ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

  • 関連の記事

「20世紀フォックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「20世紀フォックス」に関する情報が集まったページです。

連載「オタクの幸せ」:
「シンプソンズファンはプライドを持っている」 名優・大平透が心を許した「シンプソンズファンクラブ」とオリジナル声優たちの12年間
【完全版後編】オリジナル声優にとってファンとはどんな存在なのか。(2019/12/26)

連載「オタクの幸せ」:
署名、公開質問状、調査、そしてオリジナル声優復帰へ “映画版の声優が芸能人問題”を乗り越えた「シンプソンズファンクラブ」12年間の記録
【完全版前編】互いの顔も知らず、映画業界への伝手もなかったファンがなぜ奇跡を起こせたのか。(2019/12/26)

「コマンドー」4Kニューマスター上映決定 記念に「オレたちのコマンドー祭2019」がネットで生放送
もう1つの記念イベント、立川シネマシティの「極上爆音筋肉応援上映」は残念ながら既に満席。(2019/11/27)

PR:自称芸能界一の「UCC BLACK無糖」愛飲家 カンニング竹山さんがガチ勢すぎた
あの人の「UCC BLACK無糖」愛が本物か審判してきました!(2019/11/15)

「ターミネーター:ニュー・フェイト」シュワちゃん72歳がマシンガンをぶっ放すバトルシーン動画公開 負けるなシュワちゃん……!
生涯現役を感じる。(2019/11/1)

「ターミネーター:ニュー・フェイト」の吹替版キャストに玄田哲章、戸田恵子! 「文句なしのキャスティング」とファン歓喜
戸田さんがサラを演じるのは第1作目の「ターミネーター」から数えて34年ぶりとのこと。(2019/10/11)

「完璧な役者」 ブラッド・ピット、「アド・アストラ」で初共演のトミー・リー・ジョーンズを絶賛
さすが宇宙人ジョーンズさんやで。(2019/9/20)

Disney、「Disney+」+「Hulu」+「ESPN+」の月額12.99ドルサービスを発表
Disneyが、11月に米国でスタートする定額動画サービス「Disney+」と、100%支配権を持つHulu、スポーツ動画サービス「ESPN+」をバンドルし、月額12.99ドルで提供すると発表した。米NetflixのStandardプランと同額だ。(2019/8/7)

マシリトが行く!:
『ジャンプ』伝説の編集長が語る「21世紀のマンガ戦略」【後編】
『ジャンプ』伝説の編集長、マシリトこと鳥嶋和彦氏による特別講義の後編――。コミケの初代代表である原田央男氏がリードする形で、文化学園大学の学生からの質問に直接答えた。(2019/7/22)

サラ・コナーかっこよすぎぃ! 「ターミネーター:ニュー・フェイト」11月8日公開へ、日本版ティーザー予告&ポスターも解禁
11月はよ!(2019/6/6)

ITはみ出しコラム:
ディズニーの「Hulu」完全支配が意味すること サブスク動画はさらなる競争激化へ
米Walt Disney Companyが、定額制動画配信サービス「Hulu」の完全支配権を獲得しました。一方、DisneyにHuluを明け渡した米AT&Tと米Comcastは、独自の定額制動画配信サービスを計画中。群雄割拠のサブスク動画は、さらに競争が激化しそうです。(2019/5/19)

DisneyがHuluの100%支配権獲得 Comcastとの契約で
米定額制動画配信サービス「Hulu」の権利をDisneyが完全に獲得した。Disneyは11月からHuluと競合するサービス「Disney+」を米国でスタートする。なお、日本のHuluは日テレ傘下だ。(2019/5/15)

ディズニー、「スター・ウォーズ」新3部作「アバター2〜5」の公開年を発表 2021年から毎年交互に公開
マーベル作品も多数予定されています。(2019/5/8)

ディズニーの定額動画サービス「Disney+」は月額6.99ドルで11月に米国で開始
Disneyが11月に米国で開始する定額動画サービス「Disney+」の詳細を発表した。サブスク料金は月額6.99ドルとNetflixの最低プランよりさらに2ドル安く、「スター・ウォーズ」や人気アニメなどの既存映画をオフラインでも視聴できる。様々なオリジナルコンテンツも提供していく。(2019/4/12)

Disneyによる21st Century Foxの買収完了 「Disney+」コンテンツ拡充へ
Walt Disney Companyが2017年に発表した21st Century Foxの買収がようやく完了した。買収総額は約710億ドル(約7兆9000億円)。年内スタート予定の独自コンテンツストリーミングサービス「Disney+」に「ザ・シンプソンズ」や「デッドプール」が登場するかもしれない。(2019/3/22)

Webex TeamsやTeamsとの違いは?
Slackが「1日当たり1000万人のユーザー」を実現できた理由
メッセージングアプリのSlackを使うアクティブユーザーの数が、2019年1月で1日当たり1000万人を突破した。有料版のSlackを利用する組織は8万5000を超えているという。(2019/2/13)

伝説のバンド「クイーン」の伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」 ネットの反応に見る意外なファン層
フレディ・マーキュリーかわいい説も浮上。(2018/11/23)

Cisco Webex Teams、Symphonyも採用
暗号鍵を企業が管理? Slackが注目する「鍵管理機能」とは何か
Slackは企業向けの“鍵”管理機能を提供する。詳細なデータ暗号化の管理可能にして大企業へサービスを拡大することが目的だ。(2018/10/24)

ゲーム「ロックマン」、ハリウッドで実写映画化が決定
ドラマ「HEROES」などで知られるマシ・オカさんがプロデューサー。(2018/10/4)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
「X-ファイル」は景気が「疲れている」ときに流行るドラマ オカルト研究家・山口敏太郎が語る新「X-ファイル2018」の魅力
山口さんの考える“宇宙人の真の正体”や、自身が幼少期に遭遇したという“銀色の巨人”についても聞きました。(2018/7/13)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
「モルダー、あなたまだ疲れてるのよ」 7月上陸の「X-ファイル 2018」、最新“お疲れモルダー”の姿を先行公開
I WANT TO BELIEVE. (2018/6/23)

Comcast、21st Century Foxに650億ドルの買収提案 AT&TのTime Warner買収承認後
通信インフラ企業であるAT&Tによるコンテンツ企業Time Warnerの買収を米連邦地裁が承認した翌日、CATV大手のComcastがコンテンツ企業の21st Century Foxに買収を提案した。(2018/6/14)

全部面白い! 帰ってきた俺ちゃん「デッドプール2」ネタバレなしレビュー
待ってた❤(2018/6/2)

デッドプール「どっかのバカがWikipediaにストーリーをほぼ全部記入しやがった」→親切な俺ちゃんファンが記事を修正
やさしいせかい。(2018/6/1)

“Fワード”に「デッドプール3」の話まで ライアン・レイノルズ、東京観光バスツアーで通訳泣かせの“デップー節”全開
通訳さんも困り顔。(2018/5/31)

「ヘリウム声なのに」 デッドプール、前作でディスったベッカムに直接謝罪 大物スターも次々ターゲットに
誠意が全く感じられない謝罪。(2018/5/11)

「カリオストロの城」→「池の水ぜんぶ抜く」 ハッシュタグ「好きな映画をつまらなさそうに紹介する」に秀逸な投稿集まる
かえって見てみたくなる。(2018/5/9)

おふざけ全開! 野性爆弾くっきー、予定外の“がんりきまる”で「デッドプール2」を破天荒に盛り上げる
なぜそのチョイスだったんだ。(2018/5/9)

「Microsoft Teams」「Cisco Spark」を圧倒できるか
大企業向けSlack「Slack Enterprise Grid」の知っておきたい強化点
既に150社を超す大規模組織が利用している「Slack Enterprise Grid」。Slackはその利用を更に広げるために、機能強化を続けている。注目すべき最近の強化点をまとめた。(2018/4/26)

ポイントは“核”となるサービスを決めること
乱立するコミュニケーション基盤 どうすれば1つに統合できるのか?
チームコラボレーションサービスでは、メッセージングを1つのコミュニケーション基盤に統合する戦略を採用する企業が増えている。IT部門とエンドユーザーのコミュニケーションを円滑にすることが目的だ。(2018/4/18)

「Microsoft Teams」「Cisco Spark」とは別の道を選ぶ
Slackが「音声通話」「ビデオ通話」機能をあえて強化しない理由
MicrosoftやCisco Systemsなどとの競争が激しさを増しているものの、チームコラボレーション市場で依然として支持を集めるSlack。その競争力の源泉に迫る。(2018/4/6)

「シェイプ・オブ・ウォーター」が描く抑圧と解放 モンスターの一撃は何を救済したか?
ネタバレ注意。(2018/3/21)

一時休館していた映画館「シネクイント」、7月6日に復活
渋谷PARCO建替えのため一時休館となっていました。(2018/3/20)

私が「シェイプ・オブ・ウォーター」を劇場に見に行かない理由 映画作品に”手を加える”ということ
表現の規制と、責任の所在。(2018/3/1)

CES 2018レポート:
AIとIoTに5Gも加わった「CES 2018」、そして全てのモノがデジタル化される
情報通信総合研究所が「CES 2018」について報告。グーグルとアマゾンによる音声認識AIの激しいつばぜり合いや動画配信サービスによる業界再編などについて紹介した他、AIとIoTに5Gが融合しつつあることもポイントとして取り上げた。(2018/2/5)

半径300メートルのIT:
もうBlu-rayの時代じゃない? 私がApple TVを選んだ理由
先日、とうとうApple TVを買いました。今回は購入に至るまでの紆余曲折を紹介しようと思います。とはいえ、Apple TVで満足しているわけではないのですが……。(2018/1/16)

オーディオビジュアルが追い求め続ける芸術表現の哲学――「麻倉怜士のデジタルトップテン」(前編)
2017年もあとわずか。毎年恒例「麻倉怜士のデジタルトップテン」の季節だ。前編となる10位から7位までには、現代の芸術の一翼を担う製品や項目が並んだ。(2017/12/28)

Disney、21st Century Foxを524億ドルで買収 「X-メン」や「ザ・シンプソンズ」、ナショジオがディズニーに
Walt Disney Companyが21st Century Foxを524億ドルで買収する。Disneyは2019年立ち上げ予定の独自の動画配信サービスで獲得した人気コンテンツを独占配信できるようになる。(2017/12/15)

ディズニー、21世紀フォックスの事業買収を発表
X-MENやデップーさんとアベンジャーズの共演が実現するかも?(2017/12/14)

オリエント急行ならぬオリエント路面電車、大阪の阪堺電車で運行 映画とのコラボ限定車両
モ161型形車166号車が「オリエント急行」カラーに変身。(2017/11/10)

ギレルモ・デル・トロ監督新作「シェイプ・オブ・ウォーター」18年3月公開決定 半魚人との幻想的なラブストーリー
待ちきれない。(2017/10/30)

「世界よ、これが日本のブランドだ!」――麻倉怜士のIFAリポート2017(後編)
AV評論家、麻倉怜士氏による「IFA 2017」振り返り。後編は日本を代表する2大メーカーのソニーとパナソニックを中心にお届けする。(2017/10/20)

クマとハチミツで「くまのプーさん」、炎と親指で「ターミネーター2」 ハッシュタグ「好きな作品を絵文字だけで」が大盛況
ネズミとトラとボウズ頭で「ねとらぼ」は……苦しいな。(2017/9/28)

これでいつ宇宙に行っても安心 ARで実戦訓練もできる「エイリアン・サバイバル・マニュアル」登場
USCM公式!(2017/9/21)

古くて新しい、現代映画のモノクロ化というムーブメント
「マッドマックス」がモノクロ版として再発表されるなど、“映画のモノクロ化”という動きがにわかに活発化している。映画大好き麻倉怜士氏がこの動きに注目、過去の傑作を振り返りながら、旧作にはなかった現代のモノクロ映画の楽しみを指南。(2017/9/16)

新規格「HDR10+」がコンシューマーにもたらすもの――パナソニック、小塚氏に聞く
20世紀フォックスとパナソニック、サムスンの3社が、HDRのエコシステムをさらに発展させる新しい技術規格「HDR10+」を発表した。HDR10+とはどのような技術なのか。また新しい規格が目指すものは何なのだろうか。パナソニックの小塚雅之氏に話を聞いた。(2017/9/8)

パナソニックとサムスン、20世紀FOXが推進する「HDR10+」とは?
「IFA 2017」でパナソニックは、韓国のサムスン、映画スタジオの20世紀フォックスと協力して新たにHDR映像の高画質化を実現する新規格を立ち上げることを明らかにした。「HDR10+」(仮称)だ。(2017/8/31)

CloseBox:
映画「ドリーム」がアポロ計画は外してもドリームは残した理由
多分、どちらもいい映画です。(2017/6/9)

「ドリーム 私たちのアポロ計画」の邦題変更 「ドリーム」に
邦題が映画の内容と異なると指摘されていました。(2017/6/9)

「内容と邦題違う」批判の声も:
「ドリーム 私たちのアポロ計画」邦題変更 「ドリーム」に
「ドリーム 私たちのアポロ計画」のタイトルが、「ドリーム」へと変更になる。「内容に即していない」といった批判の声が上がっていた。(2017/6/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。