ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電子マネー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!電子マネー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電子マネー関連の質問をチェック
「電子マネー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

LINE Pay、企業から個人の送金サービス シェアリングビジネスで送金の需要増
LINE Payが、企業から個人へ送金できるサービス「LINE Pay かんたん送金サービス」を始めたと発表した。(2019/7/22)

コカ・コーラの「Coke ON」アプリが1500万ダウンロード スタンプ山分けキャンペーン実施
コカ・コーラの一部の自動販売機で利用できる「Coke ON」アプリが6月末時点で1500万ダウンロードを突破。それを記念して、ためるとドリンクがもらえる「スタンプ」を山分けプレゼントするキャンペーンを実施する。(2019/7/18)

査定額がアップする「ビック買取マネー」スタート デジタル機器の買い取りを電子マネーで
現金で受け取るより査定額がアップします。(2019/7/17)

ビックカメラが「ビック買取マネー」開始 買い取りが“チャージ”に
ビックカメラが、買い取りカウンターを設ける全国のビックカメラグループ各店で独自の決済サービスを開始。買い取り時、現金の代わりに「買取マネー」を受け取ると、買い取り価格の5%増しでチャージされる。(2019/7/17)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
7pay騒動から見えた、モバイル決済の懸念 生き残るために必要なものとは?
不正利用が発覚した「7pay」の問題が収束する気配が見えない。セブン社内でも混乱が続いているようで、セキュリティ対策と顧客サポートの両面で手が回っていない印象を受ける。この7payを含む「コンビニPay」と、銀行が提供する「銀行Pay」を含めた、モバイル決済全体の課題を整理する。(2019/7/17)

五輪前に急拡大のキャッシュレス決済 業者乱立にリスクも
政府の推進策に加え、2020年東京五輪・パラリンピックに向け急増する訪日客を取り込む動きが活発化したことで、決済手段や業者が乱立。(2019/7/16)

小規模サービス業・小売業の7割以上がキャッシュレス決済を導入済み
ラクーンコマースは、7月10日にキャッシュレス決済の導入に関するインターネット調査の結果を発表した。7割以上がキャッシュレス決済を導入しており、導入数が最も多い決済方式はクレジットカードの9割。売上比率は10%未満が約5割と導入効果を特に感じておらず、決済手数料での利益減少や資金繰りに対する不安も多い。(2019/7/11)

ビジネスパーソンのための入門Libra:
ビットコインとLibraは何が違うのか?
グローバルに使うことを目指した暗号通貨としてFacebookが主導するLibra。技術面ではなく利用用途面から見ると、ビットコインと大きな2つの違いがある。(2019/7/11)

コード決済の認知は84.8%、利用経験上位は「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」
MMD研究所は、7月10日に「2019年7月 QRコード決済利用動向調査」の結果を発表した。QRコード決済の認知は84.8%、内容理解は47.6%で、現在も利用しているのは15.6%。利用経験は「PayPay」がトップとなり、次いで「LINE Pay」「楽天ペイ」が上位に。(2019/7/10)

「PayPayボーナス」の有効期限を撤廃、無期限に 出金可能な残高「PayPayマネー」を追加
PayPay残高の名称を変更します。(2019/7/10)

「PayPay送りあうと約束したのに返金されない」トラブル 見知らぬ人との残高送り合いに注意喚起
「お互いにPayPay残高を送りあうと約束したが、実際には、送り返さないという事例が確認されている」として、PayPayが7月9日、見知らぬ人との残高送り合いを控えるよう、注意を呼び掛けた。(2019/7/10)

「フリーランス」は老後をどう設計するべきか
ITライターの小寺信良さんは55歳。老後をどう設計するのか。(2019/7/10)

ファミペイ、不具合の“詫びペイ”180円相当を配布 7月18日までに電子マネー利用可能に設定した全員に
ダウンロード数は250万を超えているとのこと。(2019/7/9)

FamiPay、システム障害の“おわび”22日から付与へ 180円相当、受け取りには「暗証番号設定」必須
ファミリーマートが、「FamiPay」のリリース直後に起きた不具合に対する“おわび”の詳細を発表。18日までに暗証番号の設定などを終えたユーザーに対し、22日から「FamiPayボーナス」180円分を提供する。受け取ったユーザーは、同ボーナスを残高にチャージすると買い物などで使える。(2019/7/9)

東急ハンズ、「PayPay」「LINE Pay」など7種のスマホ決済を一挙導入
東急ハンズが「PayPay」「LINE Pay」など計7種類のモバイル決済サービスを導入すると発表。対象は、全国の東急ハンズ29店舗、ハンズ ビー16店舗。9日から使えるようにし、他の店舗にも順次拡大する。(2019/7/8)

PayPayが送金キャンペーン、総額1億1000万円 「送るともらえる」「受け取ると抽選でもらえ、山分けできる」
「PayPay」で2種類の送金キャンペーンが始まった。送金したユーザーがボーナスを得られる「送るとPayPay残高もらえちゃうキャンペーン」と、受け取った人が抽選でボーナスを獲得でき、他のユーザーへの山分けも可能な「PayPayリレーキャンペーン」の2種類だ。(2019/7/8)

7Pay、2段階認証知らず社長しどろもどろ 縦割り、セブン銀とも交流なし
「7pay」が、深刻な不正利用により、サービス開始からわずか4日目で新規利用者登録の停止に追い込まれた。コンビニエンスストア各社は「顧客の囲い込みと事業拡大につながる切り札になり得る」とスマホ決済に期待していた。だが、最大手によるずさんなセキュリティー対策が冷や水を浴びせた。(2019/7/8)

神戸市、商店街や水族館でキャッシュレス化の実証実験 12日から
神戸市と楽天ペイメントが、7月12日から神戸市内の水族館や動物園、商店街などで楽天ペイによるキャッシュレス化の実証実験を7月12日に始めると発表した。(2019/7/5)

キャッシュレス決済サービスの安定稼働までの道のり
PayPay「100億円祭り」を襲うトラブルの数々 AWSでアクセス急増をどう耐えたか
QRコード決済サービス「PayPay」の「100億円キャンペーン」第1弾は、注目の的となった半面でシステム障害が相次いだ。同社はその後、大量のトラフィックを処理するシステムを「AWS」でどう構築したのか。(2019/7/10)

「FamiPayは大丈夫?」ネットで不安の声 ファミマは「不正ログインは起きていない」「二段階認証を使用」と明言
「7pay」問題のあおりを受け、ネット上では「FamiPay」のセキュリティ面を心配する声が出ている。ファミリーマートに見解を聞いたところ、「不正ログインは起きていない」と明言。二段階認証などを使用しており、セキュリティ面に問題はないと説明した。(2019/7/4)

吉野家で「iD」と「楽天Edy」 きょうから利用可能に
吉野家が電子マネー「iD(アイディ)」と「楽天Edy(エディ)」を7月4日から導入。吉野家の国内店舗1161店(同日時点)で利用できるようになった。(2019/7/4)

セブンペイで不正利用被害、900人で5500万円
セブン&アイ・ホールディングスは4日、セブン−イレブンで使えるスマートフォン決済「7pay」で第三者の不正アクセスによる支払いの被害があったと疑われる人数と金額が、同日午前6時までで、約900人の計約5500万円に上ると発表した。(2019/7/4)

7pay、チャージと新規登録を停止 不正ログイン被害額は約5500万円、「全て補償する」
「7pay」で不正ログイン被害が相次いだ問題で、運営元が7payへの電子マネーのチャージと、新規のアカウント登録を一時停止。不正アクセスの被害者は約900人、被害額は約5500万円(4日現在)で、全て補償するという。(2019/7/4)

今日のリサーチ:
消費増税で子育て世代は駆け込み需要よりも「スマートでお得」重視?――オウケイウェイヴ調査
2019年10月に予定されている消費税増税を前に、最近の消費者の行動や意識について「OKWAVE」の投稿やその属性データなどから特徴を分析しました。(2019/7/4)

7pay、クレジット・デビットカードでのチャージ停止 不正利用対策で
「7pay」で不正ログインの被害が相次いでいる。セブン&アイ・ホールディングスは対策として、クレジットカードとデビットカードによるチャージを一時停止した。再開時期は未定。(2019/7/3)

JR東日本、駅でテレワークできる個室 8月から提供
JR東日本はテレワークなどに利用できる1人用の個室「STATION BOOTH」を設置し、8月1日からサービスを始めると発表した。(2019/7/3)

「7pay」で不正アクセス被害 「クレカから勝手にチャージされた」報告相次ぐ 運営元はID・パスワード変更を推奨
7月1日にリリースしたモバイル決済サービス「7pay」の一部アカウントが、 第三者による不正アクセスの被害を受けた。Twitter上にも「クレジットカードで計18万円不正チャージされ、9万円を使われた」といった報告が相次いでいる。運営元のセブン・ペイは、簡単なID・パスワードを設定しているユーザーに対し、変更するよう呼び掛けている。(2019/7/3)

ファミペイ、公開から1日で100万ダウンロード突破 障害には「全力で対応する」
「ファミペイ」のダウンロード数が、リリースから約1日で100万件を突破。しかし公開直後からアクセスが殺到し、ページの読み込みができないなどの障害も発生。(2019/7/3)

富士山にもキャッシュレス化の波 入山料支払いを促進へ
令和になって初めての山開きを迎えた富士山は、同日、保全協力金、いわゆる入山料の支払いがキャッシュレスに対応した。外国人登山客などに、多様な支払い方法を提供し、現在5割の支払い率を7割まで上げる目標だ。(2019/7/2)

「Yahoo!マネー」終了 残高はPayPayに統合へ
ヤフーとPayPayが「Yahoo!マネー」などの事業を9月30日にPayPayに統合すると発表した。(2019/7/1)

「おサイフケータイ」が15周年 ドコモが特設サイトを開設 キャンペーンも
NTTドコモが「おサイフケータイ」15周年を記念する特設サイトを開設。サービスの使い方や特徴、提供開始からこれまでのあゆみ、キャンペーン情報などを掲載している。これに合わせて、電子マネー推進検討会メンバー5社と連携したキャッシュレス推進キャンペーンも実施する。(2019/7/1)

コンビニ2社の独自決済サービス、初日は使えない状態が続く 「想定以上のアクセス」で ファミペイとセブンペイ
セブン-イレブン・ジャパンとファミリーマートが、それぞれ7月1日から独自の決済サービスをスタート。いずれもアクセスが集中し、決済アプリが使いづらい状態が続いている。(2019/7/1)

Libraの2つの顔 超国家企業連合か、暗号通貨の「伝統」か
Libraが成功した際には、超国家的な通貨ネットワークが実現する可能性がある。それだけに、各国の警戒心は強い。グローバルな巨大企業が多数参加するという非中央集権的な側面と、ビットコインを起源とする非中央集権的なあり方を理想とする側面の2つを持つ。日本での法的位置づけも不透明だが、今後どんなシナリオがあるのかも探る。(2019/6/30)

「Yahoo!マネー」が「PayPay」に統合 9月30日付予定
ヤフーが「Yahoo!マネー」の名称で提供している電子マネー事業をPayPayに9月30日付で承継する予定であることを発表。「Yahoo!マネー残高」を「PayPay残高」に移行する。PayPayアカウントを持っていないユーザーは、9月30日以降に新規作成すれば残高や登録情報を引き継ぎできる予定だ。(2019/6/28)

東京都、水道料金を「LINE Pay」「ファミペイ」などで決済可能に 7月から
東京都は、水道料金の支払い方法にモバイル決済サービスを追加する。自宅に届く請求書のバーコードをスマートフォンのカメラで読み取ると決済できる。(2019/6/28)

Yahoo!マネーがPayPayに統合 9月末に
ヤフーは電子マネー「Yahoo!マネー」を9月30日時点で「PayPay」に統合する。Yahoo!マネープラスの残高は、払い出し可能な新しいPayPay残高に移行される。(2019/6/28)

消費者1万人に聞く:
平成時代に「生活に影響したもの」ランキング 1位は携帯・スマホ、2位は?
博報堂生活総合研究所が「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」に関する調査結果を発表した。生活者に最も影響を与えた製品・サービスは「携帯電話・スマートフォン」だった。(2019/6/27)

ファミマ、モバイル決済「FamiPay」を7月から提供 クーポン、レシートもアプリで「財布いらず」目指す
ファミリーマートは、独自のモバイル決済サービス「FamiPay」を7月1日から提供する。決済機能に加え、クーポンや回数券なども使えるスマートフォンアプリ「ファミペイ」を公開する。(2019/6/27)

セルフレジのコード決済対応も:
ファミマのコード決済「FamiPay」7月1日にスタート
ファミリーマートがスマートフォン向け会員証アプリを開発。電子クーポンや各種コンテンツに加えて、独自のコード決済機能「FamiPay」を利用できる。これに合わせて、FamiPayを含むコード決済サービスをセルフレジで利用できるように改修する。(2019/6/27)

ファミペイで「お財布レス」目指すファミマ 88億円還元キャンペーンも実施
ファミリーマートは、バーコード決済「FamiPay」を7月1日から展開する。スマートフォンアプリ「ファミペイ」にはポイントカード機能やクーポン機能も盛り込み、「お財布レス」コンビニを目指す。(2019/6/27)

今日のリサーチ:
平成の消費に影響を与えたものは「スマホ」「ネット通販」「PC」――博報堂生活総合研究所「消費1万人調査」
博報堂生活総合研究所が実施した「消費1万人調査」より、「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」の結果を抜粋。(2019/6/26)

“楽天の5G”と“完全キャッシュレス”を体験できる「Rakuten Optimism 2019」 今夏開催
楽天が、2019年7月31日〜8月3日にイベント「Rakuten Optimism 2019」を開催する。イベントのテーマは「5G時代を、先取りしよう」であり、同社が思い描く5Gサービスを体験できる。会場での物販や飲食の決済を全てキャッシュレスにするのも特徴だ。(2019/6/26)

小売・流通アナリストの視点:
メルカリが電子決済の覇権を握る日
メルカリは中古品流通業界を制するといった小さなことを目指していない。彼らが握ろうとしているのは今後キーになる「電子決済の覇権」なのだ――。(2019/6/26)

メルペイ、PayPay、LINE Payが20%還元の合同キャンペーン セブン‐イレブンで7月11日から
メルペイ・PayPay・LINE Payは、7月11日から「最大20%戻ってくる!キャンペーン」を開催。キャンペーン期間中にコード決済で支払うと、各社1000円分相当を上限として支払い金額の20%を還元する。決済サービス事業者の3社合同還元キャンペーンは今回が初で、第2弾は8月12日から実施する予定。(2019/6/24)

PayPay、LINE Pay、メルペイが共同企画 セブンで20%還元
競合3社が共同キャンペーンを実施する。セブン-イレブンで7月11日から21日まで、PayPay、LINE Pay、メルペイのすべてで20%還元キャンペーンを実施。上限額は各サービスごとに1000円分。(2019/6/24)

LINE Pay・PayPay・メルペイ、セブンで最大20%還元 7月から合同キャンペーン
LINE Pay、PayPay、メルペイは、全国のセブン-イレブンで、支払額の最大20%を還元するキャンペーンを7月11〜21日に実施する。(2019/6/24)

「君、今日からクラウド担当ね」 未経験者が1人で始めた、ファミマのAWS移行の舞台裏
「AWS Summit Tokyo 2019」のセッションに、ファミリーマートでクラウド移行の責任者を務める土井洋典さんが登壇。土井さんは、前任者が突然退職したため、ある日突然上司からクラウド担当を任された経験を持つ。たった1人でのスタートだったというが、どうやってAWS移行を成功させたのだろうか。(2019/6/24)

日立市、電子マネーを一斉導入 市役所や観光施設など
日立市は電子マネー決済システム15カ所24台を一斉導入した。7月1日から窓口などで電子マネーが利用可能になる。(2019/6/20)

「楽天ペイ」がビックカメラ、コジマ、ソフマップ全店舗で利用可能に
楽天の「楽天ペイ(アプリ決済)」が、6月20日から全国のビックカメラグループ全店舗に対応。利用者は「ビックカメラ」「コジマ」「ソフマップ」の対象店舗で会計の際、QRコードを店員に読み取ってもらえれば支払いができる。(2019/6/19)

新スタイル:
楽天生命パーク、球場内キャッシュレス化に賛否両論
東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地「楽天生命パーク宮城」では今シーズンから、球場内での物販購入の際にクレジットカードや決済アプリなどを通じたキャッシュレスでの会計が導入されている。「小銭を出す手間が省ける」といった意見がある一方、「現金が使えるようになった方がいい」といった意見も出るなど、賛否両論がわき起こっている。(2019/6/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。