ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電子マネー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!電子マネー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電子マネー関連の質問をチェック
「電子マネー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

NXPが新ソリューション:
訪日旅行者が自身のスマホでFeliCa決済可能に
NXP Semiconductorsは、フェリカネットワークスと協力し、スマートフォンなどで国内外のモバイル決済/チケッティング機能に対応することができるソリューションの提供を始める。(2019/2/21)

みずほ銀行のスマホ決済、後発でも「勝算がある」理由
みずほ銀行が、モバイル決済サービス「J-Coin Pay」を3月から提供する。LINE Pay、楽天ペイなどと比べると後発だが、「勝算はある」という。(2019/2/20)

「LINE Pay」20%還元、次はビックカメラやZOZOTOWN、電気料金も
モバイル決済サービス「LINE Pay」で20%還元の新キャンペーン。ビックカメラやZOZOTOWN、九州電力・東京電力エナジーパートナーの電気料金支払いも対象だ。(2019/2/20)

今日のリサーチ:
消費増税、消費者の7割はポイント還元目的のキャッシュレス決済利用に積極的――サンケイリビング新聞社調査
女性のための生活情報紙「リビング新聞」を発行するサンケイリビング新聞社は、2018年11月に消費増税に関するアンケート調査を実施しました。(2019/2/20)

コード決済と非接触決済に対応する端末「ThincaBridge NFC」今夏発売
TFペイメントサービスは、1台でQRコード決済と電子マネー決済に対応するキャッシュレス決済端末「ThincaBridge NFC」を今夏発売。QRコード決済は「消費者提示型」「店舗提示型」の両方式が可能で、マイナンバーカードへの対応も予定している。(2019/2/19)

カード情報利用、どこまで? 決済通じて“吸収”される個人の情報
キャッシュレス決済を進めていくことが政策課題となっている。キャッシュを使わないことで、小売業などへのコスト負担が軽減される。スマートフォンやカード、指紋などの生体認証を利用して支払いをすますことが近未来の姿であるだろう。(2019/2/19)

格安SIM業界初:
ユーザーからの“愛”でサブブランド対抗 mineo「アンバサダー制度」は吉か凶か
MVNO「mineo」を運営するケイ・オプティコムが2019年の事業戦略を発表。事業方針や契約数といった情報をコアユーザーに共有し、新サービスなどを一緒に考える「アンバサダー制度」を3月から開始するという。業界初の取り組みは、どのような成果をもたらすのだろうか。(2019/2/19)

mineoの契約数が伸び悩む原因は? 「共創」「安心」戦略で回復なるか
ケイ・オプティコムが2月18日、MVNOサービス「mineo」の新たな行動指針となる「mineo way」を発表した。mineoの契約数は100万を超えたあたりから伸びが鈍化。厳しい競争環境を勝ち抜くため、ファンとの共創を重視し、初心者に向けた施策も充実させた。(2019/2/18)

乱立する決済サービスをまとめる製品も
NFC非搭載スマホでもタッチ決済が可能に インサーが決済用SDカードを開発
インサーはキャッシュレス決済製品群を発表した。NFC規格に準拠していないスマートフォンでタッチ決済を可能にする製品と、複数の決済カードを登録可能なスマートフォン向けアプリケーションの2つだ。(2019/2/18)

使いたいコード決済1位は「PayPay」 働く女性の意識調査
ソフトブレーン・フィールドは、2月12日に「《働く女性》キャッシュレス決済に関する意識調査」の結果について発表。QRコード決済を「実際に利用したことがある」は17.5%、「実際には利用していないが、今後利用してみたい」は32.9%に。利用してみたいQRコード決済は「PayPay」が最多で「LINE Pay」「楽天ペイ」と続いた。(2019/2/15)

iPhoneでもEdyが使えるようになる? 新「楽天ペイ」アプリで変わること
楽天が、2019年3月18日に「楽天ペイ」アプリをバージョンアップする。これにより、楽天ペイ、楽天Edy、楽天スーパーポイントを1つのアプリで管理できるようになる。具体的に何が変わるのか? 現時点で分かっていることを整理する。(2019/2/15)

ふぉーんなハナシ:
スマホ×カード 組みあわせで“明暗”が分かれる非接触決済
Apple Pay対応のiPhoneや、おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンを買ったら、非接触決済を使ってみたいですよね。でも、持っているスマホとカードの組みあわせによっては、使えないこともあるのです……。(2019/2/14)

「スマホ中心」がキーワード:
金融事業に本腰のKDDI、スマホ決済のキャリアフリー化・カブコム出資など発表
KDDIがオンライン金融ビジネスを強化する取り組み「スマートマネー構想」を発表。「au WALLETアプリ」の用途を広げ、預金、送金、決済、ローン、投資、保険の契約などにも対応する。実現に向け、決済サービスのキャリアフリー化と、カブドットコム証券への出資などを行う。(2019/2/12)

北陸銀行が2019年度上期に「ほくほくPay」開始 銀行口座直結のコード決済
北陸銀行は、2019年度上期を目処にスマホ決済サービス「ほくほくPay」を取扱開始。スマホアプリを操作して加盟店側の端末に表示されたQRコードを読み取ると、事前に登録した口座から代金が即時に引き落とされる。個人ユーザーはクレジットカードの申込や事前の電子マネーチャージが不要で、加盟店側も専用端末を用意する必要がない。(2019/2/12)

PayPayにLINE Payが対抗 ファミマで20%還元
モバイル決済サービス「PayPay」で、支払額の20%が電子マネーで還元される「第2弾100億円キャンペーン」が始まったことに対抗し、「LINE Pay」もファミリーマート限定で同日、20%還元キャンペーンを始めた。(2019/2/12)

PayPay「100億円還元」第2弾きょう開始も“祭り”は起きず
「PayPay」で2月12日、支払額の20%が電子マネーで還元される「第2弾100億円キャンペーン」が始まった。第1弾ではネットが“PayPay祭り”にわいたが、第2弾は還元額の上限が引き下げられるなどお得感が減ったこともあり、静かな船出になっている。(2019/2/12)

モバイル決済Q&A:
ポイント2重取りでお得 クレカと連携できるモバイル決済サービス
モバイル決済では支払い時にポイントがたまるものが多いが、クレジットカードを連携させることで、クレカのポイントをためられる場合もある。今回はクレジットカードでお得にポイントもたまるモバイル決済サービスを紹介しよう。(2019/2/11)

ビジコムのPOSレジ「BCPOS」、3月1日から「PayPay」に対応
ビジコムのPOSレジ「BCPOS」が、3月1日からPayPayの提供するスマホ決済サービス「PayPay」に対応する。POSレジでの会計時にタッチパネルから決済手段を選択して「PayPay」を選べば、シームレスな決済が可能。店舗側は小銭の取り違えやレジの待ち時間短縮などが期待できる。(2019/2/8)

キャッシュレスポイント還元実施で:
女性の3割が、現金派からキャッシュレス派に転向
10月に10%に引き上げられる消費税への対策として、キャッシュレス決済にポイント還元を行う見通しだ。女性の多くが、これを機にキャッシュレスに積極的になるかもしれない。(2019/2/8)

モバイル決済Q&A:
モバイル決済はどんなサービスがある? 大きく分けると「3種類」
サービスが増加しているモバイル決済を、Q&A形式で解説する連載がスタート。多くの人が感じる素朴な疑問から、お得で便利な活用法までを解説する。今回現在提供されている、主要なモバイル決済サービスを紹介する。(2019/2/8)

架空世界で「認証」を知る:
「カウボーイビバップ」は電子マネーをどう描いた? 2071年太陽系の“決済手段”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第9回のテーマは架空世界の電子マネーについて。(2019/2/8)

JR東日本、スイカ簡易版システム導入へ 全域カバーで電子マネー経済圏づくり
交通系ICカード「Suica」で、現状よりも導入費用を大幅に軽減する簡易版の新システムを早ければ来年度中にも導入する方針を明らかにした。(2019/2/7)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
PayPayも導入した「3Dセキュア」って何? クレジットカード本人認証のハナシ
認証まわりの話題について分かりやすく解説する連載。今回はクレジットカードの本人認証サービス「3Dセキュア」などについて解説します。(2019/2/7)

流通再編「第三極」:
“地方スーパー同盟”始動 イオンやセブンの対抗勢力になるか
節約志向の高まりで国内消費が力強さを欠くなか、流通各社は生き残りを懸け、再編を加速させている。そのなかで昨年12月、独立系食品スーパーの3社が資本・業務提携を発表した。それも提携を「新日本スーパーマーケット同盟」と銘打ち、この同盟に各地のスーパーやさまざまな業態の小売業の参画を呼び掛ける異例の取り組みだ。イオン、セブン&アイ・ホールディングス(HD)の流通大手が提携や統合を仕掛けるなか、この同盟が流通「第三極」になれるかが注目される。(2019/2/5)

議論が混迷:
「税込み」か「税抜き」か? ポイント還元策複雑化の懸念……
10月の消費税増税時に実施される、政府のキャッシュレス決済に伴うポイント還元策の議論が混迷している。ポイントは各決済事業者がもともと持つポイント付与の仕組みを使い還元される予定だが、ポイント付与の計算に使う「価格」が、税抜きと税込みが混在する可能性があるためだ。すでに複数の還元率が存在して分かりにくいとの指摘がある中、実施段階ではさらに複雑化する恐れがある。(2019/2/5)

「nanaco」なくしてもすぐには止められない? 「チャージ残高は翌日以降、オートチャージは即時停止」
「nanacoカードを落としたため、コールセンターに連絡したが、止められるのは翌日になると言われ、当日中に悪用されてしまった」――こんな投稿がTwitter注目を集めた。カードを紛失した場合どうなるか、セブン&アイに聞いた。(2019/2/4)

PayPay、残高不足時のクレカ自動決済を廃止
「PayPay」で、チャージしている電子マネー残高が不足した際の挙動がこのほど変わり、不足した残高をほかの決済方法で自動補てんする機能が廃止された。(2019/2/4)

トークンエコノミーで保険加入者の健康増進に貢献:
富士通エフ・アイ・ピー、住友生命に「ValueFrontポイントサービス」を提供
富士通エフ・アイ・ピーは住友生命保険に「FUJITSU リテイルソリューション ValueFrontポイントサービス」を提供開始した。(2019/2/1)

キャッシュレスも推進:
幸楽苑がAIを本格活用へ 何をどう役立てるのか
異物混入事件で業績が低迷していた幸楽苑HDが、矢継ぎ早に改革を打ち出し、客足が戻りつつある。1月28日の記者会見で新たにAIを活用すると発表したが、どのような戦略なのだろうか。(2019/1/28)

コナミとセガ、アミューズメント施設でQRコード決済を導入
コナミアミューズメントは、セガ・インタラクティブと共同展開するアミューズメント向けマルチ電子マネーサービスがQRコード決済へ対応すると発表した。第1弾として2019年春に「Alipay」「WeChat Pay」、2019年夏以降に「楽天ペイ(アプリ決済)」「d払い」「LINE Pay」「PayPay」といった国内サービスにも順次対応する。(2019/1/25)

コナミとセガ、アーケードゲームにQRコード決済採用 Alipay・PayPay・LINE Payなどに対応
これまで交通系などの電子マネーが使えたところに、選択肢がさらに追加。(2019/1/25)

ビジコムのPOSレジ「BCPOS」が「d払い」に対応
さまざまなキャッシュレス決済に対応するビジコムのPOSレジ「BCPOS」が、NTTドコモのバーコード決済「d払い」に対応。店舗側はクレジットカードや非接触ICカードのように専用端末などの事前準備を必要とせず、初期費用無料で導入することができる。(2019/1/25)

“いま”が分かるビジネス塾:
キャッシュレスが進む日本、社会は二極化する
2019年は「キャッシュレス元年」という位置付けになるかもしれない。もし日本でもキャッシュレス化が進行した場合、これまで単一のマーケットだった個人向け金融サービスが二極化することが考えられるだろう。(2019/1/24)

迷惑bot事件簿:
クレカ不正利用で暗躍するbotの脅威 セキュリティコード特定は“朝飯前”
クレジットカード不正利用の背景には「ダークウェブ」の存在とbotの悪用がある。botの検知システムを利用することで、被害を未然に防ぐことが可能という。(2019/1/24)

QRコード決済って本当に必要?
 2次元バーコード「QRコード」を使ったスマートフォン決済に参入企業が相次ぐなか、支払いに現金を使わないキャッシュレス化普及の大きな目的とされるインバウンド(訪日外国人)の利便性向上に本当に役立つのか疑問の声が上がっている。中国以外の国ではクレジットカードや銀行口座から即時に引き落とされるデビットカードが主流のため、国内でQRコードの受け皿を広げても使ってもらえるか分からないためだ。官民挙げた「QR狂想曲」はどこへ向かうのか。(2019/1/23)

クレカなどの方が……:
QRコード決済って本当に必要なの? 米では利用率1%以下という統計も
2次元バーコード「QRコード」を使ったスマートフォン決済に参入企業が相次ぐなか、支払いに現金を使わないキャッシュレス化普及の大きな目的とされるインバウンド(訪日外国人)の利便性向上に本当に役立つのか疑問の声が上がっている。中国以外の国ではクレジットカードや銀行口座から即時に引き落とされるデビットカードが主流のため、国内でQRコードの受け皿を広げても使ってもらえるか分からないためだ。官民挙げた「QR狂想曲」はどこへ向かうのか。(2019/1/23)

フリマアプリ「ラクマ」売上金を電子マネーにチャージ、累計5億円突破 メルカリに先行
フリマアプリ「ラクマ」の売上金を、ユーザーがオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」にチャージした累計額が昨年12月末に5億円を突破。メルカリに先行している。(2019/1/22)

トップはPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」――MMD研究所がコード決済サービスのキャンペーン認知度を調査
MMD研究所が「2019年1月 QRコード決済サービスのキャンペーンに関する調査」の結果を発表。2018年秋〜冬に実施されたキャンペーンにおいて、認知度トップはPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」だった。一方で、実際に利用されたサービスのトップは「Origami Pay」だった。(2019/1/22)

架空世界で「認証」を知る:
ガンダム、パトレイバー、コードギアス――リアルロボットの“認証技術”を考察する
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第8回のテーマはサンライズ作品のリアルロボットの認証について。(2019/1/21)

「モバイルSuica」の年会費が無料に フィーチャーフォン向けサービスは2020年に終了
JR東日本は、2020年2月26日以降に「モバイルSuica」の年会費を無料にすると発表した。また、フィーチャーフォン全機種とAndroidスマホの一部機種は2020年2月25日または2020年12月22日にサービス提供を終了とする。(2019/1/16)

「モバイルSuica」年会費無料に ガラケー向けはサービス縮小
JR東日本は、Androidスマートフォンやガラケー向けに提供している「モバイルSuica」のサービスについて、2020年2月26日から年会費を無料にすると発表した。iPhoneで同様なサービスを利用できるApple Payは当初から無料だった。(2019/1/16)

コード決済どれを選ぶ? 主要5サービスを総まとめ
2018年にはスマホ決済、特にコード決済が大きな注目を集めた。一方、どのサービスを使うべきか分からないという人も多いだろう。そこで今回は「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「Origami Pay」のメジャーな5サービスの違いを解説する。(2019/1/14)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
海外のキャッシュレス事例にみる、日本の決済に必要なもの
2019年以降、日本のキャッシュレス市場はどう変わるのか。またどうあるべきなのか。海外のキャッシュレス導入事例を挙げつつ、日本にキャッシュレスに必要なもののヒントを探りたい。海外では、日本では見られない、ユーザー視点のユニークな取り組みが多い。(2019/1/14)

楽天、ホームスタジアムでの決済を完全キャッシュレス化
楽天グループは、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」とJ1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」のホームスタジアムを完全キャッシュレス化する「スマートスタジアム構想」について発表。2019年の開幕戦から、チケットや飲食などの決済をすべて現金からQRコード決済や各種クレジットカード決済などに順次対応していく。(2019/1/10)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
2019年のキャッシュレス大展望 増殖する「○○ペイ」淘汰の流れも
2018年は「日本のキャッシュレス元年」だといわれている。2019年のキャッシュレス市場はどう変わるのか? 増殖するコード決済サービスはどうなるのか?(2019/1/10)

楽天のスタジアム、原則「現金不可」に 完全キャッシュレス化、19年開幕戦から
「楽天生命パーク宮城」「ノエビアスタジアム神戸」での買い物時、現金決済ではなくキャッシュレス決済が原則に。2019年開幕戦から順次適用する。(2019/1/10)

スマートスタジアム構想を打ち出す楽天:
現金利用不可「楽天生命パーク宮城」と「ノエビアスタジアム神戸」が完全キャッシュレスへ
楽天グループのプロ野球、プロサッカーチームのホームスタジアム2カ所が、完全キャッシュレス化に対応。現金決済の取りやめ、QRコード決済「楽天ペイ」、電子マネー「楽天Edy」、ポイントカード「楽天ポイントカード」、各種クレジットカードとデビットカードだけに対応する。(2019/1/10)

たまったPayPayボーナスが使えない? 「残高」支払い時の注意点
2018年12月4日から2019年1月1日までの「PayPay」支払いで発生したボーナスが、1月8日から10日にかけて順次付与される。ボーナスはPayPay残高に反映され、電子マネーとして使える。ただしPayPay残高が使えない場合もあるので注意したい。(2019/1/9)

PayPay「2割還元」8日に付与開始 複数アカウントなど不正は付与取り消し
モバイル決済サービス「PayPay」が12月に行った「100億円あげちゃうキャンペーン」のボーナス付与が1月8日から10日にかけて順次行われる。1人で複数のアカウントを利用するなどの不正を行った場合は付与が取り消しになることも発表された。(2019/1/8)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Apple Watch Series 4」「Google Pixel 3」 最新デバイスの何に注目する?
2018年もさまざまな最新デバイスが登場した。外観や機能の見どころは幾つかあるが、有識者は何に注目するのか。本稿では「Apple Watch Series 4」「Google Pixel 3」について有識者が注目した点について解説する。(2019/1/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。