ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IruCa」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IruCa」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

沖縄「ゆいレール」はなぜSuicaに対応したのか 地方鉄道に広がる交通系ICの「片利用」
沖縄県で唯一の鉄道路線「ゆいレール」が、JR東日本の交通系ICカード「Suica」の運用を始めた。しかし、Suicaと相互利用できるようにはならない「片利用」という形式だという。OKICAとSuicaはどのような関係になるのか。調べてみると、地方鉄道の生き残る道が見えてきた。(2020/4/24)

マネーフォワード、ナビタイムなどがiPhoneで交通系ICカードの残高確認に対応 iOS 13で
iOS 13からの新機能により、サードパーティ製アプリのFeliCa読み込みが可能になった。対応アプリを紹介しよう。(2019/9/26)

App Town 仕事効率化:
スマホにタッチして交通系ICカードの履歴を取得 マネーフォワードのiOSアプリ登場
マネーフォワードは、9月20日にiOS版アプリ「ICカードリーダー by マネーフォワード」をリリースした。SuicaやPASMOなど全国14種類の交通系ICカードをスマートフォンにタッチすると、残高や利用履歴を取得できる。(2019/9/20)

ことでんの「令和」記念ICカードが攻めすぎぃ! まさかの「ワイプ隠れのあの瞬間」を券面に
あの場面をマジで使っちゃったんかぁぁぁ。(2019/4/12)

北海道から九州まで1枚で ICカード相互利用、JR・私鉄などが検討
「Suica」「PASMO」「はやかけん」など全国の鉄道系ICカードを相互利用できるようにする検討が始まった。実現すれば、北海道から九州まで1枚のICカードで行き来できるようになる。(2010/12/21)

カード型電子マネーの残高を確認――キングジム「リレット」
(2010/3/3)

神尾寿の時事日想・特別編:
香川大学はなぜIruCaを導入したのか――IC利用率78%「IruCa」の今(後編)
香川大学では2008年から、高松琴平電気鉄道(ことでん)の交通ICカード「IruCa」を内蔵した学生証を導入している。導入の狙いを聞くとともに、学生たちの利用状況についてレポートする。(2009/7/15)

神尾寿の時事日想・特別編:
交通を軸に「地域のカード」へ――IC利用率78%のIruCaの今(前編)
78%という驚異的な利用率を誇る交通ICカード、高松琴平電気鉄道のIruCa(イルカ)。2009年時点で発売枚数は約15万枚となっているが、どのように普及し、そしてこれからどのようなことを目指しているのだろうか。高松琴平電気鉄道の岡内清弘氏に話を聞いた。(2009/6/22)

神尾寿の時事日想・特別編:
エゾモモンガ、札幌の駅を跳ぶ――写真で見る「Kitaca」
10月25日にスタートし、2日間で約2万5000枚を販売するなど、JR北海道「Kitaca」の出足が好調だ。プロモーション、キャラクターグッズ販売の様子など、札幌駅の“今”をお伝えしよう。(2008/12/1)

神尾寿の時事日想・特別編:
にしてつ「nimoca」スタート――写真で見る、福岡・きっぷ&電子マネー最新事情
にしてつグループの交通IC乗車券&電子マネー「nimoca」が5月18日にスタートした。ポイント制を導入するなど、首都圏のSuica/PASMOにもない仕掛けを持つ先進的なシステムだ。nimocaで福岡はどう変わるのか? フォトレポートをお送りする。(2008/5/23)

神尾寿の時事日想:
2008年のFeliCaのトレンドとは――IC CARD WORLD 2008を振り返る
FeliCaやICタグへの関心が高まる中、「IC CARD WORLD 2008」が4日間で16万5000人の来場者を集めて閉幕した。イベントで感じたのは、昨年普及が進んだ結果、FeliCaソリューションのトレンドが変わりつつある、という流れだ。(2008/3/12)

神尾寿の時事日想:
西日本鉄道「nimoca」はこんなサービスになる
2008年春に福岡エリアで導入予定のIC乗車券&電子マネー「ニモカ」。JR九州「スゴカ」との相互乗り入れ、ポイント制導入など、ユーザーの利便性を高めるシステムになる見込みだ。ここでは他誌に先駆け、その先進的なサービス内容を紹介する。(2007/12/21)

神尾寿の時事日想・特別編:
米国進出の第1歩――FeliCaハワイプロジェクトとは
電子マネーやIC乗車券として、日本ではすっかりおなじみになったFeliCa。香港、インドなどを除いて、海外展開はまだ始まったばかりだが、ソニーは欧米でのFeliCa普及を目指している。米国上陸の第1歩として、ハワイで行っている取り組みについて聞いた。(2007/12/5)

神尾寿の時事日想・特別編:
讃岐うどんもかざして精算――高松・IruCa(イルカ)の電子マネー事情
交通乗車券として高い利用率を誇るIruCaは、電子マネーとしての利用も始まっている。Suicaシステムを活用するなど、工夫を凝らして利用率向上を狙う、高松の電子マネー事情を取材した。(2007/9/19)

神尾寿の時事日想・特別編:
IC利用率78.4%。IruCa(イルカ)の街、高松の電車・バス事情
香川県高松市の「IruCa」をご存じだろうか? SuicaやICOCAと同じくプリペイド式交通乗車券で、導入2年で発行枚数約10万枚、利用率78.4%を誇る。SuicaやICOCAにもない「前払いでも割引」を実現、市民に親しまれるIruCaの最新事情を紹介する。(2007/9/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。