ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Google Webmaster Tools」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Webmaster Tools」に関する情報が集まったページです。

超入門DNS:
ドメイン情報を提供するDNSのコンテンツサーバ
DNSサーバには、ドメインの情報(権威情報)を定義・公開するコンテンツサーバと、それを利用するリゾルバの2種類がある。今回はコンテンツサーバの機能についてまとめておく。(2017/6/22)

Tech Basics/Keyword:
Google Search Console(旧Google Webマスターツール)
Webサイト管理者ならぜひ知っておきたい「Google Search Console」ツール。 Webサイトの状態を調査・監視したりSEO対策などのためによく使われる無償ツールだ。その概要を解説。(2016/2/25)

「Google.com」ドメインが取得できてしまった! 米国の男性が体験した、ある夜の出来事
ドメイン「Google.com」を取得できてしまった──ある米国在住の男性がこんな体験をした。その顛末は。(2015/10/14)

より高度なWeb解析を実現:
旧Google Analyticsからユニバーサル アナリティクスへの移行を支援、ジェー・ピー・シーが新サービス
ジェー・ピー・シーは、新たなWebサイト解析サービス「PRO-MAINTE プレミアム」を2015年7月13日から開始した。現行のGoogle アナリティクスからユニバーサルアナリティクスへの移行をサポートし、より高度なWebサイト解析リポートを提供する。(2015/7/13)

Google、「Webmaster Tools」を「Search Console」に名称変更
Googleが、Google検索結果でのWebサイトのパフォーマンスをチェックするための無料ツール「Webmaster Tools」の名称を「Search Console」に変更した。機能は変わらない。(2015/5/22)

【連載】今こそ! ヒートマップ:
第5回 ヒートマップでSEO担当者の働き方が変わる(前編)
これまでに筆者は「ヒートマップはSEOに役立ちますか?」という質問を何度かいただきました。答えはもちろん「イエス」です。今回は、ヒートマップをSEOに活用する具体的な方法を解説します。(2014/10/30)

Google、検索結果の著者情報表示を終了「期待したほど便利ではなかった」
Googleが、2011年6月から続けてきた検索結果への著者情報表示を終了した。今後はGoogle+でフォローしている著者のGoogle+への投稿にのみプロフィール画像が表示される。(2014/8/29)

改ざんされたWebサイトの管理者に情報提供、Googleのツールに新機能
Webmaster Toolsに新設された「Security Issues」のセクションでは、管理者が自分のWebサイトで発生しているセキュリティ問題についての情報を参照できる。(2013/11/5)

Node.jsを使ってみよう(2):
Node.js、MongoDBでデータの保存
Node.jsとSocket.IO、MongoDBを使用して、Webページの更新内容がリアルタイムにView画面に反映されるサイトを作ってみた(2013/1/22)

Google、Webサイトのランクに悪影響のあるリンクを排除するツール「Disavow Links」
GoogleがWeb管理者向けに、Google検索でのPageRankを下げる恐れのある悪質なページからのリンクやSEO目的で購入したリンクを検索アルゴリズムに無視させるツール「Disavow Links」を公開した。(2012/10/17)

Google、サービス終了予告第8弾――「フィード向けAdSense」など8件
今回の“大掃除”では、「フィード向けAdSense」や検索トップページの背景画像追加機能の終了、Picasa用ストレージのGoogle Driveとのマージなどが発表された。(2012/10/1)

Google、「不自然なリンクへの警告に慌てずに」と説明 Webスパム対策変更で
Googleが、Webスパム対策の一部変更で不自然なリンクの警告通知範囲を広げたが、警告を受けたらまずはウェブマスターツールで確認してほしいと説明した。(2012/7/23)

Google、検索ページのSSL接続をデフォルトに
ログインした状態でGoogle.comにアクセスすると「https://www.google.com」にリダイレクトされる。ユーザーにとっては安全性が高まるが、Webサイトオーナーはオーガニック検索から検索クエリーが入手できなくなる。(2011/10/19)

Google、検索結果に表示する「サイトリンク」を拡張
Googleで会社名などを検索すると会社のメインURLの下に表示されるサブサイトの表示がより詳しくなり、数も増えた。(2011/8/17)

Google、「Chrome Web Store」に5ドルの登録料――不正ソフト予防策として
10月開店のアプリストア「Chrome Web Store」には、開発者とユーザーを不正から守るための「5ドルの登録料」と「ドメイン照合システム」が設けられた。(2010/8/20)

はてなダイアリーがリニューアル Twitter連携機能を追加
はてなダイアリーがリニューアル。Twitter連携機能が加わったほか、iPhone/Android端末専用の閲覧画面も。(2010/5/28)

Google、サイトの速度を測定する「Site Performance」公開
サイト管理者はSite Performanceで、自分のサイトのページ表示速度を測定したり、表示を高速化するためのアドバイスを受けられる。(2009/12/4)

Google、Web管理ツールのサイト改ざん対策機能を強化
正規サイトに不正コードが仕込まれる被害が相次いでいることを受け、Googleは「Webmaster Tools」の対策機能を強化した。(2009/10/14)

Google、ホスティングサービス向け「Google Services for Websites」リリース
ホスティング企業は、顧客が自分のサイトに検索を組み込んだり、トラフィックを集めたり、Googleの広告で収益を上げたりするのを支援できる。(2009/3/26)

カスタマイズ可能なウィジェットとして提供:
404エラーに「もしかして」的リンクを追加するツール、グーグル
(2008/8/21)

Google、「404 Not Found」ページに情報を追加するウィジェット
リンク切れやURLの入力間違いで表示される「404 Not Found」ページをカスタマイズして、行き止まりにしないウィジェットが登場した。(2008/8/21)

Google、Web管理者向けツール普及プログラムを発表
ホスティングサービス企業を通じてWeb管理者向けツールを配布する「Google Webmaster Tools Access Provider Program」を立ち上げた。(2008/7/16)

攻撃の検出と防御の方法
自動SQLインジェクション攻撃への新たな防御戦術
今日のSQLインジェクション攻撃について説明するとともに、正規のWebサイトに潜んでいる悪質なページを検出、隔離し、それに対処する方法を検証する。(2008/7/16)

Google、Web管理者向けツールにリンク情報機能を追加
Googleの「webmaster tools」の新機能を使うと、サイト管理者は、自身のサイト内の各ページへのリンクを一覧できる。(2007/2/7)

Google News専用Webマスターツール立ち上げ
(2006/11/22)

Google、Web管理者向けサイト「Google Webmaster Central」を開設
GoogleのWebサイト巡回に関する情報提供や、自分のWebサイトへのGoogleの巡回を確実にするためのツールなどが含まれる。(2006/8/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。