ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ギャング・ヤクザ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ギャング・ヤクザ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる
ニャンズ強い。(2022/6/22)

カツオノエボシやホホジロザメ、危険な生き物のカプセルトイ「危険生物大百科 最凶VS決定戦」登場
人気の科学まんが『どっちが強い!?』とコラボした「危険生物大百科 最強VS決定戦」。(2022/5/24)

30年を目処にした長期プロジェクト:
任天堂の創業家、“発祥の地”京都・菊浜エリアを活性化 プロジェクト推進を発表
任天堂の創業家である山内家が設立した山内財団とYamauchi-No.10 Family Officeは、京都市下京区五条周辺の「菊浜エリア」の再生・活性化を目的としたプロジェクトを推進すると発表した。(2022/5/18)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(10):
株式か新株予約権か、スタートアップ投資の対価はどうすべき?
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第10回はスタートアップへの投資契約における留意点を解説する。(2022/5/16)

YouTube開設のいしだ壱成、迫真の“演じてみた”動画公開 “ジーパン刑事”名シーン完コピに「やっぱり凄いっ!」の声
いしださんは「ひとつ屋根の下」「未成年」「聖者の行進」などのドラマに出演していました。(2022/5/12)

過熱するポーカーブーム、アミューズメント店での高額プライズ提供、オンラインカジノ利用者急増に問題は? 弁護士と法務省を取材
大会のチケットを巡る不正持ち掛けなども問題視されています。(2022/6/19)

「公安にマークされてる顔」「交番に貼ってあるやつ」 山田孝之、危険人物にしか見えない“NHK入館証”にツッコミ殺到
山田さん「もう入ってるし出ないよ」(2022/4/16)

ワイルドすぎるだろ! 長瀬智也、22歳キスショットに見とれるファン「オーラハンパない」「何しても様になる」
誰かツッコんで。(2022/4/13)

中村江里子、18歳成人を迎えた長女に感慨 “私の小さなお姫様”の成長に涙にじませ「まだもうちょっとだけ、そばにいて」
長女と仲が良い中村さん。(2022/4/11)

“総集編"映画は誰のためのもの? 映画「オッドタクシー イン・ザ・ウッズ」レビュー
2021年最大のダークホース・アニメがスクリーンに。(2022/4/9)

「0円プラン」や「iPhone投げ売り」が与える影響は? MVNO復活に必要なこと(後編)
「モバイルフォーラム2022」のパネルディスカッション後編では、「MVNOの主なトピックから見える光明と課題」「MVNOに影響を及ぼすMNOの動き」の2テーマを議論した。MVNOも値下げ競争を繰り広げる中、どのように独自性を出せばいいのか。ドコモの「エコノミーMVNO」や「0円プラン」が業界に与える影響は?(2022/4/8)

来日中アンセル・エルゴート、伊藤英明とのイチャイチャが止まらない 流ちょうな日本語で「裸の付き合いをしました」
相思相愛か。(2022/4/6)

夫に珍しく甘える猫、しかし突然気が変わって…… 「触んじゃねぇ!!(怒)」と逆ギレする姿に「理不尽だ」の声
かわいいニャクザ現る!(2022/3/31)

石川温のスマホ業界新聞:
iPhone SE(第3世代)が発売初日から一括1円――ばら撒き販売がニッポンの5G普及を加速させるか
iPhone SE(第3世代)が、発売初日から「一括1円」で販売された。発売から少したてばそうなると思われたが、まさかの初日からの1円である。反社会的勢力による「転売」も指摘される中、回線契約を条件に割り引く方向性は、5Gの普及も考えると“アリ”なのではないだろうか。(2022/3/27)

あきらめ倒産も:
“コロナ倒産”危ない300社 有名企業や東証1部を含む上場企業
経営やコンプライアンスなどに問題を抱える300社を実名で発表する会員制報告会が開かれた。リストには東証1部上場企業や有名企業も名を連ねている。コロナ禍で過酷な財務状況となった企業などの内幕が次々に明かされた。(2022/3/7)

ブラピが新幹線で大暴れ! デッドプール監督とのタッグ作に「謎JAPANだーー!!!!!」「道頓堀に新幹線走ってない???」とツッコミの嵐
原作は伊坂幸太郎さん。(2022/3/3)

Marketing Dive:
Googleが「FLoC」を断念 迷走するCookie代替技術の行方は?
GoogleはCookie代替技術となるはずだった「FLoC」の開発を停止した。Cookieレス時代へのカウントダウンが長引くにつれて、データプライバシーの状況はより複雑さを増している。(2022/2/24)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(70):
「侵入型ランサムウェア攻撃を受けたら読むFAQ」があなたの組織を救う、かも
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は読むだけでできるセキュリティ対策として、JPCERT/CCによる超有用なコンテンツを紹介します。(2022/2/24)

「ウツボのあくびが可愛すぎるから何万回でも見てほしい」 ふわぁ……と気持ちよさそうに口を開ける姿に“26万超いいね”
つられてしまう。(2022/2/19)

「テニプリのオタクから漫画全巻と棚が一緒に届きました」 収納まで考えられた手厚すぎる“布教”に「強い」「初めて見た」と衝撃が走る
テニプリっていいな。(2022/2/4)

水平思考(ねとらぼ出張版):
なぜ『ダンダダン』には“高倉健”が重要な存在として登場するのか オカルト・SF・ラブコメ「何でもあり」の物語が描くもの
高倉健から読み解く『ダンダダン』のテーマとは。(2022/1/21)

格ゲーのラスボスが銭湯に行く漫画があるあるだらけ 「死んでもゲージ消費で復活」「滑ったと思ったら下段スライディング」
復活はラスボスのたしなみ。(2022/1/12)

タイムアウト東京のオススメ:
2022年に注目したい日本映画
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/1/5)

借金回収のため向かった先にいたのは「ブラック企業に洗脳された男」 いつも通りお金を支援して立ち直らせる“フレンドリーな取り立て屋”第3話
社長はどうなったんだろう……。(2022/1/5)

借金回収に向かった先で学費と生活の援助 やっぱり見た目に反して優しい“フレンドリーな取り立て屋”第2話
やっぱりお金を渡しちゃう。(2021/12/29)

一見チンピラ、実は親切 まっとうに立ち直らせて借金返済させる漫画『フレンドリーな取り立て屋さん』書籍化
返済させるためならしばらくの生活費を出すこともいとわない。(2021/12/22)

Appleの児童ポルノ対策が抱える問題【第3回】
iPhone「児童ポルノスキャン」計画で露呈したAppleの“見通しの甘さ”とは
「iPhone」への導入が計画されている画像の自動スキャン機能は、人々のプライバシーと安全を脅かす可能性があると専門家は指摘する。批判対象となっているAppleの“見通しの甘さ”とは。(2021/12/13)

「SNOOPY茶屋」「SNOOPY Chocolat」が由布院温泉にオープン 和とスヌーピーの世界観を融合したスウィーツ&グッズにほっこり
落ち着いた雰囲気がたまらない。(2021/11/29)

CloseBox:
走ったら疲れるリアルなメタバース「ネオ京」 富士山と東京タワーを横目にネオン街を爆走する快感
VRChatに欠けているものがZwiftにはある。自転車乗りはこっちのメタバースの方が楽しいぞ。(2021/11/24)

スピン経済の歩き方:
「愛読書は?」と質問する不毛な新卒採用を、日本人が始めてしまったワケ
愛読書はなんですか?――。就職採用試験で、こんな質問をする面接官が増えているという。そもそも、なぜ愛読書を聞くのがダメなのか。背景にあるのは……。(2021/11/16)

品川祐、「最近テレビで見ませんね」の声に「ほっとけ」と反論 「お前の知らないとこで元気に楽しくやってるわっ」
ファンからは「日々激務をこなしていることは重々承知」「自分は自分です」と励ましの声。(2021/11/10)

「可愛すぎ」「ウツボってドジっ子だったんですねw」 海のギャング・ウツボの意外なギャップに驚きの声続々
海のギャング(とは)。(2021/11/1)

マシーナリーともコラム:
世田谷文学館で開催中の「谷口ジロー展」がすごすぎて「すごい」としか言えなくなるのでみんな行きましょう
半分くらいは『事件屋稼業』と関川夏央の話です。(2021/10/30)

「ワンコイン反社チェック」サービス開始 取引先の黒い交流を500円で調査
指定した企業を専門調査会社のデータベースでチェック。プラス500円で新聞記事とも照会できます。(2021/10/27)

「優勝祈ってるから…!」 かわいいヒロインが家で思ってたんと違うほど祈りまくる漫画がもはやホラー
明らかに人骨ありますけど。(2021/10/27)

「G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ」レビュー 忍者と極道がバイクと日本刀で戦う超絶アクション問題作
「未曾有の忍者テロを阻止せよ!」というキャッチコピーは本当だった。(2021/10/22)

子どもが怖い人とぶつかってしまった、と思ったら? 頑張るママを癒やしてくれる顔面ヤクザなお兄さんの漫画が優しい世界
怖い顔、優しい心。(2021/9/27)

「全店固くお断り致します」元AKBのラーメン店主、“評論家”の入店禁止を表明 複数人からセクハラ・マウンティング受け
禁止の対象となるのは、自身や店舗に悪意を持つ人物とのこと。(2021/9/24)

「こんなおかしなドラマ待ってました!」 オダギリジョー、“犬役”のNHKドラマ大反響で「殴られるような事にはならず、安心しました(苦笑)」
オダギリさんは警察犬役として着ぐるみ姿で出演。(2021/9/23)

家に帰ってきた夫が“ストリート育ちのテニスギャング”に…… 映画「リョーマ!」を観た夫の変化を描いた漫画にテニプリ愛を感じる
Yo!! Yo!!!!(2021/9/21)

映画「極道系Vチューバー達磨」映画祭での上映を急きょ中止に 実在VTuberとの類似で物議
VTuber“懲役太郎”さんが「パクリだー!」と反応したことで物議を醸していました。(2021/9/18)

スピン経済の歩き方:
サントリー新浪社長を叩いても、「45歳定年制」が遅かれ早かれ普及するワケ
サントリーホールディングスの新浪剛史社長による、「45歳定年制」の提言が波紋を呼んでいる。「サントリー不買」を呼びかける人も出ているが、ボコボコに叩くのは“正しい”ことなのか。筆者の窪田氏は……。(2021/9/15)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
総務省とキャリアの“いたちごっこ”に終止符は打たれるのか? 20年間の競争と規制を振り返る
モバイル市場のこの20年間を、競争と規制という視点から振り返ってみたい。2000年代前半には、“日本型販売奨励金モデル”により、半年〜1年程度型落ちのハイエンド端末が、ほぼゼロ円で手に入った。総務省は「分離プラン」の導入を要請したが、キャリアとのいたちごっこが続いている。(2021/9/13)

「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」、11月12日から期間限定公開 Netflix配信作品を再構成
新たなシーンも加えて2時間の劇場アニメにした作品。(2021/9/9)

「中傷で全て壊されました」元AKBのラーメン店主、“デマ情報”流した男性を提訴 新店舗がオープン見送りに
反社会的勢力とつながりがあると吹聴されたそうです。(2021/9/7)

テニプリ、10年ぶり映画新作で伝説の“恐竜滅亡”に挑戦状 映画「リョーマ!」、ファン歴22年の記者が許斐先生の美技に酔う
懐かしくて新しい2021年の「テニプリ」。(2021/9/4)

「何でもありの境目ギリギリを突いていく」 『テニスの王子様』連載開始から22年、原作者・許斐剛がファンの想像を超え続ける原動力
アニメ、ミュージカルと多方面に展開される人気作。(2021/9/3)

水平思考(ねとらぼ出張版):
累計発行部数3200万部突破、『東京卍リベンジャーズ』はなぜ現代にヤンキー漫画を再生することができたのか
今もっとも熱いヤンキー漫画『東京卍リベンジャーズ』を“ヤンキー漫画”文脈から読み解きます。ブログ「水平思考」のhamatsuさんによる不定期コラム。(2021/8/15)

ヤクザに育てられた不良がオヤジに再会するためYouTuberを目指す 怖そうだけど抜けてるヤクザと不良の漫画が話題
「エンコード」のことを「エンコ」と勘違いするヤクザ。(2021/8/15)

『連ちゃんパパ』作者が描く「あだち充を漫画家にした男」の豪快エピソード! 『あだち勉物語』ありま猛インタビュー
昭和の漫画業界はすさまじかった……!(2021/8/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。