ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ホームセンター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホームセンター」に関する情報が集まったページです。

水曜インタビュー劇場(激安公演):
「ハイボール 1杯50円」で、どうやって儲けているのか 鶏ヤローのカラクリ
首都圏の繁華街を歩いていると、「角ハイボール 50円」と書かれた看板を目にするようになった。激安の雰囲気が漂うこの店は、どのような特徴があるのか。運営会社の社長さんに話を聞いたところ……。(2019/6/5)

スピン経済の歩き方:
ワークマンの大ヒットは、「安いのに高機能でオシャレ」だからではない
ワークマンの勢いが止まらない。今年4月の国内店舗数はユニクロを超え、売上高も大幅に伸ばしているのだ。同社の成功要因として「激安なのに高機能でオシャレ」といった指摘が多いが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違った見方をしていて……。(2019/6/4)

知られざる進化の歴史:
セブンティーンアイスが大躍進 34年で激変した自販機の“設置戦略”
自動販売機で売られているセブンティーンアイス。自販機の設置台数が過去最高を更新している。成長を可能にしたのは時代の変化にあわせた“設置戦略”だ。(2019/5/24)

「大体は突っ張れてねーんだよ!」突っ張り棒の平安伸銅工業、社長がスケバン風に変身する謎事態 「ツッパリの掟」を伝授
言ってることは普通に役に立つ。(2019/5/16)

ミステリーの殺人トリックでおなじみ「ピアノ線」、本当の主な用途は? → メーカーに聞いてみたらピアノでもなかった件
ピアノ線って名前なのに!(2019/5/18)

あの会社のこの商品:
35万台も売れている「モップ」は、何がスゴいのか
バンダイの子会社シー・シー・ピーの「コードレス回転モップクリーナー」が売れている。2015年7月に発売したところ、当初の売り上げはイマイチだったが、あるきっかけで人気に火がついた。何がきっかけで……。(2019/4/8)

魔法の鍋「ストウブ」と、ていねいに暮らしたい
私にとっての、魔法の鍋。(2019/4/5)

「パンクしない自転車」、タイヤが外れる事故 カインズが自主回収、返金へ
直ちに使用を中止するよう呼び掛けています。(2019/4/4)

製品分解で探るアジアの新トレンド(37):
欧米製から“自前”へ、通信チップにも進出し始めた中国
以前は主に欧米製のチップが採用されていた、Wi-FiやBluetoothなどの通信チップ。最近は、優れた通信チップを設計、製造する中国メーカーも増えている。(2019/4/1)

奇抜な格好でファッション展示会に行ったら? YouTuberが実験、カメラマンや著名人からセレブ扱いされる結果に
ファッションとは(哲学)。(2019/3/31)

蛇口をひねると水ドバー! 不遇かわいい“水を吐くフグ”を完全再現した蛇口が制作される
無駄にクオリティーの高い映像編集がまたズルい。(2019/3/26)

国民よ立て! 徒歩移動をミニベロに変えて、立てよ! 国民! 自転車を電車に乗せて「輪行」するのだ!
あなたを沼へ引きずり込みます。(2019/3/21)

「この仕組み思い付いた人、天才だ」 どんなネジでもヌルヌル回せる工具が超便利だと注目集める
これは便利だ。(2019/3/9)

「本体よりも袋を喜ぶ」「夜は大運動会」 2匹の子猫との暮らしを描いた漫画が猫あるある満載で共感を呼ぶ
かわいい兄妹の猫ちゃんです。(2019/3/6)

関西の女子アナも夢中:
飼い主の心を癒やすペットたち 仕事の疲れも吹っ飛ぶ?
家族の一員として、飼い主の心を癒やしてくれるペットたち。仕事に追われ疲れたとき、悲しいことがあったとき…。言葉は通じなくても、逆に、言葉が通じないからこそ、じっとそばにいてくれるペットは、人の心に安らぎを与えてくれる。関西のテレビ番組で活躍し、視聴者から愛され続けている女性アナウンサー2人に、ペットとの心のふれあいについて聞いた。(加納裕子、木村郁子)(2019/3/4)

製品分解で探るアジアの新トレンド(36):
勝負は決まった? 魅力ある「お掃除ロボット」市場での半導体情勢
現状、お掃除ロボットに強い半導体メーカーはどこか? 今回は、さまざまなお掃除ロボットを分解、調査して浮き彫りになってきた事実をレポートする。(2019/3/1)

小売・流通アナリストの視点:
都市部の無印を圧倒、ニトリはこのまま順風満帆か?
「無印良品」を運営する良品計画が業績予測を下方修正した。その要因の1つが、都市部で攻勢をかけるニトリとの競合の影響だという。いまや大都市圏にも出店を加速するニトリに死角はないのか?(2019/2/20)

流通再編「第三極」:
“地方スーパー同盟”始動 イオンやセブンの対抗勢力になるか
節約志向の高まりで国内消費が力強さを欠くなか、流通各社は生き残りを懸け、再編を加速させている。そのなかで昨年12月、独立系食品スーパーの3社が資本・業務提携を発表した。それも提携を「新日本スーパーマーケット同盟」と銘打ち、この同盟に各地のスーパーやさまざまな業態の小売業の参画を呼び掛ける異例の取り組みだ。イオン、セブン&アイ・ホールディングス(HD)の流通大手が提携や統合を仕掛けるなか、この同盟が流通「第三極」になれるかが注目される。(2019/2/5)

あの会社のこの商品:
ちょっとした工夫で“ホクホク”! 家庭用「焼き芋メーカー」の開発秘話
特定の料理づくりに特化した調理家電は便利な半面、汎用性に乏しく、買っても次第に使われなくなる恐れがある。しかし、工夫すれば日常使いできる汎用性を持たせることができ、ヒットにつなげることが可能だ。そのことを示したのがドウシシャの「焼き芋メーカー Bake Free」である。(2019/1/25)

愛猫・愛犬がセーラームーンやベジータに!? とってもかわいいペット用なりきりウェアが登場
自分も一緒に着たくなっちゃうかも?(2018/12/19)

ねこモチーフがかわいい! キッチンツール「ねこのまな板シート」と「ねこのサンドイッチ型」が登場
料理やお弁当を楽しくかわいく演出してくれます。(2018/12/14)

太陽光:
故障していないのに売電量が減少、太陽光発電所における雑草対策の意義
稼働から数年経過した太陽光発電所では、予期せぬさまざまなトラブルが発生することも。そのうちの1つで、故障に直結はしないものの、発電量に大きく影響を与える要因として注意したいのが“雑草”だ。(2018/12/13)

子どもと一緒にお手軽リラックマサンド作り 貝印のサンドイッチ型でリラックマを量産したい
アレンジでもっとかわいく。(2018/12/11)

猫ちゃんの「くやしいニャ」顔がかわいい PC作業を邪魔してくる猫ちゃんからバリアするアイデアに目からウロコ
なるほど!(2018/12/7)

決済データ×広告で何が変わるのか(後編):
元ココカラファイン郡司 昇氏、ライオン横手弘宣氏と語る次世代の店舗
リテールテックの先にある小売業やメーカーの未来とは。(2018/12/4)

ボタン電池から出火? 捨てる前に注意すべきこと
大阪府吹田市のホームセンターがほぼ全焼。廃棄前のボタン電池から出火したとみられる。ボタン電池を捨てる前にすべきことは?(2018/11/30)

小売・流通アナリストの視点:
ECから撤退して店舗を強化するドンキの狙い
ユニーがドンキホーテホールディングスの完全子会社になることが発表された。これは時間の問題だったのであろうが、想像以上に速い展開が周囲を驚かせた。そこから見えてくるドンキホーテの狙いとは一体?(2018/11/20)

声で操作するLED照明が「今後のスタンダードに」 アイリスオーヤマが本格展開
「Alexa、リビングの明かりを点けて」。アイリスオーヤマがスマートスピーカーによる音声操作に対応したLED電球とLEDシーリングライトを発表した。価格はLED電球の3980円(税別)から。(2018/11/8)

ホームセンター「カインズ」、商品「天津むき甘栗」約5万個を自主回収 一部に菌を検出 人体に影響はなし
人体への影響はないものだと報告しています。(2018/10/31)

水曜インタビュー劇場(ひょっとしたら公演):
カインズの新しい店に将来性を感じた、DIYな理由
ホームセンターの「カインズ」が、ちょっと気になる動きをしている。9月、ららぽーとのなかに新しい店をオープンしたところ、想定以上の客が詰めかけているのだ。どういった店なのかというと……。(2018/10/24)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(6):
雑草対策に使うその前に、太陽光発電事業者が知っておきたい農薬知識
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、運用課題の一つとなっている雑草対策について解説する本連載。今回は雑草対策に利用される、農薬についての基礎知識について解説する。(2018/10/22)

新しい社名はやたらと長い:
ドンキHDが社名変更 なぜ「ドンキ」の名を捨てるのか
ドンキホーテホールディングスが社名を2019年2月1日に変更する方針を示した。新しい社名はパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス。どうして「ドンキ」の名前を捨てたのか。(2018/10/12)

シェアサイクリング・ブギ:
「シェアサイクル + Apple Watch」生活にどっぷりはまるの図
シェアサイクルを使い始めた第1回から3カ月。もうバリバリ使ってます。(2018/10/5)

かわいくって働き者 洗濯・収納・クッションの3役をこなすパンダグッズが便利そう
クマさんバージョンもあります。(2018/9/17)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
日本企業は今こそ、手を組んでチャレンジに打って出るべき――カインズ 代表取締役社長 土屋裕雅氏
「AWS re:Invent 2017」に刺激を受けて、翌年の年頭朝礼で「IT企業宣言」をしたというカインズ代表取締役社長の土屋裕雅氏。SPA(製造小売業)にもIT改革をもたらすべく、CEO自らITのトップランナーたちに学ぶ土屋氏が描く、業界を超えたイノベーションとは。(2018/9/16)

現地ルポ:
北海道地震、記者が感じた余波 居酒屋の女将「何もないですけど……」
「大変でした。こんなことは初めて」――9月8日の夜、北海道標津町で入った居酒屋の女将さんはそうつぶやく。北海道胆振地方で6日に発生した地震の余波は、300キロ以上離れた標津にも及んでいた。(2018/9/9)

ショボいけど、勝てます。 竹島水族館のアットホーム経営論:
ショボい水族館を“全国区”にした「女房役」を駆り立てる危機感
休日には入場待ちの行列ができ、入館者数の前年比増を毎月達成している水族館が、人口8万人ほどの愛知県蒲郡市にある。飼育員たちのチームワークと仕事観に迫り、組織活性化のヒントを探る。(2018/8/31)

PR:こんな生活してみたい! モノ系ブログ「トバログ」が「日産リーフ」のあるスマートな暮らしを描いたら
(2018/8/31)

千円で散財「センポチ」ってみた:
改良型ヘッドマウント傘で炎天下を歩く
前のやつが風で吹き飛んだので新しいヘッドマウント傘を買った。(2018/8/27)

サラリーマン、プリキュアを語る:
3分に及ぶ「出産シーン」 「HUGっと!プリキュア」が子どもたちに伝えたかった“母の強さ”と”父の責任”
いつだって子どもに誇れる大人でありたいですよね。(2018/8/23)

給与・休暇制度などが好評:
小売業界の「働きやすい企業」ランキング 2位は三越伊勢丹 1位は……?
小売業界の中で最も働きやすい企業は?――グローバルウェイ調べ。(2018/8/13)

フリマアプリが消費を変える:
「いつかメルカリで売る」が創造する新たな市場とは? 小泉文明社長と識者が語る
メルカリは「フリマアプリ利用者における消費行動の変化」に関する実態・意識調査結果を発表した。フリマアプリがもたらす経済効果は、配送やリペアなど周辺サービスにも大きな影響を及ぼしていることが判明した。(2018/8/3)

激落ちくんのレックに:
ライオン、「バルサン」の殺虫剤事業を売却
ライオンは「バルサン」ブランドの殺虫剤事業を日用品メーカーのレックに売却する。(2018/8/3)

ローソンに転換へ:
セーブオン、8月末で全店舗を閉店 焼きまんじゅうの今後は……
セーブオンが8月31日に群馬県内の全店舗を閉店し、ローソンに転換する。セーブオンブランドの全店舗が消滅する。名物「焼きまんじゅう」の販売を続けるかは未定という。(2018/8/2)

広島市が浸水した家屋の対策を公開 家具等の消毒や衛生対策・注意点を解説
食中毒や感染症にも注意しながら行いましょう。(2018/7/12)

MONOist IoT Forum 福岡2018(前編):
製造業のビジネス変革が加速、「工場外」をどう取り込むのか
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2018年6月28日、福岡市内でセミナー「MONOist IoT Forum in 福岡」を開催した。福岡での同セミナー開催は初となる。(2018/7/2)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「子どもを持つことだけが、女性の幸せではない」を描いていく「HUGっと!プリキュア」のすごさ
キュアマシェリとキュアアムール……今年のプリキュアは何もかもが……すごい……尊い……。(2018/6/21)

夏休みの自由研究に ゼンリンが見て、歩いて、地域を学べる「地図作りで発見!まちたんけんキット」を発売
家族で出かけよう。(2018/6/20)

基礎から学ぶSTAMP/STPA(3):
STPAの分析を実際にやってみる
第1回で「STAMP/STPAとは何か」に焦点を当てて分析手法の流れを紹介し、第2回ではSTAMP/STPAの各ステップで「何をすべきか(What)」「それはどうやればよいのか(How)」を中心に紹介してSTAMP/STPAの実践手順を解説した本連載。最終回の第3回では、実際にやってみてSTAMP/STPAの勘所や注意点を示しながら解説する。(2018/6/15)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
ハサミでカットできるスマート照明「Hueライトリボンプラス」を試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はPhilipsのスマート電球「Hue」のバリエーション「ライトリボンプラス」を紹介する。(2018/6/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。