ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ギャング・ヤクザ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ギャング・ヤクザ」に関する情報が集まったページです。

世間にうとい若者:
「闇バイト」はドロ沼への入り口
世間にうとい若者は、「悪党が弱者を食い物にする」構図が社会にまん延していることを知らない。そして経済的に困窮すると、「自分だけは大丈夫」「今回だけだから」と自分に言い聞かせて「危ない橋」を渡ろうとする。そんな自分勝手な思い込みを狙っている連中におびき寄せられては身の破滅だ。(2021/5/15)

いがみ合うヤクザと女刑事、その本音は? 禁断の恋を描いたラブコメ漫画がツッコミながら見守りたくなる
ニヤニヤしながら応援したい両片思い。(2021/5/14)

漫画『東京卍リベンジャーズ』が人気爆発 アニメきっかけに部数急増
累計発行部数が1450万部を突破した。(2021/5/11)

レディー・ガガ、愛犬強奪犯として18歳から50歳の5人が逮捕 犬を届けた女性も含む
殺人未遂容疑がかけられています。(2021/4/30)

田中邦衛さんが逝去 「北の国から」「若大将」などの役柄たたえる声相次ぐ「どんな娯楽映画でも印象的な役を演じた」
ご冥福をお祈りします。(2021/4/2)

雰囲気変わりすぎだろ! 映画「孤狼の血 LEVEL2」、松坂桃李が“優等生”刑事の面影ゼロなひげ面に
原作は広島県警と暴力団の抗争を描いた作品。(2021/3/25)

「池袋ウエストゲートパーク」が舞台化、演出は「ドロップ」監督の品川ヒロシ 原作者からも期待のコメント
2021年6月と7月に東京都で上演。(2021/3/17)

長瀬智也&矢沢心の21年ぶり2ショットが、IWGP世代を直撃 佐藤隆太に続く共演で「同窓会になってる」
もはや日本一盛大な送別会感。(2021/3/12)

「真実でなく事実」を伝える男・丸山ゴンザレスに聞く“諜報活動のリアル”
映画「太陽は動かない」公開にかこつけて、私たちの知らない世界を聞きました。なお映画については「令和のタカとユージ」とのこと。(2021/3/5)

今度のテニプリはラップバトルも! 新作劇場版に“テニスギャング役”で初参戦の杉田智和「Is sugita sane?」
許斐先生の書き下ろし楽曲くるぞ。(2021/3/4)

スピン経済の歩き方:
なぜ東北新社は「首相の息子で官僚を接待」というアウトな戦略を選んだのか
菅義偉首相の長男が、幹部官僚らを接待していたことが明らかに。それにしても、なぜ接待したのか。アウトな行為は、脈々と続いていて……。(2021/3/2)

「いい弁護士は性格が悪い」 『闇金ウシジマくん』真鍋昌平の新作は偏屈な“クセ者”弁護士を描く漫画
新たなダークヒーロー誕生。(2021/2/26)

コロナ禍で:
いま注目の自律分散型組織「ティール組織」とは何か?
「ティール組織」は、社長や上司がマイクロマネジメント(過干渉)をしなくても、目的のために進化を続ける組織を指します。どんな特徴があるのでしょうか。(2021/2/24)

三井住友銀行などのソースコードが流出 “年収診断”したさにGitHubに公開か【追記あり】
三井住友銀行(SMBC)が同行のシステムのソースコードが外部のWebサイト上に無断で公開されていたと明らかに。顧客情報の流出やセキュリティに影響はないとしている。(2021/1/29)

millennium parade、新曲で井口理がボーカルで初参入 圧倒的な美声にメンバーも「良すぎて泣けた」と絶賛
これは泣きますわ。(2021/1/22)

初オフ会にやべぇやつが来た お気持ちも仕事もヤクザなオタ仲間ができる漫画に「ギャップの究極系」「最高」
イチゴさんはスーツ男子と年上受けが好きなようです。(2021/1/19)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「Fall Guys」のプレイをレポートする
感想「このゲームやっぱり出るわ脳汁が」(2020/12/24)

ヒトラーと東条英機がカラテでガーナを制圧する謎映画「アフリカン・カンフー・ナチス」はいかにして生まれたのか、セバスチャン・スタイン監督インタビュー
映画の内容と同じくらい、規格外な製作プロセスでした。(2020/12/23)

Audibleがオリジナルコンテンツを強化する理由
「オーディオエンターテインメント」を掲げ、オーディオブックや音声コンテンツの制作/配信サービスを手がけるAudible(オーディブル)が発表会を開き、新たな取り組みを明らかにした。国内で事業を取り仕切るマシュー・ゲイン氏に現状と今後を聞いた。(2020/12/22)

スピン経済の歩き方:
ナイキ、DHCも標的に! 「不買運動」はホントのところ、どれほど効果があるのか
ナイキが「差別」をテーマにした動画を公開して、不買運動が起きた。DHCが「差別的表現」をして、不買が呼びかけられている。こうした行動は、どこまで効果があるのか。売り上げなどを見ると……。(2020/12/22)

「テニスの王子様」シリーズ最新作は3DCGアニメーション映画 描かれるのは原作にない“誰も知らない空白の3カ月”のエピソード
うおおおおお!(2020/12/20)

警察・自治体のタレント広報戦略変化 YouTuber起用も
情報発信の顔として、タレントなどの著名人を起用する警察や自治体は多い。著名人側もイメージアップにつながると協力に積極的だ。SNSの普及とともに、YouTuberやVOCALOIDキャラを起用するなど、その戦略にも変化が現れているようだ。(2020/12/14)

『このマンガがすごい!2021』ランキングTOP10発表 1位は『チェンソーマン』『女の園の星』
オトコ編・オンナ編の10位までを紹介。(2020/12/10)

PR:【レポ漫画】売上1億円超えの有名オタクが「現金強奪バトル」ゲームをやってみたらやはり稼げた話
No.1ホストはゲームでもNo.1になれるのか?(2020/12/11)

【なんて読む?】今日の難読漢字「缶」の読み方は?(平仮名3文字で)
ちなみに「かん」は当て字だとか。(2020/12/9)

【なんて読む?】今日の難読漢字「自惚れ」
知らなくても意味を考えれば読めるかも。(2020/12/8)

「スパイダーマンが豆腐になるバグ」ゲームで見つかる 豆腐が糸を飛ばしまくるシュールな映像に
□<あなたの親愛なる隣人 スパイダー豆腐(2020/12/7)

【なんて読む?】今日の難読漢字「蒲魚」
「魚」の読み方が難しいかも。(2020/12/7)

【なんて読む?】今日の難読漢字「竹箆返し」
「竹箆」が由来の表現だとか。(2020/12/6)

【なんて読む?】今日の難読漢字「廉恥」
たぶん頭に1文字足した言葉のほうがよく使う。(2020/12/5)

【なんて読む?】今日の難読漢字「轟轟」
車車車車車車(2020/12/4)

反社会的勢力との関係は?:
社長が「電車に飛び込め」と罵倒か 一部報道に対してCasaがコメントを発表
家賃債務保証サービスを手掛けるCasaの社長が役員を罵倒したと週刊文春が報じた。反社会的勢力との関係を想起させる発言もあったという。Casaはこの報道を受けてコメントを発表した。(2020/12/3)

窒息しちまうよ! King Gnu「千両役者」MV解禁 「どこで息継ぎしてるの」「早くて歌えない」と全面降伏する人続出
ハァ、またか……(いいぞもっとやれ)。(2020/12/3)

【なんて読む?】今日の難読漢字「淘げる」
○○げる(2020/12/3)

【なんて読む?】今日の難読漢字「仮漆」の読み方は?
もともとは外国語だけど漢字で書ける系。(2020/12/2)

【なんて読む?】今日の難読漢字「晦ます」
ヒント:○○ます(2020/12/1)

【なんて読む?】今日の難読漢字「見ヶ〆」
使われてはいるものの、どうしてこう言うのかはよく分からない言葉だとか。(2020/11/30)

ほんとに出てる! バービー、インパクト大な人魚姿で「燃えよデブゴン」予告に登場
マグロを抱えた人魚として出演。(2020/11/19)

川口春奈、「極主夫道」で人生初の白無垢ショット “リアル天使”なかわいさで周囲の心を狂わせてしまう
みんなの気持ち分かる〜。(2020/11/11)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(7)ブロックチェーン(1):
ビットコインの正体 〜電力と計算資源を消費するだけの“旗取りゲーム”
今回から新しいシリーズとして「ブロックチェーン」を取り上げます。さて、このブロックチェーンを理解するために、まずは「ビットコイン」のお話から始めましょう。なぜビットコインか、というのは本文を読んでいただくとして、あらためてビットコインを調べ始めた私がまず発見したものは――「人間を支配するアルゴリズム」でした。(2020/10/30)

アニメ「極主夫道」、2021年春にNetflixで独占配信 津田健次郎の起用にファンから「本人じゃん」「わかっとおのぉ!」の声
コミックスの実写PVでも主演を務めた津田さん。わかっとおのぉ!(2020/10/27)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
韓国アイドル”BTS”株乱高下、芸能界の株式上場が世界的に珍しいワケ
著名KPOPグループの「BTS(防弾少年団)」が所属する「ビッグヒットエンターテインメント」が10月15日、KOSDAQ(韓国証券市場)に上場した。実は、ビッグヒット社のような数千億円規模の芸能プロダクションが上場する例は世界的に見ても稀であり、日本においてもこれは例外ではない。芸能プロダクションはなんらか株式公開をしない普遍的な理由があると考えられる。それは一体なぜなのだろうか。(2020/10/23)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
脅威と向き合う哲学――これからのランサムの話をしよう
2017年から「標的型ランサムウェア」を追い続けているSBテクノロジーの辻伸弘氏。国内外の被害事例と独自の「自由研究」をもとに対策を紹介した。(2020/10/21)

読んでみな、トぶぞ 商業BLオタクが半額セール中の「onBLUEコミックス」8作品を紹介する
セールは10月14日まで!(2020/10/7)

ラーメン三銃士「ベーネ!」 スピリッツ創刊40周年の特別読切がカオス 歴代のネタ40本を16ページに投入
本誌には作品解説が載っています。(2020/10/5)

キャリアニュース:
副業者の半数が届け出なし、半数以上がセキュリティ研修を「受けていない」
フクスケが、「副業、複業に関する実態調査」第二弾の結果を発表した。会社に副業の届け出をしている副業者は50%で、情報漏えい被害などのセキュリティ研修については55.3%が「受けていない」と回答した。(2020/9/10)

「何これ最高かよ…」「これは2.5次元」 「極主夫道」玉木宏、にらみをきかせた“不死身の龍”に反響
これは間違いなく家族(シマ)を守っとる顔や。(2020/9/7)

スピン経済の歩き方:
『半沢直樹』が人気なのは、「パワハラの被害者が増えているから」は本当か
ドラマ「半沢直樹」が高視聴率を叩き出している。人気の背景に、「庶民の留飲を下げるような勧善懲悪のストーリーであることが大きい」といった指摘があるが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2020/8/25)

ブランドを守るだけじゃない:
Momentum×Moat 有力ベンダーが語る広告ROIを高めるアドベリフィケーション
近年、アドフラウド(広告詐欺)やブランドセーフティーへの関心が高まっている。アドベリフィケーションは取引の透明性確保のみならず収益の観点からも重要だ。エキスパートの議論に耳を傾けてみよう。(2020/8/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
台頭する“グレー”クレーマーの生態 悪質な苦情にどう対処すべきか
インターネットの普及で企業のクレーム対応は難しくなっている。最近は反社会的勢力による被害が減る一方、一般の消費者が迷惑行為をしてしまう“グレー”なクレームが増えた。どう対処すればいいのか。法律や対処後のフォローを念頭に置いた対応が効果的だ。(2020/8/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。