ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「劇団ひとり」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「劇団ひとり」に関する情報が集まったページです。

働けど働けど報われない理由:
ブラック企業だけじゃない 「ワンオペ管理職激増」の深層
長時間労働、ワンオペ地獄、給料が上がらない、人材に投資しない……。「働き方の不条理」はなぜ生まれるのだろうか?(2019/3/7)

大沢あかね、第3子女児の出産を写真とともに報告 「家族5人、新たな気持ちで精進して参ります」
母子ともに健康とのこと。(2019/3/5)

大沢あかね、第3子妊娠を報告 「大切な家族がまたひとり増える事を嬉しく感じております」
2010年に第1子を、2016年に第2子を出産しています。(2018/10/9)

二人とも幸せそう! イモトアヤコ、“親友”役で竹内結子とCM初共演
完璧な配役じゃないですか。(2018/5/31)

前作との違いは:
映画『デスノート』脚本家 今だから語る秘話
最新映画『デスノート Light up the NEW World』が注目されている。作品の中で、脚本家の真野勝成氏はどのような点にこだわったのか。普段あまりメディアで語ることのない真野氏が、本作について脚本家目線で語ってくれた。(2016/12/7)

大沢あかねが第2子の出産を報告 「千の花も咲く也という想いから咲也(さくや)と命名しました」
2010年に第1子を出産していました。(2016/7/15)

今日から! AbemaTVで「孤独のグルメ」「ゴッドタン」などテレビ東京の人気ドラマやバラエティ番組が放送決定
ネットテレビ! そういうのもあるのか……。(2016/5/31)

Amazonプライムで見放題だゾ プライム・ビデオに「クレヨンしんちゃん」テレビシリーズ&劇場版22作品が追加
あのころ観られなかったオトナ達よ、今こそ視聴するのだ!(2015/12/15)

「映画ちびまる子ちゃん」に追加ゲスト声優発表 高橋克美や間寛平など
僕たち、ちびまる子ちゃん大好きタレントです!(2015/12/2)

360セキュリティ、スマホのリスクとセキュリティに関する意識調査を実施――84.7%が危険を感じたと回答
360モバイル・セキュリティ・リミテッドは、全国のスマートフォン所有者を対象とした「スマートフォンのリスクとセキュリティに関する意識調査」を実施。何らかの危険やリスクを感じたことがあるのは全体の84.7%となった。(2015/10/14)

「映像化はもう古い」――『青天の霹靂』オーディオブック化で劇団ひとりさん
劇団ひとりの2作目の著書『青天の霹靂』が12月下旬、オーディオブックとしてオトバンクから発売される。(2014/11/26)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/1)

TBSで「人狼」番組ふたたび 予測不能の心理ゲームを“視聴者参加”の“生放送”で
専用の投票サイトを設け、誰を「吊る」かは視聴者に委ねる。(2013/6/25)

嘘を暴き、謎を解け! 「人狼」と「リアル脱出ゲーム」がTBSで2夜連続放送
「ジンロリアン〜人狼〜」も「リアル脱出ゲームTV‐the Chase‐」も視聴者が謎解きに参加できる。(2013/4/1)

「ちびまるこちゃん」のスピンオフ漫画「永沢君」が実写ドラマに タマネギ頭の再現度がやばい
中学生になった永沢君を劇団ひとり、親友の藤木をはんにゃ金田が演じる。中……学生……?(2013/3/15)

「LINE」対抗、カカオトークは「グループ」で勝負 外部アプリと連携、API公開へ
「カカオトーク」の国内展開が本格化。テレビCMで認知を拡大しつつ、チャット中に外部アプリを利用できる新サービスなどで利便性を高め、LINEに対抗する。(2012/12/11)

戦うロボット:
映画「リアル・スティール」もリアルだったが、日本のリアル「リアル・スティール」はもっとリアルだった!!
2020年のアメリカでは、もはやボクサーとして闘うのは人間ではなく、高性能のロボットだった……という世界が描かれたのが映画「リアル・スティール」。2012年の日本には、そんな「リアル・スティール」の世界を体現するかのようなロボットが存在するんです。(2012/3/23)

「劇団ひとり…恐ろしい子」 ガラスの仮面を完全再現で上演?
「第1回『ガラスの仮面』国民的名シーン投票」の結果を受け、劇団ひとりがすべて1人で演じ分けた。泥まんじゅうだって美味しそう!?(2012/2/25)

ルールル♪:
ガガVS徹子――世紀の対決に固唾を飲むネットの皆さん Twitterではトレンドワードに
ルールル ルルル ルールル♪――レディ・ガガさんが「徹子の部屋」に出演。世紀の対決をネットユーザーたちは固唾を飲んで見守った。Twitterにはハッシュタグ「#tetsuko_vs_gaga」も。(2011/7/11)

劇団ひとり、Twitterはじめる 「フィギュアを食べてすいませんでした」
タレントの劇団ひとりさんが6月1日よりTwitterをはじめた。なぜ今になってはじめたのかというと……?(2011/6/7)

定点観測:
「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた
電子書籍ストア「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/2/4)

定点観測:
「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた
電子書籍ストア「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/1/21)

2009年度のCM好感度 ソフトバンクモバイルが3年連続首位
CM総合研究所が、「BRAND OF THE YEAR 2009」として、2009年度のCM-Branding評価ランキングを発表。トップ3は携帯電話キャリアが占め、1位は3年連続でソフトバンクモバイルが獲得した。(2009/12/15)

ふぉーんなハナシ:
ふぉーんな美女を撮ってきた(NTTドコモ冬春モデル編)
NTTドコモの発表会で見つけたふぉーんな美女を紹介します。(2009/11/17)

「オートGPS」対応の新iコンシェルやフェムトセルサービスも:
12Mカメラ、セパレートスタイル、防水・防塵、Windows Mobile 6.5――ドコモ、2009年度冬春モデル発表
NTTドコモが2009年冬モデルと2010年春モデルを発表。STYLEシリーズ10機種、PRIMEシリーズ5機種、SMARTシリーズ2機種、PROシリーズ2機種の計19機種をそろえた。新サービスは「オートGPS」対応のiコンシェルや、フェムトセルを用いた「マイエリア」などを提供する。(2009/11/10)

松嶋菜々子、香里奈 、深キョンのケータイは?:
ドラマで使われるケータイたち2009年夏──ドコモ編
ドラマに登場するケータイを、各キャリアの公式発表に独自調査を加えて紹介する本コーナー。2009年夏クールの作品に登場するドコモ端末は5作品に減ったが、ケータイがドラマに欠かせないアイテムであることに変わりはない。今回はどんなシーンでケータイが活躍しているのだろうか。(2009/10/16)

それゆけ! カナモリさん:
ますます、つながりますえ。――NTTドコモの京都限定広告を考える
「ますます、つながりますえ。」――NTTドコモが京都で展開している広告にはそんな京都ならではの言葉が使われている。携帯電話という全国共通の商品の広告を、あえて地域限定で行う意味について考えてみた。(2009/6/2)

ふぉーんなハナシ:
“劇団ひとり式ダイエット”とは
数カ月で4キロ痩せるらしいけど、よい子はマネしない方がいいかも。(2009/5/22)

写真で解説する「T-01A」(外観編)
ドコモの東芝製「T-01A」は、タッチパネル対応の4.1インチワイドVGA液晶を搭載したスマートフォン。大画面ディスプレイを採用したボディは厚さ9.9ミリと、国内スマートフォンとしては最薄なのが特徴。ほかのスマートフォンとサイズを比較してみた。(2009/5/21)

日々是遊戯:
まさかの1人19役!! 「風のタクト」のメインテーマをたった一人で演奏する動画
動画投稿サイト「YouTube」で、「ゼルダの伝説 風のタクト」のメインテーマを一人で演奏している動画が人気を集めている模様です。(2009/5/19)

HSUPA、10Mカメラ、家電連携、無線LAN、NERV Androidケータイが国内初登場:
NTTドコモ、2009年夏モデル18機種を発表――iモードも機能を大幅拡張
ドコモは2009年夏モデル18機種発表した。PRIME/STYLE/SMART/PROの各シリーズのコンセプトをさらに進化させ、HSUPA、10Mカメラ、BDレコーダー連携、無線LAN、防水などの機能を追加。NERV仕様の“ヱヴァケータイ”も登場した。(2009/5/19)

ドラマにもiPhone 3Gが登場:
ドラマで使われるケータイたち 2009年冬──ソフトバンク+月9+特番編
連続テレビドラマに登場するキャストが使うケータイをチェックする「ドラマで使われるケータイたち」。ソフトバンクモバイルがスポンサードする2009年冬クールのドラマには、ついに「iPhone 3G」が登場した。(2009/3/27)

フジテレビ、堀北真希主演のドラマ「チャンス!〜彼女が成功した理由〜」配信
堀木真希主演のドコモドラマスペシャル「チャンス!〜彼女が成功した理由〜」の1話と2話がテレビ放送終了後、PCと携帯向けに配信される。料金は1話315円。(2009/3/5)

「auの庭」嵐のカレは……:
ドラマで使われるケータイたち 2008年夏──ソフトバンクモバイル+月9編
ドラマで活躍する俳優ではなく、“ケータイ”をチェックする「ドラマで使われるケータイたち」。今回は夏クールのドラマのうち、ソフトバンクモバイルと、ケータイ会社がスポンサーについていないドラマをチェックした。(2008/9/13)

Mobile&Movie 第292回:
陰日向に咲く「居場所がわかったんですか?」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、劇団ひとりのベストセラー小説を映画化した『陰日向に咲く』。不思議な出会いの点と点が結びつき、大きな奇跡が起こります。(2008/2/1)

定年間近の金八先生は「簡単ケータイ」でした:
ドラマで使われるケータイたち 2007年秋──au編
テレビドラマのさまざまなシーンに登場する携帯電話に注目するこの特別企画。どの役者がどんな機種を使っていのるか、どんな役柄にどんな機種が割り当てられているのか。今回はau編をお送りする。(2007/12/14)

Mobile&Movie 第248回:
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式「一番変わったのは携帯かな」
映画に登場した“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、バブル絶頂期にタイムスリップした女の子が主人公の『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』。ポケベル全盛期の携帯電話は……。(2007/2/23)

劇団ひとりが4人でテレビCMに出演――「モンスターハンターポータブル2nd」
(2007/2/2)

Googleの国内検索ランキングに入った人名は
グーグルは、2006年の検索ランキングを発表した。総合ランキングは「地図」「翻訳」など一般名詞が上位に並ぶが、人名もランクインしている。(2006/12/20)

志田未来、綾瀬はるか、堀北真希に共通するあのアイテム:
「14才」のあの子のケータイは? ドラマで使われるケータイたち 2006年秋編
現代の生活シーンに欠かせない携帯電話は、テレビドラマの中にも多数登場する。番組内の登場人物が手にする携帯には、制作サイドの隠れた意図なども見え隠れして面白い。2006年秋のドラマにおけるケータイ事情を見てみた。(2006/11/28)

新作DVD情報:
松子の生きた53年は果たして不幸だったのか!?――「嫌われ松子の一生」
20代で教師をクビになり、家を飛び出しソープ嬢に。やがてはヒモを殺害し、刑務所に服役。すべての男に捨てられ、引きこもりのどん底生活……それが川尻松子の人生でした。(2006/11/6)

田村正和は「N902iS」、もこみちは「G'zOne」、カブトは「902T」:
ドラマで使われるケータイたち
現代を舞台にしたテレビドラマに欠かせない小道具、いや役者の衣装の1つとなっている携帯電話。“渡鬼”“仮面ライダーカブト”“ケータイ刑事”など、ドラマ内で誰がどの端末を使っているのか、各々の番組から「携帯」そのものに着目してみよう。(2006/9/6)

Yahoo!検索ランキング、「2ちゃんねる」が1位を明け渡す
Yahoo!JAPANの2006年上半期検索ランキングで、長らく年間1位の座にあった「2ちゃんねる」が2位に後退。1位は急速に普及する新サービスの名前だ。(2006/7/13)

Mobile&Movie 第212回:
嫌われ松子の一生「人間の価値って……」
映画の中に登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回は、人気小説を映画化した「嫌われ松子の一生」。主演は電車男でエルメスを演じた中谷美紀です。(2006/6/2)

「ヘビーメタルサンダー」に愛川欽也が
(2005/7/11)

ガンホー、短編ドラマ「mahora☆ −まほらのほし−」制作・放送を発表
(2005/1/25)

「アプリ★ゲット」に神奈月が登場
(2004/12/7)

「劇団ひとり」とアプリのスコアを競おう
(2004/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。