ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「引きこもり」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「引きこもり」に関する情報が集まったページです。

【漫画】厳しくて真面目な学級委員の彼女だけど……彼氏だけに見せる顔に「にやけちゃう」
独り占め感がたまらない!(2020/8/1)

「話すの苦手でも面白い」引きこもり支援もオンライン
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で、引きこもり支援もオンライン化している。支援団体などが定期的に開いていた当事者や親のための集まりはオンライン開催が主流。当事者からは好評だが、親からは「話しづらい」などの声も上がっている。(2020/6/25)

島崎遥香、体重を初公開 AKB48時代は38キロで「栄養失調と言われたり」と苦労した時期も赤裸々告白
「体重計乗るのって怖いじゃないですか。その代わりに自分の身体を見る」と島崎さん。(2020/6/18)

これで数百時間はつぶせます 編集部員が外出自粛中にハマった時間泥棒ゲーム7選
勧め方のクセ強め。(2020/6/8)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
コロナ対策、現地日本人が「中国は安全」と思えるこれだけの根拠
新型コロナ感染が世界で最初に爆発した中国も現在はほぼ収束。筆者は、中国の感染拡大期に多くの中国在住者を取材し、拡大防止策などを著書で紹介した。ここでは同書に登場する「中国で働く日本人」たちに聞いた、5月末現在の中国各地の状況をお伝えする。(2020/5/29)

クリエイターに聞く「今、どうですか?」 声優の収録、漫画家、トークライブハウス、音楽家、ライター──それぞれの実情
収入に加えて、創作活動自体への影響もあります。(2020/5/1)

「PCR検査を受けて陰性だった」体験描く漫画がためになる 意外な教訓「トイレはあらかじめ自宅で済ます」
感染の可能性がある場合、よそのトイレはおいそれと使えないわけで……。(2020/4/30)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(3):
中高年引きこもり61万人の衝撃 62歳独身男性が「定年を機に引きこもる」現実
今回のコロナ禍では日本全体が緊張感につつまれるなか、一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。一方で、高齢者がなぜそのような行動に走るのかを、自分の将来の姿に重ね合わせながら考えるきっかけにもなった人は多いのではないでしょうか。今回は、定年を機に家に「引きこもるだけ」の毎日を送る男性の事例です。(2020/4/25)

のだめと千秋のおうち時間! 『のだめカンタービレ』新作4コマ、関智一&川澄綾子で奇跡の動画化 120万回再生の大反響を呼ぶ
ありがとうございます!!!!!!!!!(2020/4/23)

みんなと過ごすおうち時間:
ごちそうさまです! 川崎あや、林ゆめ、十味ら美女たちの“自撮り繋ぎ”がマンネリした自宅時間を潤す
目のやり場に困る自撮り。(2020/4/18)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
あのときイマイチに感じたコンセプトカーが、引きこもる今は魅力的に
すみませんでした。やっぱり欲しいです。(2020/4/15)

ゲオ、DVD/BDのレンタル泊数を7泊8日から14泊15日に延長 「自宅で余暇を楽しんでもらうため」
引きこもり支援。(2020/4/9)

社畜がブラック企業を潰そうと悪魔を召喚→思ってたのと違う…… 天使のような見習い悪魔の漫画に癒される
CV.遠藤綾さんで脳内再生しました。(2020/4/7)

家でプレイステーションします! PS Plusのフリープレイに「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」が追加
引きこもりがはかどる。(2020/4/2)

“悪役”が主役のゲーム「ディズニー ツイステッドワンダーランド」プレイレビュー 最大の試練はキャラクター選択
イケメン好き、ダークな雰囲気好きな方には刺さるはず。(2020/3/27)

新型コロナで引きこもりがち……そんなときこそ家に花を飾ろう 本当はかんたんな花の買い方&基本のお手入れを解説します
現役のお花屋さんが解説します。(2020/3/20)

中国マーケティング最前線:
新型コロナで中国人の“引きこもり消費”加速――室内で不思議なブームも
新型コロナ騒動で外出制限掛かった中国人。「引きこもり消費」とも言うべき不思議なスタイルが発生している。中国語系SNSのつぶやきビッグデータから迫る。(2020/3/6)

お堅い組織がダンス動画を作るワケ 通信の高速化で動画PRが加速
農協や地方自治体、製薬企業などお堅いイメージの組織が、YouTubeに歌って踊るPR動画を投稿するアプローチが増えている。通信の高速化やスマホの普及で動画視聴時間が延びる中、普段はシリアスな情報に触れない層に関心を持ってもらう狙いがある。(2020/2/28)

クセが強いにゃんことワンコ+マイペースなニートの愉快な毎日 漫画「まめきちまめこニートの日常」がにぎやかで楽しい
全員のキャラが濃い!(2020/2/27)

死神に「100日後の死」を宣告された引きこもり男性の漫画 最後に取った行動に「母の愛を感じた」「予想できたけど泣ける」
笑顔がまぶしい。(2020/2/20)

【全22問】「1日60分までの根拠は」「なぜ議事録がないのか」―― 香川県「ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」、議会事務局との一問一答
「ネット・ゲーム依存症」の定義や、根拠としている研究はあるか、県外の事業者も条例の対象になるのかなどについても聞きました。(2020/2/6)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
ブラック企業、セクハラ、解雇、引きこもり……38歳女性に刻まれた「氷河期という呪い」
国などによる支援が始まったロスジェネ。この世代が負った“傷”は、果たしてキャリアや金銭の損失だけか。ブラック企業勤務から一時は引きこもりになった女性の半生から追う。(2020/2/5)

「ゲームは平日60分まで」はどのようにして決まったのか 香川県「ゲーム規制」条例案、検討委の1人にこれまでの経緯を聞いた
機械的な時間制限「条例としてそぐわない」。(2020/2/5)

このeマイナースポーツがスゴい:
ブームから2年越しに考える、なぜ「どうぶつタワーバトル」は“次世代eスポーツ”と呼ばれたのか
今なお続くトッププレイヤーたちの戦い。(2020/2/4)

「ボクも一緒にお出かけしたいにゃー!」 甘えんぼうの猫ちゃん バッグに無理やり入ろうとする姿がいじらしい
連れてってにゃー!(2019/12/9)

障害とは「テクノロジーの敗北」:
重度障害で寝たきりでも働ける「分身ロボットカフェ」――親友の死、引きこもりの苦悩を乗り越えた吉藤オリィが描く「孤独にならない社会」
ロボットが接客して、注文を取り、コーヒーを運ぶ。それだけでなく客と雑談し、メールアドレスの交換もしている。東京・大手町でオープンした「分身ロボットカフェ DAWN ver.β2.0」でのことだ。ロボットを動かすのは遠く離れた場所で寝たきりで生活する、重い障害のある人をはじめとした外出困難な人たちで、2020年までの常設化を目指している。オリィ研究所所長の吉藤オリィさんに、分身ロボットカフェのプロジェクトが未来をどのように変えていくのか聞いた。(2019/12/4)

応募殺到の「学費完全無料のエンジニア養成機関」 :
やっぱり「モテたい!」から? DMM亀山会長が“50億円寄付”で仕掛ける「社会実験」
「総額50億円」の寄付をすることで「社会実験」をする――。DMM.comの亀山敬司会長が、こんな構想をぶち上げた。その構想は、フランスにある世界屈指のプログラミングスクール「42」のカリキュラムを日本に持ち込んで実践し、「稼げるプログラマー人材」を育てていくというものだ。その真意に迫る。(2019/12/2)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「3年で30万人」は絵空事か 就職氷河期世代の雇用対策に欠けた、深刻な視点
兵庫県宝塚市が実施した、就職氷河期世代対象の正規職員採用では、1635人が受験して4人が合格した。政府はこの世代を「3年で30万人」正規雇用することを掲げるが、どうやってそんなにも多くの人を救えるのか。最大の問題は低収入による“リソースの欠損”だ。(2019/11/22)

上映時間7時間18分の映画「サタンタンゴ」を見ると人間は「サタンタンゴを見た状態」になれるという話
7時間18分にしてわずかに約150カット。驚異の長回しで描く「人生」の映画とその体験です。(2019/10/12)

「引きこもりの弟がなんか作ってたから観てあげて〜!」→緻密すぎるピタゴラ風装置に絶賛
素晴らしい才能です。(2019/8/24)

仲良しだった年下の男の子が最近冷たい……ツンツンしている裏に隠された思いに胸キュン 思春期あるある漫画に「きゃああ!!!!」
あの頃特有の青臭さと甘酸っぱさ。(2019/8/8)

転職バーのハルカさん(15):
PR:好きなだけじゃダメなのよ――ブラッディ・メアリーの決意
貯金はないし、彼女もいない。転職活動はうまくいかないし、有給休暇も使い果たしてしまった。ナイナイ尽くしのシュウヘイの前に現れたのは、アルアル尽くしのゴージャスな美魔女。う〜ん、デラックス!(2019/8/1)

ひろゆきの仕事哲学【前編】:
【独占】ひろゆきが語る「“天才”と“狂気”を分けるもの」
平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。前編のテーマは「“天才”と“狂気”を分けるもの」――。(2019/7/18)

「このすば」1期&2期とOVA全話一挙放送 劇場版公開前にあの素晴らしい爆裂をもう2度3度
ン狙撃ぃ。(2019/7/14)

その漫画はなぜAVの歴史を変えると言われるのか――野々原なずな×クジラックス特別対談
自伝漫画を描く現役セクシー女優が敬愛してやまない漫画家、クジラックスさんを招いて対談。(2019/7/5)

世界を「数字」で回してみよう(59) 働き方改革(18):
リカレント教育【前編】 三角関数不要論と個性の壊し方
今回から前後編の2回に分けて、働き方改革の「教育」、具体的には「リカレント教育」を取り上げます。度々浮上する“三角関数不要論”や、学校教育の歴史を振り返ると、現代の学校教育の“意図”が見えてきます。そしてそれは、リカレント教育に対する大いなる違和感へとつながっていくのです。(2019/6/24)

目を背けたくなる現実:
事故物件、特殊清掃…… “死のリアル”になぜ私たちは引き付けられるのか
最近注目が集まる特殊清掃や事故物件。死から遠いはずの私たちはなぜ死に引き付けられるのか。2人のジャーナリストに問う。(2019/6/19)

誰にも訪れるかもしれない未来:
孤独死の現場から問う 独りで誰にも迷惑を掛けず、あなたは死ねるか
最近注目が集まる「孤独死」。私たちは独りでも死ねるのか。特殊清掃の現場や遺族のルポを重ねる2人のジャーナリストに問う。(2019/6/14)

1話に決定的ヒントがあった! 「あなたの番です」402号室早苗の隠し部屋にいるのは誰か? 新黒島メモから犯人を推理
木村多江一家がやっぱり怪しい。(2019/6/9)

「知り合いからしか仕事が来ない慣習を変えたい」 ガキ使・激レアさん担当作家が「日本放送作家名鑑」を作ったワケ
今取材したい人は「秋元康さん」だそうです。秋元さん、どうかなにとぞよろしくお願いします……!(2019/6/15)

当事者性の欠落がもたらすもの:
川崎殺傷で問う「事件と引きこもり」報道の危うさ 当事者団体に聞く
川崎の無差別殺傷事件などで「引きこもり」というワードが浮上。属性と犯罪を結び付けるような報道に当事者団体が危惧している。真の問題点について聞いた。(2019/6/4)

「『犯罪者予備軍』というイメージに苦しめられる 」 ひきもこり当事者グループが「川崎殺傷事件」の報道姿勢に警鐘
「ひきこもり」と「殺傷事件を起こしたこと」を先入観や憶測で結びつける報道がなされています。(2019/6/1)

転職バーのハルカさん(14):
PR:ここを外しちゃオサラバよ――思い出のにっがい黒ビール
アナタ、何を怖がってるの?――憧れのアイドル「ファンシーメタル」が自宅まで来てくれたのに、扉の外に出られないカナタ。深く傷ついてしまった彼の心を、シュウヘイたちは解きほぐせるのか?(2019/5/30)

“向井理回”にネットは祭り状態「わたし、定時で帰ります。」6話 3杯目を飲んで人が変わった完璧男の本音で急変する三角関係
「Paraviで日本のドラマを観倒して来た」江口のりこの謎アピール。(2019/5/28)

『ONE PIECE』キャラがカップヌードルCMで高校生に ゾロが剣道に打ち込む「ゾロ篇」放送開始
ゾロ篇が5月22日から放送。(2019/5/22)

監禁された少年、助けを求める手段はTwitterだけ 毎日更新のサスペンス漫画に引き込まれる
作中の時間経過に合わせて漫画が毎日更新される展開が新しい。(2019/4/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーがいない? じゃあ変革をやりながら育てるしかないでしょ
リーダーの必要性が叫ばれていても、育て方は確立されていない。ではどうすればいいのだろうか。(2019/4/18)

ITはみ出しコラム:
「Amazonプライム」がついに値上げ それでも元は十分取れる?
ついに値上げとなった「Amazonプライム」。米国ほどの値上げではありませんが、日本で初めての価格改定ということもあり、注目を集めています。(2019/4/14)

オタクが恋愛漫画にハマったレポ漫画
恋愛漫画を読むと自分も恋愛したくなるのは何故……?(2019/4/14)

“超個性派”を輩出し続けるネクストブレイクの梁山泊、「ミスiD2020」がスタート
今回もすごい人、出てこいやー!(2019/4/9)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。