ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「福井晴敏」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「福井晴敏」に関する情報が集まったページです。

【新連載】元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ガンダムの宇宙世紀でインフレは起きたのか?
来年にアニメ放送40周年を迎え、今なお人気が衰えない「機動戦士ガンダム」。こうしたSFの世界において政治の駆け引きが描かれることはよくあるが、その世界の経済に関する視点はあまり例を見ない。新連載「ガンダムの経済学」では、日銀出身のエコノミストがさまざまな側面からガンダムの世界の経済を大胆に分析する。(2018/9/20)

ガンダム新作「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」発表 11月に劇場公開
「UC NexT 100 PROJECT」の第1弾。(2018/4/20)

来春に新プロジェクト:
お台場に実物大「ユニコーンガンダム」降臨 変形も再現
9月24日から、実物大の「ユニコーンガンダム」立像の展示が始まる。「ユニコーンモード」から「デストロイモード」への変形が再現されている点が特徴。(2017/9/24)

「宇宙戦艦ヤマト2202」&「ガルパン」、2大砲撃系アニメのコラボ極上爆音上映が立川シネマシティで開催
時空を超えた組み合わせが実現。(2017/2/28)

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」、第1章は2017年2月上映開始
全7章、特報映像に白色彗星とあの美女の姿。(2016/9/5)

なんだこの組み合わせ 「インデペンデンス・デイ」×「ガンダムUC」のコラボポスターが爆誕してしまう
小説版の著者・福井晴敏さんいわく「二作品はソウルブラザー」。(2016/6/17)

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の製作決定、シリーズ構成は福井晴敏さん
ティーザーサイトには満身創痍のヤマトの姿が。(2016/3/31)

新規映像追加して再編集 「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」テレ朝系で4月3日より放送決定
ニチアサが油断ならない。(2016/2/21)

宇宙世紀のガンダムを補完する、おすすめガンダム漫画15選
(2015/9/15)

第17回「大藪春彦賞」に青山文平『鬼はもとより』、月村了衛『コルトM1851残月』
選考委員は、大沢在昌、今野敏、馳星周、藤田宜永の4名。(2015/1/22)

あの作品がコミック部門2連覇――「ブックリスタ年間ランキング2014」が発表
総合ランキングでも半数以上を占めるという結果に。(2014/12/10)

「おもしろいものを、おもしろいと思った人に届ける」ことが難しい時代に それを最短距離で届ける「電子」の試み
「売れる」「売れない」で二極化する現代の娯楽産業は、「おもしろいものをおもしろいと思ってくれる人に届ける」ことがもはや難しくなってしまったが、電子ならそれができるのでは――作家発の電子書籍「AiR(エア)」を主宰する堀田純司さんの論。(2014/8/8)

「機動戦士ガンダム35周年プロジェクト」始動! 富野監督「この歳にしてよくやったとうぬぼれている」と最新作に自信たっぷり
ガンダム35周年のプロジェクトがスタート、記念作品3本を中心にさまざまな企画が発表された。富野監督も「Gのレコンギスタ」に込めた想いを口にする。(2014/3/21)

最大1万ポイントもらえる電子書籍専用端末「Lideo」発売1周年記念キャンペーン
BookLiveの電子書籍専用端末「Lideo」発売1周年を記念したキャンペーンが開催。端末からの購入金額に応じて最大1万ポイントを付与する。(2013/12/13)

「楽天Koboイーブックストア」11月度月間ランキング――『人類資金I』や『清須会議』など映画原作が上位
楽天の子会社であるKoboは、「楽天Koboイーブックストア」での日本国内販売電子ブックコンテンツに関するランキングを発表。11月度の月間総合ランキングでは『人類資金I』(福井晴敏/講談社)が1位に輝いた。(2013/12/4)

「koboイーブックストア」9月度ランキング:
「半沢直樹」原作が総合ランキング上位を独占
Koboがkoboイーブックストアの日本国内販売部分に関する月間ランキングを発表。総合ランキングをドラマ「半沢直樹」の原作である池井戸潤作品が独占した。(2013/10/2)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/7/3)

映画「キャプテンハーロック」は9月7日公開 ハーロック役声優は小栗旬さん
ハーロックの命を狙う青年・ヤマ役を三浦春馬さんが演じ、宇宙海賊クルーには蒼井優さん、古田新太さんなど。(2013/5/8)

売れるのには理由がある:
サンライズのアニメーションはこうして作られている
サンライズというとアニメ制作の会社というイメージがある。しかし、数々のヒット作を生み出す秘訣は、サンライズがただのアニメ制作会社でないところにあるという。(2013/3/29)

作家発の電子書籍「AiR」Kindle版発売
作家が出版社を介さず、直接読者に電子書籍を届けるプロジェクト「AiR」シリーズのKindle版発売。(2013/2/6)

国立科学博物館で「機動戦士ガンダムUC」最新作、最速上映会開催決定
「機動戦士ガンダムUC FILM&NIGHT MUSEUM episode 6 世界最速上映会」が国立科学博物館にて2月25日より開催決定。(2013/2/6)

作家発の電子書籍「AiR」、Kindle版も発売
電気本が発行する電子書籍「AiR」が、Kindleでも購入可能になった。3号までを一挙発売。(2013/2/5)

「キャプテンハーロック」CGアニメ映画が今秋ロードショー 予告を公開
監督は「アップルシード」の荒牧伸志さん。総製作費用は東映アニメ史上最高の約27億5000万円に上る。(2013/2/1)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(12月28日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/12/28)

部屋とディスプレイとわたし:
そろそろ「ガンダムUC」という“現象”に気がついたほうがいいのかも
心は宇宙世紀に生きているわれわれが改めて刻の涙を見ることになった「ガンダムUC」。それはただ優れた作品であるだけではなく、ひとつの特別な“現象”である──という作家・堀田純司さんの論。(2012/9/4)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/7/9)

「歩くガンダムを観光のキラーコンテンツに」 自民党、ガンダム開発計画を語る
自民党の12時間生放送で注目を集めた「本気で考える自民党ガンダム開発計画」。まずは観光向けに歩くガンダムを作りたいそうだ。(2012/6/29)

連載・部屋とディスプレイとわたし:
成功の再配分──出版社が果たしてきた役割と隣接権、電子書籍
作家・堀田純司さんの連載2回目は再び出版社の著作隣接権関連をめぐって。出版社の「成功の再配分」という機能は電子の時代に失われるのではないか。(2012/6/6)

オリジナル電子書籍「AiR3」発売 福井晴敏、カラスヤサトシ初参加
出版社を介さず、作家が読者に直接作品を届ける電子書籍「AiR3」の先行版が発売された。カラスヤサトシさん、福井晴敏さん、皆河有伽さんが初参加。(2012/6/1)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(10月7日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/10/7)

出版社からスキャン代行業者への質問状を全文公開、潮目は変わるか
「出版社7社、作家・漫画家122人が『自炊業者』に質問状」が話題となっている。ここでは、スキャン代行業者に送付された質問状の内容と、今後の動きについて考える。(2011/9/6)

福井晴敏さんも電子書籍 アップデートで「永遠に完成しない」小説
「機動戦士ガンダムUC」などで知られる作家の福井晴敏さんが、電子書籍に参入する。大事件が起きるなど現実の状況が変われば、配信済みの内容も現実に合うようアップデートする「永遠に完成しない」小説だ。(2010/11/15)

Live動画ピックアップ:
富野由悠季さん、福井晴敏さん出演 「イデオンナイト!」をライブ配信
7日夜には、富野由悠季さん、福井晴敏さん、湖川友謙さんが出演するサンライズフェスティバル前夜祭「イデオンナイト!」のUstが。(2010/8/6)

ガンダムで学ぶ天文学セミナー 富野監督も登場
アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズを通して天文学を学べるセミナー「ガンダム天文入門」が六本木ヒルズで開催される。富野由悠季監督も登場。(2010/2/25)

歴代ガンダムも:
「技術の結晶」、バンダイが新ブランド「ROBOT魂」立ち上げ
バンダイがロボットフィギュアの新ブランド「ROBOT魂」を発表した。過去10年に渡って積み重ねてきた技術の結晶という。(2008/8/5)

新作DVD情報:
日本が一気呵成に沈んでいく!――「日本沈没」
「ローレライ」の樋口真嗣監督が、パニック映画の金字塔をリメイク。六本木ヒルズに熊本城、奈良の大仏などなど、観光名所や見慣れた風景が次々と崩壊。未曾有の恐怖が日本国民を襲う!(2006/10/23)

新作DVD情報:
国家存亡を懸けた男たちの戦い〜日本版「ダイ・ハード」――「亡国のイージス」
福井晴敏のベストセラー小説を「顔」などで知られる阪本順治監督が映像化。海上自衛隊&航空自衛隊の全面協力の下、派手なアクションはもちろん、人間ドラマとしても見応え十分の骨太エンターテイメント!(2005/12/27)

ドラゴンソフト、ボーダフォン向けに“ゆうこりん”の麻雀ゲーム
(2005/10/7)

Mobile&Movie 第176回:
亡国のイージス「まだ起きてるか?」
映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回は福井晴敏のベストセラー小説を映画化した「亡国のイージス」です。【ネタバレ注意】(2005/8/26)

ガレキが山のように賑わう――「ワンフェス2005[夏]」開催
8月21日、東京有明にあるビッグサイトにおいて「ワンダーフェスティバル2005[夏]」が開催。たった1日だけの世界一のガレキの祭典はどうだったのでしょうか?(2005/8/22)

今度はゲーム化「亡国のイージス2035〜ウォーシップガンナー〜」発売決定
(2005/4/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。