ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「グルコース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「グルコース」に関する情報が集まったページです。

国をあげて取り組みを継続:
スタートアップ育成に注力するフランス
フランスは、“起業家による起業家のための活動”を支援するイニシアチブ「La French Tech(フランステック)」を推進し、新興企業の再生に取り組んでいる。(2020/1/28)

医療へのIoTとAIの導入はどのくらい進んでいるのか【前編】
IoTとAIは医療の現場でどのように役立つのか
IoTや人工知能(AI)技術といった、比較的新しい技術を活用した医療機器が開発されている。医療分野での最新技術の応用例とその課題について、専門家の話を基に説明する。(2019/4/8)

医療技術ニュース:
肥満を調節する新しい酵素を発見、肥満予防に期待
東京大学は、脂質の一種とこれを生合成するL型酵素の働きをマウスを使って調べ、このL型酵素が肥満を調節する新たな酵素であることを明らかにした。(2019/3/4)

医療機器ニュース:
マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓のプロトタイプを開発
名古屋大学は、エレクトロニクス制御フリー、タンパク質フリー、ナノ粒子フリーのマイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓のプロトタイプを開発した。(2019/2/6)

木質バイオマスを化成品の原料に、製造コストの大幅削減に成功
産業技術総合研究所が木質バイオマスからの糖製造の水使用量を削減すると同時に、糖化率を大幅に改善する技術を開発。木質バイオマスから糖化を経て合成される化成品の開発・普及への貢献が期待できるという。(2019/1/25)

SEMICON Japan 2018:
BLE機能も内蔵したマウスピース型センサー
東京医科歯科大学は、「SEMICON Japan 2018」で、歯科医療用のマウスピースに、口腔温や咬合力を測定するセンサーやBLE(Bluetooth Low Energy)無線機能を組み込んだウェアラブルセンサーを紹介した。(2018/12/19)

医療機器ニュース:
汗のpHなどを高感度に常時計測、ウェアラブル向けの貼れるセンサー
大阪府立大学は、フレキシブルフィルム上にCCD構造を作製し、汗を含む溶液のpH値をリアルタイムかつ高感度で計測可能なフレキシブルpHセンサーを開発した。ばんそうこうのように皮膚に貼り、汗中のpH値を常時計測できる。(2018/11/28)

Google系列のVerily、血糖値測定コンタクトレンズの開発を中止 正確な測定は困難
Alphabet傘下の医療企業Verily Life Sciencesが、2014年に立ち上げた糖尿病患者のための血糖値測定コンタクトレンズの開発を中止した。わずかな涙液から正確な血糖値を測定するのは困難という結論に達した。今後は白内障や老眼のためのスマートレンズの開発にフォーカスする。(2018/11/18)

医療機器ニュース:
世界最小クラスの発電、センシング一体型血糖センサーを開発
名古屋大学は、世界最小クラスの発電、センシング一体型血糖センサーを開発した。低侵襲で低コストな持続型血糖モニタリングが期待でき、多くの人が血糖値を簡便に把握できるようになる。(2018/11/6)

目が覚めそうな新エナドリ 朝にキメたい強炭酸の「リアルゴールド ロケットスタート」が発売
どうしても目が開かない朝に頼りたい。(2018/11/5)

医療機器ニュース:
バイオケミカルセンサーチップを開発、微量の液体から特定の溶質を高感度に検出
大阪大学は、レーザー光の照射により非線形光学結晶から発生するテラヘルツ波を用いて、極微量の溶液中の溶質濃度を高感度かつ定量的に検出できる超高感度バイオケミカルセンサーチップを開発した。(2018/3/8)

医療技術ニュース:
エレクトロニクスフリーの人工膵臓、血糖値に合わせて自律的にインスリン放出
名古屋大学が、機械や電気による駆動を必要としない、自立型の「人工膵臓」を開発した。この人工膵臓は、健常および糖尿病マウスにおいて3週間以上持続して、糖代謝を良好に制御した。従来の機械型膵臓に比べ、安価で使用負担も軽減する。(2017/12/14)

福田昭のデバイス通信(120) 12月開催予定のIEDM 2017をプレビュー(4):
IEDM 2017の講演2日目(12月5日)午前(その2):ソニーの虹彩認識用イメージセンサー
2017年12月5日午前のセッションから注目講演を紹介する。ソニーは、スマートフォン向けを想定した、シリコンの赤外線イメージセンサーについて発表する。その他、III-V族ナノスケールMOSFETや、バイオセンサー、化学センサーなどの講演を取り上げる。(2017/11/17)

医療技術ニュース:
血糖値の変化に応じて血中から脳内に薬剤を届けるナノマシンを開発
ナノ医療イノベーションセンターは、脳への薬剤送達を妨げる「血液脳関門(Blood-brain barrier:BBB)を血糖値の変化に応じて効率的に通過し、脳内へ集積する「BBB通過型ナノマシン」を開発した。(2017/11/15)

医療技術ニュース:
失明を招く加齢黄斑変性の病態を生体組織チップ上で一部再現、東北大学
東北大学は、失明につながる網膜疾患の病態の一部を生体組織チップ上で再現することに成功した。疾患モデル動物の代替として、病態解析や創薬スクリーニングに応用できる可能性がある。(2017/6/30)

マストドンつまみ食い日記:
「超便利な検索タブ」「オイゲンさんがナウマン発見」「マストドン会議、西へ」
今日のつまみ食い日記は、マストドンクライアント2本立て+マストドン会議4の情報。(2017/5/23)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンのWebクライアント「Naumanni」は17日昼公開
マストドン会議でUEI清水亮社長がぶち上げた自信作が明日、公開される。(2017/5/16)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン会議でつまみ食いしてきた
日本におけるマストドンブームの現時点でのまとめ的なイベントに参加してきた。(2017/4/28)

材料技術:
マツダの走りを陰で支える、高機能樹脂材料の開発秘話
マツダと聞くと「SKYACTIV」の名で知られるディーゼルエンジンやガソリンエンジンの燃焼技術、シャーシ技術や魂動デザインがイメージされる。SKYACTIVテクノロジーを実現する上でも重要な材料の開発技術にも力を入れている。とりわけ樹脂に関しては、軽量化やエコロジーの観点からも重要だ。(2017/2/10)

食事栄養の専門医師に聞く! 「ストレス食い」の3つの原因と対策
ストレス解消のために「食」に走ってしまう人は、ぜひ原因を知り、対策を行いましょう。(2017/2/3)

高温地域に住む糖尿病患者に朗報:
耐熱性に優れた酵素発見、血糖値センサー向け
東京工科大学の研究グループは、好熱性糸状菌からグルコース脱水素酵素(GDH)を発見した。この酵素は耐熱性と長期安定性に優れており、高温地域で使用される血糖値センサーチップなどへの応用が期待される。(2017/1/12)

CES 2017:
さらに進化したIoT機器がCESで一堂に会する
「CES 2017」(2017年1月5〜8日、米国ラスベガス)には多数のスマートデバイスが展示された。これらは明らかに今まで以上にスマート化を遂げている。(2017/1/10)

ルネサス DevCon China 2016:
スマート家電やIR46、中国市場の“今”が分かるデモ
ルネサス エレクトロニクスが中国で初めて開催したプライベートイベント「DevCon China 2016」では、組み込み機器設計プラットフォーム「Synergy」をはじめ、中国市場のトレンドに沿った77種類のデモが披露された。その一部を紹介する。(2016/11/2)

「おしっこ分析」で体の調子が見えてくる? 尿を解析“IoTトイレ”、開発の狙いは
トイレの便器に付けたセンサーで尿成分の異常を検知する“IoTトイレ”を日本のスタートアップが開発している。その狙いをCEOに聞いた。(2016/8/2)

医療技術ニュース:
血糖を調節する新たなメカニズムを解明
京都大学は、ナルディライジンというタンパク質が、血糖上昇時のインスリン分泌に不可欠であり、血糖値を一定の範囲に維持するために重要な働きを担っていることを明らかにした。(2016/7/28)

ヘルスケア分野への応用に本腰:
IBM「Watson」を糖尿病対策へ、アプリの開発も
IBMが、同社のコグニティブコンピュータ技術「Watson」を、本格的にヘルスケア分野に応用する取り組みを始めている。その1つが糖尿病のケアだ。(2016/6/20)

自然エネルギー:
シビレエイで発電する、驚きの発電システムを理研が開発
理化学研究所は、シビレエイの電気器官を利用した新原理の発電機を開発した。(2016/6/3)

細胞に機能追加するプログラミング言語、MITが開発
DNA回路を設計し、大腸菌に新しい働きを追加できる“細胞用プログラミング言語”を、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した。(2016/4/6)

医療機器ニュース:
採血が不要な遠赤外線を用いた血糖値測定法を開発
東北大学は、遠赤外線を用いて、無侵襲で血糖値を測定する手法を開発したと発表した。遠赤外線を照射するためのプリズムを中空光ファイバーの先端に取り付けた装置により、血中のグルコースの正確な検出を可能にした。(2016/2/16)

医療機器ニュース:
少量の血液で測定できる、糖尿病患者向け血糖自己測定器を発売
ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカルカンパニーは、糖尿病患者向けの血糖自己測定器「ワンタッチベリオIQ」を発売した。0.4μL以上という少量の血液で、血糖値が測定できる。(2016/1/4)

医療技術ニュース:
流体せん断力による微絨毛形成の発見とその分子メカニズムの解明
東京大学は、ヒト胎盤バリアを構成する胎盤絨毛上皮細胞(胎盤バリア細胞)は、流体せん断力に応答して微絨毛を形成することを発見した。流体せん断力は、タンパク質局在の変化を介して細胞機能も変化させることが明らかになった。(2015/12/4)

ペン1本でグルコースをモニタリング?:
血糖値を測るインク、米大学が開発
米大学が、血糖値(グルコース濃度)を測定できるインクを開発したと発表した。生体適合性のあるインクで、市販のボールペンに充填して使うという。線などを皮膚の上に直接書いて、血糖値をモニタリングすることが可能になるかもしれない。(2015/9/14)

シリコンバレー初の“財閥”に?:
広がり続ける“Google帝国”、Alphabet設立で
Googleを傘下にする新会社Alphabetを設立すると発表したGoogle。“Google帝国”はさらに広がる見込みだが、一方で今回の発表には透明性には欠けている。(2015/8/13)

男性が一番恐れる○○○には、クルミが有効?
韓国の建国大学研究チームによれば、クルミの摂取があの病気の克服につながる可能性があるようです。(2015/5/23)

医療技術ニュース:
デジタル技術の発展が実現する“予防”医療社会
IEEEが開催したプレスセミナーで、アクセンチュア Data Science Center of Excellenceを務める工藤卓哉氏が、近年の医療分野におけるデータ活用について語った。医療分野のデジタル化が進みデータ活用の可能性が広がることで、病気の発症を未然に防ぐ予防医療の分野の発展が期待されているという。(2015/3/11)

センシング技術:
呼気で病気を診断、米大学が開発
米国の大学が、医療診断向けの呼気分析装置を開発した。呼気には約1000種類の化合物が極めて低い濃度で含まれているので、その中から特定の呼気バイオマーカーを検知するという。(2014/11/18)

センシング技術 ウェアラブル機器:
涙で血糖値を測るスマートコンタクト、Googleが開発へ
グーグル(Google)は、糖尿病患者向けに、涙で血糖値を測定できるスマートコンタクトレンズを開発中だと発表した。(2014/1/17)

Googleが無線チップ&生体センサー内蔵の「スマートコンタクトレンズ」を開発
涙の成分を監視することで、糖尿病患者の血糖値管理に役立てようという試みです。(2014/1/17)

脂肪を摂るとやせる? 知られざる肥満の真実
書籍『早死にするデブ、しないデブ』より、医療従事者の立場からダイエットの危険性を指摘し、太っていても健康で長生きするための方法を紹介。(2013/4/9)

EDN/EE Times編集部が展望する:
2012年期待のエレクトロニクス技術(近未来ガジェット編)
米国EDN/EE Timesの編集部が、2012年の発展を期待するエレクトロニクス技術をピックアップ。第2回は、医療、携帯オーディオ、自動車という3つの機器分野について、各担当編集者の展望をお届けする。(2012/1/27)

エグゼクティブのためのアンチエイジング:
「エグゼクティブ=メタボ」のイメージから脱却しよう――代謝機能の評価
かつて「でっぷりお腹はエグゼクティブの証」と言われた時代もありましたが、今は違います。メタボリックシンドロームの象徴であり、生活習慣に対する自己管理能力が疑われます。(2010/6/12)

グループの仲間限定でブックマークを共有する「4dk」
グループのメンバー限定でブックマークを共有できる「4dk」を、ネットベンチャーのグルコースが開発した。(2008/9/24)

ブクマをTwitterに投稿できる「Bktter」
はてなブックマークなどに投稿したURLを、自動でTwitterにも投稿できるサービスが登場した。開発した伊藤まさおさんは「Twitterは面白いし、悔しい」と言う。(2007/5/30)

“太っ腹”なAPI公開に刺激され――「Twitterを横にした」新サイト
TwitterのAPIを活用したサービスが増えている。グルコースの「24 o'clocks」は、Twitterの新着発言を横に並べてまる1日分眺められる仕組みだ。「Twitterを構成する素材が丸ごと手に入れられるから、同じ道具で違うことができないかと考えたくなる」と開発者は語る。(2007/5/21)

Twitterの書き込み、時間割り風に表示 1時間1本限定
Twitterユーザーの書き込みを1時間1本限定で表示。1日の書き込みを時間割風に眺められる。(2007/5/18)

ものになるモノ、ならないモノ(10):
Webちらし、国産RSSリーダーのいきさつと人工知能化の野望
数回にわたり、国内のWeb2.0企業にフォーカスし、その姿を見ていく。第2弾の今回は、国産RSSリーダーのグルコースに国産RSSが生まれた経緯と今後の検索やRSSの姿について話を聞いた (編集部)(2006/7/19)

400万人突破のmixi “音楽でつながる”の可能性
400万人の巨大コミュニティ「mixi」に、音楽再生リスト共有機能が付いた。ユーザーが音楽でつながると何が起きるのだろうか――ミクシィに聞いた。(2006/5/30)

mixiに音楽再生リスト共有機能 iTunesと連携
PCで再生した楽曲リストをmixi上で公開・共有できるサービス「mixiミュージック」が始まった。(2006/5/22)

フィードビジネスカンファレンス:
フィードがWeb 2.0で脈打つ日
Feed Business Syndication主催のカンファレンスが8日、都内で開催された。フィード(RSS/Atom)に関連するサービスベンダーが集い、Web 2.0におけるフィードビジネスの進むべき道を示した。(2005/12/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。