ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハーフライフ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハーフライフ」に関する情報が集まったページです。

日本上陸:
NVIDIAの最強ゲーミングタブレット「SHIELDタブレット」徹底レビュー
SHIELDタブレットはゲーミングにフォーカスしたスペシャル仕様のAndroidタブレットだ。使用感をチェック!(2014/11/5)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第19回:仲間といっしょに遊べば楽しさ倍増! 同時プレイはなぜ面白いのか?
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の19回目は、誰かと一緒にゲームをする楽しさを解明してみます。(2012/4/20)

日々是遊戯:
「StarCraft II」のマップエディタで、あの「テトリス」や「東方」を再現!?
いよいよ発売を迎えた、Blizzard Entertainmentの「StarCraft II: Wings of Liberty」。ユーザーの間ではさっそく、同梱のエディターを使ったMOD作成が流行っているようです。(2010/8/2)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その37):
ゆる〜い北米取材報告 -GDCもね♪-
寒過ぎて冬眠から覚めなかった(?)くねくねハニィがお送りする季節外れのGDCリポートをお送りしまぁす。大胆なご無沙汰っぷりでびっくりだよねぇ。おもしろい角度でまとめてみたのでご一読をばっ!(2010/4/20)

「レフト 4 デッド 2」レビュー:
走って、飛んで、ちぎれるゾンビたちがさらにパワーと数量アップ!!「レフト 4 デッド 2」が早くも登場
昨年11月にリリースされ、協力プレイの楽しさを世界中のFPSプレイヤーに知らしめてから一年、早くも続編となる「レフト 4 デッド 2」がリリースされた。たった1年でゲームはどこまで進化できたのか?(2009/12/1)

「CODE NAME STING」でオープンβテスト特別ゲームイベント開催
(2009/7/14)

E3 2009総括:
E3 2009で何があったのか? まとめて読みたいあなたのために(前編)
ロサンゼルスで開催されたElectronic Entertainment Expo(E3 2009)を振り返る。前編ではマイクロソフトと任天堂のカンファレンスについて。(2009/6/17)

ITmedia Gamez枠で8150人募集:
クローズドβテストに潜伏せよ――「CODE NAME STING」で特殊工作員を募集
ワイエヌケージャパンは、今までタブーとしていた北朝鮮をあつかったオンラインFPS「CODE NAME STING」のクローズドβテスター募集を開始した。それに伴い、ITmedia Gamez枠を用意した。(2009/6/11)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その30):
GDCに行って来た! キーワードはトライアル&エラー?
記念すべき第30回目を迎える「最近どうよ?」。ずいぶんサボってたくねくねハニィが、3月23日〜27日に北米サンフランシスコで開催されたGame Developer Conferenceのリポートをするよん。このテイスト、ちょっと久々だから新鮮だったりしない?(2009/4/7)

和田氏「次の山はタイトーが作る」――タイトー新プロジェクト/新製品発表会
「スペースインベーダー」30周年記念のファイナルイベント「無料で遊べる!タイトー・ハッピーステーション」の実施に合わせて、「タイトー新プロジェクト/新製品発表会」が開催された。(2009/3/26)

「レフト 4 デッド」、Xbox 360版が2009年1月に登場
(2008/11/4)

あれこれ迷わないためのダウンロードゲーム講座:
ソフトウェアダウンロードのススメ――Steam編
PCゲームをプレイしたことのある皆さん「ゲームのディスクをプレイするたびに入れ替えるのがめんどくさい!」、「いろいろな種類のゲームをお店へ行くことなくダウンロードしてプレイしたい!」と思ったことのある人もいるだろう。そんな人のために今回は全世界で1500万人以上の人に使われているPCゲームダウンロードサービス「Steam」の魅力について紹介していく。(2008/10/7)

オンラインゲーム最新イベント情報:
パジャマパーティーに参加しませんか
必ずパジャマを着て参加してください。(2008/8/20)

ウホッ! 「ハーフライフ 2 サバイバー Ver2.0」で最強のサバイバー決定戦
(2008/6/13)

新米兵士のためのFPS・TPS上達マニュアル:
戦場で生き延びるために――「コールオブデューティ4」編
日本でもさまざまなタイトルが発売されるようになってきたFPSやTPS。1人プレイではヒーローになれるけれど、オンラインではただの的……。そんな状況から抜け出したい! というあなたへ贈る、FPS・TPS未経験者、初心者のための上達マニュアル、連載スタート。(2008/6/12)

「オレンジボックス」レビュー:
FPSファンはこれを遊ばなきゃモグリ!――傑作FPSが5本も遊べてお得
FPSに多大な影響を与えた「ハーフライフ2」をはじめ、FPS作品が5本パックになった作品が登場。どの作品もボリュームたっぷり、これだけで相当長時間遊べることは間違いナシだ。(2008/5/30)

「VISEO MDT242WG」モニターリポート(全3回):
PR:第2回“ゲームに没頭できる満点の映像美”――FPSの高速な動きにも耐える動画性能
前回に引き続き、三菱電機「VISEO MDT242WG」のモニターリポートをお届けする。第2回は、動きの激しいPCゲームを積極的にプレイしているモニターの方に、MDT242WGのゲーム用ディスプレイとしての実力を聞いた。(2008/3/24)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その21):
デモクラタイズなゲーム業界へ!――2008年のGDCを総括
北米サンフランシスコで開催されたGame Developer Conferenceから1カ月。ようやくハニィが帰って参りました〜。とりあえず総括してみましたのでよろしこ〜。というか、なんで翻訳されているの?(2008/3/14)

EA、「ハーフライフ」続編3部作や「チームフォートレス」、「ポータル」を同梱した「オレンジボックス」を発売
(2008/3/12)

格闘ゲームブーム、再燃の予感――AOU2008アミューズメント・エキスポ
アーケードマシンを一堂に集めた「AOU2008アミューズメント・エキスポ」が開幕。約10年ぶりの新作「ストリートファイターIV」や、スクウェア・エニックス初の業務用ゲーム機向けオリジナルタイトルなど、見どころの多いイベントとなった。(2008/2/15)

2008 International CES:
オヤジゲーマー感涙のゲーム機登場! でもこれ大丈夫?
2008 International CESでは、「Gaming Showcase」と題したゲーム関連の展示コーナーが新たに設けられた。とはいえ、そこには大手メーカーは一切参加しておらず、日本では聞いたことのない小さなメーカーばかりが集まり、ちょっと怪しい雰囲気であった。(2008/1/9)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その18):
ゲーム業界のM&Aを語ってみる
Activision Blizzardの誕生に度肝を抜いた皆様も多いかとは思うけど、何とハニィはそのニュースをアメリカでリアルタイムで知った! だから何(笑)? ちょっと難しいM&Aもいろんな見方をすると違った背景も見えてくるので読んでみてちょーだい!(2007/12/14)

5分で分かった気になる、3月のアキバ事情:
「自作は安い」が復活するかも――AMD 690への期待
3月のアキバは「AMD 690」搭載マザーボードが好調に売れていた。一方、ビル建設中のヤマギワ東京本店跡地にソフトマップ秋葉原新本店(仮称)が入り、これにともなう再編計画が明らかになるなど、中央通りの景観が大きく変わる予感も。(2007/4/3)

古田雄介の週末アキバPickUP! 番外編:
「I社さんにはまだできない技術でしょ」――AMD 690店頭デモでAMDがIntelを挑発
AMDがアキバ名物の店頭デモイベントを開催。AMD 690シリーズにより内蔵グラフィックスの常識は変わるのか。“兄貴”がマイクパフォーマンスで“神様”を挑発する場面も。(2007/3/26)

AOU2007アミューズメント・エキスポ(後編)――懐かしいようで新しいアーケードの今後
アーケードマシンを一堂に集めた「AOU2007アミューズメント・エキスポ」が開催。KONAMIの「オトメディウス」や「SILENTHILL THE ARCADE」、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」など初出展。(2007/2/16)

東京ゲームショウ2006:
「ヘルゲート:ロンドン」の本気度を体験してください――バンダイナムコゲームス
東京ゲームショウのバンダイナムコゲームスブースにおいて、日本語版が試遊できる「ヘルゲート:ロンドン」の説明会が行われ、バンダイナムコゲームスの本気度を宣言した(2006/9/23)

アクエリアンエイジ、7年目にしてついに業務用で登場――第44回AMショー
千葉・幕張メッセにて「第44回アミューズメントマシンショー(AMショー)」が開幕した。セガ、バンダイナムコゲームス、バンプレスト、タイトーブースを中心に、注目タイトルを紹介していく。(2006/9/15)

ビジネスマンはゲーマーに感謝すべき?
Windows Vistaは現行PCでもほぼ動かせるが、最新のグラフィカルなゲームはそうはいかない。PC業界ではゲーマーが技術改革を促し、ビジネスマンはその恩恵にあずかっている。(2006/5/23)

タイトー、2006年3月初旬より「ハーフライフ2 サバイバー」公開ロケテストを実施
(2006/2/27)

各ブースの見どころ教えます――AOU2006の歩き方
千葉・幕張メッセにて開催した「AOU2006 アミューズメント・エキスポ」。明日は一般公開となっているが、どのようなタイトルが出展されているのか、気になっている人のために、各ブースに分けてビデオゲーム中心に、注目タイトルの紹介していく。(2006/2/17)

ゲーム界のアカデミー賞「9th Annual Interactive Achievement Awards」が決定
「Academy of Interactive Arts & Sciences」選定による「9th Annual Interactive Achievement Awards」が2月10日、ラスベガスで発表された。アメリカ開発のヒット作「ゴッド・オブ・ウォー」が日本勢である「nintendogs」「ワンダと巨像」を迎え撃つ、という構図に見えたが……。(2006/2/17)

AOU2006:
「バーチャファイター5」、「機動戦士ガンダム 問・戦士」などの新作がズラリ――AOU2006開幕
千葉・幕張メッセにて、「AOU2006 アミューズメント・エキスポ」が開幕した。今年の傾向をひとことで言うならば、「ビデオゲームの巻き返し」。セガの「バーチャファイター5」、ナムコの「ソウルキャリバーIII ARCADE EDITION」など、人気シリーズの最新作が多数出展されている。(2006/2/17)

IGDA関西 スペシャルセミナーリポート:
FPSゲームシーンを変えた「MOD」カルチャーが日本に浸透する日
12月2日、立命館大学で開催された国際シンポジウム「DIEC2005」の翌日、「HALFLIFE」シリーズでおなじみのValve社のDesign Lead、ロビン・ウォーカー氏が超人気FPS「Counter-Strike」の和製MOD「カウンターストライク ネオ」を前に、ユーザーコミュニティとMODの可能性についてセミナーを行った。(2005/12/5)

EA、ハーフライフシリーズを全世界で販売開始
(2005/7/20)

パケッティア、P2Pトラフィックを制御できるプラグイン
Packeteerは、P2Pアプリケーションのトラフィックを制御できる同社の帯域管理装置用プラグインソフトを発表した。(2005/4/27)

ゲームデベロッパーズカンファレンス2005:
Game Developers Choice Awards決定「塊魂」は2部門で受賞
サンフランシスコが開催されているGame Developers Conference内イベントとして「Game Developers Choice Awards」が発表された(2005/3/10)

塊魂2部門制覇、マリパ6連覇ならず、Interactive Achievement Awards決定!!
ゲームのアカデミー賞とも言うべき第8回Interactive Achievement Awardsが決定、今年のGame of the Yearは「ハーフライフ2」に。(2005/2/4)

米5団体、「暴力的ゲームのワースト10」発表
米国の団体が、子供に悪影響を及ぼす暴力的ゲームのリストを発表した。大ヒットを飛ばしているDOOM3やHalo 2もランクインしている。(2004/11/24)

「CPL2004」冬大会日本予選開催 チーム『Epiphyllum oxpetalum』が世界挑戦権獲得!
CPLはアメリカで開催されるオンライン対戦ゲーム大会のひとつで、世界でもっとも人気の高いオンライン対戦ゲーム4種目で競われる。賞金総額は16万ドル(約1760万円)。(2004/11/15)

GeForce 6800シリーズに秘められたNVIDIA の戦略とは?(後編)
三回めとなる今回は、製造プロセスルール周りの話から、リアルタイム3Dグラフィックスの将来、そしてGeForce 6800シリーズの今後のラインナップ拡充計画の話までを伺った。(2004/6/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。