ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「次世代iPhone」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「次世代iPhone」に関する情報が集まったページです。

iPhone 2019、モックにケースを装着して分かったこと
Alibabaで販売されている次期iPhone 2019用ケースをチェックした。(2019/6/3)

次期iPhone、デュアルBluetooth搭載の可能性?
HuaweiやSamsungの端末では既に実装されているBluetoothのデュアル搭載、iPhoneにもやって来そうだ。(2019/5/27)

次期iPhone情報、EECに登録される
iOS 12を搭載した11種類のiPhoneが、ロシアを中心とする経済圏向けに登録された。(2019/5/24)

iPhone XR後継はグリーンとラベンダー追加?
次期iPhone 6.1 LCD 2019モデルには、新色としてグリーンとラベンダーが追加されるという情報が寄せられた。(2019/5/13)

次期iPhoneケース、早くも受注開始
Alibabaで、多数の次期iPhoneケースの受注が開始されている。(2019/5/10)

iPhone XR後継はデュアルカメラ?
2019年のiPhone新機種はそれぞれカメラが1個増えることに?(2019/4/27)

「iPhone 2019年モデル」モックを触ってわかったこと
iPhone 2019 3Dプリントモックアップをチェックしてみた。(2019/4/25)

iPhone XI、iPhone XI Maxのケース用金型写真?
今年発売予定の次期iPhone、その姿が明らかになりつつある。(2019/4/22)

次期iPhoneのTrueDepthカメラは1200万画素に?
TF International Securitiesのアナリストであるミン=チー・クオ氏が、次期iPhoneのカメラについて予想している。(2019/4/19)

次期三眼iPhoneは、6.1インチと6.5インチ有機ELモデル?
今年発売が予定されているiPhone次期モデルには三眼カメラ搭載が噂されている。そのさらなる詳細情報が寄せられた。(2019/4/8)

次期iPhoneのリアパネルシャーシ部品が流出?
(2019/4/5)

2020年版iPhone、OLEDでサイズ3種類確定か
2020年版iPhoneは5.42インチ、6.06インチ、6.67インチのOLED採用?(2019/4/3)

次期iPhoneのバッテリー共有機能、著名アナリストも予想
3月25日既報のバッテリー共有機能を、ミン=チー・クオ氏も予想している。(2019/4/2)

「三眼」次期iPhoneの筐体デザイン流出?
お宝の予想を裏付けるような新たなiPhone筐体デザインが公開された。(2019/3/29)

力を分け与える次期iPhone 本体だけでAirPodsやApple Watch充電も?
Galaxy S10シリーズと同じように、次期iPhoneは本体から他のデバイスをワイヤレス充電可能になるかもしれない。(2019/3/25)

三眼iPhoneいよいよ登場か?
次期iPhoneは、HUAWEI Mate 20 Proのようなトリプルカメラ仕様か?(2019/3/16)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:本当に生産性上がってる?
煩雑なメールの代替として普及したコラボレーションツールは、本当に生産性を向上させたのか。その価値や使い方を見直す時期に来たのではないか。他にアプリの実行に必要な最小限の機能しか持たないユニカーネルの魅力、GPU依存への警鐘などの記事をお届けする。(2019/2/22)

Qualcomm、理論値で下り7Gbpsの第2世代5Gモデム「Snapdragon X55」
Qualcommが、同社としての第2世代5Gモデム「Snapdragon X55」と小型5Gアンテナ「QTM525 5G mmWave」を発表した。年内に搭載端末が登場する見込みだ。(2019/2/20)

次期iPhoneはLightning継続、著名アナリストも予想
MACお宝鑑定団に次いで、著名アナリストのクオ氏も同様の予想を立てた。(2019/2/18)

次期iPhoneがUSB-Cではない、その理由
Apple、次期iPhoneはUSB-CではなくLightningコネクタ維持か? その理由を関係者は説明する。(2019/2/11)

「iPhone XR」が「iPhone 8」を超える日は来るのか
GfK Japanの携帯電話販売ランキングでは、「iPhone 8(64GB)」が1年以上にわたってトップに君臨している。そのiPhone 8に迫るのが「iPhone XR」だ。XRが8に変わって1位に躍り出る日は来るのだろうか。(2019/1/29)

低価格LCDでは独占状態:
パネル市場で実力を伸ばす中国、今後の狙いはOLED
IHSマークイットでシニアディレクターを務める早瀬宏氏は2019年1月23日に行ったディスプレイ市場動向の説明会で、市場動向や、今後の注目ポイントについて語った。(2019/1/29)

被害を受けるとビジネスに多大な影響が
攻撃が相次ぐ産業制御システム、脅威から守る基本の「き」
産業制御システム(ICS)への脅威が広がりつつあり、企業はそのリスクの高まりを理解しておく必要がある。本稿では、企業がICSのセキュリティについて認識しておくべき点を取り上げる。(2019/1/25)

角度調節できる折りたたみスタンド付き、Qi対応ワイヤレス充電器 集海科技から
集海科技は、新型iPhoneやGalaxyをフルスピード充電できるQi対応「Artifit急速ワイヤレス充電折り畳みスタンド」を発売した。USB Type-C端子を採用し、取り付け方によって縦・横・平面置きの3タイプで充電可能。スタンド部は30度〜70度まで自由に調整できる。(2019/1/22)

次世代iPod touchが開発中?
AppleはiPod touch (7th generation) を開発中か。(2019/1/15)

これが噂の新型iPhoneか…… 2019年のトレンドを先取りできるかもしれない「折りたたみスマホ」風スマホケースが登場
折りたたみスマホ、楽しみですね。(2019/1/10)

Mobile Weekly Top10:
やはり関心の高い「Xperia」/予断を許さない「Huawei」問題
今回のITmedia Mobile Weekly Top10では、2018年12月24日から2019年1月6日までのアクセスを集計。年末年始に最も読まれた記事は、「Xperia XZ3」の開発者インタビューでした。iOS 12で進化した「Apple Pay」についてまとめた記事も好調でした。(2019/1/9)

Mobile Monthly Top10:
2018年のモバイル業界を振り返る(8月編):「Xpeira XZ3」早くも登場/OSバージョンアップの苦労
2018年の各月に読まれた記事トップ10を集計。8月は「Xperia XZ3」の発表がトリガーとなり、Xperia関連の記事が大変よく読まれました。(2018/12/27)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
iOS 12と新型iPhoneを取り巻く「Apple Pay」最新事情
2016年10月に日本にもApple Payが正式上陸してから2年が経過した。Apple Payの登場は「モバイル決済」というジャンルに大きな変革を促した。そんなApple PayがiOS 12と新型iPhoneでどのように変化し、モバイル決済の世界にどのような影響を与えたのかをまとめた。(2018/12/25)

「iPhone XR大幅値下げ」に待った 「見せかけの値引き」カラクリを解説
端末購入サポートによる「見せかけの値引き」に注意。(2018/11/26)

XRは最大3分の1に:
Apple、新型iPhone 3モデルの生産注文縮小=WSJ
Appleが9月に発表した3種類の新型iPhoneについて、ここ数週間で生産の注文を減らしているとWSJが報じた。(2018/11/20)

次期iPhoneのアンテナは5G対応視野に
ミン=チー・クオ氏が次期iPhoneのアンテナ構成について予想している。(2018/11/12)

あなたは誰のためにメイクしてますか? 15人の女の告白『だから私はメイクする』が心に刺さる
「会社では擬態する女」を出張掲載。(2018/11/2)

次期iPadは「Time-of-Flight」採用か iPhoneはFace IDさらに強化?
著名アナリストのクオ氏が早々と次期iPhoneとiPadについて予想している。(2018/11/2)

新型iPhoneの熱狂についていけない漫画家 スペックはそんなに大事?
高いスマホを買っても、やることは前と大して変わらなかったり。(2018/10/30)

iPhone XR発売 Apple Storeにある対応アクセサリーは?
新装開店のApple 渋谷の盛況ぶりと比べてApple 名古屋栄の行列はほとんどなし。だが、iPhone XR対応アクセサリはチェックできた。(2018/10/26)

iPhone XR実機を鑑定 「コストダウンモデルだが性能は同等」の超細部チェック
MACお宝鑑定団らしく、他のレビュワーとは違う視点でのiPhone XRマニアックレビューをお届けしょう。(2018/10/26)

iPhone XRのGPU性能はMacBook Pro相当 ベンチマークで判明したこと
Geekbench、SunSpiderを使って計測したiPhone XRの実力は?(2018/10/23)

2019年のiPhoneも3モデル?
iPhone XS、XS Max、XRの後継機が2019年にも出るだろうと著名アナリストが予想している。(2018/10/16)

Mobile Weekly Top10:
新iPhoneと新ハイエンドAndroidスマホを比較/ドコモの「ウルトラパック」はおトク?
「iPhone XS」「iPhone XS Max」がいよいよ発売。ハイエンドAndroidスマホとして人気な「Xperia」や「Galaxy Note」も新モデルが登場します。今回のランキングでは、これらを比べた記事が一番読まれました。(2018/10/3)

バッテリーはL字型の1セルに:
「iPhone XS」を分解、Qualcommのモデムは見当たらず
Appleが2018年9月に発表した最新機種「iPhone XS」「iPhone XS Max」。これらの“中身”について考察してみよう。(2018/10/1)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
実はボケもすごい! 8つのポイントからチェックする「iPhone XS」カメラの進化(後編)
2018年、今年も新型iPhoneのシーズンがやってきた。わたしも「iPhone XS」を購入したので前編に引き続き「ボケ撮影」や「インカメラ」などの特徴を見ていくのである。(2018/9/30)

iPhone XS、どのキャリアで買うのがオトク? 定額プランと段階プランで3社を比較
(2018/9/29)

1〜9位をiPhone 6/6sが独占 ゲオの2018年8月度中古スマホ販売ランキング
ゲオは、2018年8月度の中古スマートフォン販売台数ランキングを発表した。総合ランキングの1〜9位にはiPhone 6/6sがランクインし、販売台数が最も多かったのはauの「iPhone 6(16GB)」。3キャリアを比較してもiPhone 6/6sが売れ筋の中心となった一方、NTTドコモはAndroidの需要も高い傾向にある。(2018/9/28)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
スマートHDRに注目! 8つのポイントからチェックする「iPhone XS」カメラの進化(前編)
2018年、今年も新型iPhoneのシーズンがやってきた。わたしも「iPhone XS」を購入したので「広角カメラ」「スマートHDR」「ポートレート」についてチェックしていくのである。(2018/9/28)

ITmedia NEWS TV:
本命は黄色のiPhone XR? 実機に触れたケータイジャーナリストの石野純也さんに聞く
(2018/9/26)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(28):
「XPERIA XZ2 Premium」にみる、スマートフォンの主戦場“カメラ周り”最新動向
2基のカメラを搭載する「デュアルカメラ・スマートフォン」が当たり前になりつつある。今回は、ソニーとして初めてデュアルカメラを搭載したスマートフォン「XPERIA XZ2 Premium」の内部を観察していく。(2018/9/27)

ITmedia NEWS TV:
本当にHey Siriが不要? 新型Apple WatchとiPhoneの真価を探る
(2018/9/22)

ソフトバンク銀座で新iPhone発売セレモニー 「ウルトラギガモンスター+」と「半額サポート」をプッシュ
ソフトバンクが、銀座でiPhone XS/XS MaxとApple Watch Series 4の発売セレモニーを開催。ソフトバンクならではの特徴として、「ウルトラギガモンスター+」と「半額サポート」をアピール。予約はiPhone XSの256GBモデルが特に人気だという。(2018/9/21)

ここがiPhone Xと違う iPhone XS、iPhone XS Maxのカメラ仕様
iPhone Xの後継となる2モデルはどのようなカメラ性能を持っているのか、調べてみた。(2018/9/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。