ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「長谷部誠」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「長谷部誠」に関する情報が集まったページです。

「本田選手の代わりに召集された感」 じゅんいちダビッドソン、槙野智章&高梨臨の結婚式で“日本代表入り”ショット
本田選手やけに小さいと思ったらダビッドソンさんだった。(2018/12/28)

キングカズ、長谷部誠&内田篤人との食事会で圧倒的なボール支配率 三浦りさ子「8割主人が喋ってました」
永遠のサッカー少年同志、香川真司とも熱いサッカートーク。(2018/7/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
西野監督の去就はどうなるのか 見え隠れするJFAの思惑
日本代表ロスになっている人も多いだろう。大会終了後、本田圭佑や長谷部誠が代表引退を表明。メンバーの世代交代が進むなか、次期日本代表監督にも注目が集まっている。なぜこうした動きが広がっているかというと、日本サッカー協会の思惑があるようで……。(2018/7/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
代表落ちの本田圭佑は、このまま“終わって”しまうのか
本田圭佑が苦しい立場に置かれている。これまで日本代表の常連だったのに、10月に行われる国際親善試合で代表落ち。かつての「大黒柱」は、このまま消えてしまうのだろうか。それとも……。(2017/10/6)

長谷部誠選手&佐藤ありさに第1子誕生 チームメート「ハセベ〜」と“ゆりかごダンス”で祝福
性別はまだ明かされていません。(2017/7/21)

7連覇中の天海祐希さん破る:
新人に聞く理想の女性上司、水卜麻美さんが初の首位
17年卒の新入社員が考える「理想の上司」は?――産業能率大学調べ。(2017/4/25)

これは美女同窓会ですわ…… 佐藤ありさのパーティーに桐谷美玲、武井咲らモデル仲間が大集結
混ざりたい。(2016/10/22)

サッカー日本代表・長谷部誠とモデル・佐藤ありさがブログで結婚報告! 長谷部「笑みを絶やさず、謙虚に歩んでいきたい」
やっぱりお相手は佐藤さんでした!(2016/7/9)

長友佑都、7月結婚の長谷部誠に「おめでとう!」「先を越されるとは。笑」 Twitterでお祝い
長谷部さんにとっては不本意な報告となったようで……。(2016/6/29)

理想の男性上司「松岡修造さん」が初のトップ
あなたにとって理想の上司は誰ですか? この春就職した新入社員に聞いたところ、男性上司1位はスポーツキャスターの「松岡修造さん」が昨年の6位から上昇していることが、産業能率大学の調査で分かった。(2015/4/21)

サッカー日本代表、アギーレJAPANの新メンバー発表 18時からニコ生で記者会見を録画放送
ブラジルW杯で活躍した遠藤、大久保、今野らは選出外に。(2014/8/28)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
サッカー日本代表が、決勝トーナメントに進出できなかった理由
サッカー日本代表がW杯で決勝トーナメント進出を逃した。大手メディアは日本代表のことを「史上最強」と持ち上げていたのに、なぜこのような結果になったのか。その理由は……。(2014/6/25)

サッカー名監督が使うスピーチテクニックとは
圧倒的な強さを誇るサッカーチームで監督を務めるジョゼップ・グアルディオラ氏。氏が行うスピーチが説得力を持つ理由とは。書籍『大切なことはみんなピッチで教わった』から紹介します。(2014/6/24)

日本VSコートジボワール戦、Twitterの関連ツイートは396万件 本田選手とドログバ選手が話題に
検索件数でも本田選手とドログバ選手が上位に。(2014/6/15)

ワールドカップ日本代表メンバーの書いた本をチェックしてみた
いよいよはじまるワールドカップ。日本代表メンバーの書いた本の数々を紹介します。(2014/6/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
トップ1%のサッカープレイヤーに学ぶ成功哲学
成功哲学を学ぶのはビジネスマンや学者からだけではない。サッカーのトップ選手から学ぶことも多い。彼らはどうやって夢を実現していったのか。(2014/5/1)

キャプ翼初の展覧会「ボールはともだち。キャプテン翼展」6月開催へ 「南葛FC」Tシャツほしいいい!
作者考案のサッカーアトラクションも設置。(2014/4/25)

新入社員に聞く、理想の上司はどんな人?
理想の上司はどんな人ですか? この春就職した新入社員に、理想の男性上司を聞いた。産業能率大学調べ。(2014/4/23)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/2/24)

ドイツ・ブンデスリーガ躍進の理由とは?
サッカークラブの成功の理由をクラブ経営、スタジアムの作り方などから分析する書籍『サッカー名将・名選手に学ぶ48の法則』。本書から日本人選手が活躍しているブンデスリーガの成長の秘密を紹介。(2013/12/17)

koboイーブックストア、年間販売ランキングを発表
Koboが日本向け「koboイーブックストア」で販売された電子書籍の2012年年間販売ランキングを発表。漫画『テルマエ・ロマエ』の第1巻をはじめ映像化作品が上位に。(2012/12/20)

「そこまで、やる。」男、長谷部誠のフォルクスワーゲン新CMにかける想い
フォルクスワーゲンのクルマづくりのこだわりを、サッカー日本代表の長谷部誠選手がCMで表現する。何事にもとことん挑んでいく男はCM撮影現場でもマジメだった。(2012/8/30)

ダンヒル、2012年サッカー日本代表チームのオフィシャルスーツを発売
サッカー日本代表オフィシャルスーツと同じ仕様のスーツを、大切な場面に挑む際に気持を高めてくれるスーツ=「勝負服」として販売。コンセプトは「パワースーツ」です。(2012/7/18)

アスリートイメージの総合1位は「イチロー」、明るいのは?
博報堂DYメディアパートナーズは4月3日、「アスリートイメージ評価調査」を発表した。イメージ総合ランキングをみると、「イチロー」がトップだった。(2012/4/3)

TSUTAYAで今年一番売れた書籍は? 
カルチュア・コンビニエンス・クラブは、TSUTAYA全店舗の販売・レンタルを集計した「2011年TSUTAYA年間ランキング」を発表した。(2011/12/19)

「ロケタッチ」とプーマがコラボ お店とゲーム特典が連携
ライブドアが運営する位置情報共有サービス「ロケタッチ」とプーマ ジャパンがコラボ。プーマの新シューズ「POWERCAT.12」のキャンペーンを、ゲームと取扱店を連携させて展開する。(2011/11/14)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(10月21日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/10/22)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(10月14日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/10/14)

ビジネスパーソンに聞く、一緒にトレーニングしたいアスリートは
あなたは誰と一緒にトレーニングをしたいですか? ビジネスパーソンに聞いたところ、男性アスリートでは「長友佑都(サッカー)」、女性では「高橋尚子(マラソン/タレント)」がトップだった。労務行政研究所調べ。(2011/10/11)

サッカー日本代表キャプテン、長谷部誠のミリオンセラーが電子書籍化
サッカーの日本代表でキャプテンを務める長谷部誠選手。彼の類まれなるメンタルコントロール力がいかにして育まれたのかを本人が解説したミリオンセラーが電子書籍で登場した。(2011/10/7)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
チョコから恵方巻まで……習慣を根付かせるための隠し味とは?
ふとしたきっかけで作った“パスタ焼きそば”が意外とおいしいことに気付いた筆者。商品そのものの質も大事だが、それ以上にその商品やサービスを習慣として根付かせることがマーケティングでは重要と分析、そのための方策を検討してみた。(2011/6/30)

松田雅央の時事日想:
日本とドイツのサッカーはこんなに違う! ブンデスリーガの試合を見てきた
ドイツのサッカー・ブンデスリーガで、日本人選手4人がプレーしている。日本でもブンデスリーガのテレビ放送が増え、ドイツサッカーをより身近に感じている人も多いのでは。今回の時事日想はドイツサッカーの現状などに触れてみたい。(2010/11/10)

「FIFA11」でつながるサッカーライフ:
PR:世界中のサッカーファンが熱狂! FIFA唯一の公認サッカーゲーム「FIFA11」をキミはもう遊んだか!?
世界中の有名サッカークラブの監督や選手になりきって遊べる、サッカーゲームの最高峰「FIFA 11 ワールドクラスサッカー」をプレイしてみた。(2010/10/21)

ベスト16に残ったサッカー日本代表の問題解決力
2010年6月11日から1カ月間にわたって南アフリカ共和国で開催された2010 FIFAワールドカップ。ベスト16に残ったサッカー日本代表は「問題解決」や「業務改善」という点でも多大な示唆を与えてくれた――今回は連載「プロが教える業務改善のツボ」でおなじみの松浦剛志氏が、氏のコンサルティング業務のパートナーである田代真広氏とともに、サッカー経験者、業務改善コンサルタントという2つの視点から、サッカー日本代表に見る問題解決力のツボを分析する。(2010/8/25)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
試合に勝ってもブーイング――私が浦和レッズを応援する理由
ある人から「特定のチームのサポーターになる気持ちが分からない」と言われた私。選手や監督、オーナー会社までが入れ替わるチームを愛するのは、そのチームの“あの時”が心の中にあるからだ。(2008/11/20)

ボーダフォン、浦和レッズのスポンサーに
ボーダフォンが浦和レッドダイヤモンズとスポンサー契約を結ぶことで合意。ボーダフォンライブ!ではスペシャルコンテンツを配信する。(2005/1/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。