ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ギャング・ヤクザ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ギャング・ヤクザ」に関する情報が集まったページです。

「最高で最強の二人!!」「キング! マコちゃん!」 窪塚洋介&長瀬智也、IWGPコンビのクールショットに反響
「ぶくろサイコぉーーーっ!!」(2019/10/20)

無断売却か? カーシェアの車両盗難相次ぐ〜拡大するシェアリングビジネスの課題
「個人間カーシェアリング」で、貸し出した外国車が無断で売却されたり、返却されない被害が相次ぎました。(2019/10/18)

専門家のイロメガネ:
【前編】食べログはなぜ何年も炎上し続けるのか?
たびたび炎上する食べログ。先日も、Twitter投稿を元に有料加盟とレビューの点数操作をめぐる疑惑が話題になっている。炎上が続く根本の原因としては、一番の理由は広告料の存在だ。口コミサイトを名乗りながら広告を売るというは矛盾が内包されている。(2019/10/17)

LEXUSのブランドデザイン戦略:
世界一高いビルをアートに変えた若手デザイナー 吉本氏に聞く「LEXUS DESIGN AWARD」の価値
躍進する高級車ブランド「LEXUS」は、才能のある若手クリエイターたちを発掘する取り組みを行っている。ブランド価値はどのように生み出されるのか、その秘密に迫る。(2019/10/17)

東京・南町田「スヌーピーミュージアム」が12月14日に移転オープン決定! “ここだけ”のグッズやフードもりだくさん
12月14日、15日のチケットは抽選販売となります。(2019/10/2)

タイムアウト東京のオススメ:
本場メキシカンの味を堪能する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/9/18)

建設テックで変わる解体業界:
解体工事の“多重下請け構造”を解消!施主と業者をLINEでダイレクトマッチング
愛知・名古屋に本社を置くベンチャー企業クラッソーネは、「豊かな暮らしで人々を笑顔に」をミッションに掲げ、“解体工事”に特化したB2C向けのマッチングサービスを展開している。 9期目となる2019年度は、ベンチャーキャピタル(VC)から資金調達を行い、ITを建設分野に応用する技術革新「建設テック(CON-TECH)」を目指し、スマートフォンのLINE上でユーザーと解体工事会社をダイレクトにマッチングさせ、業界の多重下請け構造を解消する新サービスの準備を進めている。(2019/9/17)

原作開始から22年…… 「池袋ウエストゲートパーク」テレビアニメ化決定
まじで。(2019/9/2)

ディルバート(619):
地球規模の言い訳
プロジェクトの失敗の責任逃れをしたいボスが考え出した“不自然に聞こえない”言い訳とは……?(2019/8/29)

ドラマ「ハイロー ザ・ワースト」では抗争は始まらず! ひとまず映画までに覚えておきたいことを整理してみた
今夜からは爆笑バスツアー編!? 構成が斬新過ぎる……。(2019/8/28)

ドラマ「ハイロー ザ・ワースト」村山(山田裕貴)の名言炸裂5話! 「ボスとリーダーの違いって知ってる?」
未だはじまらない派閥抗争。このまま映画へのフリで終わってしまうのか?(2019/8/21)

Production I.Gの2019秋アニメ「歌舞伎町シャーロック」第1話のあらすじと先行カット公開 ホームズとかワトソンとか出てくる
ミステリーのような、コメディーのような。(2019/8/14)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(5):
「経営陣の交代・奪還劇」が招いた倒産 “反社”関与もささやかれたエステ企業の粉飾決算
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/14)

専門家のイロメガネ:
吉本興業がテレビ業界から干される日
不祥事で謝罪会見を行えば、ある程度、トラブルは鎮静化するものだが、「グダグダ」「意味不明」と批判された会見によってさらに報道はヒートアップ。今後の吉本は、テレビ局各局から「干される」可能性すらある。そしてその動きはすでに表面化している。(2019/8/2)

終身雇用「崩壊」時代に送るエール:
ノンフィクション作家・溝口敦が説く 「それでも起業は人生を変える」理由
30年以上、「脱サラ」や起業のドラマを見つめ続けたノンフィクション作家・溝口敦氏に聞く終身雇用「崩壊」時代の働き方と生き方――。(2019/7/29)

「頑張って生活出来るようにするから一緒におってな!」 エハラマサヒロ、“給料2000円”時代に送った手紙に妻「一生捨てられない」
今では4人の親として奮闘中の2人。(2019/7/28)

「土用の丑の日」に憂う【後編】:
「絶滅危機」のウナギ、真の復活への道とは
明日7月27日に、ウナギ業界最大のイベント「土用の丑の日」を迎える――。お祭り騒ぎの舞台裏を支えるのは、台湾から香港を経由した稚魚の密輸である「ウナギロンダリング」や、暴力団が関与した密漁であることは「公然の秘密」だ。長年にわたってウナギを初めとした資源管理政策を研究してきた気鋭の研究者が、業界の闇に切り込む3回シリーズの最終回。(2019/7/26)

お互い好きだけど素直になれないヤクザと刑事 恋の行方にやきもきする漫画に「コイツらスキだらけじゃねぇか!」
もどかしい。(2019/7/26)

「メディアの企業体質」に苦言:
暴力団取材の第一人者・溝口敦 「刺されてもペンを止めなかった男」が語る闇営業問題の本質
暴力団や新興宗教、同和利権、裏社会など、タブーに斬り込み続けてきたノンフィクション作家・溝口敦氏――。背中を刺されても決してペンを止めなかった溝口氏に、これまでの仕事哲学と、芸能人・反社会的勢力の「闇営業問題」に何を思うのか聞いた。(2019/7/26)

吉本興業、経営アドバイザリー委員会設置 今後の体制見直しへ
来週中に第1回委員会を開催するとのこと。(2019/7/25)

「土用の丑の日」に憂う【中編】:
“ウナギ密漁”の実態を追う――「まるでルパン三世の逃走劇」
今年も「土用の丑の日」が7月27日にやってくる――。長年にわたってウナギを初めとした資源管理政策を研究してきた気鋭の研究者が、業界の闇に切り込む3回シリーズの中編。(2019/7/25)

吉本、岡本社長異例の5時間半会見、現地記者はどう見たか 記者席からは「最初の話と違う!」と怒号も
会見会場ではなにが起きていたのか。(2019/7/23)

吉本・岡本社長、減俸も辞任せず 「テープ回してないだろうな」「全員をクビにする力がある」は冗談
圧力ではなく、父親が息子に「お前、勘当や」というようなものと岡本社長。(2019/7/22)

専門家のイロメガネ:
「テレビ局が株主だから大丈夫」宮迫・亮の謝罪会見に見る、吉本興業の深刻な勘違い
宮迫・亮の謝罪会見で注目されたのが、「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫」といわれた、という発言だ。これは吉本が「テレビ業界の子会社」のような位置づけに近いことを意味する。事務所を辞めるべきは芸人なのか、それとも事務所幹部なのか? そして甘い対応をすれば、テレビ局にも責任が発生する可能性もあるのではないか?(2019/7/22)

松本人志「このままじゃ吉本はだめ」、東野幸治「いつからそんなに(吉本は)偉そうになったのか」と涙 岡本社長もVTR出演のワイドナショー緊急生放送を詳細レポート
ワイドナショー生放送の様子を詳しく紹介。(2019/7/21)

宮迫博之、吉本興業との契約解消 闇営業に加え金塊強奪犯との親交報じられ
芸能界にも波紋。(2019/7/19)

2019年夏ドラマのダークホース「ルパンの娘」にフジテレビの本気を見た ぶっ飛びドラマにマッチする深キョンがすごすぎる
開始5分で嫌な予感が消えた。(2019/7/18)

“メシ”を通して危険な相手を取材する 「ハイパーハードボイルドグルメリポート」と「ウシジマくん」が描く“ヤバいやつらの世界”
「個人がSNSで訴えても届かない声を伝える力が、自分達にはあるじゃないですか」(2019/7/15)

ビジネスパーソンのための入門Libra:
Libraをビジネスチャンスにしたい人が知っておきたい話
Libraが正式に稼働したとき、関連したビジネスとしてはどんなものがあるのか? コンセンサス・ベイスの志茂博CEOの講演から探る。(2019/7/12)

決別:
闇営業で問われる吉本の運営「6000人の契約書を」
お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さんの契約解消に端を発する、一連の反社会的勢力が同席する会合への闇営業問題。テレビ各局の出演者の差し替え、収録済み番組の編集し直しなど、今も波紋が広がっている。(2019/7/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
高度化する“監視”の目 「顔認証」が叩かれるワケ
どんどん進歩する「顔認証」技術。犯罪捜査などで役立っている一方、人権侵害や乱用の懸念も広がっている。今、世界でどんな議論が起きているのか。そして、私たちは顔認証技術の拡散をどう捉えていくべきか。(2019/7/11)

闇営業:
吉本興業および芸人は謝罪会見を開くべきか問題
闇営業問題は収まる気配を見せず、延焼し続けています。一方でそもそも闇営業問題と、反社勢力問題は別という冷静な意見も出始めました。結構な数の問い合わせをいただいていますので、本件について謝罪すべきかどうか、意見を述べたいと思います。(2019/7/10)

お笑い芸人のキートン、闇営業問題に言及 根絶のための一番現実的な策は「事務所移籍を認めること」
「闇営業問題で嫌なのが、綺麗事ばっかり言ってる芸能人ですかね」との意見も。(2019/7/8)

専門家のイロメガネ:
テレビ局が吉本興業を出入り禁止にすべき理由
吉本興業の芸人による闇営業。この事件で最も重要なことは、事務所のあずかり知らない所で所属芸人が詐欺集団の会合に参加したことであり、芸人をマネジメントすべき吉本興業がそれを防げなかったことだ。本来研修を受けるべきは芸人ではなく、吉本興業の経営陣ではないのか。(2019/7/9)

スピン経済の歩き方:
「闇営業」の原因は、日本の芸能ビジネスの「中抜き構造」にある
ワイドショーなどで連日のように、芸人の「闇営業」問題を取り上げている。「最初に発覚したときにうそをついたことがいけなかった」などとコメントしている人が多いが、問題の本質はそこにあるのか。筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしていて……。(2019/7/2)

「子どもを殴りたくなってしまう」相談者は、“親の過干渉で心を殺された子”だった 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談者の両親は心理的暴力団だったのか?(2019/7/1)

専門家のイロメガネ:
ミニ入江は身近にいる カラテカ入江氏の闇営業トラブルに見る「紹介」の怖さ
お笑い芸人のカラテカ・入江慎也氏の「闇営業」をきっかけに、芸能界が揺れている。入江氏の勘違いは、紹介は引き合わせた双方に責任が発生する重大な仕事であるということだ。ミニ入江のようなおかしな人物も決して珍しくない。人を紹介すること、仕事を紹介すること、そしてそれを引き受けることはそれなりのリスクがある。(2019/6/28)

スリムクラブが闇営業で謹慎処分、反社会勢力が参加したパーティで金銭受領 「認識が甘く」「大変心苦しい」
この問題は根深い……。(2019/6/27)

宮迫さん出演番組を誤って放送 MBS、システムトラブルで
吉本興業などに所属するお笑い芸人が反社会的勢力主催の会合に所属会社を通さずに出席する「闇営業」を行い、会社から謹慎処分を受けた問題で、MBSは25日、差し替える予定だった芸人の一人が出演する番組を、システムトラブルで一時的に誤って放送するミスがあったと発表した。(2019/6/26)

宮野真守&蒼井翔太がミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」でW主演決定 宮野「プレッシャーも大きい」
宮野さんはミュージカル初主演。(2019/6/26)

熱きシニアたちの「転機」:
ワンマン社長の奴隷、3500万円の借金地獄――“31歳無職の男”は「伝説の居酒屋カリスマ」にどう成り上がったのか【前編】
3500万円の借金地獄から、アッという間に大金持ちになった男の波乱万丈な成功物語の前編――。(2019/6/28)

宮迫、ロンブー亮ら11人が「闇営業」問題で謹慎処分 詐欺グループからの“金銭の受領”が発覚
宮迫さん「間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」。(2019/6/24)

「ストロベリーナイト・サーガ」最終話 二階堂ふみ版“前向きで時に危うい”玲子の「私たちの中には殺意がある」
「知らないでしょ、私のそういう怖いとこ」を目前にした菊田(亀梨和也)。ガンテツの優しさもしみた。(2019/6/21)

今夜最終回「ストロベリーナイト・サーガ」菊田(亀梨和也)がまさかの結婚 玲子(二階堂ふみ)への思いはこのままで終わってしまうのか?
菊田「俺は結局最後まで主任のことがわかりませんでした。あまりにも心のあり方が違う気がして」(2019/6/20)

どう描き直すか:
地域金融、成果主義で歪み 行き詰まったビジネスモデル
地域金融機関の不祥事が相次いでいる。特に不正融資が問題となったスルガ銀行(静岡)や、「第2のスルガ銀」とも揶揄(やゆ)される信用金庫大手の西武信用金庫(東京)は、金融庁の森信親前長官が「優等生」としてお墨付きを与えた“チルドレン”だった。(2019/6/20)

カラテカ矢部、 “相方であり友”入江慎也の「闇営業」騒動を謝罪 コンビ名を残す決意にファン「愛情を感じました」
コンビ愛。(2019/6/9)

悲劇「ストロベリーナイト・サーガ」8話 二階堂ふみ(刑事)と山本耕史(容疑者)の残酷な「ロミオとジュリエット」
泣き出しそうな亀梨和也の表情に胸がぎゅっとなる。(2019/6/6)

サイゼリヤ1号店で20年モノのサイゼリヤワインを飲む
本八幡駅北口から徒歩5分。(2019/6/29)

主題歌「Rain」歌詞とシンクロする「ストロベリーナイト・サーガ」7話 山本耕史に堕ちる二階堂ふみ、その瞬間を見つめる亀梨和也の表情が切ない
「インビジブルレイン」前編。亀梨和也の思いはインビジブル(見過ごされる)のか?(2019/5/30)

「ただしイケメンに限る」を使ったことのある人に聞きたい、“イケメンとは何か”を真剣に考えたことはあるか?
「仁義なき戦い」を見るべし。(2019/5/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。