ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電線」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメント インタビュー:
“新奇品”やセールスエンジニアでニーズを掘り下げる、OKI電線の新規開拓戦略
OKI電線では2021年4月に新社長である山口英雄氏が就任。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が続く中で、どのように新たなかじ取りを進めていくのだろうか。新社長に取り組みの方向性と抱負について聞いた。(2021/5/12)

ピカチュウのしっぽがイライラ棒に! 「でんげきチュウい!ビリビリピカチュウ」発売決定
電気ショックを食らうサトシの気持ちが味わえます。(2021/4/17)

まるで巨人の襲来! 本物そっくりな「電柱のミニチュア」写真に頭がバグる
広告まで凝ってる。(2021/4/15)

FAニュース:
1時間当たり最大5000本を処理、各種機能を強化した両端端子打機
新明和工業は、ワイヤーハーネス向け電線の端末加工をする両端端子打機「TRD602」を開発した。最大加工能力は1時間当たり5000本で、従来機比で10%向上した。各種機能の強化により品質、歩留まり率の向上に寄与する。(2021/4/7)

プロジェクト:
赤坂ツインタワー跡地の再開発が始動、インバウンド需要に応える43階建て複合施設
森トラストとNTT都市開発が、赤坂ツインタワー跡地で計画を進める赤坂二丁目プロジェクトが本格始動した。森トラストでは、ニューノーマルのその先を見据えた再開発と位置付け、新たに建設する複合ビルでは、赤坂周辺の地域資源「江戸型山車」の修復・常設展示の他、訪日観光客の要望を満たすジャパンブランド発信施設の整備、国際級ホテルの誘致などを行い、赤坂エリアの国際競争力を高める方針を打ち出している。(2021/3/29)

VRニュース:
切創災害リスクをVR空間で体験できるVR教育ツールを開発
クリーク・アンド・リバー社は、きんでんと共同で「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」を開発した。ナイフ使用時の危険性や誤った使い方による災害リスクをVR空間内で体験できる。(2021/3/29)

1.2×1.0mmでMRI検査にも対応:
NDK、ペースメーカー用音叉型水晶振動子を開発
日本電波工業(NDK)は、MRI検査に対応できるペースメーカー用音叉型水晶振動子「NX1210VA」を開発、サンプル出荷を始めた。強磁性体を削減し、外形寸法も1.2×1.0×0.45mmと極めて小さい。(2021/3/16)

地下鉄の駅のタイルから生まれた音楽に反響 「発想がすごい」「壁をみる楽しみが増えた」
RPGっぽくもあり、ちょっとおどろおどろしくもあり。(2021/3/11)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
「DXの型」でコトづくり実現へ、古河電工デジタルイノベーションセンターの挑戦
古河電気工業(古河電工)は2020年4月、社内のデジタル化の取り組みの成果を社内で横串を通して広げていく部署として、研究開発本部の傘下にデジタルイノベーションセンターを設立した。センター長を務める野村剛彦氏に、同センターの設立経緯や取り組みなどについて聞いた。(2021/3/11)

FAニュース:
EMS事業の顧客向けに、オンラインでの工場立ち会いサービスを開始
沖電気工業は、電子機器や部品の設計、製造受託事業の顧客向けに「オンライン工場立ち会い」サービスを開始した。インターネット会議システムと高解像度カメラを活用し、コロナ禍でも実際の製造現場を確認したいという顧客の要望に応える。(2021/3/1)

電気自動車:
駆動用バッテリーのリユースへ中古車事業者も参入、リーフの電池は鉄道設備に
電気自動車(EV)などの駆動用リチウムイオンバッテリーのリユースに向けた取り組みが活発化してきた。日産自動車と住友商事の共同出資会社であるフォーアールエナジーは、鉄道の踏切保安装置の電源に日産「リーフ」から取り出した再生バッテリーを試験導入する。また、中古車のインターネットオークションを手掛けるオークネットは投光器やライトなどLED製品を手掛けるMIRAI-LABOとともに、使用済みの駆動用バッテリーの再生、流通に取り組む。(2021/2/16)

LCRメーターの基礎知識(2):
LCRメーターの構造と試料の接続方法、測定誤差の考え方
主に数メガヘルツまでの低周波の交流インピーダンスを測るLCRメーターについて解説する本連載。今回は、「LCRメーターの構造」「LCRメーターで表示できるパラメータ」「試料との接続」「測定誤差の考え方」について説明する(2021/2/4)

今夜遅く、関東甲信は大雪の見通し 東京23区も5センチの降雪予想
雨は夜更けすぎに……。(2021/1/23)

電力逼迫で大停電危機 コロナ禍の巣ごもりに寒波とLNG在庫減少……専門家「大規模停電は現実的な問題」
全国的な電力不足が深刻化している。寒波の影響で電力需要が大幅に増加する一方、火力発電の燃料となる液化天然ガスも在庫が減少。コロナ禍の「巣ごもり」で家庭の電力消費も高止まりしている。(2021/1/20)

日本モレックス Pico-EZmate Plus:
低背設計、2.8A対応の1.00mmピッチコネクター
日本モレックスは、嵌合(かんごう)高さ1.20mm、定格電流2.8Aの電線対基板用コネクター「1.00mmピッチPico-EZmate Plusコネクター」を発表した。狭い場所にも対応できる垂直方向の嵌合方式を採用し、自動組み立てプロセスに適する。(2021/1/13)

コアスタッフ 代表取締役 戸澤正紀氏:
PR:20周年迎えたコアスタッフ、ハイブリッド型商社として事業領域拡大し次のステージへ
オンライン通販サイト「CoreStaff ONLINE」を運営する商社であるコアスタッフはこのほど、創立20周年の節目を迎えたことを機に新たな成長戦略を策定し、事業拡大を図っている。CoreStaff ONLINEでの品ぞろえ、サポート体制を強化するとともに、半導体/電子部品以外の事業領域への参入も開始した。「次のステージにステップアップする」と語るコアスタッフ代表取締役戸澤正紀氏にインタビューした。(2021/1/13)

太陽光:
太陽光発電の施工を20%省力化、古河電工のアルミケーブルの採用で
古河電気工業とSFCCは、製造販売を手掛けるアルミ導体CVケーブル「らくらくアルミケーブル」が、鹿児島県の太陽光発電所に採用されたと発表。発電所建設における延線工事の約20%の省力化に貢献したという。(2021/1/8)

スマート工場最前線:
ハイブランドの信頼を確保、プロ用音響ケーブルメーカーのスマート工場化
プロ用オーディオケーブルブランド「MOGAMI」として地位を確立するモガミ電線。同社では生産工程でデジタル技術を活用し品質確保と向上に取り組んでいる。同社の現状とスマート工場化の取り組みについて紹介する。(2020/12/25)

au携帯電話や美術作品がズラッと並ぶ リアルの「KDDI MUSEUM」「KDDI ART GALLERY」が来館予約制で12月1日オープン
KDDIが、東京都多摩市の宿泊研修施設「LINK FOREST(リンクフォレスト)」に併設した博物館と美術館を12月1日にリアルオープンする。観覧料は無料だが、事前の来場予約が必要となる。(2020/11/25)

材料技術:
CASEで変わるワイヤハーネス、2024年には売上の半数がアルミハーネスに
古河電気工業は2020年11月17日、オンラインで自動車部品事業の説明会を開いた。古河電気工業 自動車部門事業部門長の阿部茂信氏が出席し、事業の現状や今後の戦略を説明した。(2020/11/18)

太陽光:
電力損失を95%削減する超電導ケーブル、横浜市の工場で実証導入がスタート
横浜市戸塚区の化学工場で、超伝導ケーブルを導入する実証実験がスタート。従来のケーブルに比べ工場における送電時の電力損失を95%以上抑制でき、年間2000万円以上の電気料金の削減効果が見込めるという。(2020/11/12)

FAニュース:
高速3Dビジョンセンサーを搭載したフラットケーブル挿入作業自動化システム
クラボウは、フラットケーブルの挿入作業を自動化する「フラットケーブル高速挿入ロボットシステム」を発表した。高速3Dビジョンセンサー「KURASENSE」を搭載し、これまで困難だった挿入作業の自動化を推進する。(2020/11/5)

製造マネジメント インタビュー:
ニッチトップをより合わせて太く、OKI電線のケーブル成長戦略
OKI電線は、産業用ロボットや製造装置向けで強みを持つ電線・ケーブル事業、用途が拡大しているフレキシブル基板事業、ワイヤ放電加工機向けの電極線事業などを展開し、それぞれの事業で存在感を放っている。2018年からOKIの完全子会社として生まれ変わり、OKI EMS事業グループの中核企業となった同社の現状と成長戦略について、OKI電線 代表取締役社長の小林一成氏に話を聞いた(2020/10/15)

日本モレックス OTS Mizu-P25:
IP67準拠、2.50mmピッチの小型ケーブルアセンブリ
日本モレックスは、防水防塵(じん)性能規格IP67に準拠した、2.50mmピッチの「OTS Mizu-P25ミニタイプケーブルアセンブリ」を発表した。高い防水性と防塵性を備えており、最大4.0Aの電流に対応する。(2020/10/12)

台風から身を守るには 2019年台風19号を振り返り教訓とすべき点
大きな爪あとを残した令和元年東日本台風(2019年台風19号)が、大型で強い勢力で伊豆半島に上陸して、ちょうど1年。教訓を生かすため当時を振り返りながら、今後の台風への備えやコロナ禍での避難のポイントなどをまとめました。(2020/10/8)

工場ニュース:
ベトナムに第3の生産拠点を設立し、アルミワイヤハーネスの需要増に対応
古河ASは、ベトナムのヴィンロン省に第3の拠点となる新会社を設立した。同社の技術とコストの優位性からニーズが高まっているアルミワイヤハーネスの生産能力を増強し、需要増に対応する。(2020/9/28)

太陽光:
太陽光発電のケーブル盗難防止への期待も、古河電工がアルミケーブル拡販へ
古河電気工業は同社の高機能型低圧アルミ導体CVケーブル「らくらくアルミケーブル」が山梨県内のメガソーラー発電所に採用されたと発表した。アルミ導体ケーブルの活用は、近年多発する銅線の盗難に対する防止策としても期待できるという。(2020/9/24)

思い出も時間とともにやがて消える。雨の中の涙のように:
「ブレードランナー」の世界を、2020年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2020年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第6回は「ブレードランナー」だ。(2020/9/14)

九州 台風10号 6日〜7日特別警報級の勢力で接近 最大級の備えを
(2020/9/4)

医療機器ニュース:
従来品より20%軽量化した8K内視鏡用光電気複合ケーブル
沖電線は、従来品よりも20%軽量化し、柔軟性と耐久性を向上させた、8K内視鏡用の光電気複合ケーブルを発表した。軽くて柔軟性があるため、内視鏡の取り回しが楽になるなど、医療スタッフの負担を軽減する。(2020/8/31)

山岳トンネル工事:
トンネル工事の水中ポンプを無人監視可能な「Newt」、異常時は警報メールで通知
西松建設は、水中ポンプの稼働状況を無人で監視するシステム「Newt」を開発した。新システムは、常時水中ポンプの消費電力量データをクラウド上にアップロードし、一定時間、データが確認されない時は水中ポンプの稼働停止と自動で判断して、坑内に設置した警報パトライトが点灯。警報メール送信で、関係者へ異常・危険も知らせるため、トンネル坑内の水没事故などが未然に防げる。(2020/8/27)

エアコンに一目ぼれした幼少期 「霧ケ峰」57台で部屋を埋め尽くしたコレクターが語る“観賞用エアコンの世界”
集めるエアコンは「霧ケ峰」だけ。(2020/8/23)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
コンクリ構造物の強度を探査するアンテナと、コンクリ内部温度を測定するセンサー「SmartRock2」
KEYTECは、コンクリート構造物を対象にした非破壊検査の機器を展開している。なかでも、ワイヤレスコンクリート温度センサー「SmartRock2」は、鉄筋に直接取り付けて、コンクリートの内部にセンサーと本体を埋込み、ワイヤレスでスマートフォンの無償アプリから測定データを確認する仕組み。コンクリート養生管理のコスト削減や工期短縮が見込める。(2020/8/13)

ステイホームでDIYを極める! 玄人志向なモノづくり(1):
最低限そろえておきたいDIYツール一式とコストに関する考え方
ステイホームで注目を集める「DIY」をテーマに、設計から製作までのプロセスを、実際の製造業におけるモノづくりの視点を交えながら解説することで、DIY素人の皆さんに“玄人のエッセンス”を伝授する。第1回は、最低限そろえておきたいDIYツール一式とコストに関する考え方について取り上げる。(2020/8/12)

ワイヤレス通信の基礎:
アンテナ設計とネットワークとの整合性を理解する
今回は、ワイヤレス電子機器の物理的なレベルでの動作について、筆者の直観的な認識を交えてご紹介する。アンテナ設計や整合回路に関する理解が深まり、経験に基づく知見や成功事例が皆さんの役に立てば幸いである。(2020/7/29)

TDK B58703M1103A:
E-モビリティ向けのネジ止め型NTCサーミスター
TDKは、電気自動車などE-モビリティ向けのネジ止め型NTCサーミスター「B58703M1103A」を発表した。優れた耐久性と長期安定性を有し、車載用バスバー、バッテリーモジュール、接続システムの温度監視に適している。(2020/7/13)

モレックス Sliver Edge-Cardコネクター:
複数のPFで使用できるカードエッジ用コネクター
日本モレックスは、複数のプラットフォームで使用できるカードエッジ用「Sliver Edge-Cardコネクター」を発表した。各種の業界コンソーシアムに認知された性能を備え、メモリやストレージ、アクセサリーカード、直交ダイレクトなどの構成に適合する。(2020/7/6)

モノづくり最前線レポート:
コンパクトブレーカ販売20周年、成長続くパナソニックの電路事業のモノづくり
新築住宅着工件数が減少傾向にあり、国内の住宅設備関連市場は厳しい状況が続いている。そうした中でパナソニックの住宅盤、電設盤、ブレーカなどの電路事業は、直近10年間でシェアを10%伸ばし、市場の半分を占めるまでに拡大した。2019年度に約450億円を記録した販売額を2030年度には1.8倍の800億円前後に引き上げる方針だ。(2020/6/30)

「ピヨピヨ ごはんちょーだい!」→親鳥にスルーされ虚無の表情 口を真一文字にするツバメのヒナがかわいい
そろそろ巣立ちの時なのです。(2020/6/24)

7色に光る都庁に「ゲーミング都庁」とツッコミ続出 本来の主旨は感染症の警戒状況だけれど
光りもの、はやってますしね(そういうことではない)。(2020/5/27)

静岡の風景を「3次元点群データ」で映像化した動画がゲームみたいで不思議 「よくわからないけどすごい」「災害シミュレーションに生かせそう」
静岡県が公開したデータを使用しています。(2020/5/19)

プロジェクト:
延べ床面積約4000m2のオフィスビル「BIZCORE 渋谷」が竣工、新移転サービスを導入
日鉄興和不動産は、中規模ハイグレードオフィスビル「BIZCORE」シリーズの開発を進めている。今回、東京都渋谷区で「BIZCORE 渋谷」が竣工し、1月31日時点で、竣工済みが4 棟、開発中が7 棟となった。(2020/4/28)

法制度・規制:
新型コロナで発電設備の検査期限を延長、経産省が制度改正
経済産業省が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大への対応として、定期保安検査の実施期限を延長。電気事業法に関連するものでは、使用前および定期安全管理審査に関する時期が4カ月延長可能となっている。(2020/4/22)

ケル TSLシリーズ:
32Gビット/秒の高速伝送に対応した次世代ハーネス
ケルは、最大32Gビット/秒の高速差動伝送に対応した0.55mmピッチのハーネス「TSL」シリーズを発売した。共振、ノイズ対策が取られており、31ピン差動10ペアのハーネス1本で、320Gビット/秒の伝送が可能だ。(2020/4/22)

FAニュース:
手作業と比べ作業時間を約85%短縮、制御盤製造向け全自動電線加工機
Rittalは、制御盤製造向け全自動電線加工機「WTワイヤターミナル」を発表した。電気配線設計データに基づいて、切断や印字、被覆剥き、圧着などの電線加工を全て自動化するため、手作業と比べて作業時間を約85%短縮できる。(2020/4/22)

和田憲一郎の電動化新時代!(37):
電気自動車とはいったい何なのか、今もつながるテスラとエジソンの因縁
Stay at Home! まるでこの言葉が世界中の合言葉のようになってきている。そのため、まとまった時間が出来たことを活用して、長年考えていたことを取り纏めてみた。それは、「電気自動車(EV)とはいったい何なのか!」という問いである。(2020/4/17)

日本航空電子工業 MX80シリーズ:
車載向け防水小型中継コネクター
日本航空電子工業は、車載向け防水小型中継コネクター「MX80」シリーズを発売した。IP規格の保護等級「IP67」に対応しており、北米地域で必要とされる「USCAR-2」規格にも準拠している。(2020/4/14)

関東周辺 季節外れの大雪 満開のサクラに雪の所も
関東周辺は真冬の寒さ。(2020/3/29)

インフラメンテナンス×AI(2):
AIの本質は「最適化手法」にアリ!インフラメンテ最大の壁“暗黙知”を言語化するには?
国内の土木分野では、インフラの老朽化という喫緊の課題が差し迫っており、道路橋を例にとれば建設後50年に達するものが6割にも及ぶとされている。建設業界での慢性的な人手不足の解消と、必要とされる事後保全から予防保全への転換で必須とされる新技術と期待されるのが「AI」だ。土木学会とインフラメンテナンス国民会議のシンポジウムから、インフラメンテナンス領域でのAI活用の最新動向を追った(2020/3/26)

江端さんのDIY奮闘記 介護地獄に安らぎを与える“自力救済的IT”の作り方(最終回):
走れ!ラズパイ 〜 迷走する自動車からあなたの親を救い出せ
認知症患者が、自動車を運転したままさまよい続ける、という問題は社会で大きくクローズアップされています。私も、父が存命だったころ、同じような出来事で人生最大級の恐怖を味わったことがあります。そこで今回、「ラズパイ」を自動車に積み込み、迷走する自動車から運転者(認知症患者)を救い出すためのシステムを構築してみました。(2020/3/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。