ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電子マネー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!電子マネー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電子マネー関連の質問をチェック
「電子マネー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

「楽天ポイントカード」グルメマラソン実施 外食でも横断企画
 楽天ペイメントは10月14日、運営する「楽天ポイントカード」において、10月22日から11月21日まで「行けば行くほどポイントアップ!楽天ポイントカード グルメマラソン」を実施すると発表した。(2021/10/15)

「WAON」と「nanaco」がApple Payに対応、10月21日から iPhoneやApple Watchで支払い
イオンの電子マネー「WAON」とセブン&アイホールディングスの「nanaco」が米Appleの「Apple Pay」に10月21日から対応する。iPhoneやApple Watchで両電子マネーを使った決済が可能。(2021/10/14)

お店のオリジナルPayが発行できる「アララ キャッシュレス」11月より提供開始 来春にはNTTドコモ「iD」対応店舗でも利用可能に
 キャッシュレスサービス事業などを行うアララは10月13日、キャッシュレス化をワンストップで実現するキャッシュレス総合支援サービス「アララ キャッシュレス」を2021年11月より順次提供を開始すると発表した。(2021/10/14)

Apple Payの「WAON」「nanaco」は10月21日スタート サービスの詳細は当日発表
Apple Payにおける「WAON」「nanaco」のサービス開始日が10月21日に決まった。ただし、サービスの詳細はサービス開始当日まで明らかにされないようだ。(2021/10/14)

スマホユーザーのマイナポイント申請率は51.4%、登録先トップは「PayPay」 MM総研が調査
MM総研は、10月12日に「スマートフォンユーザーのマイナポイント申請状況調査」(2021年8月末時点)の結果を発表。マイナポイント申請率は51.4%、登録先トップは「PayPay」となった。(2021/10/12)

ふぉーんなハナシ:
モバイルSuicaアプリから突然消えた「Google Payチャージ」
アプリのリニューアルで「Google Pay」を使ったチャージに対応した「モバイルSuicaアプリ」。ところがある日、この機能が突然削除されてしまいました……。代替手段があるとはいえ、突然のことに驚きを隠せない筆者です……。(2021/10/11)

巣ごもり需要に対応:
セブン&アイ、上半期の連結決算を発表 ネットコンビニ取り扱い店舗を今年度中に約1200店へ
セブン&アイ・ホールディングスは、2022年2月期第2四半期(21年3〜8月)の連結決算を発表した。国内のコンビニ事業ではどういった戦略を打ち出していくのか。(2021/10/9)

楽天Edyの20周年キャンペーン第3弾、抽選で「楽天キャッシュ」1000円〜60万円分をプレゼント
楽天Edyは、20周年キャンペーン第3弾を開催。抽選で1人にオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」60万円分をプレゼントし、条件を達成すると当選確率が最大で100倍になる。(2021/10/8)

20〜50%還元が継続、「超PayPay祭」も注目 スマホ決済10月のキャンペーンまとめ
2021年10月のスマホ決済キャンペーンも、20〜50%還元のものが目立つ。10月18日〜11月28日に開催される大規模キャンペーン「超PayPay祭」では、多数の加盟店がクーポンを配信し、オンラインショップでもキャンペーンを行う。ドコモはd払いを初めて利用すると50%を還元するキャンペーンを実施している。(2021/10/5)

三井住友カード、決済サービス「Stera pack」スタートキャンペーン開始 サービス利用料3カ月無料
 三井住友カード(東京都江東区)は10月1日より、中小事業者向け決済サービス「stera pack」において、新規申し込みの加盟店を対象に「stera pack スタートキャンペーン」を開催すると発表した。(2021/10/4)

PayPayの店舗手数料有料化で“加盟店の離脱”は起きない モバイル決済ジャーナリストが予想する理由
PayPayが10月に加盟店のシステム利用手数料を有料化する。先行事例も踏まえると、有料化による加盟店の離脱はそれほど起きないと考えられる。一方、PayPayが手数料を2%弱に設定したことで、競合他社は決済手数料でもうける戦略をとりにくくなるだろう。(2021/10/1)

“キャッシュレス決済ごっこ”ができるレジ型玩具 本物のバーコードを読み取り可能、実在する15の企業とコラボ
タカラトミーは、キャッシュレス決済ごっごができるレジスター型玩具「おしゃべりバーコードレジスター」を発表した。本物のバーコードを読み取ることができ、キャッシュレス決済を体験できる。(2021/9/30)

ゲート式、ノマドワーカー向け時間課金型セルフカフェがオープン 遊休店舗の活性化
 TOUCH TO GO(東京都港区)は9月27日、「ベックスステーションラウンジ東中野店」に、ゲート連動式次世代無人オーダー決済端末「TTGーGATEWAY」を提供すると発表した。(2021/9/27)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン[特別版]:
新1万円札の肖像、7年前に記念硬貨になっていた お札の博物館でお金の歴史をひもとく
新紙幣のデザインについて議論が活発だ。だが、見本画像だけでジャッジすることに違和感を覚えた筆者が行った先は。(2021/9/22)

セブン銀行、後払いサービスを外部事業者に提供 まずは「バンドルカード」に
セブン銀行が、外部事業者向けに後払いサービスを提供する。まずは、カンムの「バンドルカード」でスタート。ユーザーは商品の購入月の翌月末までに、同行のATMの他、コンビニやネット銀行で後払いできる。(2021/9/22)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
変化の激しい現在、多様性を認めることが競争力を高める重要なカギ――SUBARU IT戦略本部 情報システム部長 辻裕里氏
2025年に向け、「モノをつくる会社から笑顔をつくる会社へ」というビジョンを推進するSUBARU。自動車・航空宇宙の両事業で着実なる持続的成長への足場を固めている。(2021/9/21)

「木彫りの自動販売機」に思わず二度見 飲み物を買えそうで買えない木彫作品が「絵本に出てきそう」と話題
飲み物は買えないけれど味わい深い自販機。(2021/9/19)

ウェアラブルニュース:
「EVERING」は指輪をかざして決済完了、非接触決済はウェアラブル端末に統合へ
タレスジャパンは、フィンテックスタートアップのEVERINGが2021年秋に一般発売する非接触決済のためのリング型デバイス「EVERING」に、タレスの決済ソリューションと組み込みセキュリティ技術が採用されたと発表した。(2021/9/17)

ドコモ、マツモトキヨシで「iD」利用者1万人に最大1万ポイントをプレゼント
NTTドコモは、マツモトキヨシグループ対象店舗での会計時にdポイントカードを提示し、合計1000円(税込み)以上を電子マネー「iD」で支払ったユーザー最大1万人へ最大1万ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施する。(2021/9/14)

Mobile Weekly Top10:
9月のスマホ決済のキャンペーンはどんな感じ?/折りたたみ×防水+おサイフケータイで魅力が増したGalaxy Zシリーズ
スマートフォンを使った決済サービスは、毎月さまざまなキャンペーンを実施することでアクティブ率を高めようとしています。そんな中、トップシェアを誇るPayPayが店舗における手数料を10月から完全に有償とします。これにより、利用できる店舗が減少するのか、それとも……?(2021/9/13)

モバイル決済で店舗改革:
キャッシュレス決済の売り上げを毎日入金 JCBとpringの実証実験で見えたこと
キャッシュレス事業者から店舗への入金は即日であることは少なく、場合によっては「翌日の仕入れ」に影響しかねない。そうした課題を解決するために、pringアプリを通じてJCBから店舗へ売上金を毎日入金するという実証実験を行っている。店舗側の潜在的なニーズを探ることも目的の1つだ。(2021/9/10)

キャッシュバックの受け取り方法を消費者が選べる「WalletCho」(ウォレッチョ)、提供開始
 総合広告業務を展開するスコープ(東京都千代田区)は、9月6日より送金プラットフォーム「WalletCho」(ウォレッチョ)のサービス提供を開始した。同サービスでは、キャッシュバック型のプロモーション時に消費者自身で受け取り方法の選択が可能となる。(2021/9/8)

「セコロジスト」足澤氏が語るAIクレジットのAWS活用【後編】
クレカ40枚所有の「セコロジスト」足澤氏が明かす、「AWS」のお得な活用法
消費者に最もお得な支払い方法を提案するサービス「AIクレジット」を手掛けるAIクレジット社。同社は事業のインフラとしてAWSを利用している。同社CTO兼COOの足澤 憲氏に、AWSを使う理由や料金節約のこつを聞いた。(2021/10/5)

お堅い「国税庁一問一答」を超解読!:
<電子取引編>知識ゼロから読める改正電帳法「一問一答」
2022年1月1日施行が予定されている「改正電子帳簿保存法」(以下、改正電帳法)。ここからは、基本編、スキャナ保存編に続き、持木健太氏(TOMAコンサルタンツグループ 取締役)協力のもと「電子取引編」と題して、国税庁の公式サイト「一問一答」をかみ砕いて解説する。(2021/9/7)

PayPayは最大10万円還元、20%〜50%還元も充実 スマホ決済9月のキャンペーンまとめ
2021年9月もスマホ決済キャンペーンラッシュが続く。ネットユーザー必見なのが、1等で100%還元となる「秋のペイペイジャンボ(オンライン)」。初回利用でユーザーを呼び込もうとするキャンペーンも充実している。(2021/9/6)

60歳以上の通販トラブルが過去最多に コロナ禍で利用増
国民生活センターは、2020年度に全国の消費者センターなどに寄せられた60歳以上からの通信販売の相談件数が10万7796件で、過去最多だったと発表。ネット通販の相談が増えているという。(2021/9/3)

中国メーカーのUnihertzが、なぜFeliCa対応の超小型スマホを投入したのか?
超小型にこだわってスマートフォンを開発し続けてきた中国メーカーのUnihertz(ユニハーツ)。同社が2月に予約販売を開始したのが、おサイフケータイに対応した「Jelly 2」だ。なぜおサイフケータイに対応するほど日本市場に注力しているのか。(2021/9/2)

業界のルールはPayPayが決める 黒字化への道筋(後編)
コード決済側から見たPayPayとキャッシュレス決済全体から見たPayPayの印象が異なっていると感じる方がいるかもしれない。一方この分野でPayPayが圧倒的シェアを誇っていることは確かだ。つまり、同じ土俵で競合が勝負する限り、PayPayの施策に毎回引っ張られるということを意味しており、この分野におけるルールメーカーがPayPayになったということは揺るぎない事実だ。(2021/9/2)

決済手数料有料化のPayPay、黒字化への道筋(前編)
 PayPayは8月19日、これまで無料としてきた「MPM」方式と呼ばれる店舗に印字されたQRコードを掲示してユーザーがスマートフォンアプリで読み取って支払いを行う決済について10月1日以降の手数料を1.60%または1.98%にする。これによって業界がどのように変化し、これによって赤字続きだった同社がいかに「黒字化」を考えているのか、ビジネスモデルの面から考えてみたい。(2021/9/1)

コロナ禍での変化トップは「キャッシュレス決済」、利用を始めた理由は?
MMD研究所とビザ・ワールドワイド・ジャパンは、8月31日に共同実施した「コロナ禍での支払いやお金の管理に関する調査」の結果を発表。コロナ禍の変化では「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」がトップとなった。(2021/8/31)

クラウド経費精算の「BIZUTTO経費」がキャッシュレス決済に対応、領収書原本添付が不要に
ALSIの経費精算クラウド「BIZUTTO経費」に、キャッシュレス決済の利用明細データを経費精算に利用できる新機能が加わった。クレジットカードや電子マネーの利用明細から必要なデータを自動で取得する。(2021/8/31)

Y!mobileとUQ mobileのキャンペーンまとめ スマホ代や月額料金がお得に
Y!mobileとUQ mobileが実施するキャンペーンでは、2月から両ブランドが提供を始めたプランの契約で適用される特典や、連携する電子マネーの還元も実施している。8月現在、利用できるキャンペーンを確認しよう。(2021/8/31)

イオンのトータルアプリ「iAEON」登場 コード決済「AEON Pay」も実装
イオンは、9月1日にトータルアプリ「iAEON」をリリース。「WAON POINT」の利用、付与、照会、交換ができる。電子マネーやコード決済での支払い、「お気に入り店舗」のキャンペーン情報の確認などが行える。(2021/8/30)

9月1日から:
イオン、サービス一括アプリ「iAEON」を配信 「グループ共通のタッチポイント」
イオンがWAON POINTの交換やコード決済が利用可能となるトータルアプリ「iAEON(アイイオン)」の配信を9月1日に開始する。(2021/8/30)

石野純也のMobile Eye:
手数料だけでは成り立たないスマホ決済 それでも各社が注力する理由とは?
スマホ決済が転換期を迎えている。PayPayは2022年10月から決済手数料の有料化に踏み切る。対する楽天グループの楽天ペイは、PayPayの有料化に乗じた形で中小店舗に対する手数料を1年間無料化する。KDDIはグループの金融事業との連携を強化する方針を示した。(2021/8/28)

羽田空港に無人決済店舗 27日オープン 商品を手に取るだけで支払い金額確定
搭乗前の急いでいるときに会計で並びたくない、新型コロナウイルス感染予防のために非接触で会計を済ませたいなど、多様化するニーズへの対応が狙いだ。(2021/8/27)

ANA FESTA GO:
ANAグループ、羽田に無人店舗を開店 有人店舗併設で取り込む新たなニーズとは
ANAグループのANA FESTAと、無人決済システムの開発を進めるTOUCH TO GOが、無人決済システムを活用した店舗「ANA FESTA GO 羽田B1 フロア店」を羽田空港に開店した。(2021/8/27)

PR:防水+おサイフケータイだけじゃない 「OPPO Reno5 A」が“安心”して使えるスマホである理由
6月に発売されたOPPOのミッドレンジスマートフォン「OPPO Reno5 A」をレビュー。おサイフケータイや防水に対応しながら、多くのユーザーにとってちょうどいいスペックを実現している。カタログでは分からない部分として、日本のニーズを捉えたサービスも提供している。(2021/8/26)

楽天ペイ、中小店舗の決済手数料を1年間無料に 楽天ポイントが集客の強みに
楽天ペイメントは、年商10億円以下の新規加盟店を対象に、「楽天ペイ」のコード決済の手数料を、2021年10月1日から2022年9月末まで実質0円とする。楽天の決済サービスで同社が強みに挙げるのが「楽天ポイント」だ。加盟店になることで購買意欲の高いユーザーが来店し、売り上げのアップが期待される。(2021/8/25)

「推し払い」第2弾はFGO キャラ型キーホルダーでEdy決済
アクリルキーホルダーでEdy払いできる「推し払いキーホルダー」第2弾はFGO。(2021/8/20)

FeliCa対応の超小型スマホ「Jelly 2」を試す 文字入力やバッテリーの持ちはどう?
中国Unihertzの小型スマートフォン「Jelly 2」は、手にすっぽりと収まるサイズでFeliCaにも対応している。その小ささゆえに使いづらい場面もあるが、決済用端末として割り切るとかなり魅力的だ。(2021/8/23)

“無人決済みやげ店”羽田に登場 手に取った商品リアルタイム認識
手に取った商品が自動で認識され、無人で決済できるみやげ物店が羽田に登場。(2021/8/19)

不安は:
中国・韓国・日本のキャッシュレス決済調査、各国の特徴は?
銀聯国際日本支社は、中国・韓国・日本の「現金とキャッシュレス決済に関する調査」を実施。各国で最も使われる決済方法は何か、月にどのくらい現金もしくはキャッシュレス決算を使用しているか、キャッシュレス化への不安などを聞いた。(2021/8/18)

日本人の現金使用額は中国人の7倍 銀聯が日中韓のキャッシュレス動向を調査
カードブランド「銀聯」(UnionPay)を運営する中国・銀聯国際の日本支社による、日中韓300人へのキャッシュレス決済の動向調査によると、日本人の現金使用額は中国人の約7倍であることが分かった。(2021/8/16)

ポケットチェンジ、外貨を郵送して電子マネーに交換「エアポケットチェンジ」 キャンペーン開始
 ポケットチェンジ(東京都港区)は8月13日、郵送型外貨交換サービス「エアポケットチェンジ」のキャンペーンを開始したと発表した。期間限定で、外貨を電子マネーに交換する。(2021/8/16)

楽天ポイント、マクドナルド50周年記念キャンペーンで最大50倍還元
楽天ポイントカードは、8月11日〜9月7日に「マクドナルド50周年記念ポイント祭りキャンペーン」を開催。抽選で5050人に通常の50倍、50万人に通常の2倍の「楽天ポイント」をプレゼントする。(2021/8/12)

蓄電・発電機器:
容量13kWh超の家庭用蓄電池、太陽光の自家消費を「ポイント還元」する独自機能も
ネクストエナジー・アンド・リソースが、家庭用蓄電システムの新製品「iedenchi-NX Premium」の販売を2021年8月2日から開始した。蓄電池容量13.16kWhで、同社の「iedenchi-NX」シリーズにおいて、大容量モデルの位置付けとなる製品だ。(2021/8/12)

「nanaco」と「WAON」が年内にApple Pay対応 サービス詳細や開始日は未定
セブン&アイ・ホールディングスとイオンは、各社が提供する電子マネー「nanaco」と「WAON」が、年内にApple Payに対応するとそれぞれ発表した。両社ともサービス内容や開始日は詳細が決まり次第発表予定。(2021/8/10)

「WAON」「nanaco」がApple Payに対応 2021年内に
Appleの決済システム「Apple Pay」において、イオングループの「WAON(ワオン)」とセブン&アイグループの「nanaco(ナナコ)」が利用できるようになる。2021年内の対応を予定しているが、詳細は後日発表されるという。(2021/8/10)

WAONとnanaco、年内にもApple Payに対応へ iPhoneやApple Watchで利用可能に
イオンは8月10日、展開する電子マネーWAONについて、年内にApple Payに対応させると発表した。(2021/8/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。