ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GReeeeN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GReeeeN」に関する情報が集まったページです。

「俺もう、あのモヒカン無理だよ」 中尾明慶がGReeeeN新曲「ノスタルジア」MVで高校野球部の熱血顧問、ROOKIESじゃないですか!
夢にときめけ! 明日にきらめけ!(2019/4/13)

「画面割れるかと」「反則や」 横浜流星&杉野遥亮、禁断の“顎クイ”ショットがファンの正気を失わせてしまう
眼福にも程がある。(2019/2/12)

平成で一番歌われたアニソンは? DAMの「平成カラオケランキング」発表
全体1位は一青窈さんのあの曲でした。(2018/11/21)

18年の1位は米津玄師「Lemon」:
平成のカラオケで最も歌われた楽曲は? 歌手1位は「浜崎あゆみ」
平成で最も歌われた楽曲は? 通信カラオケ「DAM」などを展開する第一興商がまとめた結果、1位は……(2018/11/21)

なぜ「新宿の夏フェス」がこんなにアツいのか? 「新宿三井ビルのど自慢」の魅力とは
のど自慢が終わると夏も終わるんだなって思うんです。(2018/9/3)

「新しいことに挑戦」 横浜流星がアーティストデビュー! GReeeeNを手掛けるJINがプロデュース
横浜さんは「GReeeeN」の楽曲をベースにした映画「キセキ ―あの日のソビト―」に出演していました。(2018/6/16)

元SMAP3人が72曲メドレーを生披露 「前前前世」に「ultra soul」、恋ダンスも【楽曲一覧あり】
声を枯らして熱唱しました。(2017/11/5)

菅田将暉・横浜流星ら「グリーンボーイズ」がMステ出演決定! 「内弁慶で終わらぬように」
「キセキ」と「声」の2曲を披露。(2017/1/13)

菅田将暉、成田凌らがGReeeeNの10周年ライブの前座で「キセキ」を熱唱 「やばいね!」「一生忘れない景色」
映画「キセキ−あの日のソビト−」でGReeeeNを演じた4人で出演。(2017/1/8)

ケータイ向け「着うた」「着うたフル」が12月15日いっぱいで終了 「嗚呼、青春の日々の終わり」と公式
15年分のランキングのアーティスト1位はEXILE、楽曲1位はGReeeeNの「キセキ」。(2016/12/13)

一時停止しちゃダメだぞ! きゃりーの「まこみなダンス」動画がなんだかひどいことになってる
きゃりーさん「(シラフです)」(2016/9/9)

そもそも音楽は反体制なのかどうなのか問題
「音楽に政治を持ち込むな」「そもそも音楽は反体制だ」──最近、音楽をめぐってこんな議論が交わされた。作家の堀田純司さんは、「音楽と反体制」を戦後史からひもとき、現在の世代との認識のズレを指摘する一方、コンテンツに「反体制」の兆しが現れつつあるのを見ている。(2016/7/8)

GReeeeNの楽曲「キセキ」が映画化! 松坂桃李と菅田将暉のダブル主演
なんだこのイケメン兄弟は。(2016/6/3)

かじれ青春! ガリガリ君とGReeeeNがコラボした「ガリガリ君リッチ ほとばしる青春の味」
5月17日から。(2016/5/11)

ソフトバンク、スマホ料金と診察料をまとめる「スマート病院会計」開始 応援大使はGReeeeN
ソフトバンクは、病院の診察料を携帯電話料金とまとめて支払える「スマート病院会計」を3月28日に開始する。利用料は1回100円(税別)。応援大使には人気音楽グループ「GReeeeN」が就任した。(2016/3/7)

Amazonプライム会員向け「Prime Music」開始、100万曲以上聴き放題
Amazonプライム会員向けの音楽聴き放題サービス「Prime Music」が日本で提供される。(2015/11/18)

Amazon「Prime Music」日本でスタート プライム会員は100万曲以上が聴き放題
Amazonプライム会員向けに聴き放題の音楽配信サービス「Prime Music」が始まった。(2015/11/18)

「C、Dですと!?」発売記念:
GReeeeN×comico 「愛唄」をイメージしたマンガを募集、大賞作は公式MVに
両者に共通する“インターネットの利点を生かした作品の制作・発表”という特長や親和性により、コラボレーションが実現した。(2015/4/28)

ヨッピーさん何やってるんですか Webライターのヨッピーさん、なぜかCDデビューすることが決定
テレビ朝日さんまで何やってるんですか……。(2015/3/25)

「LINE公式ブログ」スタート LINEの各サービスと連携
アーティスト/タレント向けの「LINE公式ブログ」がスタートした。(2014/11/4)

ガリガリ君が「GReeeeN」とコラボ 新商品「ほとばしる青春の味」は食べる人によって違った味わい?
ガリガリ君を噛みしめて青春を思いっきり感じてください。(2014/5/12)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/24)

ドラゴンボールのフルカラー版も登場――電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/2/5)

有名企業の事例から学ぶ!
本当に選びたいネットワーク監視・IT運用管理ツール
システムの安定運用にはハイエンドの運用管理ツールが必須なのか? ユニクロを運営するファーストリテイリング、ドン・キホーテなど有名企業による運用管理ツールの選定・活用法からITコスト適正化のヒントが分かる。(2012/7/27)

おあずかりサービスにも対応:
レコチョク、初のiPhone向け音楽配信サービスを開始
レコチョクが7月2日、AndroidとiPhone向けにWebサイトの音楽配信サービスを開始。iPhone向けとしては同社初の配信サービスとなる。過去にダウンロードした楽曲の引き継ぎもアプリ経由で行える。(2012/7/2)

ゾーホージャパン導入事例
ユニバーサル ミュージックが抱える2つのIT運用課題、解決の鍵はこのツール
KARAやGReeeeN、Perfumeなど多くの有名アーティストを抱える大手レコード会社のユニバーサル ミュージック。情報システム部は2つの課題を抱えていた。それらの課題の解決方法を聞いた。(2012/5/17)

速さじゃなく“体験”を重視:
Tegra 3が実現する「最高の性能と最小の消費電力」――NVIDIA ザン氏が説明
「世界初の4-PLUS-1クアッドコア」とうたわれているNVIDIAの「Tegra 3」。スマートフォンにクアッドコアが必要なのか? 気になる消費電力はどう抑えるのか――。NVIDIA Japanのスティーブン・ザン氏が詳細を説明した。(2012/3/30)

Mobile World Congress 2012:
“4+1”のクアッドコアCPUを搭載する「Tegra 3」の特長とは
NVIDIAが最新アプリケーションプロセッサー「Tegra 3」を発表し、MWCではTegra 3を搭載したスマートフォンも多数発表された。「クアッドコア」が大きなインパクトを与えるTegra 3だが、どんな特長を持つのだろうか。(2012/3/6)

果汁グミのキャンペーンがなんか甘酸っぱい! すれ違う2人の「Tweet Love Story 」
明治「果汁グミ」のキャンペーンが、「Tweet Love Story メグミとタイヨウ」と題して6月1日からTwitter上で展開される。マッドハウス制作、主題歌GReeeeNのスペシャルCMも公開。(2011/5/17)

笑顔にしてくれる言葉、1位は断トツで「ありがとう」
うれしい時や幸せな時に出る笑顔。「あなたを笑顔にしてくれる言葉は何ですか?」と聞くと、最も多かったのは断トツで「ありがとう」だった。住友生命保険調べ。(2010/8/13)

Weekly Access Top10:
この日にかける!
エイプリルフールは、全力でネタで笑わせるかという日になったようです。(2010/4/7)

GReeeeN、メンバー脱退!?――号外まで配布されただとっ!
全国各所でメンバーが脱退したという衝撃的な号外が配られている。でもちょっと待ってほしい。脱退したメンバーというのが……。(2010/4/1)

GReeeeNがDSで初ライブ?――ハドソン、新たな音楽コンテンツを「HUDSON×GReeeeN ライブ!? DeeeeS!?」発売
「いつでも、どこでも、さわれるライブ」を具現化した新感覚のライブ体験が可能な新コンテンツが4月1日に発売される。(2010/1/5)

au 2009年着うたフル再生ランキング、1位はGReeeeN
KDDIとレーベルゲートが「2009年もっともよく聴かれた曲TOP100」を発表。1位はGReeeeNの「キセキ」が獲得した。(2009/12/8)

2009年のカラオケ一番人気はGReeeeN『キセキ』
(2009/12/4)

異性受けする音楽はコレ
(2009/8/12)

1000円割引より渋滞のない高速道路が人気?――自家用車での帰省
ETC休日特別割引の影響で大混雑したゴールデンウィークの高速道路。お盆の帰省でも、割引料金に魅力を感じている人は少なくないものの、渋滞を嫌っている人の方が多いようだ。ソニー損保調べ。(2009/7/29)

KDDI、2009年上半期によく聴かれた着うたフルトップ100を発表
KDDIは、「うたとも」ユーザーの着うたフル再生履歴を元にした「2009年上半期にもっともよく聴かれた曲TOP100」を発表。JUJU with JAY'EDやGReeeeNなどのアーティストがランクインした。(2009/7/14)

ハドソンとGReeeeNが音ゲー DS向けに
ハドソンは、GReeeeNとコラボレーションしたDS用音楽ゲームを年内に発売する。(2009/6/10)

GReeeeNとハドソンがコラボ――DSで音楽ゲーム発売決定
ハドソンは人気ボーカルグループGReeeeNとコラボした音楽ゲーム「HUDSON×GReeeeN(仮)」を2009年内を目処にDSで発売する。(2009/6/10)

au携帯で最もよく聞かれた着うたフルは?──「うたともAward」発表
KDDIは5月14日、LISMO「うたとも」利用者が1カ月間に再生した着うたフルを集計し、au携帯電話で最もよく聞かれた曲を表彰する「うたともAward」を発表した。今後、毎月ランキングを発表していく。(2009/5/14)

レコ協チャート:
着うたフルダウンロードランキング(4月8日〜4月14日)
毎週水曜日から翌火曜日までの1週間に、データ提供会社5社からダウンロードされた着うたフルの数を集計した「着うたフルダウンロードランキング」。はたしてケータイユーザーならではの傾向はあるのだろうか。(2009/4/17)

レコ協、「着うたフル」の週間ランキング発表スタート
レコード協会は、「着うたフル」の週間ダウンロードランキング公表を始めた。「着うた」の月間ランキングは廃止する。(2009/4/10)

紅白出場歌手が多数登場――KDDI、2009年正月3が日に聴かれた着うたフルランキングを発表
KDDIは、2009年の正月3が日に最もよく聴かれた着うたフルランキングを発表。「NHK紅白歌合戦」に出場したアーティストの楽曲が多数ランクインし、正月ならではの結果となった。(2009/1/9)

1位は青山テルマ――KDDI、着うたフル「2008年もっともよく聴かれた曲TOP100」を発表
KDDIは、2008年に最もよく聴かれた着うたフルのTOP100ランキングを発表した。「うたとも」ユーザー約150万人の再生履歴を集計し、販売数では計れないランキング結果となった。(2008/12/10)

Yahoo!検索上半期ランキング、1位はYouTube Perfumeも登場
ヤフーの2008年上半期検索ワードランキング総合1位は「YouTube」。著名人ランキングも変動あり。(2008/7/15)

EZ着うたフル、2008年上半期“もっともよく聴かれた”ランキング公開
2008年上半期の着うたフル“もっともよく聴かれた”ランキングが公開された。通信機能を備える携帯の特性を生かし、販売数でなく実際の“再生回数”を集計したランキングとなる。(2008/7/10)

YouTubeにユニバーサルミュージックが公式チャンネル GReeeeNのPVなど公開
ユニバーサルミュージックがYouTubeに公式チャンネルを開設した。GReeeeNやmihimaruGTなどのプロモーションビデオ19本を公開している。(2008/4/16)

PCは宇多田、着うた・着うたフルはGReeeeNが1位 07年音楽配信ランキング発表
レコ協が07年の有料音楽配信ランキングを公表。PC向け1位は宇多田ヒカル、着うた・着うたフルはGReeeeNがトップ。CMで話題になった「アクエリオン」が健闘。(2008/3/21)

2007年のケータイ検索キーワードランキング、トップは「脳内メーカー」――froute.jp
携帯向け検索ポータルサイトfroute.jpを運営するエフルートが、2007年に検索されたキーワードランキングを発表。2007年年間ランキングのトップは「脳内メーカー」。2位には「顔ちぇき」、3位には「花より男子」がランクインした。(2007/12/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。