ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Greenplum」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Greenplum」に関する情報が集まったページです。

製品の違いを見分けるために
バックアップアプライアンス、主要ベンダー8社の製品の特徴を徹底比較
主要なバックアップアプライアンスの多くは、バックアップ、アーカイブ、災害復旧、レプリケーションなど、類似の機能を備えている。主要8社の製品情報をまとめた。(2018/7/31)

Database Watch(2017年2月版):
OSSデータベースの「スーツ」と「ギーク」はどっち?──MySQLとPostgreSQLのエコシステムをあらためて考える
商用データベースから、OSSデータベース「MySQL」か「PostgreSQL」に切り替える企業が増えています。「MySQL」か「PostgreSQL」のどちらがよいのか。両者はエコシステムの観点でうまくバランスが取れているようです。今回はあらためて、両者の違いとそのエコシステムを支えているパートナー企業を確認しましょう。(2017/2/23)

Pivotal Labs東京を戦略的な活動に:
Pivotalジャパン、「2016年は日本のデジタルトランスフォーメーション元年」
Pivotalジャパンは2016年3月24日、2016年の同社における事業戦略を説明、このなかで「今年は日本のデジタルトランスフォーメーション元年」とし、同社が2015年12月に本格始動したPivotal Labs東京の活動を戦略的に活用して、一般企業のデジタルビジネスへの取り組み支援を進めていくと説明した。(2016/3/28)

Database Watch(2015年3月号):
オープンソース化は「必須」? 米国の選定トレンドとPivotalの狙い/Exadata X5の性能を支える技術要素
今月はオープンソース化戦略をさらに進めた「Pivotal」と、「Oracle Exadata X5」の進化したポイントをウオッチします。(2015/3/31)

トレジャーデータとテーマは同じ:
IIJ、ビッグデータ蓄積・利用のワンストップサービスを正式提供開始
IIJは2015年3月2日、ビッグデータの収集・蓄積・解析のための環境をワンストップサービスとして提供する「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」を、正式提供開始した。(2015/3/2)

IBMやGEなどとOpen Data Platformを設立:
米PivotalがHadoopでHortonworksと提携、Greenplum、GemFire、HAWQはオープンソース化
米Pivotalは2015年2月17日(米国時間)、「Pivotal Greenplum Database」「Pivotal GemFire」「Pivotal HAWQ」のオープンソース化、HadoopにおけるHortonworksとの提携、「Open Data Platform(ODP)」イニシアチブの設立、を発表した。(2015/2/18)

無理なく始められます:
中堅企業のデータ活用後押し、IIJ、SAS、ZEALの3社が協業でソリューション開発
インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)、SAS Institute Japan(以下、SAS)、ジール(以下、ZEAL)の3社は1月14日、データ活用スキルやIT資産の不足に悩む中堅企業向けに、クラウド環境で経営に必要なデータを分析/可視化するソリューション「クラウド・アナリティクス・ソリューション」を共同で提供していくことを発表した。(2015/1/14)

Database Watch(2014年10月版):
データベースバックアップ専用マシン、GISデータ分析をウォッチ
米国サンフランシスコで開催した「Oracle OpenWorld」からほぼ1カ月。日本へのフィードバックとして恒例になっている「Oracle Days Tokyo」が開催されました。オラクルの技術的なハイライトの他、「Zero Data Loss Recovery Appliance」の仕組みを見ていきます。(2014/10/24)

NEWS
IIJ、ビッグデータを高速処理するDWH向けクラウドDBを提供
IIJは、クラウド型データベースシステム「IIJジオコンポーネントサービスデータベースアドオン」にDWHサービスを追加した。(2014/6/16)

分析スキル磨くポイント:
コムスコアにみるビッグデータ活用組織のあり方
世界中の人々のオンラインデータを集めて分析レポートを提供するコムスコアは、ビッグデータ分野で圧倒的な存在感を誇っている。テクノロジ/人材/顧客の3つの観点から、同社のビッグデータ分析スキルの優れた点を研究してまとめた。(2014/4/8)

VMとHadoop:
Pivotal HDの国内販売がスタート
仮想化環境を前提としたHadoopディストリビューションPivotal HDの日本国内での販売がスタートした。(2014/2/4)

Pivotalジャパン、ビッグデータ処理基盤の新製品 処理性能を数百倍に
Pivotalジャパンは、Hadoopディストリビューション「Pivotal HD Enterprise」と、Pivotal HD上で高速なSQL処理を行う「HAWQ」を発売した。(2014/2/4)

一般企業をグーグルやフェイスブックのように:
事業を急速に拡大するPivotal、その狙いと日本での戦略は
従量員数約1600人の「巨大スタートアップ」企業、Pivotalが急速な事業展開を進めている。10月23、24日にはシンガポールで「Asia Pacific Pivotal Summit 2013」を開催、CEOのポール・マリッツ(Paul Maritz)氏をはじめとした幹部がアジア太平洋地域での事業展開について説明するとともに、同社の製品・サービスを同地域で初めて詳しく紹介した。(2013/10/25)

企業動向:
「Pivotalジャパン」設立、EMC、VMware、GE連合のPaaS製品群が本格展開へ
Cloud Foundryを活用したPaaS環境や大量データ分析向けの製品群を展開するPivotalが、日本法人を設立。日本企業のデータ活用を本格的に支援する体制を整えた。(2013/8/2)

PaaS向けソフトウェア企業のPivotal、日本法人を設立
EMCやVMware、GEが出資するPivotalが日本法人「Pivotalジャパン」を設立。ビッグデータやクラウドを活用したアプリケーション開発・運用のための製品やサービスを提供する。(2013/8/1)

Database Watch(2013年7月版):
巨大データとのそれぞれの付き合い方――Pivotal、SAP HANA
国内での法人設立も間近と噂されるPivotal。一足先に今後の製品展開をウォッチした。SAP HANAやOracle Database 12cなども。(2013/7/25)

日本市場に本格参入:
Tableau、BIツールの最新版「Tableau 8.0」を国内提供
Tableau 8.0は、「Excelユーザーなら誰でも使えるツール」をコンセプトとし、マウス操作だけでデータ分析に関するほとんどの操作を直感的に行うことのできるBIツールだ。(2013/5/28)

Amazon Redshiftにも対応:
Hadoop、NoSQLのサポートを強化した「Talend v5.3」
Talend v5.3は、MapReduceのネイティブコードを生成できるようになった。これにより、Talendのジョブを並列分散処理に対応させることできる。(2013/5/23)

データレプリケーションの最新版、デル・ソフトウェアがリリース
デル・ソフトウェアは、構造化/非構造化データベースに対応したデータレプリケーション製品の最新バージョン「SharePlex 8.0」を発売した。(2013/5/23)

ポール・マリッツ氏がEMC Worldで語ったこと:
Pivotalが目指す「企業が生き残るための新世代アプリプラットフォーム」って何?
EMCとヴイエムウェアが4月に設立した、企業のための次世代アプリケーション開発環境を提供する企業、Pivotal。CEOに就任したポール・マリッツ氏が、5月7日にEMCのイベント「EMC World」で、この新会社について説明した。Pivotalはどういったアプリケーションを想定しているのか、具体的にはどのような製品を提供しようとしているのだろうか。(2013/5/9)

低TCOで大注目の新世代サーバ:
PR:Cisco UCS、価格も身近なら買わない理由はない
シスコのサーバ、「Unified Computing System」は、サーバの常識を覆す革新的な仕組みがTCO低減に直結することから、大きな注目を集めてきた。しかし同社は、より多くの組織にUCSの良さを実感してもらうため、「SmartPlay」というキャンペーンを展開。思い切った価格で入手できるチャンスがきた(2013/5/13)

ioDrive2搭載の高速モデルも:
単一ノードでPostgreSQLベースのDWHを運用可能に
Greenplum Databaseを使ったデータ分析をより小規模な環境でも使えるように。東京エレクトロンデバイスが、従来よりも低価格なアプライアンス製品を発表した。(2013/5/1)

「コンシューマー・グレードの企業を実現」?:
EMCとヴイエムウェアの新会社Pivotalは何を目指すか
EMCとヴイエムウェアの出資により誕生した新企業Pivotal。日本時間の4月25日午前2時よりWebキャストで、CEOに就任したポール・マリッツ氏や、プラットフォーム&サービス担当シニアバイスプレジデントを務めるスコット・ヤラ氏が、同社の目指すものについて説明した。(2013/4/25)

PaaS「Cloud Foundry」も提供
AWSに勝負を挑むVMware、新クラウドサービス「vCloud Hybrid Service」の勝算は
Amazon Web Serviceに対抗する新しいクラウドサービスが、VMwareによって2013年後半にもリリースされる見通しだ。新サービスではvCloudインフラがプラットフォームとして採用される。(2013/4/25)

Database Expertレポート(1):
シゴトで使える「データサイエンティスト」に必要なスキルセットってどんなもの?
データサイエンティスト育成プログラムの先生に、使えるスキルセットって何だろう、という疑問をぶつけてみた。いわく、座学だけじゃ不十分なのだそうです。(2013/3/25)

EMC、1000倍の拡張性を持つビッグデータ分析アプライアンスを発売
機器を追加するだけでテラバイト規模からペタバイト規模まで対応可能なGreenplumのアプライアンスを発表した。(2013/3/5)

SASがビジュアル系アナリティクス新版リリース:
アナリティクスで日本企業にイノベーションを〜SAS吉田社長
(2013/2/19)

BIからBAへの発展促す、SASが2013年の事業戦略を発表
ビッグデータ分析ツール「SAS Visual Analytics」の最新バージョンもリリースした。(2013/2/19)

NEWS
SASが「SAS Visual Analytics」の新版発表、「社運をかける」
ビッグデータに潜む関連性やパターンを視覚的に把握したい――。こうしたニーズに応える製品「SAS Visual Analytics」の新版が登場した。予測分析機能の追加が目玉だ。(2013/2/19)

ホワイトペーパーランキング
2012年、情報系アプリケーションで最も読まれたホワイトペーパーはこれだ
ソーシャルやビッグデータに加え、グループウェア、BIなどに強い関心――。2012年に多く読まれた、情報系アプリケーションに関するホワイトペーパー上位10本を紹介する。(2013/1/10)

日本HPがDWH事業を強化へ、ソフトウェアの単体展開も
日本HPはデータウェアハウス(DWH)ビジネスの「Vertica事業本部」を設立。IBMやTeradata、EMCに挑む。(2012/12/19)

VMwareとEMCが新組織「Pivotal Initiative」を設立。PaaSとビッグデータに焦点
EMCとVMwareは、GreenplumやvFabric、Cloud Foundryなどのプロダクトを横断し、ビッグデータ市場を狙った新組織を立ち上げた。(2012/12/6)

ビッグデータの取り込みや分析も可能に、インフォマティカが基盤製品群を刷新
インフォマティカは、データのETLや統合、分析、管理のための基盤製品群の最新版「Informatica 9.5」を発表した。(2012/10/31)

ホワイトペーパー:
ビッグデータ活用のためのDWH/Hadoop基盤構築 Greenplum DB/Greenplum MR徹底解説書
これまでの汎用RDBMSの課題、構造化データを対象にしたビッグデータ分析を低コストで実現するアーキテクチャ、Hadoopが注目されるわけ、企業ユースに最適なHadoopディストリビューションのメリットをまとめたDB技術者必携のホワイトペーパー。(2012/9/28)

米SAS経営幹部らが説く「ビッグデータ活用の意義」:
米SAS、「分析の速さ、広さが競争優位獲得の条件」
(2012/7/13)

EMCがデータの重複排除製品群を刷新 企業ユーザーのテープ脱却を促す
大規模環境向け「Data Domain」および中小環境向け「Avamar」それぞれで新製品を発売。両ブランドの製品統合も一歩進んだ。(2012/7/12)

ヴイエムウェア、Oracle DBを仮想化する「vFabric Data Director 2.0」を発表
Oracle 10g R2および11g R2をサポートしている。(2012/7/11)

導入事例:
ブレインパッド、ビッグデータ分析基盤にEMC Greenplum DCAを導入
1日当たり数十Gバイトのログデータを蓄積でき、テラバイト超のデータ分析では処理時間を10分の1に短縮している。(2012/7/11)

ビッグデータの高速分析とグラフィカルレポートの作成を可能にする新製品、SASが提供へ
SAS Instituteは、インメモリでのデータ分析技術とグラフィカルなレポートを短時間で作成できるという「SAS Visual Analytics」を発表した。(2012/5/22)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(27):
いまアツいアジャイルプロジェクト管理ツール9選+Pivotal Tracker入門
群雄割拠のアジャイルプロジェクト管理ツールを9つ紹介し、特に注目を集めているPivotal Trackerの基本的な使い方を解説します。(2012/5/14)

情報系アプリケーション投資動向2012【DWH編】
高まるDWHへの投資意欲、「砂金探し」のビッグデータ活用を成功させるには
ビッグデータ活用の流れに乗ってDWHへの投資意欲が増している。しかし「データ分析システムを単独で構築するだけでは、ビジネス上の実効性はない」とアナリストは指摘する。(2012/4/11)

レポート ビッグデータセミナー:
大量・多種類のデータを、いかに“価値”に還元するか?
@IT情報マネジメント編集部では2012年3月8日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで、第16回 @IT情報マネジメントカンファレンス「大量・多種類のデータを、いかに“価値”に還元するか? ROI最大化、収益向上に寄与するビッグデータの真意と活用の鍵」を開催した。ここではその要点をレポートする。(2012/4/10)

DWH製品紹介:サイベース
Sybase IQ導入企業がDWH環境を段階的に拡大させていくわけ
カラムインデックス機能でデータ量の圧縮と超高速検索を両立する「Sybase IQ」。ユーザー企業がアプライアンスでなくソフトウェアソリューションのSybase IQを選ぶ理由とは。(2012/4/4)

Maker's Voice:
“正常進化”で2けた成長を狙うEMCのパートナー戦略
2012年からの3カ年計画で毎年の2けた成長を目指すというEMCジャパン。その中核となるパートナー戦略について執行役員ストラテジー・アライアンス統括本部の中山泰宏氏に聞く。(2012/3/19)

NEWS
スケールアウトNASにHadoopの分散ファイルシステムを統合 EMC
Hadoopの構成要素である分散ファイルシステムをスケールアウトNASに統合。システムの拡張性やデータ保護機能を提供することで、ビッグデータ分析基盤の構築を支援する。(2012/3/2)

ビッグデータが変える企業の分析基盤
注目を集める「ビッグデータ」。ビッグデータを活用してビジネスに生かすためには、自社における分析環境の再考が必要になるだろう。ビッグデータ活用にフォーカスしたコンテンツを集めた。(2012/3/1)

HDFSをサポートしたスケールアウトNAS製品を発表 EMCジャパン
企業のビッグデータ活用を支援すべく、EMCジャパンはHDFSをサポートしたスケールアウトNAS「Isilon」の提供を開始した。(2012/2/29)

データウェアハウス(DWH)製品紹介
企業内外データの分析のためのコアとなるデータウェアハウス(DWH)。主要DWHベンダーへの取材を基に、各製品のコンセプトやテクノロジー、特徴を紹介する。(2012/2/28)

DWH製品紹介:EMCジャパン
「Greenplum」でEMCが目指すビッグデータ時代の「UAPコンセプト」
他社アプライアンス製品とは一線を画すEMCのデータ分析ソリューション「Greenplum」。ソフトウェア型DWH用データベース「Greenplum Database」とHadoopディストリビューション「Greenplum MR」を紹介する。(2012/2/23)

EMC、ビッグデータの人材育成プログラムを提供
Greenplum担当シニアバイスプレジデントのスコット・ヤラ氏は「向こう20年で数百万人のデータサイエンティストが生まれる」と予測。EMCジャパンもベンダーフリーの育成プログラムを提供する。(2012/2/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。