ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ホームセンター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホームセンター」に関する情報が集まったページです。

緊急事態宣言の影響が鈍化 電子マネー決済データから判明
電子マネー利用実績について緊急事態宣言対象の地域とその他の地域とで大きな違いは現れず、宣言の影響が鈍化していることが分かった。(2021/4/27)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
物流業を苦しめる「ラストワンマイル問題」、米国ではどう解決? 4つの先進企業
ラストワンマイル問題とは、配送の最終拠点から顧客の家までの区間(ラストワンマイル)に生じる、さまざまな問題を指すものだ。ラストワンマイル問題を解決する、米国の先進企業を紹介する。(2021/4/26)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
10年ぶりのドイツ生活、テクノロジーによる進化に感動〜現地移住した記者から
ドイツに移住後の体験、報告。(2021/4/23)

工事不要の「ポータブルクーラー」、アイリスオーヤマが発売 排気ダクト通す窓パネル付き
アイリスオーヤマは工事不要の「ポータブルクーラー」5機種を5月13日から販売する。温風モードを搭載したモデルも。(2021/4/21)

家電メーカー進化論:
快進撃を続けるアイリスオーヤマ、家電開発部長に聞く「なるほど家電」の作り方
アイリスオーヤマの家電といえば、シンプルな機能とリーズナブルな価格帯に加え、他メーカーにない便利機能を搭載した「なるほど家電」が特徴だ。この「なるほど」機能の発想はどこから出てくるのか。アイリスオーヤマの家電開発部をまとめる執行役員 家電開発部部長 原英克氏に話を聞いた。(2021/4/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
有名ブランドの服を“激安”で売る「オフプライスストア」が増殖中 背景にバーバリーの焼却事件
売れ残った有名ブランドの洋服や靴を激安で販売する「オフプライスストア」が増えている。大手アパレルのワールドやゲオグループなどが参戦。単に安く売るのではなく、ある特徴を備えているという。(2021/4/19)

「思わず変な声が出ました」 3年間水をあげ続けた多肉植物が「造花だった」悲しすぎる真実が話題に
これもまた一つの思い出……!(2021/4/18)

スピン経済の歩き方:
飲食店は“大荒れ”なのに、なぜニトリはファミレスに参入したのか
ニトリがファミレス事業に進出した。店名は「ニトリダイニング みんなのグリル」。、「お、ねだん以上。」のメニューが並んでいるわけだが、なぜ飲食店に逆風が吹き荒れているタイミングで出店したのか。背景にあるのは……。(2021/4/18)

アイリスオーヤマ、小型ファン付き「クールウェア」の種類を増やし発売 猛暑で市場規模拡大
アイリスオーヤマは、小型ファン付き「クールウェア」のラインアップを拡充し、新たに全4シリーズを発売した。全国のホームセンターやインターネットサイトを中心に販売する。(2021/4/13)

プロジェクト:
伊藤忠都市開発らが三重県桑名市で延べ9万m2の物流施設開発に着手
伊藤忠都市開発と伊藤忠商事は、三重県桑名市で、土地所有者の矢作建設工業との間で用地取得の売買契約を締結し、物流施設「(仮称)アイミッションズパーク桑名」の開発に着手した。(2021/4/7)

ファン付きウェア、スポーツにも アイリスオーヤマがラインアップ拡大
アイリスオーヤマが「クールウェア」の新製品を発表。スポーツなど用途別に4タイプを用意した。4月12日発売。(2021/3/29)

PR:小売業が広告配信のプラットフォーマーに オンラインとリアル店舗のデータを融合した「リテールメディア」成功の鍵は?
(2021/3/31)

アイリスオーヤマがノートPC発売 価格は税別4万9800円
Celeronプロセッサと14インチディスプレイを搭載。(2021/3/22)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
赤外線カメラ内蔵、ワイヤーカメラと接続できる高耐久スマホ「Ulefone Armor 9」
Ulefoneは、高耐久なスマートフォンを展開しているメーカー。上位モデルの「Armor 9」は背面にFLIRの赤外線カメラを搭載しているのです。ワイヤーカメラと接続するための端子も備えています。(2021/3/21)

ギャルとJKが漫画で紹介「100均でそろう防災グッズまとめ」 100円だから気兼ねなく買えるのサイコーっしょ?!
備えあれば憂いなし!(2021/3/17)

ネコ型ビューラーやハサミがかわいい「Nyarming」のビューティーツール ネコの手も借りたいメイクタイムに活躍しそう
シリーズで集めたくなる。(2021/3/16)

防災グッズは100円ショップで十分?→約1万円分購入した例が参考になる
これをベースに、個人の事情に鑑みて取捨選択するとよさそう。(2021/3/15)

ワンコにも「ピザーラお届け」!? 犬用ピザ「コミフデリ ピザーラテリヤキチキン」で愛犬との食事が楽しくなりそう
テリヤキチキン・コーン・マッシュルーム・きざみのりのトッピングでおいしそう。(2021/3/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
1000円に手を出す「ダイソー」と100円にこだわる「セリア」 コロナ禍でも好調な業界に変化
コロナ禍でも100円ショップ業界が好調だ。「2強」のダイソーとセリアでは戦略が大きく異なる。キャンドゥとワッツの独自戦略にも迫る。(2021/3/1)

小売・流通アナリストの視点:
「洋服の青山」、400人希望退職の衝撃! 窮地のスーツ業界が生き残るには
「洋服の青山」で有名な青山商事が、400人の希望退職を募集すると発表した。コロナ禍によるスーツ離れもあり、窮地のスーツ業界。生き残るためにはどうしていけばよいのか。(2021/2/26)

「100円ショップ」好調 売上高が過去最高を更新
大手5社を中心とした100円ショップ業界の売上高が11年連続で増加する見通しに。大手5社の業績好調を背景に過去最高の売り上げを更新することがほぼ確実となった。(2021/2/24)

経営に価値あるDX視点を:
「ITmedia DX(アイティメディアディーエックス)」開設
業界別のDX事例や実践企業のキーパーソンインタビューを紹介。自社が取り組むべきDXの投資対効果を知り、正しく推進するための道筋を示していきます。(2021/2/24)

「本社からは冷たい目で見られていました」 カインズ公式が壊れたと話題、“博士とギャル”仕掛け人に話を聞いた
あまりにインターネットすぎる。(2021/2/4)

Amazon取り扱いの「珪藻土バスマット」からアスベスト検出 厚労省が注意喚起
商品説明欄では「検査に合格」「認証済み」とアスベストがないことが記されていた。(2021/2/3)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
このままでは第2の「珪藻土・アスベスト」事件が起きる ニトリやカインズは真相を解明できるか
2020年末、珪藻土バスマットなどにアスベスト(石綿)が混入していたとして大騒動になった。はたして、真相は解明されるのか。結局は、“うやむや”にされてしまう可能性もある。(2021/1/14)

備えあれば憂いなし:
2度目の緊急事態宣言に”楽観視”は禁物 アパレル企業が今やるべきことは
2回目となる緊急事態宣言が1都3県に出された。都心の百貨店、ファッションビルは1〜2時間の閉店繰り上げを決めた。2回目となる今回の措置に向けてアパレル企業もコロナ対応が試される事になる。そこで、考えられるリスクと乗り越えるためのヒントを著者の磯部氏はこう分析する(2021/1/13)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
DX推進は、いかに戦略と体制を確立し、人材を育成するかが成功のカギ――サツドラ独自のDX戦略とは
AIカメラなどの先端テクノロジーの活用や異業種連携により、店舗のデジタル化にいち早く乗り出したサツドラ。コロナ禍では、AIカメラソリューションをわずか2週間で共同開発した。サツドラ独自のDX戦略を学ぶ。(2021/1/13)

混雑可視化で「3密」対策:
“広すぎる”売り場、アプリで案内時間を40%削減──カインズ流、IT変革の全貌を“デジタルアレルギー”だった旗振り役に聞く
2020年4月、緊急事態宣言の発令によりホームセンターのカインズにはマスクやトイレットペーパーを求める買い物客が殺到した。特に混雑が目立った浦和美園店にて、店内の混雑状況を店頭のデジタルサイネージとスマホアプリでリアルタイムに表示するIoT実証実験を開始。その他にも専用アプリから決済して店頭やロッカーで商品を受け取る仕組みを展開するなど、カインズではさまざまなデジタルソリューションを通して、感染対策と顧客体験の向上を図っている。デジタル化施策の方針や、“お客さま・従業員ファースト”でITを活用しているという店舗づくりについて話を聞いた。(2021/1/13)

すでに170社以上が出品:
「売らなくてもいい」「体験の場を提供」 4カ月で560万の“接点”を生んだ店「b8ta」はリテールの価値を変えるか
2020年8月に日本進出した体験型店舗「b8ta(ベータ)」。オープンから4カ月間、2店舗で累計約560万の“商品と客の接点”が生まれた。販売ではなく、新しい発見や体験を提供する店づくりとは? 企業にとっては他では得られない“客の声”が集まる利点もある。(2021/1/2)

マネジメントで振り返る2020年:
コロナ禍の経営悪化、企業の“既往症”が影響? 2021年に向けた、マネジメントのヒントを探る
コロナ禍が猛威をふるった2020年。さまざまな業界・企業が経営悪化に見舞われた。経営コンサルタントの大関暁夫は、経営悪化した企業は“既往症”が影響しているとみる。マネジメントを軸に、1年を振り返ってみよう。(2020/12/28)

コースターやバスマット:
ニトリの珪藻土商品、回収対象が355万個へ拡大 店舗に相談カウンター設置
法令の基準を超えるアスベストが含まれていたとして、バスマットなど珪藻土商品の回収を発表したニトリホールディングス(HD)は12月25日、全ての珪藻土商品の検査が終了したと発表。すでに発表した商品と合わせて、回収対象は23製品、355万個超となる。(2020/12/26)

クリスマスツリーの“星飾り”で作られたロボットが想像以上のかっこよさ 「天才」「キン肉マンに出てきそう!」
特撮ヒーロー番組のスペシャル回に登場しそう……!(2020/12/25)

アスベスト報道受けて:
珪藻土マット「安全に使える」 沖縄の販売店が発信
ニトリが扱う珪藻土のバスマットなどに法令の基準を超えるアスベストが検出されたことを受けて、沖縄県内で展開するディスカウントストアの「ビッグワン」は、Webサイト上で自社が扱う珪藻土のバスマットにアスベストが検出されなかったと報告した。(2020/12/25)

珪藻土商品:
ニトリHD、”問題商品”の見分け方発表 回収方法はまだ
基準を超えるアスベストが含まれていたとして、バスマットなど約240万点を回収すると発表したニトリホールディングスは、回収商品の見分け方を公表した。(2020/12/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ワークマンやカインズを育てた群馬発「ベイシアグループ」の正体
高成長を続けて注目されるワークマンやカインズ。これらの企業は「ベイシアグループ」に属する。1958年、群馬県に誕生した「いせや」はなぜここまで成長したのか。(2020/12/24)

PR:超小型PCで業務効率改善! Intel NUCにフォーカスするパソコン工房の狙いとは?
Intelの超小型PCとしておなじみの「Intel NUC」だが、さまざまなビジネスシーンでの導入が進み、高い評価を受けているという。その最前線の模様をパソコン工房やグッドウィルを運営するユニットコムに聞いた。(2020/12/23)

破損で飛散の可能性:
ニトリ、サラサラコースターを自主回収 基準超えるアスベスト含有
ニトリHDは、2019年8月から販売する「サラサラコースター テラゾーST」を回収すると発表。法令の基準を超えるアスベストが含まれていることが判明したという。(2020/12/21)

「40代の悩み」に絞った戦略で売り上げ2倍に マンダム「ルシード」ブランドの挑戦
化粧品大手のマンダムが40代男性に向け展開する「ルシード」ブランド。かつては若者向けのブランドだったが時代の流れから売り上げが低迷。回復への起爆剤として同社が取り組んだのが40代をターゲットにした戦略だった。(2020/12/18)

吸水性に優れた素材:
カインズ、珪藻土バスマットなど17商品を回収 アスベストが基準値超の可能性
カインズは、「珪藻土」を使ったバスマットなど17商品を回収すると発表。法令の基準を超えるアスベストが含まれている可能性があることが分かった。(2020/12/16)

「ずっと一緒」 三浦春馬さんの“娘”稲垣来泉、「TWO WEEKS」チーム制作の「姉ちゃんの恋人」に友情出演果たす
泣ける。(2020/12/16)

ステイホームでDIYを極める! 玄人志向なモノづくり(5):
「猫さんスマホスタンド」を完成させる!! モデリング、そしてレーザー加工
ステイホームで注目を集める「DIY」をテーマに、設計から製作までのプロセスを、実際の製造業におけるモノづくりの視点を交えながら解説することで、DIY素人の皆さんに“玄人のエッセンス”を伝授する。最終回となる第5回では「スマホスタンド」のモデリングから実際の加工、仕上げまでを一気に紹介する!(2020/12/16)

千葉県の住みここちランキング、2位「浦安市」を抑えて1位となった街は?
千葉県の住みここちランキングは?(2020/12/10)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
突然“売れなくなった”PC周辺機器やサプライ用品の裏で何が起こったのか
PCやスマホの周辺機器およびアクセサリーが売れなくなる原因のほとんどは、本体機器の終息だが、中には規格の変更やトレンドの移り変わりによって、複数の製品で利用できた周辺機器やアクセサリーが、突如パタリと売れなくなることがある。メーカーにとって予測できずダメージが大きいこうした事例についてみていこう。(2020/12/8)

ヒーター内蔵ベスト、アイリスオーヤマが発売 カーボンナノチューブで薄く軽い
アイリスオーヤマがカーボンナノチューブのヒーターを内蔵したインナーベスト「ヒートウェア」を発売する。価格は1万4800円。(2020/12/2)

10月には総売上高1兆円を達成:
「カインズ」や「ベイシア」がグループで計1万8000品目を一斉値下げ 年末年始の需要を狙う
ホームセンター大手の「カインズ」やショッピングセンターの「ベイシア」などのベイシアグループは、12月2日にグループ4社で全1万8000品目を対象にした値下げセールを行う。期間は21年2月まで。(2020/12/2)

小売・流通アナリストの視点:
「次なる島忠」は? 買収劇から透けて見えた、ニトリの壮大な野望
島忠争奪戦に勝利したニトリ。小売・流通アナリストの中井彰人氏によると、どうやらホームセンター業界だけでなく、まだまだ狙いがありそうだ。(2020/11/30)

ニトリが島忠と経営統合を発表 DCMを上回る買い付け価格でTOBを実施
「お、ねだん以上。」のお買い物なるか?(2020/11/13)

一部地域販売で好評:
資生堂、医療機関向けの手指消毒液を一般販売 手に優しい保湿成分を配合
資生堂が手指消毒液(指定医薬部外品)の全国販売を12月中旬から開始する。同商品は4月から医療機関向けに提供していた。(2020/11/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
まるで「関ヶ原の戦い」 “覇王”ウエルシアや“九州の雄”コスモスの猛攻にマツキヨ・ココカラ連合は……
ドラッグストア各社の競争が激化している。コロナ禍やインバウンド需要消失で苦戦するチェーンも出てきた。一方で、スーパーや同業を買収して勢力を拡大する動きも。(2020/11/11)

オートデスク織田社長「ITは道具ではなく、もはや共同設計者」:
大和ハウスとヤマト科学がニューノーマル時代のDXを議論、未来の働き方を照らすAECセミナー
2019年4月から段階的に施行された働き方改革関連法を受け、場所にとらわれない新しいワークスタイルが身近になったことに加え、新型コロナウイルス感染症が世界の至る所で影響を及ぼし、with/afterアフターコロナ時代の新しい生活様式が生まれ、建設業や製造業などあらゆる産業の働く環境は一変した。この急激な変化に対応するためには、デジタル変革にどう取り組むかは、業種や業界を問わずもはや不可避の課題となっている。(2020/11/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。