ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iPhone 7s」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iPhone 7s」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(8月編): “公認”セーラームーンスマホは日本未発売/新iPhoneの「足音」
アクセスランキングで振り返る、2017年のモバイル業界。8月は中国Meituが開発した「セーラームーンスマホ」に関する記事、新型iPhoneの“名前”に関する記事などが良く読まれました。(2017/12/28)

iPhone X発表会を林信行が語る それは人類が向かう確かな行き先
「私が進むのはパックが向かう方向、それまであった場所ではない」。iPhone誕生10周年を飾るAppleスペシャルイベントを林信行が振り返る。(2017/9/14)

明日から使えるITトリビア:
「iPhone X」は何て読む?
ついに発表された「iPhone X」。読み方は「エックス」なのか「テン」なのか。(2017/9/13)

次期iPhoneはどうなる?:
新型iPhoneの「価格」「ネットワーク」は? 「SIM」目線で気になるところは?
新iPhoneが日本で発売されたときに注目したいのが、通信キャリアの施策。価格はキャリアがコントロールするところでもあるが、2017年はどうなる? 通信速度の高速化や、MVNOとの関係も気になるところ。(2017/9/12)

まもなく発表? 新型「iPhone」の注目すべきポイント
日本時間の9月13日2時から、Appleのキーノート(プレゼンテーション)が行われる。このキーノートで発表されるであろう新型の「iPhone」について、事前情報をもとに注目すべきポイントをまとめた。(2017/9/11)

10月発売のiPhoneフラッグシップ、初回出荷数はジェットブラック以下?
発表直前に流れた複数の噂をお宝が鑑定する。(2017/9/11)

何が変わる? “10周年iPhone”うわさまとめ
「米国でのiPhone発売から10周年」という節目の年に発売される、「新型iPhone」3モデルのうわさをまとめた。(2017/9/9)

Appleが9月12日にイベント開催 新iPhone登場に期待
Appleが、9月12日(日本時間では13日午前2時)にスペシャルイベントを開催。Webサイトでキーノートをライブ配信する。新型iPhoneの登場が予想される。(2017/9/1)

Apple、9月12日にApple Parkの新ホールでイベント開催と正式発表
Appleが次期iPhoneなどを発表するとみられるイベントの開催日時と場所を発表した。日本時間の9月13日午前2時からライブ配信する。会場は新キャンパスApple Parkの新ホール「スティーブ・ジョブズ・シアター」だ。(2017/9/1)

次期iPhone発表イベントは9月12日に新本社の「スティーブ・ジョブズ・シアター」で開催?
「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」「iPhone 8」(すべて仮称)および「Apple Watch Series 3」(仮)などを発表するAppleのイベントは、9月12日にApple ParkのSteve Jobs Theaterで開催されると、Wall Street Journalが情報筋の話として報じた。(2017/8/29)

TechFactory通信 編集後記:
新iPhoneの「波及効果」が実装の世界に
夏が終わりに近づくと「新iPhone」の時期。製造側の目線で部品や部品製造するプロセスまで思いをはせると、気が付かなかったストーリーが見えてくるかもしれません。(2017/8/26)

次期iPhoneはどうなる?:
「iPhone 8(仮)」にはTouch IDが搭載されない?
次期iPhoneのプレミアムモデル「iPhone 8(仮)」は、ベゼルのないデザインになり、ホームボタンが廃止されると予想されている。そうなると、Touch IDはどうなるのか? 新たなセキュリティ機能が搭載される可能性も?(2017/8/21)

次期iPhoneはどうなる?:
次期iPhoneのカメラはどんな進化を遂げるのか
9月の発表が予想される新型iPhone。気になる進化の1つが「カメラ」だ。デュアルカメラの継承は必然といえるが、他にどんな機能が追加されるのだろうか。(2017/8/16)

「iPhone 8」(仮)は「iPhone 7s/7s Plus」(仮)と同時発売か──KGI予測
Appleの10周年記念プレミアムiPhoneは、次期iPhoneと同時発表・同時発売になると台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が予測を更新した。また、3モデルとも本体カラーは3色のみになるという。(2017/8/9)

Mobile Weekly Top10:
日本でもほしい「セーラームーン」スマホ/固定代替に「WiMAX 2+」はあり?
中国Meituが1万台限定で「セーラームーン」とコラボしたスマホを発売しました。日本でも発売してほしいところですが……。(2017/8/8)

次期iPhoneはどうなる?:
次期iPhoneは「iPhone 7s」? 「iPhone 8」? それとも……
9月に新製品が登場すると予想される次期iPhoneは、どんなモデルになるのか。まず基本的なところで製品名。「iPhone 7s」「iPhone 8」「iPhone Pro」といったさまざまな名前が飛び交っている。(2017/8/4)

iPhoneプレミアムモデルは10-11月発売か
「iPhone 8」とされていたプレミアムモデルについて、MACお宝鑑定団調査による新たな情報。(2017/7/27)

次期iPhoneは、A11&QiのiPhone 7s/7s Plusのみ、iPhone 8は「なし」?
次は「iPhone 8」ではない可能性が高くなってきたようだ。では9月の新モデルはどうなるのか。MACお宝鑑定団が新たな資料をもとに推測する。(2017/7/25)

iPhone 8用ケースはもう販売中 Alibaba、Amazonの「iPhone 8用」は本物か?
MACお宝鑑定団が「iPhone 8用」の「本物度」を探る。(2017/7/11)

「iPhone 8」(仮)は「Touch ID」非サポート──KGIが予測を更新
9月に発表されるとみられる「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」「iPhone 8」(すべて仮)について、Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が新たな予測を発表した。(2017/7/4)

これが“iPhone 7s/7s Plus/8”? 怪しげな画像が登場
iPhone 8に注目が集まっているが、7s/7s Plusもスタンバイしている――かもしれない。(2017/6/1)

次期iPhone Editionはガラス版ではさんだステンレス採用?(予想CGあり)
お宝がつかんだ次期ハイエンドiPhoneの詳細。(2017/4/18)

プレミアムな「iPhone Edition」は、まだ開発段階? 現在の噂が混迷している原因判明
Apple Watchと同様のプレミアムモデル「Edition」がiPhoneに来る可能性が高い。そして様々なソースから出てきた次期iPhone情報をMACお宝らしく「鑑定」している。(2017/3/8)

2017年の新iPhoneはどうなる? Twitter身売り騒動の行方は――2016年“うわさの真偽”総まとめ
来年のiPhoneはどうなる? 注目企業の動向は? 2016年に上がったIT・ネット業界のうわさをもとに2017年を占います。(2016/12/30)

2017年のiPhoneはiPhone 8ではない?
MACお宝鑑定団がつかんだ情報によれば、次のiPhoneは基本デザインが変わらない、iPhone 7sとiPhone 7s Plusとなるらしい。(2016/12/8)

iOS 10でとまどったこと、よかったこと
iPhoneとiPadに届けられた新しいOS、iOS 10。ざっと触れてみた感じをレポートする。(2016/9/14)

iPhone 7はステレオスピーカー、ノイキャンはiPhone 7sで?
イヤフォン端子を廃止するとみられるiPhone 7が、その代わりに採用するもの、しないものとは――。(2016/2/19)

「iPhone 8」は有機EL採用? 日経報道
Appleは将来のiPhoneに有機ELパネルを採用するという。(2015/11/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。