ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「引きこもり」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「引きこもり」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「あなたの余命はあと3000文字きっかりです」 まさかのシチュエーションで始まるオムニバスマンガの世界観が好物すぎる件
インタビューと併せてマンガ本編を掲載。(2024/2/22)

医療技術ニュース:
思春期の希死念慮リスクに関係する精神症状が明らかに
東京大学は、思春期児童の持続的な引きこもり症状と身体不調の増加は、どちらも希死念慮リスクと関係することを明らかにした。精神症状の経時変化を同時に分析した結果、それぞれの症状が思春期の自殺予防に重要であることが示唆された。(2024/2/15)

7年間引きこもりの男性が…… 美容師のお任せで大変身! 「涙が出た」「別人になった」と感動の声
髪型が変わると表情も変わりますね。(2023/12/26)

「このすば」アニメ3期が2024年4月放送開始、アイリス登場の第1弾PVに「ようやくメインヒロインの登場だ…!」「最高のクリスマスプレゼント」
楽しみしかない。(2023/12/25)

LINEマンガ『おっパン』が実写ドラマ化 常識をアップデートしていくアラフィフおっさん役に原田泰造
『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』はいいぞ。(2023/11/6)

劇場アニメ「デデデデ」の第1弾キャスト発表 種崎敦美、諏訪部順一、津田健次郎らが脇を固める
既に豪華キャストと言える布陣なのに、主役2人のキャストはいまだ明かされず。誰になるんだ……?(2023/10/30)

【漫画】「吠えるし噛む」「殺処分になる可能性が高い」保護犬に素手を差し出したら…… 衝撃の展開に「泣いた」「めちゃめちゃすごい事」と感動の声
ワンコの表情の変わりっぷりにほっこり。(2023/10/30)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
外へ“ひと狩り”行きたいけれど……「モンハンナウ」プレイしたマンガ家が感じた不安と不満
米Nianticからスマホ用アプリ「Monster Hunter Now」が登場しました。現実世界を歩き回って楽しむ位置情報ゲームというものをあまり遊んでこなかったボクも、運動不足解消のためにプレイしてみました。(2023/9/24)

NHK「クロ現」に一部誤りと謝罪、ひきこもり経験の女性に事実と異なる放送
事実関係の確認が不十分だったと謝罪しています。(2023/9/7)

引っ越しで捨てられた猫→保護施設で3年、お迎えして2年…… やっと甘えてくれるようになった姿に感動
ずっとの家族に出会いました。(2023/8/30)

群れからはぐれ保護された野犬子犬、おびえて引きこもっていたが…… 笑顔満開になったビフォーアフターに「涙が止まりません」
ずっと幸せに。(2023/8/23)

精霊馬がかじられた?→愛犬のイタズラかとおもいきや…… お盆の一幕を描いた漫画に「うちの子もきてるかな」と感動の声
またおいで。(2023/8/23)

寺田心、すっかり青年に成長した姿に視聴者驚き 「大人になったなあ…」「もうこんなおっきいの!?」
“寺田心くん”から“寺田心さん”へ。(2023/8/3)

柴犬の虜になった飼い主の末路とは……? 柴犬あるある祭りに「めっちゃ笑った」「その通り」と共感の声
これは仕方ない!(2023/8/1)

超大型犬の子犬を迎えた飼い主の“5つの変化”に共感続々 「どこのお宅も同じ」「懐かしいです(笑)」
かわいいから仕方ない。(2023/6/4)

ツボがお気に入りのチンチラ、じっと引きこもって…… シュバッとごはん奪取して戻る姿に「まさにひきこもリスト」の声
必要最低限の動き。(2023/6/1)

162センチ&39.5キロの人気TikTokerゆりにゃ、2カ月ぶり水着ショットで健在アピール “閲覧注意”な異常に今も「お家で引きこもり生活」
5月にひどい肌荒れを訴えていたゆりにゃさん。(2023/5/26)

ブリーダーが70匹超の多頭飼育崩壊、レスキューしたガリガリの子猫が今では…… モッフモフのゴージャスな姿に感涙
第25回は保護猫「カイ」くんです。(2023/5/19)

いや、そんなことある!? ハーゲンダッツを食べてたら起きた“衝撃の光景”に「お茶吹いた」「美術館で見たことある」
硬いアイスを突いていたら……。(2023/5/9)

「カクレンジャー」鶴姫役の広瀬仁美にインタビュー 俳優引退からアーティスト転身、30周年目前のサプライズ全員集合の裏側も聞いてみた
スーパー戦隊シリーズ第17作。 (2023/4/9)

2歳児が佐川急便を「サンタさん」だと勘違いして…… 米20キロに絶望の表情「待ってかわいすぎるw」「ほっこりをありがとう」
サンタさんはもう少し後かな……。(2023/3/19)

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、娘とのデート写真がまぶしすぎ パパと肩寄せ合う姿に「ママさんかと思った」「そっくり美人さん」
瓜田さんの妻・麗子さんにそっくりという声も。(2023/3/8)

留守番していた元野良猫、大好きなママの帰宅に……「さみしかった!!」 喜びを爆発させたお迎え風景に胸キュン
ただひたすらにかわいい。(2023/3/7)

医療技術ニュース:
直近1カ月間のひきこもり傾向を評価する質問票を開発
九州大学らは、直近1カ月間のひきこもり傾向を簡便に把握できる自記式質問票「HQ-25M」を開発した。オンライン調査の結果、ひきこもり傾向が高いほどHQ-25Mスコアが高いことが示され、同質問票の予備的妥当性が確認された。(2022/12/19)

「こんなに大きくなったの!?」 寺田心、“母”鈴木保奈美と久々再会で驚きの成長を遂げる
名優に成長しつつある子役たち。(2022/12/15)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
クリスマスプレゼントにジュエリーを要求されているあなたへ
ジュエリーだってモノづくりだ!(2022/12/7)

IT企業デスクツアー:
電通デジタルで働くみんなのデスク環境 ITエンジニアからデザイナーまで写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。転職先の雰囲気を把握したい人に向け、ITエンジニアやデザイナーなどさまざまな社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、電通デジタルで働く人のデスク周りを探る。(2022/11/9)

どうやって防ぐ?:
産業医が警告! 優秀社員の“突然の休職”を引き起こす、テレワークの意外な注意点とは?
テレワークには「やりすぎ注意」な一面があります。放置すると、優秀な社員が突然体調を崩して休職するなど、企業にとっても大きなダメージにつながります。どうしたら、こうしたリスクを減らせるのでしょうか。産業医の志村哲祥氏が解説します。(2022/11/1)

ドッグランでランしないポメラニアン 独特な座り方で引きこもる姿に「自分を人間と思ってる」「見守り隊w」の声
ランしないドッグランも楽しそうです。(2022/10/17)

大好きな人にスリスリしちゃう“愛情重め”な柴犬 大切な人たちに囲まれた日々の暮らしが幸せそう 投稿主に話を聞いた
好きな人+好きな人=大好き!(2022/10/8)

スピン経済の歩き方:
企業に上から目線の「カスハラおじさん」が、大量発生しているワケ
「お客」という立場を生かして、店のスタッフなどに理不尽な要求をする「カスハラ」が増えているという。さまざまな調査をみると、カスハラの正体は中高年の男性のようで。なぜ、こうした層がむちゃくちゃな要求をするのか。背景に何があるのかというと……。(2022/9/20)

本田望結、9月開始のドラマ「少年のアビス」チャコ役に決定 ネットでは「ピッタリすぎてびびる」「ビジュめちゃ合ってる」と反響
本田さん「チャコ尽くしの日々です!」(2022/8/10)

源頼家の「かんたんたのしい蹴鞠教室」も! 架空の歴史パロディ雑誌「暗君一年生」がツッコミどころ満載
付録の「ノイシュバンシュタイン城ペーパークラフト」が欲しい。(2022/7/31)

ホロライブ「湊あくあ」新型コロナ陽性を報告 「引きこもりは引きこもりらしくしなきゃというお告げかもしれない」
お大事に。(2022/7/27)

医療機器ニュース:
血液検査によるうつ病診断補助技術の共同事業実証を開始
島津製作所は、九州大学と共同で開発した血液検査によるうつ病の診断補助技術を社会実装するため、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズと連携して、企業の検診などで共同事業実証を実施する。(2022/7/27)

臭いが2万6000分の1に:
生ごみが臭わない“冷やすごみ箱” ヒット商品は「ある家庭の冷凍庫」から生まれた
中西金属工業がこのほど発売した“冷やすごみ箱”「CLEAN BOX(クリーンボックス)」が話題になっている。ごみを凍らせることで細菌の繁殖とにおいを抑制する冷凍ごみ箱だ。ありそうでなかったこの商品が生まれたきっかけとは? 開発者に、話を聞いた。(2022/7/23)

その働き方、大丈夫?:
産業医が警告! 「フルリモート」や「1日4件のWeb会議」が危険なワケ
新型コロナウイルスをきっかけに浸透したリモートワークは、効率的な働き方だが、一歩間違えると大きな“副作用”を生む可能性があるという。「やりすぎ注意」なポイントとは? 産業医の志村哲祥氏が解説する。(2022/7/21)

「絶大な力を持った私が応援しています」 社交辞令の文句をパワーワードに変換すると非常に頼もしい
力こそパワーだ。(2022/7/9)

“石油王の娘”の意外な正体とは? 言い方を変えるだけて面白い肩書きになってしまうという話
ちりめん問屋のご隠居を名乗りたい。(2022/7/8)

「ちょっと」は5分ぐらいと認識していた母と1分ぐらいと認識していた長男 ついつい言ってしまいがちな言葉に対する認識の違いが考えさせられる
誰とでも起こりうるすれ違い。(2022/7/6)

「ロボットの反乱があった時、ここが分かれ道よ」 ファミレスの給仕ロボットへ丁寧に接する姿勢に称賛の声
あの猫ちゃんロボットかわいいですよね。(2022/7/5)

「修学旅行のおみやげ、Amazonで買っといて」 現代っ子の合理的な考え方に驚かされる
荷物を増やしたくない気持ちは分かる!(2022/7/2)

「好好爺」、なんて読む? まさかの「ハオハオじじい」と読んでいた人に「語感最高に好き」の声
なんか正しい読み方な気がしてきた。(2022/7/4)

医療技術ニュース:
ひきこもりに特徴的な血液バイオマーカーを発見
九州大学は、ひきこもり状況にある人の血液中の代謝物や脂質を測定し、ひきこもりに特徴的な血液バイオマーカーを発見した。また、機械学習アルゴリズムを作成し、ひきこもり者と健常者を高精度に識別した他、重症度予測にも成功した。(2022/6/28)

「ニコニコ動画ってサイトが次世代のYouTubeになるかも!」インターネット老人が見たツイートがショックすぎると話題に
十何年か前に似たような話題を見た。(2022/6/26)

「走ってる間だけH×Hのアニメが再生できる」 ランニングマシンを習慣化した意外な方法に反応続々
なるほどそういうやり方もあったか。(2022/6/27)

「ドクターストレンジって名前ずるない? かっこよすぎ」 マーベルのヒーローについて話したら友達からの指摘に思わずしおしお
ご友人の指摘が見事としか言えない。(2022/6/15)

担任「なぜ掃除するのか言ってみろ」 → 「教育という名の経費削減」 本音をぶつけたら肯定され真面目に掃除するようになった話が興味深い
納得することって大切。(2022/6/13)

かわいい犬の画像が大集合! 人気記事ランキングTOP5|10月21日更新
かわいいワンコのおすすめ記事、人気記事をまとめました。(2022/10/21)

子どものためって、本当に子どものためになってる? 教師と一緒に逆上がりを練習した“生徒の本音”が考えさせられる
“子どものため”の難しさ。(2022/6/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。