ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハッシュタグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ペコとオババだぁー!!」 窪塚洋介&夏木マリ、映画「ピンポン」再会ショットにファン大興奮
これは胸熱。(2019/5/19)

“中年オヤジ”になってから挑戦と筋トレを始めた男性のビフォーアフターに反響 「かっこいい」「勇気をもらった」
「変わるなら生きてるうちに」を実行したカッコイイ生き方……!(2019/5/18)

PR:キミの作ったゲームキャラがパッケージに! ブラックサンダー25周年記念コラボ、巨大クッションプレゼント
「黒い砂漠」と「黒い雷神」(2019/5/16)

「楡野家!ふぉーえばー!!!」 「半分、青い」松雪泰子&永野芽郁&滝藤賢一、久々の“家族”3ショットにファン大興奮
名シーンの数々が脳裏によみがえってくる。(2019/5/15)

もはやただのモノクロ版……? 海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」OPをオレオで作った動画が比較してわかるすごさ
ドラマ本編はもうすぐ最終回です。(2019/5/13)

あなたも「は・か・た・の・しお♪」で声優デビュー 「伯方の塩 二代目声優オーディション」開催
Twitterで投稿。(2019/5/12)

「保育園の散歩は大事なコト」 過度の自粛を懸念したエッセイ漫画で知る、たかが散歩 されど散歩
子ども心身の成長に大きくかかわる「お散歩」。(2019/5/11)

「大物の兆し」「スターの器」 長友佑都、ピッチデビューでポーズ決める長男との親子2ショットにファン大興奮
スター性はパパ譲り。(2019/5/10)

Instagram、反ワクチンハッシュタグのブロック開始
Facebook傘下のInstagramが、反ワクチン(アンチワクチン)情報拡散防止対策として、反ワクチン関連のハッシュタグのブロックを開始した。(2019/5/10)

今日のリサーチ:
母の日と父の日にまつわる口コミの傾向を比較した結果――ルグラン調べ
母の日に関する口コミは父の日に比べ3割多いという分析結果が出ました。(2019/5/10)

ハッシュタグ「保育士さんありがとう」に感謝と理解を呼びかける声集まる 大津市での園児死亡事故を受けて
一部報道への反感が広がっています。(2019/5/9)

スマホの写真を販売できるアプリ「Snapmart」のAndroid版が登場
スマホのカメラロール内の写真を選んで出品できる「Snapmart」のAndroid版が登場。販売価格の30〜60%が報酬となり、フォトコンテストでも賞金を受け取ることができる。(2019/5/8)

「働く女性の声を受けて”無職の妻”の年金半額案検討」記事に批判続出 ハッシュタグ「働く女性の声」に寄せられたリアル
労働環境、家の中のことも考えるべきでは?(2019/5/7)

千原ジュニア、息子と手をつなぐ“親子ショット”を初披露 「パパしてて泣きました」とファンほっこり
ファン「ジュニアさんのこんな姿を見られる日が来るなんて……」。(2019/5/4)

「街の様子が何だかおかしい…」 ハッシュタグ「ゾンビが大量発生した体でツイートする」の流行でTwitterに謎の緊迫感漂う
シリアスとネタが入り乱れるカオスな世界に。(2019/5/4)

Facebook、違反コンテンツ検出AI強化でいじめ検出率85%向上
Facebookの開発者会議「F8 2019」の2日目の基調講演は、例年通りAI、AR/VRがテーマだった。この中から、ポリシー違反コンテンツ検出ツールについての発表を紹介する。(2019/5/3)

「懐かしすぎてニヤニヤ」 “はかいこうせん”を喰らったラッキーのポケモンものまね動画が驚異の“いいね”たたき出す
初期ならではのあるあるにニヤリ。(2019/4/29)

AMDが創立50周年を記念してイベントとキャンペーンを開催
AMDが創立50周年を迎え、4月29日から「AMD 50周年記念!人気のゲームがもらえるキャンペーン」を開始、5月1日には記念イベント「#AMD50周年記念」を開催する。(2019/4/29)

「芝生に寝っ転がったふたりでやっております!」 熱愛報道の赤江珠緒&博多大吉、「たまむすび」で盛大にイジられる
「身内がいじるんじゃないよ」。(2019/4/25)

レンタルWi-Fiにはない「圧倒的な利便性」 海外SIMに注力するアイツーの戦略
アイツーは、自社ブランドの「トラベルSIM anyware」や「トラベルe-sim」に加え、「GigSky」も取り扱うなど、多彩なバリエーションの海外用SIMカードを販売している。なぜ海外用SIMカードに着目したのか? ローミング専用SIMカードの現状をアイツーのJag山本氏に聞いた。(2019/4/24)

靴擦れなんてない方がいい:
「就活の靴はスニーカーもOK」 ばんそうこう売上減のリスクを負っても、ジョンソン・エンド・ジョンソンが“スニ活”を推進する理由
ジョンソン・エンド・ジョンソンが、就職活動でスニーカーの着用を推奨するキャンペーン「#スニ活」を実施している。履き慣れた靴での就活が広まれば「バンドエイド」や「キズパワーパッド」といったばんそうこうの売り上げが減る可能性もあるが、なぜ靴擦れをなくすような取り組みを始めたのか。(2019/4/23)

まだまだお祝いムード! オードリー春日の結婚祝いに松本人志、さまぁ〜ずら「お笑いアベンジャーズ」が集結
めでたさしかない。(2019/4/23)

スピン経済の歩き方:
なぜ「プリウス」はボコボコに叩かれるのか 「暴走老人」のアイコンになる日
またしても、「暴走老人」による犠牲者が出てしまった。二度とこのような悲劇が起きないことを願うばかりだが、筆者の窪田氏は違うことに注目している。「プリウスバッシング」だ。どういう意味かというと……。(2019/4/23)

「JKより上手い」「お役所感がない」首相官邸インスタが話題 “中の人”の正体に迫る
首相官邸のInstagramアカウントが「お役所仕事感がないクオリティーだ」「JKより扱い慣れている」とネット上で話題に。「“中の人”は、本物の女子高生?」といった声も上がっている。その正体は。(2019/4/23)

まずWeb申込から:
LINEモバイルが「au回線」を利用したサービスを開始 新規契約者にLINEポイントをプレゼント
LINEモバイルが、以前に予告していたau回線を利用したサービスの提供を開始。Webサイトからの先行申し込みの受付を開始した。提供開始を記念して、新規契約者に「LINEポイント」3000ポイントをプレゼントするキャンペーンも開催する。(2019/4/22)

「サバの切り身を刺しゅうしました」 リアルすぎる再現度に「めっちゃ鯖」「おいしそうな鯖」の声集まる
青魚の美しさが刺しゅうで表現されています。(2019/4/21)

コンテクストをつかむ:
TikTokをマーケティングに活用する企業がショートムービーでユーザーの心をつかむためにやっていること
TikTokをマーケティングプラットフォームとしての可能性に注目している企業は多いだろう。TikTokにはどのような特徴があり、どう活用できるのか。運営会社の中の人が語った。(2019/4/19)

チビノリダー見てるー!? 木梨憲武、懐かしの“仮面ノリダー”復活にファン「アツシー!! 連絡をー」
伊藤淳史からの連絡はまだか!(2019/4/19)

「お料理ヘタクソ選手権」の優勝候補 べっこう飴を作ろうとしたらできた「毒の沼地」が逆にクオリティー高い
「毒魔法オジョウズ選手権」でも1位かもしれない。(2019/4/15)

PR:ポカリ新CM「魂の叫び」メイキング秘話! 14歳の少女が感情をむき出しにするまでの3週間が最高に胸アツ
正しくあるままで間違えるんだ。(2019/4/15)

米KFC、バーチャルイケメンカーネルおじさんを公開 細マッチョでお腹のタトゥーがチャーミング
KFCさんこれは一体……?(2019/4/13)

チキンラーメンの卵が“ぐでたま”に変身! Twitterで人気のコラボ、やってみたら想像以上のやる気のなさだった
ぐでたま「あー…、だりぃー……」(2019/4/11)

藤田ニコル&平野ノラ、仲良しコンビでセブ島旅行へ “ピンク尽くし”のビーチショットに注目集まる
ファンも多いニコノラ旅行。(2019/4/11)

Twitterにポケモンの絵文字 実写映画「名探偵ピカチュウ」公開で
Twitterにポケモンの絵文字が登場。実写映画「名探偵ピカチュウ」公開を記念したもの。(2019/4/11)

賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
再現度高すぎる。(2019/4/10)

「魔法のiらんどは死んだ」と思っている“インターネット老人会”の皆さん ……それ、錯覚みたいですよ
KADOKAWAに取材したところ、無料ホームページ作成サービスは今も使われているとか。(2019/4/11)

トリニティ、薄型モバイルバッテリー「TAGPLATE」の「Shibaful」コラボモデルを販売
トリニティの薄型大容量モバイルバッテリー「TAGPLATE」が、芝生を再現したモバイルアクセサリーブランド「Shibaful」とコラボレーション。東京の「代々木公園」と米ニューヨーク市の「セントラル・パーク」の芝生をイメージしたTAGPLATEを発売した。これに合わせ、限定カラーのTAGPLATEが当たる「SNS緑化キャンペーン」も開催する。(2019/4/9)

「オネェの音楽で心をハッピーに」 misono&Nosuke夫婦、倖田來未のUSJライブに駆け付け元気な姿を見せる
みるみる元気になっているNosukeさん。(2019/4/9)

大迫勇也、第2子誕生で「半端なく(笑)可愛い」 姉妹が手を握った“ほっこり写真”で幸せ報告
幸せオーラ半端ないって!(2019/4/8)

魔法の鍋「ストウブ」と、ていねいに暮らしたい
私にとっての、魔法の鍋。(2019/4/5)

「令和」をイメージしたクッキーに絶賛の声 和を感じる色使いの“雅なクッキー”に「美しい」「感動した」
アイシングクッキーのすごさを改めて感じる作品でもあります。(2019/4/4)

「メガネを探すのにメガネが要る」「例の気球」 Twitterで「視力悪いあるある選手権」が盛り上がる
やはり例の気球。(2019/4/4)

「平成の雪見だいふく復刻総選挙」やってるよ〜! 平成に生まれた24種類からもう一度食べたいものを投票
あなたが復刻雪見だいふくを決める!(2019/4/3)

これが21世紀の改元だ 「令和」の擬人化イラスト、SNSで白熱 いろんな令和ちゃんと令和くん現る
梅花を取り入れたデザインが多いもよう。(2019/4/2)

「靴ずれしてでもヒールを履くべき」って、おかしくない? 合わない靴を強制するオフィスマナーに疑問を投げかける「KuToo」はなぜ重要なのか
「就活のパンプス本当に無くして欲しい」という就活生の悲鳴に共感集まる。(2019/4/2)

半径300メートルのIT:
「令和」時代の親たちへ――SNSのインフルエンサーに憧れる子どもたちを、犯罪からどう守るのか
平成に生まれたSNSが、社会にとてつもなく大きな影響を与える存在になりました。多くのインフルエンサーが子どもたちの憧れを集める一方、ユーザーの「承認欲求」に付け込む犯罪が出てきています。新元号「令和」が幕を開ける今、もう一度セキュリティを振り返ってみませんか。(2019/4/2)

クール女子は恋の告白もクール かと思いきや…… 意外な表情にグッとくる漫画が胸キュン
普段見せない表情を見られるのは恋人の特権でもあります。(2019/4/2)

新元号「令和」ツイート、2時間で450万件
(2019/4/1)

「令和」ツイート、2時間で450万件 なぜかハッシュタグ「令和18年」もトレンドに浮上
もっともツイートが盛り上がった瞬間はもちろん、「新元号『令和』が菅官房長官によって発表されたとき」でした。(2019/4/1)

動画の世紀:
TikTokはなぜ「位置」を集めるのか? ユーザー動画と位置情報が融合するとき
若者を中心に人気のTikTokは、単なるショートムービーSNSではない。その目指すところは?(2019/3/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。