ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Flashback」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Flashback」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

しばちょう先生の試して納得!DBAへの道(改)(7):
第7回 続々・バッファキャッシュ関連の待機イベントとパフォーマンス統計情報を読み解く
データベース技術や知識は、座学だけでなく「実際に手を動かして、実際に試して」理解を深めよう──。日本オラクルのデータベーススペシャリストが「新人をDBAに育てる際に使用する課題」をベースに、DBAがすぐ実践できる即効テクニックを紹介。今回は「バッファキャッシュ関連の待機イベントとパフォーマンス統計情報の読み解き方」について、前々回、前回に引き続き解説します。(2018/2/13)

しばちょう先生の試して納得! DBAへの道(改)(6):
続・バッファキャッシュ関連の待機イベントとパフォーマンス統計情報を読み解く
データベース技術や知識は、座学だけでなく「実際に手を動かして、実際に試して」理解を深めよう──。日本オラクルのデータベーススペシャリストが「新人をDBAに育てる際に使用する課題」をベースに、DBAがすぐ実践できる即効テクニックを紹介。今回は「バッファキャッシュ関連の待機イベントとパフォーマンス統計情報の読み解き方」について、前回に引き続き解説します。(2017/11/16)

しばちょう先生の試して納得! DBAへの道(改)(5):
「バッファキャッシュ」関連の待機イベントと「パフォーマンス統計情報」を読み解く
データベース技術や知識は、座学だけでなく「実際に手を動かして、実際に試して」理解を深めよう──。日本オラクルのデータベーススペシャリストが「新人をDBAに育てる際に使用する課題」をベースに、DBAがすぐ実践できる即効テクニックを紹介。今回は「バッファキャッシュ関連の待機イベントとパフォーマンス統計情報の読み解き方」を解説します。(2017/9/26)

ゲーム85本内蔵のメガドライブ互換機登場 HDMI出力対応、無線コントローラー同梱で古いけど新しい
もちろんカートリッジを差しても遊べます。(2017/6/13)

データベースクラウドに求められる3つの要件(1):
PR:サービスレベルに応じてデータベースの可用性を確保する「Oracle Maximum Availability Architecture」とは何か?
Oracle Database 12cによるプライベートクラウド環境の構築に際して課題となることの1つが、必要な「可用性」をいかにして確保するかということだ。オラクルは、サービスレベル要件に応じてデータベースシステムの可用性を確保するためのブループリントとして「Oracle Maximum Availability Architecture」を提唱している。[プライベートクラウド/データベース統合][高可用性/災害対策][Oracle Database 12c](2016/1/18)

開発/検証、遠隔地バックアップ環境としての有効性をチェック:
PR:Oracle Database Cloud Serviceは本当に使えるか? 新日鉄住金ソリューションズの検証は
「Oracle Database Cloud Service」は、Oracle Databaseを使う企業が既存資産を最大限に生かすことのできるパブリッククラウドだ。その開発/検証環境およびバックアップ環境としての有効性について、新日鉄住金ソリューションズのエキスパートらが検証を進めている。[パブリッククラウド][高可用性/災害対策][Oracle Cloud](2015/12/25)

基幹業務システムのコスト削減と運用効率化を支援:
PR:オープンな構成でハイエンド基幹業務システムを支えるデータベースシステムが備えるべきものとは?
従来、高価な構成でしか実現し得なかったミッションクリティカル系基幹業務システムも、OSS技術の発展やシステムパフォーマンスを最適化する仕掛けにより、より少ないコストで求められる要件を満たせるようになってきた。そのカギは運用の容易化/自動化機能を標準装備し、変化への対応能力を備えた最適統合されたデータベース基盤にある。本稿で取材した富士通は、一般に運用に高い技術力が必要とされるOSSを使いながら、各種自動化や高性能なハードウエアによる統合データベース基盤を提供している。編集部では、社会インフラや企業のハイエンド基幹業務システムに採用され始めた同製品を取材した。(2015/9/4)

MacやiPhoneはいま、どのくらい危ないのか?
かつて「Macは安全」というCMが話題になったが、ユーザーの広がりから今ではマルウェアなどの危険性と無縁ではなくなりつつある。現在はどの程度危ないのか? Kasperskyのセキュリティ研究者に聞いてみた。(2014/12/11)

シマンテック、企業向けエンドポイントセキュリティ製品の最新版公開
「Symantec Endpoint Protection」最新版では新OSに対応するとともに、Mac向けの運用機能を強化している。(2013/12/6)

ユーザー目線でチェック! Oracle Database 12cの知りたいところ(1):
「新機能」「廃止機能」「サポート状況」から見たユーザーにとってのOracle Database 12c
Oracle Database導入を実施ならびに支援するサービスプロバイダという筆者の立場から、ユーザーにとっての新バージョンの意義を考えながら、新機能や廃止された機能などを紹介します。(2013/8/9)

Macを襲ったマルウェア「Flashback」の作者の素性――ロシア在住の男か
セキュリティ専門ジャーナリストが、2012年に猛威を振るった「Flashback」の作者を突き止めたと報告した。(2013/4/4)

データベースのアップグレードで“失敗”しないために
Oracle Databaseアップグレードの勘所
Oracle Databaseのバージョンアップには困難が伴うと思い込んでいるユーザーが少なくない。だが、あらかじめ幾つかの勘所を押さえてさえおけば、極めてスムーズにアップグレードすることができる。(2013/1/29)

2012年の脅威と2013年の予想、セキュリティのトップ5
シマンテックは、2012年のインターネットセキュリティの総括と2013年の予想を明らかにしている。(2012/12/20)

ソーシャル対応などを強化した新バージョンもリリースへ:
マルウェア戦線はWindows以外にも拡大――ESET
スロバキアのセキュリティ企業、ESETは12月5日、2013年に向けた戦略に関する記者説明会を開催。2013年の脅威について予測した。(2012/12/6)

SNS対策やPC盗難時の位置特定も可能に――「ESET」次期バージョン説明会
ESETのリチャード・マルコCEOが来日し、2013年に発売を予定している個人向けセキュリティ製品の特徴を紹介した。(2012/12/5)

VMware vSphere向けバックアップ・リカバリソフトがvCenterに統合
小規模なサーバ仮想化環境でもバックアップやリカバリの環境が充実してきた。増分復元や遠隔地へのバックアップにも対応する。(2012/11/28)

PCもMacもスマホも、すべてのデバイスを1本で保護:
PR:“なりすまし”被害から身を守るために――安全なデジタルライフに必要なのは「マカフィー オール アクセス」
インターネットが生活に浸透し、多くの便利なサービスを提供する一方で、これを狙ったサイバー犯罪もまたネットのいたるところに存在する。大事なデータが盗まれた。預金残高が消えた。ある日突然“犯罪者”に仕立て上げられた……誰にでも起こりうる危険から身を守るのに必要なのは、信頼できるセキュリティソフトだ。(2012/11/22)

「JavaはOracleから直接入手を」、Apple経由のプラグインに削除措置
OS X向けのJavaセキュリティアップデートを導入すると、Appleが提供したJavaアプレットのプラグインが、全ブラウザからアンインストールされる。(2012/10/19)

今後の鍵を握る2人の幹部
死去から1年、Apple最大の敵は「過去のジョブズ氏」
米Appleの前CEO、スティーブ・ジョブズ氏が死去して1年。Appleはその後も成長を続け、iPhone 5などの新製品も好調だ。Appleは今後も革新的な企業であり続けることができるのか。その鍵を握るのは?(2012/10/19)

ネット決済保護も搭載:
保護する対象をモノから人へ――2013年版「カスペルスキー2013 マルチプラットフォーム セキュリティ」
カスペルスキーがコンシューマー向けセキュリティ製品の2013年版を発表。新たにネット決済保護機能などを搭載したほか、個人所有のすべてのデバイスで使える「「プライベートライセンス」を導入した。(2012/9/10)

マルウェア検出数が過去4年で最大の増加――McAfeeが報告
McAfeeは1日当たり10万件近いペースでマルウェアを発見。これまでPCを主な標的としていたマルウェアが、他のデバイスを狙う傾向も鮮明になった。(2012/9/5)

Javaの未解決の脆弱性、Mac狙う攻撃に悪用の恐れも
脆弱性はOS X 10.8.1(Mountain Lion)でも悪用できることが確認された。現時点でWindowsが標的とされているが、他のマルウェアにも利用されるのは時間の問題とみられる。(2012/8/29)

脆弱性対応やOSサポートに不備
Macマルウェア「Flashback」まん延で露呈した米Appleの過失
Macintoshを標的として感染を広げたマルウェア「Flashback」。まん延の背景には、ユーザーのセキュリティ意識の欠如だけでなく、米Appleの脆弱性対応の遅さやOSサポートの不十分さがあった。(2012/8/9)

プレイ動画をアップしよう:
ハイビジョン対応USBビデオキャプチャ「Elgato Game Capture HD」
フォーカルポイントは、HDMI入力とAV入力を備えたビデオキャプチャユニット「Elgato Game Capture HD」を8月中旬に発売する。ゲームプレイをさかのぼって録画できる「Flashback Recording」機能を搭載。(2012/8/8)

Apple、Mountain Lionに自動更新機能を実装か
今夏のリリースが予定される「OS X Mountain Lion」の開発者向けプレビューの最新版に、ソフトウェアの更新情報を自動的にチェックする機能が加わった。(2012/6/27)

「ウイルス感染しません」――Appleが宣伝文句を撤回?
「ウイルスには感染しません」「何もしなくてもあなたのデータを守ります」などの宣伝文句がAppleのWebサイトから消えた。(2012/6/15)

AppleがMac向けのJavaを更新、攻撃の横行を受けリリース早める
OracleがJavaのアップデートを公開したのと同じ日に、AppleもMac OS X v10.6.8とOS X v10.7.4向けのJavaアップデートを公開し、深刻な脆弱性に対処した。(2012/6/13)

全プラットフォームでマルウェアが急増、日本はボットネット感染も増加――McAfee報告書
PCに感染するマルウェアは過去4年で最高の水準に達し、Androidを狙ったマルウェアも激増している。(2012/5/24)

クリック広告で金を稼ぐマルウェア、収益構造の一端が明らかに
Flashbackは感染したコンピュータに広告を表示してクリックさせる手口を使い、3週間で1万4000ドルを稼いだ計算になるという。(2012/5/18)

Apple、Leopardでも古いFlashを無効に Flashback削除ツールも提供
AppleがMicrosoftに比べて早期にOSのサポートを打ち切ってしまうことについては批判の声も出ていた。(2012/5/16)

そして税金も払わない:
Mac向けマルウェア「Flashback」は毎日1万ドルを盗む――シマンテック
シマンテックは、Mac OS Xを標的にした「OSX.Flashback.K」の背後に、金銭的な動機があるとブログで説明している。(2012/5/1)

APT・スマホマルウェア・Mac攻撃の脅威が台頭、2011〜12年のセキュリティ動向
脆弱性やスパムの数が減少する一方、スマートフォンやMacが新たな標的となり、高度な手口を使ったサイバー攻撃も引き続き多い状況にある。(2012/5/1)

「Appleのセキュリティ対策はMicrosoftより10年遅れ」――KasperskyのCEO
Kaspersky Labの創業者が英誌のインタビューで「Appleはセキュリティに関してMicrosoftより10年遅れている」と語った。(2012/4/27)

WindowsとMacを見分けるマルウェア攻撃が発生
OSの違いを識別してそれぞれのOSに合わせたマルウェアを呼び込み、コンピュータの情報を外部サーバに送信するという。(2012/4/24)

Macを狙う「Flashback」の亜種がまた出現、感染数はいまだに高水準?
Flashbackに感染したMacの数は一時激減したとの見方もあったが、ロシアのセキュリティ企業によれば、依然として65万台に上っているという。(2012/4/24)

FirefoxのJavaプラグイン、Windows版に続きMac版でも無効化
Mozillaはまず、Mac OS X 10.5までのバージョン向けJavaプラグインをブロックリストに追加。「Firefox 12」のリリース後は全面的なブロックに踏み切る。(2012/4/19)

Mac狙いのマルウェア、WordやJavaの脆弱性を突く手口を相次ぎ実装
大規模感染が伝えられた「Flashback」に続き、「SabPub」というトロイの木馬の亜種もJavaやWordの既知の脆弱性を突く手口を採用しているという。(2012/4/17)

Apple、マルウェア「Flashback」対策ツールを提供開始
Appleが、猛威を振るうマルウェア「Flashback」を検知・削除するツールのインストールを含むOS X LionとMac OS X 10.6向けのJavaアップデートを公開した。(2012/4/13)

マルウェア「Flashback」の大規模感染、全体の1.9%は日本に
55万台以上が感染しているとされる「Flashback」だが、Symantecは27万台にまで縮小したとみる。(2012/4/12)

Apple、マルウェア「Flashback」対策ツールを開発中と発表
Appleが、Macで猛威を振るうマルウェア「Flashback」を検知・削除するツールを開発していると発表した。(2012/4/11)

AppleがJavaのアップデートを再配信、3日のリリースに不具合か
3日に配信されたOS X Lion向けのJavaアップデート「2012-001」に続き、「2012-002」が7日付でリリースされた。再配信の理由については記載されていない。(2012/4/9)

Mac狙いのマルウェア、55万台以上のMacに感染か Javaの脆弱性突く手口で猛威
ロシアのセキュリティ企業によると、マルウェア「Flashback」は55万台以上のMacに感染し、強力なMacボットネットを形成しているという。(2012/4/6)

Javaの脆弱性を突く攻撃が横行、Firefoxのプラグインを無効化
Javaの脆弱性が悪用されてユーザーが危険にさらされているとして、Mozillaは最新のアップデートが適用されていないWindows版のJavaプラグインを無効にする措置を取った。(2012/4/4)

Apple、Mac向けのJavaアップデートを公開 マルウェアに悪用された脆弱性に対処
AppleがOS X LionとMac OS X 10.6向けのアップデートをリリースし、Oracleが2月に公開していたJavaの最新バージョンを導入した。(2012/4/4)

Mac狙いのマルウェア、Macで未解決のJavaの脆弱性を悪用
Macを狙ったマルウェア「Flashback」の亜種が悪用したJavaの脆弱性は、Windows版では修正されたが、Mac版のアップデートはまだ公開されていなかった。(2012/4/3)

脆弱性の悪用やアダルト画像の利用も――Macを狙うマルウェアの手口
Javaの脆弱性を突いたりアダルトへの関心に付け込んだりしてMacに感染するマルウェアが出回っている。(2012/3/22)

Mac狙いのマルウェア、感染マシンの制御にTwitterを利用
Macに感染するマルウェア「Flashback」は感染先のマシンを制御するために、Twitterでハッシュタグを付けたツイートを使っているという。(2012/3/6)

Mac狙いのマルウェア「Flashback」に亜種出現、さらに巧妙な手口で感染広げる
Flashbackの新たな亜種は、Javaの脆弱性悪用とソーシャルエンジニアリングというステップで感染を試みる。(2012/2/24)

Mac狙いのマルウェアに新機能か、ウイルス対策アプリを妨害
「Flashback.C」というマルウェアの亜種は、Mac OS Xに組み込まれたウイルス対策アプリケーションの自動更新機能を無効にしてしまうという。(2011/10/20)

Mac狙いのトロイの木馬、研究者から身を隠す新機能を実装
Macに感染するトロイの木馬「Flashback」の亜種に、仮想マシンをチェックする機能が加わったという。(2011/10/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。