ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「G2010」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(12):
最終話 人工知能は完全犯罪の夢を見るか?
婚活サイトのサクラはAI(人工知能)ではなかった。では、なぜトーマス社長はウソをついたのか。そして本当の犯人は?――結婚相談所を舞台に繰り広げられたエンジニア探偵ミスズの推理譚、「全ての」謎が解き明かされる時がきた。(2016/4/22)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(11):
第7話 ある「AI」技術者の告白
結婚詐欺(?)事件を調査中の「ミスズ」がミニスカ調査員「ユカリ」を送り込んだのは、依頼主が勤める会社の社長の病室。トーマス社長の口から真相は語られるのか……?(2016/4/15)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(10):
第6話 「AI」が婚活サイトのサクラ?――シンギュラリティの芽生え
ミニスカ調査員「ユカリ」が受け取った不気味なDM、匿名掲示板に書き込まれた「ある」うわさ、そしてハーフ社長の暗い過去――これは単純な結婚サギなのか、それとも……?(2016/4/8)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(9):
第5話 MIT卒、CSAIL出身――ハーフ社長 トーマス日下の「空白の16カ月」
結婚相談所「シルバースプーン」社長の「トーマス日下」は、高学歴で華麗な職歴を持つハーフ男性。しかし、シルバースプーンのサイトハッキングを調査していたエンジニア探偵「ミスズ」は、トーマスの経歴に疑問を感じ……。(2016/4/1)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(8):
第4話 46歳独身エンジニアの心をもてあそんだ、婚活サギの不可解な手口
「私もあなたのことが気になっています。でも……」――婚活サギ被害者たちに接近したミニスカ調査員「ユカリ」が聞き出した「婚活サギ」の不可解な手口、そして、3人目の被害者が気付いた犯人のある「特徴」とは?(2016/3/25)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(7):
第3話 ミニスカ調査員vs.46歳独身エンジニア
婚活サイトハッキング事件の現地調査を開始した「ユカリ」は、エンジニア探偵「ミスズ」の指示に従い、システムのプロパティやソースを入手していた。作業に没頭するユカリが、無人のオフィスで耳にした音声は――?(2016/3/18)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(6):
第2話 Google Glassの女
Google Glass(特注品)に骨伝導マイク。ガジェットで武装した女の正体は?(2016/3/11)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(5):
第1話 婚活サイトハッキング事件
結婚相談所のシステムが何者かにハッキングされた? 誰が、何のために、どうやって???――ITエンジニア小説「Press Enter■」コミック化第二弾は、女性エンジニア「高村ミスズ」が探偵になって事件解決に挑む「エンジニア探偵ミスズのIT事件簿」だ。(2016/3/4)

FAニュース:
シーメンス、堅固で低コストの産業用PCを販売開始
EMCノイズ対応、換気構造に加え、防塵フィルターも搭載。24時間運転を可能とする環境性能を備え、生産現場でオフィスPCを使用していたユーザーにも導入しやすい産業用PCとなっている。日本語を含むグローバルサポートの他、中国CCCを除く各種産業用企画にも対応する。(2014/7/31)

アニメーションも取り入れた電子版『トパーズ』『村上龍映画小説集』が配信開始
村上龍電子本製作所が、電子版『トパーズ』『村上龍映画小説集』を配信開始。表紙と章タイトルにアニメーションを挿入している。(2013/9/19)

G2010、新レーベル「村上龍電子本製作所」を立ち上げ
G2010は、作家・村上龍氏の著作とプロデュース作品を発行するプライベートブランド「村上龍電子本製作所」を発足した。(2013/3/8)

Apple、日本でのiBookstoreオープンを公式に発表
Appleが日本でのiBookstoreのオープンを公式に発表した。(2013/3/6)

4000円前後で買えるIvy Bridge:
インテル、Ivy Bridge世代の新型「Celeron」など低価格モデルを投入
Ivy Bridge世代の「Celeron」をはじめ、「Core i3」や「Pentium」などのエントリー向けラインアップに新モデルが多数登場。最も安価な「Celeron G1610」は4000円前後で購入できる。(2013/1/21)

クラゲの浮遊はなぜ心を安らかにするのだろう――村上龍はそんなことを考えた
情報の洪水に疲れた現代人すべてに「安らかな眠りを迎えるための5分間」を提供する、村上龍さんプロデュースのiOSアプリがリリース。(2012/10/19)

ブックリスタ、村上龍氏設立G2010の作品を配信
ブックリスタがプラットフォームを提供する3つの電子書籍ストアで、村上龍氏らが立ち上げた電子書籍の会社、G2010の提供作品が配信開始された。第1弾は瀬戸内寂聴氏の作品。(2012/6/29)

「電子書籍アワード2012 byダ・ヴィンチ電子ナビ」のノミネート作品が決定
ダ・ヴィンチ電子ナビが主催する「電子書籍アワード2012 byダ・ヴィンチ電子ナビ」のノミネート15作品と、特別賞の候補となる9作品が決定。読者賞の受付は2月29日まで。(2012/2/2)

坂本龍一と村上龍による共著「モニカ」、装いも新たに電子書籍で登場
音楽家・坂本龍一氏と作家・村上龍氏の共著「モニカ」をiOS向け電子書籍アプリとしてリリースされた。(2011/8/15)

電子版「ラブ&ポップ」をGALAPAGOSでリリースしたその理由:
村上龍に聞く、震災と希望と電子書籍の未来(後編)
作家、村上龍氏の代表作の1つ『ラブ&ポップ』の電子書籍版がTSUTAYA GALAPAGOSに登場した。G2010を立ち上げ電子書籍の世界に飛び込んだ村上氏は今、この新しいメディアに対してどのような想いを抱いているのか。気鋭のジャーナリスト、まつもとあつしによる村上氏へのロングインタビューの後編でそれが明らかになる。(2011/7/27)

電子版「ラブ&ポップ」をGALAPAGOSでリリースしたその理由:
村上龍に聞く、震災と希望と電子書籍の未来(前編)
作家、村上龍氏の代表作の1つ『ラブ&ポップ』の電子書籍版がTSUTAYA GALAPAGOSに登場した。バブルの残滓が色濃く残るこの作品を、震災のダメージ、政治の混乱、経済の低迷という三重苦の中にある現代のわたしたちが振り返ることの意味はどこにあるのだろうか? 氏が考える「電子書籍の未来像」など、気鋭のジャーナリスト、まつもとあつしによる村上氏へのロングインタビューを2回にわたってお届けする。(2011/7/25)

村上龍の「ラブ&ポップ」オリジナル編集版は100人の美女とともに
電子書籍ストア「TSUTAYA GALAPAGOS」で、村上龍氏の「ラブ&ポップ」オリジナル編集版の販売が開始された。ラブ&ポップの電子版が登場するのはこれが初だが、オモデル100人を起用して、写真を見ながら小説を読み進めるスタイルを取り入れている。(2011/6/28)

この電子書籍がすごい:
「ダ・ヴィンチ電子書籍アワード2011」大賞に輝いたのは?
メディアファクトリーは、「ダ・ヴィンチ電子書籍アワード2011」の審査結果を発表した。“電子書籍元年”の顔となった作品は? 何が鍵だったのか?(2011/4/28)

定点観測:
「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(4月8日編)
電子書籍ストア「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/4/9)

ビューン、村上龍「歌うクジラ」などG2010刊行の電子書籍を販売
村上龍「歌うクジラ」、瀬戸内寂聴「ふしだら」、よしもとばなな「Banakobanashi」、吉元由美「彼女の胸に風が吹く」の4つの電子書籍アプリがAndroidマーケットにて販売開始された。(2011/4/8)

生原稿や秘蔵写真も収録:
村上龍さんのデビュー作「限りなく透明に近いブルー」が電子書籍で登場
作家の村上龍氏とグリオが11月に設立した電子書籍制作・販売会社「G2010」から、村上氏のデビュー作「限りなく透明に近いブルー」が電子書籍としてリリースされた。生原稿や秘蔵写真も収録されている。(2011/3/31)

徹底討論 竹熊健太郎×赤松健 Vol.3:
プロデュース能力がある漫画家の寿命が来たとき、業界がポッキリ折れる
「業界はこのまま行けば数年で崩壊する」――電子出版時代における業界の変動を現役漫画家である赤松健氏と「サルまん」などで知られる編集家の竹熊健太郎氏がそれぞれの視点で解き明かす5日間連続掲載の対談特集。第3幕。数年後の漫画業界と、そこでの新たな編集者像について両者の議論はヒートアップしていく。(2011/2/16)

徹底討論 竹熊健太郎×赤松健 Vol.1:
電子出版時代における漫画編集者のあるべき姿
「業界はこのまま行けば数年で崩壊する」――週刊連載を抱える現役漫画家である赤松健氏と、「サルまん」などで知られる編集家の竹熊健太郎氏。電子出版時代における業界の変動を漫画家と編集家という異なる2つの視点で解き明かす。(2011/2/14)

G2010から初の作品:
G2010、瀬戸内寂聴氏の未発表作品をドコモの電子書籍トライアルサービスで提供
作家の村上龍氏とグリオが11月に設立したG2010は11月30日、作家の瀬戸内寂聴氏の未発表作品「ふしだら」を、NTTドコモの電子書籍トライアルサービスで提供開始した。(2010/11/30)

eBook Forecast:
11月前半の注目すべき電子書籍市場動向
「忙しくて電子書籍の最新動向がチェックできない。でも気になる」――そんな方のために、週刊と月刊の2本立てで電子書籍に関するトピックスをまとめた形でお届けする連載「eBook Forecast」。今回のみ特別編として、11月前半の電子書籍市場動向をまとめたものをお届けします。(2010/11/19)

「変化を自分で作りたい」 村上龍氏が出版社と組まずに電子書籍を出す理由
電子書籍を出版・販売する新会社を、作家の村上龍さんとIT企業が組んで設立した。制作コストを公表し、利益配分を透明化することで、電子書籍ビジネスの公平なモデルを示したいという。(2010/11/4)

「電子書籍は文字文化の革命」――作家・村上龍さんが電子書籍会社設立
「変化は外からやってくるものだと思われがちだが、自分たちで作り出せると考えている」――作家の村上龍さんが電子書籍制作・販売会社「G2010」を立ち上げた。電子書籍はグーテンベルク以来の文字文化の革命だという村上さんの思いとは。(2010/11/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。