ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電線」に関する情報が集まったページです。

ワイヤレス通信の基礎:
アンテナ設計とネットワークとの整合性を理解する
今回は、ワイヤレス電子機器の物理的なレベルでの動作について、筆者の直観的な認識を交えてご紹介する。アンテナ設計や整合回路に関する理解が深まり、経験に基づく知見や成功事例が皆さんの役に立てば幸いである。(2020/7/29)

TDK B58703M1103A:
E-モビリティ向けのネジ止め型NTCサーミスター
TDKは、電気自動車などE-モビリティ向けのネジ止め型NTCサーミスター「B58703M1103A」を発表した。優れた耐久性と長期安定性を有し、車載用バスバー、バッテリーモジュール、接続システムの温度監視に適している。(2020/7/13)

モレックス Sliver Edge-Cardコネクター:
複数のPFで使用できるカードエッジ用コネクター
日本モレックスは、複数のプラットフォームで使用できるカードエッジ用「Sliver Edge-Cardコネクター」を発表した。各種の業界コンソーシアムに認知された性能を備え、メモリやストレージ、アクセサリーカード、直交ダイレクトなどの構成に適合する。(2020/7/6)

モノづくり最前線レポート:
コンパクトブレーカ販売20周年、成長続くパナソニックの電路事業のモノづくり
新築住宅着工件数が減少傾向にあり、国内の住宅設備関連市場は厳しい状況が続いている。そうした中でパナソニックの住宅盤、電設盤、ブレーカなどの電路事業は、直近10年間でシェアを10%伸ばし、市場の半分を占めるまでに拡大した。2019年度に約450億円を記録した販売額を2030年度には1.8倍の800億円前後に引き上げる方針だ。(2020/6/30)

「ピヨピヨ ごはんちょーだい!」→親鳥にスルーされ虚無の表情 口を真一文字にするツバメのヒナがかわいい
そろそろ巣立ちの時なのです。(2020/6/24)

7色に光る都庁に「ゲーミング都庁」とツッコミ続出 本来の主旨は感染症の警戒状況だけれど
光りもの、はやってますしね(そういうことではない)。(2020/5/27)

静岡の風景を「3次元点群データ」で映像化した動画がゲームみたいで不思議 「よくわからないけどすごい」「災害シミュレーションに生かせそう」
静岡県が公開したデータを使用しています。(2020/5/19)

プロジェクト:
延べ床面積約4000m2のオフィスビル「BIZCORE 渋谷」が竣工、新移転サービスを導入
日鉄興和不動産は、中規模ハイグレードオフィスビル「BIZCORE」シリーズの開発を進めている。今回、東京都渋谷区で「BIZCORE 渋谷」が竣工し、1月31日時点で、竣工済みが4 棟、開発中が7 棟となった。(2020/4/28)

法制度・規制:
新型コロナで発電設備の検査期限を延長、経産省が制度改正
経済産業省が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大への対応として、定期保安検査の実施期限を延長。電気事業法に関連するものでは、使用前および定期安全管理審査に関する時期が4カ月延長可能となっている。(2020/4/22)

ケル TSLシリーズ:
32Gビット/秒の高速伝送に対応した次世代ハーネス
ケルは、最大32Gビット/秒の高速差動伝送に対応した0.55mmピッチのハーネス「TSL」シリーズを発売した。共振、ノイズ対策が取られており、31ピン差動10ペアのハーネス1本で、320Gビット/秒の伝送が可能だ。(2020/4/22)

FAニュース:
手作業と比べ作業時間を約85%短縮、制御盤製造向け全自動電線加工機
Rittalは、制御盤製造向け全自動電線加工機「WTワイヤターミナル」を発表した。電気配線設計データに基づいて、切断や印字、被覆剥き、圧着などの電線加工を全て自動化するため、手作業と比べて作業時間を約85%短縮できる。(2020/4/22)

和田憲一郎の電動化新時代!(37):
電気自動車とはいったい何なのか、今もつながるテスラとエジソンの因縁
Stay at Home! まるでこの言葉が世界中の合言葉のようになってきている。そのため、まとまった時間が出来たことを活用して、長年考えていたことを取り纏めてみた。それは、「電気自動車(EV)とはいったい何なのか!」という問いである。(2020/4/17)

日本航空電子工業 MX80シリーズ:
車載向け防水小型中継コネクター
日本航空電子工業は、車載向け防水小型中継コネクター「MX80」シリーズを発売した。IP規格の保護等級「IP67」に対応しており、北米地域で必要とされる「USCAR-2」規格にも準拠している。(2020/4/14)

関東周辺 季節外れの大雪 満開のサクラに雪の所も
関東周辺は真冬の寒さ。(2020/3/29)

インフラメンテナンス×AI(2):
AIの本質は「最適化手法」にアリ!インフラメンテ最大の壁“暗黙知”を言語化するには?
国内の土木分野では、インフラの老朽化という喫緊の課題が差し迫っており、道路橋を例にとれば建設後50年に達するものが6割にも及ぶとされている。建設業界での慢性的な人手不足の解消と、必要とされる事後保全から予防保全への転換で必須とされる新技術と期待されるのが「AI」だ。土木学会とインフラメンテナンス国民会議のシンポジウムから、インフラメンテナンス領域でのAI活用の最新動向を追った(2020/3/26)

江端さんのDIY奮闘記 介護地獄に安らぎを与える“自力救済的IT”の作り方(最終回):
走れ!ラズパイ 〜 迷走する自動車からあなたの親を救い出せ
認知症患者が、自動車を運転したままさまよい続ける、という問題は社会で大きくクローズアップされています。私も、父が存命だったころ、同じような出来事で人生最大級の恐怖を味わったことがあります。そこで今回、「ラズパイ」を自動車に積み込み、迷走する自動車から運転者(認知症患者)を救い出すためのシステムを構築してみました。(2020/3/30)

「この場所は渡さニャイ」 テレワーク最大の課題はモフモフでシマシマの猫ちゃんだった
かわいいから仕方ない。(2020/3/11)

規制の正当性とは何か
GoogleとFacebookを当局が規制するのは本当に正しいのか?
市場が独占状態にあることは好ましくない。市場を独占する支配的な企業は規制する必要がある。それは誰の利益のためなのだろうか。GoogleやFacebookによって不利益を被っているのは誰なのか。(2020/3/11)

PR:「機械と人間の役割が見えてきた」AI×ドローンで点検業務の変革に挑む沖縄電力
(2020/3/9)

FAニュース:
設備の稼働を容易に可視化する、交流電流計測スタータキット
コンテックは、交流電流計測スタータキット「CPS-PACM-CMS1」の受注を開始した。工場生産設備などに後付け装着することで電線の電流値を計測でき、設備の遠隔稼働監視システムを簡単に構築できる。(2020/2/27)

知財ニュース:
革新的な企業トップ100で日本は2位に転落、特許の「影響力」に課題か
クラリベイト アナリティクスは革新性の高い企業を選出する「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター 2020」を発表した。国別受賞数で日本は2位に後退した。(2020/2/27)

建設業のICT労働災害防止策:
人が近づけば建機を自動停止、アクティオの後付け安全システム
総合建設機械レンタル業のアクティオは、建設現場で建機と作業員の接触事故を防ぐ、後付け可能なシステム「フォーエスバックホー」を開発し、2020年2月12日に発売した。(2020/2/14)

電気自動車:
電動車の駆動用バッテリーの残存性能を3分間で分析、リユースのコスト低減へ
アメテックは2020年2月10日、東京都内で記者説明会を開き、車載用リチウムイオン電池の残存性能(State of Health、SoH)を分析するバッテリーアナライザー「SI-9300R」を発表した。(2020/2/12)

太平洋側は大荒れに 関東甲信は大雪の所も
1月27日は低気圧が発達しながら、九州付近を進みます。沖縄や九州から関東の太平洋側を中心に雨や風が強まり、荒れた天気に。暴風や高波に警戒が必要です。また寒気が流れ込むため、関東甲信は山沿いを中心に雪が降り、大雪になる所も。(2020/1/27)

関東甲信 雪の見通し(26日午後6時最新)
(2020/1/26)

工場ニュース:
インド南部に生産拠点を建設し、電設資材の旺盛な需要に対応
パナソニック ライフソリューションズ インドが、インド南部のスリシティ工業団地に新工場を建設する。中間層を中心に人口増加が見込まれるインドでは、配線器具など電設資材の需要が増えており、そのニーズに対応するため生産能力を強化する。(2020/1/24)

車窓の風景で忍者がピョ〜ン! 透明な下敷きでかんたんに作れる手作りおもちゃが楽しそう
透明の下敷きなどの身近な材料で作れます。マネするときは、周囲の迷惑にならないようご注意を。(2020/1/23)

関東は朝から気温低下 東京23区内でも雪に
寒い……。(2020/1/18)

2019国際ロボット展:
あえてケーブル向けに集中、柔軟な線状物を認識するロボット用3Dビジョンセンサー
クラボウは「2019国際ロボット展(iREX2019)」(2019年12月18〜21日、東京ビッグサイト)において、あえて「ケーブル認識」に特化したロボット用3Dビジョンセンサー「KURASENSE」を紹介した。(2019/12/25)

日本モレックス Mega-Fitパワーコネクター:
1端子25A対応の電源用途パワーコネクター
日本モレックスは、ミドルレンジの電源用途に向け、「Mega-Fitパワーコネクター」に1列の電線対基板コネクター用と、2列の電線対電線用コネクターを追加した。5.70mmピッチで1端子当たり25Aに対応する。(2019/12/3)

神戸の北神急行が「千葉の小湊鐵道」を応援──なぜ? 「一刻も早い復旧を」600キロ離れた鉄道マンたちがつなげた、熱すぎる絆
「30年かけてやっと鉄道マンになってきたんやなあ……」中心人物の北神急行青木さんに裏話も聞きました!(2019/11/29)

日本モレックス RASTコネクターシステム:
コネクターシステムに電線対電線用を追加
日本モレックスは、家電製品や自動車照明の電源用途向け電線対基板用「RASTコネクターシステム」に、電線対電線用のバージョンを追加した。(2019/11/21)

電子ブックレット(BUILT):
「第5回国際ドローン展」総力取材レポ
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。BUILT読者会員になれば、無料でダウンロードすることができます。今回紹介するのは、ドローンの産業利用に焦点を当てた専門展「第5回国際ドローン展」の会場レポートです。(2019/11/11)

日本モレックス Micro-Lock Plus:
ポッティング処理対応の垂直ヘッダコネクター
日本モレックスは、電線対基板用コネクターシステム「Micro-Lock Plus」に、ポッティング処理対応の1.25mmピッチ垂直ヘッダを追加した。ポッティング材がポジティブロック機構に侵入するのを防ぐ。(2019/11/8)

森永卓郎が提唱〜災害の多い日本にこそ必要な「ガンディーの経済学」
(2019/10/31)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「ハイブリッド10倍」の望遠撮影が超強力! 「HUAWEI P30 Pro」のカメラを試す
「HUAWEI P30 Pro」は135mm相当の望遠カメラを搭載しており、10倍までのハイブリッドズームが可能。P30 Proの望遠性能を中心に見ていく。月の撮影も試してみた。(2019/10/30)

簡単自動化:
価格は1万円、「からくり」から“一歩だけ”進んだ制御機器が開拓する隙間市場
SUSが展開する「初めてでも簡単に使える」をコンセプトとしたFA用コントローラー「SiO」シリーズが好調だという。PLCを使うほどではないが「からくり」からは一歩進化させたいという従来の“隙間”のニーズにうまくはまり、関連部材なども含めて引き合いが急速に拡大している。(2019/10/29)

自律飛行ドローンで送電設備を保守点検、東北電力が試行導入
東北電力とNECは、ドローンを使った送電設備の保守点検手法を試行導入する。NECが開発した「ドローン用送電線自動追尾撮影ソフトウェア」を活用し、危険作業や点検箇所の停電が不要の、安全で効率の高い保守点検が可能になる。(2019/10/29)

PR:電力インフラを支えるプロフェッショナルの働き方がドローンとスマートグラスで変わる 岳南建設の挑戦
(2019/10/24)

プログラマブル直流安定化電源の基礎知識(2):
プログラマブル直流安定化電源の構造や便利な機能
直流電源はさまざまな分野で使われているため、多くの製品が市場にある。今回の解説では製品の開発や生産の現場で使われているプログラマブル直流安定化電源のうち、対象物にエネルギーを供給する試験用電源についての基礎知識を紹介していく。連載第2回の今回は、「構造」や「便利な機能」「負荷に接続する際の注意」などを紹介する。(2019/10/17)

電気自動車:
ワイヤレス給電インホイールモーターは、大容量バッテリーよりも「トータルコストが安い」
東京大学とブリヂストン、日本精工(NSK)、ローム、東洋電機製造は2019年10月10日、千葉県柏市で説明会を開き、走行中のワイヤレス給電が可能なインホイールモーターの第3世代品を開発したと発表した。(2019/10/15)

新型iPhoneと約5年前のiPhoneのカメラ比較に反響 「差がすごい」「iPhone 11が欲しくなる」
ナイトモードすごい。(2019/9/29)

イノベーション・ジャパン2019:
チョウ型ドローン、エアチューブ式人工筋肉、キューブ状ガスボンベ──最新の国内技術をチェック
テクノロジー見本市「イノベーション・ジャパン2019」で展示された、最新の国内技術をピックアップして紹介する。(2019/9/27)

「ホントに時が止まっている……」 大都会大阪の昭和すぎる秘境線「南海汐見橋線」に乗ってきた【写真15枚】
あぁ静かです……。大都市大阪にある、まるで昭和時代のまま運行しているかのような愛すべきローカル線。(2019/9/26)

地盤技術フォーラム 2019:
地盤改良の施工状況を“見える化”するシステム「Visios-3D」
国土交通省は、2019年度から地盤改良工(浅層・中層混合処理)にICT施工の工種を拡大した。これを受け、不動テトラはICTを活用した地盤改良工向け製品の提案を強めている。(2019/9/18)

新工法:
コンクリのひび割れ対策で合成樹脂製管を採用した新工法、作業時間を7割減
(2019/9/10)

スマート工場最前線:
“暮らしアップデート”の基盤担うパナソニック電材事業、そのモノづくり力(後編)
“暮らしアップデート業”を掲げるパナソニックだが、その基盤を担うと見られているのが電設資材事業である。後編では電路機器の中核工場であるパナソニックスイッチギアシステム 瀬戸工場のモノづくり力について紹介する。(2019/9/9)

製造業がサービス業となる日:
“暮らしアップデート”の基盤担うパナソニック電材事業、そのモノづくり力(前編)
“暮らしアップデート業”を掲げるパナソニックだが、その基盤を担うと見られているのが電設資材事業である。その戦略と、中核工場である瀬戸工場のモノづくり力を前後編に分けて紹介する。(2019/9/6)

2020年4月に提供開始:
応用地質がレーダー探査した「地下埋設物」を日立のAIで判定、占用者や施工者にクラウドから提供
日立は2025年度までに、社会インフラ保守関係事業で1000億円の売上目標を掲げており、その一環として、同社のAIと応用地質の地中探査技術を融合させて、「地下埋設物」を3Dマップ化し、クラウドを介して第三者に提供する新規事業を2020年から開始する。(2019/9/6)

FAニュース:
プッシュイン接続方式採用製品第1弾を発売、関連ツールのレンタルサービスも
IDECは、プッシュイン接続方式を採用した製品の販売と、同方式の導入に必要な各種ツールのレンタルサービスを開始した。製品2シリーズには安全性と作業性を向上する構造を採用。ツールのレンタルサービスにより、導入時の初期投資を抑えられる。(2019/9/6)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。