ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Dynamic Integrated Systems」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dynamic Integrated Systems」に関する情報が集まったページです。

「簡単・シンプル」は本当か?:
PR:富士通に聞く、ハイパーコンバージドインフラの「本当の話」
広告などでは「簡単・シンプル」とうたわれることが多いハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、実際に導入・運用する視点に立つと、まだまだ情報が十分とは言えない。そこで本稿では、HCI製品「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for VMware vSAN」の企業導入が急速に進展しているという富士通に、HCIのありがちな疑問や不安を導入・運用担当者の視点でインタビュー。HCIの「本当の話」を聞いた。(2018/2/28)

PR:運用管理に苦しむ情シスを救う「現実的な」ソリューションとは? ノークリサーチ・岩上氏に聞く
ITは進化しているはずなのに、運用管理の負荷は増える一方。ビジネスの要件に合わせて複雑さが増したシステムの運用管理をどう効率化すべきか。調査会社ノークリサーチの岩上氏と、富士通HCI製品の担当者がその解決策を話し合いました。(2018/2/14)

既存のK5サービスとの組み合わせも可能:
富士通とVMwareが協業を強化 K5上でVMware Cloud Foundationを提供
富士通とVMwareがクラウド分野の協業をグローバル規模で拡大する。富士通のクラウドサービス上でVMwareのクラウドソリューションを提供し、オンプレミスからクラウドへの移行を支援するサービスも提供する。(2017/8/30)

データベース運用管理の「4つの悩み」に迫る
「性能アップ、コストダウン」というOracle DBへの“わがまま”をかなえる方法
データベースのパフォーマンス低下は企業活動の機会損失につながりかねない。性能の向上と運用管理の効率化を、コストパフォーマンスを高めて実現する方法はないだろうか?(2016/6/1)

製造ITニュース:
デジタル革新に挑む富士通、新たなIoT基盤や人工知能も
富士通はクラウド、モバイル、ビッグデータ、IoTなど、先端技術を実装した新デジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(メタアーク)」を発表。新技術を投入したIoT基盤など、複数の新サービスを公開した。(2015/9/30)

データベース高速化のいま(4):
「アプリケーションアクセラレーター」か「NVMe+RDMA」か PCIeフラッシュストレージ技術の最前線
PCIe型フラッシュストレージも大容量化が進み、価格がこなれてきた。標準プロトコルか独自ドライバーか、実績か先進機能かと、選択肢が増えてきた魅力的なデバイスといえるだろう。新「Arrowhead」採用のハイエンドデータベースサーバーでの適用も。(2015/9/29)

基幹業務システムのコスト削減と運用効率化を支援:
PR:オープンな構成でハイエンド基幹業務システムを支えるデータベースシステムが備えるべきものとは?
従来、高価な構成でしか実現し得なかったミッションクリティカル系基幹業務システムも、OSS技術の発展やシステムパフォーマンスを最適化する仕掛けにより、より少ないコストで求められる要件を満たせるようになってきた。そのカギは運用の容易化/自動化機能を標準装備し、変化への対応能力を備えた最適統合されたデータベース基盤にある。本稿で取材した富士通は、一般に運用に高い技術力が必要とされるOSSを使いながら、各種自動化や高性能なハードウエアによる統合データベース基盤を提供している。編集部では、社会インフラや企業のハイエンド基幹業務システムに採用され始めた同製品を取材した。(2015/9/4)

Weekly Memo:
ビッグデータを活用するのは誰なのか
富士通が先週発表したビッグデータ関連ソリューションは、ビッグデータを活用するのは誰なのかについて考えさせられるものだった。(2014/5/19)

System Center 2012 R2で実現するクラウド的管理法(3):
PR:ハイブリッドクラウドの統合管理に向けて
Windows Server 2003のサポート終了まであと1年余り。多くの企業では、IT基盤の刷新を検討していることでしょう。今やクラウドは、新規システムの基盤、あるいは旧システムからの移行先として有力な選択肢の1つとなりました。しかし、IT環境の全てをクラウドに移行するというのは現実的ではありません。オンプレミスとパブリッククラウドを適材適所に組み合わせて利用する“ハイブリッド環境”こそが、今後のIT環境の主流になるでしょう。(2014/5/19)

富士通、業務部門向けのビッグデータ活用ソリューションを発表
富士通は、新たなビッグデータ利活用ソリューションとデータ管理基盤の提供、インテグレーション・サービスの強化で、業務部門によるビッグデータ利活用を促進する。(2014/5/13)

富士通、垂直統合型DBマシンにニューモデル
大容量データベースに対応した新モデルは従来比で1.5倍のトランザクション性能と、同6倍のデータベース容量を実現している。(2014/2/28)

導入事例:
足利銀行、113台のサーバを22台に統合へ
富士通の統合型システムを利用してサーバを集約する。(2013/12/12)

オンプレとクラウドの統合運用管理へ、富士通が新版ソフトを発売
オンプレミスやプライベートクラウド、パブリッククラウド環境を組み合わせて構築されるハイブリッド環境をワンストップで管理するための統合運用管理基盤を発表した。(2013/11/25)

3つのクラウド領域を進化させる富士通:
PR:マイクロソフトの"クラウドOS”に対応する富士通のクラウドへの新たな取り組み
富士通は、2013年11月20日にマイクロソフトとの協業として、クラウド分野での戦略アライアンスを発表。このアライアンスで富士通とマイクロソフトは、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドの3領域で協業し、ハイブリッドクラウドを実現する新たな製品やサービスで顧客のニーズに迅速に応えていく。(2013/11/21)

富士通とMicrosoft、クラウドサービスを大幅強化
Windows Server 2012 R2を含む3種類の新サービスを追加する一方、2011年から提供するAzureベースのサービスなどを刷新するという。(2013/11/20)

富士通が垂直統合型マシンの第2弾、仮想化・クラウド基盤向けモデルを投入
仮想化・クラウド基盤「FUJITSU Integrated System Cloud Ready Blocks」は、運用コストを最大60%削減するという。(2013/5/10)

ハイブリッドクラウド環境の構築も可能:
富士通、垂直統合型の仮想化・クラウド基盤製品を販売
富士通は5月10日、垂直統合型の仮想化・クラウド基盤「FUJITSU Integrated System Cloud Ready Blocks」を同日から販売開始すると発表した。富士通の垂直統合型プラットフォーム体系「Dynamic Integrated Systems」に基づく製品第2弾となる。(2013/5/10)

富士通、製品・サービス群を8つのコンセプトで体系化
富士通が、製品やサービス群を8つのコンセプトで体系化する新ビジョン「Fujitsu Technology Service Vision」を発表。今後はそれに基づき新製品や新サービスを開発、提供していく。(2013/4/10)

Weekly Memo:
NECが打ち出す垂直統合型システムの正体
NECが今春にもハードウェアやソフトウェア、ネットワークを一体化した垂直統合型システムを市場投入する。果たしてどんなものか。同社のキーパーソンを直撃取材した。(2013/1/28)

Weekly Memo:
激戦区「垂直統合型」システム市場の行方
大手システムベンダーから、ハードウェアとソフトウェアを一体化した「垂直統合型」システムが出揃ってきた。激戦区となりつつある同市場の行方やいかに。(2012/12/17)

富士通、垂直統合型データベースマシンを発売 「性能はオラクルと同等」
富士通がインメモリ型のデータベースアプライアンス製品を発売。ハードウェアとソフトウェアを組み合わせてチューニングを済ませた状態で出荷するため、設置したその日から利用できるという。(2012/12/7)

富士通が「垂直統合型」ラインアップを発表:第一弾はOSSを活用したSymfoware+PostgreSQL
富士通の垂直統合型システムはSymfowareの利便性とOSSの拡張性を両立させた構成になるようだ。(2012/12/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。