ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「EV-DO Advanced」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「EV-DO Advanced」に関する情報が集まったページです。

電気自動車:
幻のスポーツカー「トミーカイラZZ」はなぜEVとして復活を遂げたのか
京都発の電気自動車(EV)ベンチャー・グリーンロードモータースが開発したEVスポーツカー「トミーカイラZZ」が、グランフロント大阪で披露されている。206台しか販売されなかった幻のスポーツカーであるトミーカイラZZは、なぜ同社のEVとして復活したのか。全ては1つの出会いから始まった。(2013/5/7)

まずは2.1GHz帯、iPhone 5から:
2013年度中には150Mbpsまで高速化したい――KDDI石川氏が「4G LTE」の狙いを説明
auのLTEサービス「4G LTE」が、iPhone 5発売と同日の9月21日から提供される。21日時点では2.1GHz帯を使った下り最大75Mbpsまたは37.5Mbpsの通信が可能。KDDIの石川雄三氏が、4G LTEの特長や料金サービスなどの詳細を説明した。(2012/9/14)

KDDI北海道:
北海道のauユーザーはあまりしゃべらない? 音声ARPU“西高東低”のナゾ
ソフトバンクの純増数トップが続く携帯電話の契約者数。しかし地域ごとに見れば、北海道ブロックではauが純増トップを続けている。なぜauが広い大地で人気なのか、担当者に聞いた。(2012/8/23)

800MHz帯+2GHz帯:
プラチナバンドが“ベース”なのはauだけ KDDIがつながりやすさの秘密を各地で説明
KDDIはこのほど、日本各地で通信品質に関する説明会を行った。auは800MHz帯に2GHz帯を加えたマルチバンド構成を全国で展開しており、さらに通信の混雑に強いEV-DO Advancedも全国へ導入している。(2012/8/7)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
“トラフィック爆発”への対処を進める通信キャリアのネットワークの今
2011年から2012年にかけて、携帯電話キャリア各社で不具合が相次いだことからも分かるとおり、スマートフォンの急速な普及にともなうデータトラフィックの増加にどう対応していくかは喫緊の課題だ。各社の現状と今進めている対応を整理してみた。(2012/4/25)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia NX」「Xperia acro HD」で幸先の良いスタートを切ったソニーモバイル(4月2日〜4月8日)
ソニー・エリクソンからソニーモバイルへ――。そのはざまで生まれた「Xperia NX」「Xperia acro HD」が、話題性でも販売面でもAndroidスマートフォンのなかでは頭一つ抜け出しているようだ。(2012/4/9)

スマートフォンビュー Weekly Top10:
今、ITmediaスマートフォンビューで読まれている記事(4月2日〜4月8日)
これまでアイティメディアID会員向けサービスとして提供してきた「ITmedia スマートフォンビュー」。4月2日からは、ログイン不要でだれでも閲覧できるサービスとして公開した。(2012/4/9)

石野純也のMobile Eye(3月26日〜4月6日):
新ジャンルのGALAXY Note発売/シャープ×鴻海の相乗効果/通信の体感速度向上を目指すKDDI
3月26日からの2週間は、多くのニュースがモバイル業界を賑わせた。4月6日に発売された「GALAXY Note SC-05D」は、新たな市場創出を狙った意欲的なデバイス。シャープと鴻海(ホンハイ)グループの資本提携も緊急発表された。通信関連ではKDDIが4月10日から「EV-DO Advanced」を導入することも発表した。(2012/4/6)

KDDI、データ通信の混雑緩和へ「EV-DO Advanced」導入 実効速度が2倍に
KDDIが携帯電話データ通信の混雑を緩和する技術「EV-DO Advanced」を全国に導入。混雑する場所では実効速度が平均2倍向上するという。(2012/4/5)

「つながるネットワーク」へのこだわりを、KDDIが説明
通信混雑の緩和技術「EV-DO Advanced」を4月10日から導入するKDDIが、同社の通信品質改善への取り組みを解説した。(2012/4/5)

KDDI、「EV-DO Advanced」を4月10日から開始 通信速度が平均2倍に
KDDIが通信混雑を緩和する技術「EV-DO Advanced」を4月10日から導入。実効通信速度が平均2倍に向上するという。(2012/4/5)

Mobile IT Asia:
“5年で25倍”のデータトラフィック、どうさばく?――KDDIの戦略を嶋谷氏が説明
スマホ移行で爆発的に増えているデータトラフィックをどう収容していくのかは通信キャリア共通の課題だ。KDDIの嶋谷吉治専務は、「Mobile IT Asia」で同社の戦略を紹介。宅内向けWi-Fiスポットの提供効果などを明かし、データオフロード対策に自信を見せた。(2012/3/15)

KDDI、韓CDNetworks社を買収――“3M戦略”を加速させる強固なネットワークを目指す
KDDIが韓国のCDNetworks社を買収した。CDNetworksが提供しているCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)サービスを活用し、より高速に利用できるコンテンツ配信プラットフォームを提供する。今後はKDDIのモバイルネットワークにもCDNを取り入れ、国内のネットワーク強化にも取り組む。(2011/10/12)

CEATEC JAPAN 2011:
LTE、EV-DO Advanced、au Wi-Fi SPOT、WiMAX――KDDIの“マルチネットワーク”最新事情
2012年12月に開始予定のLTE、現行の3G通信をさらに高速化するEV-DO Advancedなど、KDDIブースでは最新の通信技術が披露されている。(2011/10/6)

どう進化する? スマホ時代のモバイルネットワーク――携帯3社が解説
スマートフォンの普及により高速大容量のネットワークに対するニーズが一層高まる中、通信キャリアも着々と次世代通信システムを構築している。「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2011」の講演から、3社による解説をまとめた。(2011/7/8)

ワイヤレスジャパン2011:
スマホ急増でモバイルネットワーク飽和の危機、3キャリアの対応策は
「スマートフォンユーザーのデータ量は携帯ユーザーの10倍から20倍。2012年の後半には支えきれなくなる」――。こう警鐘を鳴らすのはKDDIの田中氏だ。スマートフォンの急速な普及でモバイルネットワークの限界が迫る中、3キャリアはどんな対策を講じているのか。(2011/5/31)

ワイヤレスジャパン2011:
LTEの前に「EV-DO Advanced」、KDDIが2012年4月以降に導入
KDDIがLTE導入の前に、トラフィックが高い基地局のデータを周辺局にオフロードする「EV-DO Advanced」を展開することが分かった。2012年の4月以降、全国展開するという。(2011/5/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。