ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電線」に関する情報が集まったページです。

ドローン:
九州電力送配電の鉄塔点検にAIで器具を自動検出するドローン導入、テラドローン
テラドローンは、九州電力送配電の鉄塔点検に、AIで「碍子」を自動検出して撮影するドローン点検システムを導入した。(2024/5/15)

幻想的で美しい「藤の樹ランプ」が話題 「これがプラバン!?」「本物かと思った」と驚きの声
プラバンでこんな表現もできるんだ……。(2024/4/24)

頭脳放談:
第287回 金価格の高騰が半導体業界を直撃? そこで登場する意外な日本企業
有名企業の中には、一見、本業が半導体とは無関係ながら、本体や子会社で半導体関連事業を手掛けているところがある。半導体産業は、裾野が広いので、いろいろなところで有名企業(や子会社)の名前が出てくる。今回は、ちょっとニッチなワイヤボンディングに関わる会社を見ていこう。(2024/4/19)

新製品開発に挑むモノづくり企業たち(3):
発熱する繊維で食材を「チン」! 画期的なポータブルバックで狙う食文化の革命
本連載では応援購入サービス(購入型クラウドファンディングサービス)「Makuake」で注目を集めるプロジェクトを取り上げて、新製品の企画から開発、販売に必要なエッセンスをお伝えする。第3回はWILLTEXの「WILLCOOK PACKABLE」を取り上げる。(2024/4/19)

IVI公開シンポジウム2024春:
工場でCO2排出量1次情報をなぜ取得すべきなのか 85%以上の削減効果も
IVIは「IVI公開シンポジウム2024-Spring-」を開催。本稿では、IVI フェローでブラザー工業 品質・製造センター 製造企画部 グループマネージャーの西村栄昭氏による工場でのカーボンニュートラル1次情報の取得実証を紹介した「ここまで出来た!! ブラザーにおけるCN(カーボンニュートラル)1次データ取得」の内容をお伝えする。(2024/4/12)

朽ちかけた家を1年掛けてリノベ → 現代的な姿に一新! 家族一丸のプロジェクトに「なんてすばらしい仕事」と称賛【仏】
1年間の大仕事を約31分のタイムラプスで。(2024/4/8)

まるで“タイムスリップ”したみたいだ―― 写真家が撮影した“雪降る川越”に「風情ある」「感動しました」
夜の川越は昼間とはまったく違う顔を見せますね。(2024/3/20)

スマートメンテナンス:
日立など4社が地下埋設物の調査データ活用で、市場拡大に向け覚書締結 BIM/CIM連携も視野に
日立は、NTTインフラネット、アイレック技建、応用地質と、地中レーダーなどで得られる地下埋設物の調査データ活用を道路管理者などに広げるべく、覚書を締結した。4社は地中レーダー探査やAI解析など、地下埋設インフラ整備のデータを活用し、業務効率化の整理やユースケースの創出、各社既存サービスの高度化を行っていく。(2024/3/14)

工作機械:
EVバッテリーや端子など向け、4000Wと5500Wの接合電力を備える超音波接合機
Emersonは、4000Wと5500Wの接合電力を備える、新たな超音波接合機「Branson GMX-Micro」シリーズを発表した。EVのバッテリーや電線、端子などを素早く接合し、生産性の向上とコスト削減に貢献する。(2024/3/13)

エネルギー管理:
系統強化に向けた「海底直流送電線」、北海道-本州と九州-中国エリアで整備の方向に
再エネ大量導入への対応と電力系統のレジリエンス強化を目的に、地域間連系線の増強に向けた検討が進んでいる。なかでも注目したいのが北海道〜本州間と九州〜中国間の増強だ。このほど政府の委員会において、両エリアにおける海底直流送電線の導入に向けた検討が行われた。(2024/3/6)

ライトセーバーを作って遊んでいたら“とんでもないこと”に…… “1.9億回再生”の海外CG作品が「3回見ても面白い」
細部にVFX技術のすごさが光っています。(2024/2/25)

東京都「大学発スタートアップ創出支援事業」に芝浦工大など10大学 眠る技術を事業化
東京都は1月、大学に眠る技術やアイデアを事業化させる「大学発スタートアップ創出支援事業」に芝浦工業大など10大学を選定したと発表した。(2024/2/22)

研究開発の最前線:
金属材料の新規探索や加工技術の創出を目指し、産学共創の研究所を開設
東北大学とSWCCは、産学共創の研究施設「SWCC×東北大学高機能金属共創研究所」を開所した。同大学の制度を活用し、仙台市青葉区の同大学片平キャンパス内に拠点を設ける。(2024/2/22)

「空にデカいファあった」 本当に“ソラ”の下に“ファ”がある奇跡の写真に「今まで見たファで一番きれい」「天才」
発想が素敵すぎる。(2024/2/21)

ITmedia Security Week 2023 冬:
「サイバー脅威ランドスケープ」とは――名和氏が訴える、その有効性と利用シーン
2023年11月28日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2023 冬」の「実践・ゼロトラストセキュリティ」ゾーンで、サイバーディフェンス研究所 専務理事 上級分析官としても活躍する名和利男氏が「組織を守るために必要なサイバー脅威ランドスケープの把握」と題して講演した。あまり耳慣れない「サイバー脅威ランドスケープ」とは何か。なぜ注目すべきなのか。本稿では、講演内容を要約する。(2024/2/20)

産業動向:
2023年の建設工事受注高は17.2兆円、前年比4%増加
国土交通省の調査によると、大手企業50社の2023年の建設工事受注総額は17兆2093億円となり、前年比4.0%増加した。国内の受注高は16兆7208億円で5.4%増、海外は4885億円で29.2%減少となった。(2024/2/6)

脱炭素:
国土交通省、直轄工事に「GX建機」を初導入 施工現場での適用性を検証
国土交通省はカーボンニュートラルに貢献する「GX(グリーントランスフォーメーション)建設機械認定制度」に認定された電動式建機を、東京都内の直轄工事で初導入した。直轄工事への認定建機の導入は、2023年12月の初回認定後初めて。(2024/1/31)

FA担当がやってみた【ラズパイLチカ編(1)】:
「FA担当がやってみた」を始めてみた
新しい年に新しい取り組みを。(2024/1/30)

正月三が日の天気 短い周期で変化 元日は日本海側で雪 3日は雨の所が多い
1月1日(月:元日)は一時的に冬型の気圧配置に。(2023/12/29)

太陽光:
太陽光発電の「銅線盗難トラブル」をサポート、アルミケーブルの紹介サービス
損害保険ジャパンおよびSOMPOリスクマネジメントは2023年11月から、銅線の盗難被害にあった太陽光発電設備のオーナーに対し、アルミケーブルを紹介するサービスの提供を開始した。(2023/12/20)

プロジェクト:
HARUMI FLAG、板状マンション2690戸が完成 2024年に入居開始
東京オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)の跡地で整備が進む大型複合開発「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」で、中層の分譲マンション(板状棟、2690戸)が2023年11月に竣工し、報道陣に公開した。2024年1月から入居が始まる。(2023/12/12)

第8回鉄道技術展2023:
3Dセンサーで遠隔/非接触の計測、点検作業を効率化 3次元測量支援ソフトを展開
NEC通信システムは、3Dセンサーを活用して電柱や電線などの設備点検作業を効率化する「3次元測量支援ソフトウェア」を展開している。(2023/12/4)

オニオオハシが他の鳥の巣を狙い…… 卵を奪ってパクリ!→なすすべがない親鳥たちが切ない【ブラジル】
オニオオハシは果物しか食べないのかと思っていた……。(2023/11/27)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(15):
国内産業の中でも製造業は特殊な変化を遂げていた! 実質/名目GDPの推移を追う
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。(2023/10/17)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
継手の改良とECVP管で、無電柱化事業の高コスト体質に切り込むクボタケミックス
なかなか進まない日本の無電柱化事業。進行を妨げる要因の1つはコスト高だ。クボタケミックスは、新たな継手開発で使用部材や施工工数を減らし、部材そのものの材質も変更することで、この課題に挑んでいる。(2023/9/25)

第5回 建設・測量生産性向上展:
500万画素センサーに30倍光学ズームを装備 夜間も使える遠隔監視カメラ「ロボイーグルアイ」
建設現場では、夜間や休工日の防犯が課題となっている。ドーム型カメラは、人だけを検出して管理者のスマホにプッシュ通信する機能や現場のカメラを通じて威嚇音声を発する機能を備え、無人となった現場の防犯に役立つ。(2023/9/25)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
非破壊検査をリードするKEYTEC 新型の高精度電磁波レーダとコンクリ温度センサーを披露
非破壊検査機器を開発するKEYTECの新製品となる鉄筋探査機「Flex NX/NX25」とコンクリ温度センサー「T-BLOCK」。国内で増え続けるインフラ構造物の老朽化対策に、最新鋭の探査技術はどのように活用できるのか?(2023/9/21)

子どもがお祭りですくってきたメダカを飼うため…… 泥沼状態の池を再生する父に「ものすごい努力の結晶」と称賛の声
家にこんな池があったらうれしくなっちゃう。(2023/8/20)

リテルヒューズ MDMA-MDMB Micro-Dコネクター:
着脱式圧着端子搭載、航空宇宙産業向けコネクター
リテルヒューズは、着脱式圧着端子を搭載したコネクター「MDMA-MDMB Micro-D」シリーズの販売を開始した。はんだ付けや収縮チューブを用いずに、カスタムケーブルハーネスを作成、再加工できる。(2023/8/15)

電子機器・部品を対象に:
OEG、PFAS含有量の調査および分析サービス開始
OKIエンジニアリング(OEG)は、電子機器/部品について、「PFAS(有機フッ素化合物)含有量の調査および分析サービス」を2023年7月12日より始めた。(2023/7/12)

PR:沖縄生まれの「ガラス発電コンテナハウス」とは? 蓄電池による完全オフグリッドを実現
完全オフグリッドを実現したガラス発電コンテナハウスが沖縄で普及しようとしている。手掛けるのは地元の沖華産業と丸紅エネブル。鍵を握る蓄電システムにはファーウェイの「LUNA2000シリーズ」が採用された。なぜ、この取り組みが沖縄で始まったのか? その背景を現地で取材した。(2023/6/30)

「恐ろしい画力」「努力と創造力がうかがえる」 イラストレーターの“絵の変遷”進化ぶりに絶賛の声
昔から上手なうえ、さらに進化しています。(2023/6/27)

脱炭素:
グリーン電力を使用した合成樹脂製可とう電線管を発売
古河電工と古河樹脂加工は、グリーン電力を用いて製造した合成樹脂製可とう電線管「プラフレキグリーン」を発売した。建設工事におけるCO2排出削減に貢献する。(2023/6/22)

OKI電線 耐高熱FPC、耐高圧蒸気FPC:
高温、高圧蒸気環境でも使用可能なFPC
OKI電線は、高温、高圧蒸気環境でも使用可能なフレキシブル基板「耐高熱FPC」「耐高圧蒸気FPC」を開発した。絶縁層との密着性が向上したほか、絶縁抵抗などの電気特性も電子回路基板規格「JPCA-UB01」を満たす値となっている。(2023/6/19)

FAニュース:
独自の表面処理などで高温環境や高圧蒸気環境に対応するフレキシブル基板の新商品
OKI電線は、高温、高圧蒸気環境の厳しい条件で使用できるフレキシブル基板「耐環境FPC」の新商品2種「耐高熱FPC」「耐高圧蒸気FPC」を発表した。200℃の高温環境や、高圧蒸気による滅菌処理が必要な機器で使用できる。(2023/6/13)

時間が流れ続けるふしぎな写真が話題 大学の課題作品が「この感覚すごい好き」「とてつもなく良い」と好評
動画とは違った味わい。(2023/5/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
年間売上1億、ギョーザで起死回生の東スポ 次に狙う“鉱脈”とは?
購読者数の大幅減少が続くスポーツ紙。多くは一般紙の系列で、存続が危ういところまでは来ていない。後ろ盾がない「独立系」として奮闘する東スポが、起死回生の一手として打ち出したのが「ギョーザ」だった。(2023/5/11)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
標準ズームの次に買うと一番楽しいレンズは何? 6種類の単焦点レンズで街を撮影してみた
標準ズームは持っていて、撮影が楽しくなってきたけど特に何か専門で撮りたいものがあるわけではない人が次に何を買うと楽しいか。やはり単焦点レンズだ。(2023/5/3)

プロジェクト:
昭和電線ケーブルシステム相模原事業所の一部に、大和ハウス工業が延べ8万m2の複合施設を建設へ
昭和電線ホールディングス、昭和電線ケーブルシステム、大和ハウス工業、芙蓉総合リースは、昭和電線ケーブルシステム相模原事業所敷地の一部に複合施設を建設する計画を明らかにした。(2023/5/1)

初めてカラスを見た猫ちゃんの姿に6万人爆笑! 「ワロタ」「スパイダーキャットww」【イスタンブール】
窓の外は猫にとって至高のエンターテインメント。(2023/4/29)

ウォシュレット普及へ:
苦節15年のTOTO欧州事業 社長とデザイナーに聞く「市場に食い込むための戦略」
TOTOは世界最大規模のバス・トイレなどの国際見本市の一等地に出展した。ここに至るまで15年にわたり赤字を耐え忍びながら、欧州事業を育ててきている。市場に食い込むための戦略を、主席デザイナーと、TOTOヨーロッパ社長に聞いた。(2023/4/27)

ハノーバーメッセ2023:
創設100周年のフエニックス・コンタクト、ハノーバーでPush-X式新製品など展示
フエニックス・コンタクトは「ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023」において、Push-X式端子台の新製品などを展示した。(2023/4/24)

ピザ配達人が逃走中の窃盗犯と遭遇 逮捕に協力しピザも無傷の見事な働きに警察も「アシストありがとう」と感謝
瞬時の判断がすごい。(2023/4/22)

ChatGPTをLINEでサクッと使える「AIチャットくん」を試す これは“架空の友達”だ
今、大きな注目を集めている対話型AIサービス「ChatGPT」は、ブラウザで利用するもので、スマートフォン向けのアプリは用意されていない。そこで注目したいのが、ChatGPTのAPIを利用したLINE向けのサービスだ。piconが3月2日から提供しているLINE bot「AIチャットくん」を試してみた。(2023/4/21)

「立地のよさ」を重視:
マイホーム購入時に注意すればよかったこと 2位「騒音・治安」、1位は?
不動産の買取再販業を行うAlbaLinkは、「マイホーム購入時に注意しておけばよかったこと」を調査した。(2023/4/19)

国産EMSが支えるモノづくり:
PR:電動化で増える電子基板の開発と生産をどうすべきか OKIが提案するEMSの活用法
あらゆる製品で電子化や電動化が進む中、製品内で使用が増える電子基板の開発や生産に苦慮する製造業が増えている。こうした企業の受託開発や受託生産で業績を伸ばしているのがOKIのEMS事業部だ。今後、同事業部が注力する2つの領域について話を聞いた。(2023/3/31)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
iPhoneでPixelの「消しゴムマジック」を試す 実は有料だけど使う価値はある?
Androidだけでなく、iPhoneユーザーにも2月に「Google フォト」が公開された。この内部機能の内の1つ「消しゴムマジック」を実際に使ってみよう。「Google One」ユーザー限定の機能となるが、不要なものを消去するのにはぴったりな機能だ。(2023/3/16)

節電テック:
電熱ウェアは保管に注意 きっちり〇と事故の原因に
今回のトピックは「電熱ウェア」。最近では一人用の暖房器具として様々な場面で活用する人が増えていますが、保管には注意が必要です。(2023/3/6)

組み込み開発ニュース:
オムロンが業界初の300Aプリント基板用リレー、低接触抵抗と高放熱の合わせ技で
オムロンは、新たに開発したプリント基板実装に対応する300A定格の高容量リレー「G9KA-E」を発売する。(2023/3/2)

道路からタイヤ、タイヤから車体へ:
走行中車両のタイヤに給電する新技術を開発、東大ら
東京大学は2023年1月、デンソー、日本精工、ブリヂストン、ロームと共同で、走行中の車両のタイヤに道路から無線給電する新技術を開発したと発表した。(2023/2/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。