提供しているオンライン専用プランでは、利用できるサービスを限定することで、割安な基本料金を実現している。本稿では、NTTドコモの「ギガプラン」に該当する料金プランと、オンライン専用プランの「ahamo(アハモ)」の内容を比較。料金差や利用できるサービスに違いについてまとめた。(2021/4/15)

ドコモがWebでの「回線解約」を受け付け開始 dアカウントが必要
NTTドコモが、My docomo(Web)において携帯電話回線の解約と、即時解約を伴うMNP転出の手続きを受け付け始めた。契約状況によっては従来通りドコモショップでの手続きが必要な場合もあるので注意しよう。(2021/3/24)

1人暮らしの94.5%が携帯以外の自宅回線あり Office Withが調査
Office Withは、1人暮らし世帯を対象としたネット環境の利用状況調査を発表。94.5%が自宅に携帯電話以外の通信環境があると回答し、そのうち75.3%が光回線などの固定回線という結果になった。(2021/3/23)

ahamoはどんな人にオススメ? 「1人暮らし」から「家族での利用」までを検証
ドコモは3月26日から、月額2700円(税込み2970円)で通信量20GB、通話1回5分無料の新プラン「ahamo」を提供する。現在、家族でドコモを利用中の場合もファミリー割引などを維持したまま移行しやすいプランとなっている。この記事では、ahamoにすると既存のドコモのプランより安いのか、1人暮らしや家族での月額料金について検証した。(2021/3/14)

「ドコモ光」が700万契約を突破
NTTドコモの提供する光ブロードバンドサービス「ドコモ光」が、2月19日に契約数700万を突破した。(2021/2/22)

ドコモ、請求書などの再発行を有料化 4月請求分から
NTTドコモが、これまで無料としていた携帯電話料金の請求書や口座振替案内などの書類再発行を有料化する。(2021/2/8)

ドコモが請求書などの再発行を一部を除き有料化 2021年4月請求分から
NTTドコモが、紙の請求書類の再発行を原則有料化することになった。2021年4月請求分から適用され、手数料は新規発行時と同額となる。(2021/2/8)

石野純也のMobile Eye:
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの決算を振り返る 非通信分野が収益回復のカギに
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの2020年度第3四半期決算が出そろった。コロナ禍で企業のデジタルシフトが進んだこともあり、非通信領域が各社とも好調だ。金融・決済関連のサービスも、順調に拡大している。ただし非通信分野の攻め方は3社3様だ。(2021/2/6)

「ahamo」は事前エントリーで100万突破 井伊社長は“ドコモの強み”を再認識
NTT持株とNTTドコモが合同で決算会見を開催。ドコモの第3四半期は減収増益となり、料金値下げによってさらに減収影響が出てきそうだが、井伊社長は非通信分野を強化する姿勢を改めて示した。新料金プラン「ahamo」は事前エントリーで100万を超える申し込みがあった。(2021/2/5)

対応端末は3月1日発表:
ドコモの「ahamo(アハモ)」は3月26日スタート プラン変更でも利用期間を引き継ぎ
NTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」の提供開始日が3月26日に決定した。既存ユーザーは契約期間を引き継いだままプラン変更が可能だ。対応端末は3月1日に発表される予定だ。(2021/2/5)

55万人超えの申し込み:
ソフトバンク、KDDIとの頂上決戦  NTTドコモの新プラン「アハモ」担当者に狙いを聞いた
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク。携帯大手3社のスマートフォン利用料の値下げ案が出そろった。3月から新しい料金体系による販売競争が始まる。ドコモが2020年12月に若者をターゲットに打ち出した新料金プラン「ahamo(アハモ)」は、発表後1カ月で50万人以上が申し込むなど注目を集めている。「アハモ」のサービス設計者らにインタビューして狙いを探ってみた。(2021/2/4)

3キャリアの20GBプラン「ahamo」「SoftBank on LINE」「povo」を比較 違いは?
ドコモ、ソフトバンク、auのオンライン専用20GBプランをまとめる。月額料金はahamoとSoftBank on LINEが2980円で同額、povoは2480円で500円安いが、これは5分かけ放題がオプション扱いのため。キャリアメールには3プランとも対応しておらず、メインブランドから乗り換える際のハードルになりそうだ。(2021/1/20)

ドコモのahamo、割引条件明らかに
NTTドコモは3月から提供する新料金プラン「ahamo」の割引条件について詳細を明らかにした。公開したのは、「ファミリー割引」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」の3つの割引について。(2021/1/15)

ドコモが「ahamo」の提供条件を案内 発表時からの変更点は?
NTTドコモが1月14日、新料金プラン「ahamo」の提供条件をあらためて案内した。一部、2020年12月の発表時点から変更された。ファミリー割引に申し込み可能となり、ahamo回線に割引特典は適用されないが、家族回線にはカウントされる。(2021/1/14)

名言で振り返る、2020年のモバイル業界 楽天モバイルから5G、料金値下げまで
2020年のモバイル業界は「激動」と呼ぶにふさわしい1年でした。5Gの商用サービスや楽天モバイルの本格サービスが始まり、NTTによるドコモの完全子会社化や政府の強い要請による携帯料金値下げもありました。2020年を振り返る特別企画として、主要なトピックでキーパーソンが発した言葉を振り返っていきます。(2021/1/3)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
「Galaxy Note20 Ultra 5G」でドコモの「ミリ波5G」の実力を確認/ドコモが「国内完全無制限」の5Gプランを発表
NTTドコモのミリ波対応5Gスマートフォンでソフトウェア更新が相次いで行われ、ミリ波の5G通信を利用できるようになりました。その実力をチェックしてみましょう。(2020/12/29)

Mobile Weekly Top10:
ドコモが「5Gギガホ」「ギガホ」を値下げ/スマートフォン・オブ・ザ・イヤー開催!
NTTドコモが2021年4月から、大容量プランの値下げに踏み切ります。月間3GB以下なら自動で1500円値引きする新機軸もありますが、注意点もあります。(2020/12/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。