ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日本通信販売協会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

今日のリサーチ:
女性の約7割が「クリぼっちはかわいそうじゃない」――JADMA調査
女性1万人を対象にした「クリぼっち」に関する意識調査です。(2018/12/24)

スピン経済の歩き方:
だから「移民」を受け入れてはいけない、これだけの理由
安倍政権が「移民政策」を押し通そうとしている。人手不足の分野で外国人労働者を受け入れるというものだが、筆者の窪田氏は危機感を覚えているという。外国人を受け入れることで人手不足が解消するはずなのに、なぜ危機感を覚えるのか。(2018/10/30)

倉庫のロボ化、急速に:
動き出す流通業界「生産性革命」 AIとロボット連携に広がり
流通業界では、人口知能(AI)とロボットを組み合わせた省力化投資がにわかに動きを強めている。(2018/1/31)

窪田順生の時事日想:
「和食」にも活用? 食品が「機能」をうたえると世の中はどう変わる
この4月から「機能性表示制度」が施行される。科学的根拠のある成分を含んだ食品に関して、企業が自身の責任のもとで申請すれば「機能」をうたうことができるというもの。この制度がうまく運用されれば、世の中が大きく変わるかも……!?(2015/3/17)

窪田順生の時事日想:
実は企業の寿命を縮める劇薬? 本当は恐い「テレビで紹介されました」
「テレビで紹介されるのにはどうしたらいいですか」――。メディアの仕事に携わっている筆者の窪田さんのところに、こうした相談が多いという。テレビウケするポイントを伝えることもあるが、相手によってはお茶を濁すことも。その理由は……。(2015/2/3)

「リアル書店」と「ネット書店」の利用実態――ネット書店の利用率で60代が10代を上回る
日本通信販売協会(JADMA)による、「リアル書店」と「ネット書店」における利用実態の調査結果が発表。(2015/1/27)

リアルではラノベや雑誌、ネットではコミックス──書店使い分けの傾向 60代にもネット浸透 JADMA調査
リアル書店では「旬な情報との出会い」、ネット書店では「興味分野の深掘り」――リアル書店とネット書店の利用実態調査で、こんな傾向が浮き彫りになった。(2015/1/26)

【連載】MARKETING INNOVATORS:
スマートニュースが考える「コンテンツとしての広告」
スマホアプリのアドネットワーク事業を開始したスマートニュース。厳格な掲載基準によって展開されるネイティブ広告の可能性をスマートニュース 執行役員 広告事業開発担当 川崎裕一氏に聞いた。(2014/12/24)

名前だけでなく、実在性証明プロセスにも大きな違いが
知らないと恥ずかしい「SSLサーバ証明書」「EV SSL証明書」の違いとは?
フィッシング詐欺などのサイバー攻撃の対策に役立つ「SSLサーバ証明書」と「EV SSL証明書」。名前が違うだけだと捉えているとしたら、それは大きな誤解だ。それぞれの特徴を整理し、「知ってるつもり」から卒業しよう。(2014/1/27)

窪田順生の時事日想:
冗談みたいな通販カタログが成立する理由
ここに3冊の通販カタログがある。それぞれ競合他社のものだが、ページをめくって目を疑う。なんと、1ページ目から最後までまったく同じなのである。そんな冗談みたいな通販カタログが好評を博している。いったいなぜなのか?(2012/7/10)

“ANB48”も投入、百貨店はコンビニ・ネットから顧客を取り戻せるか?
「小売」と「消費者」の関係が大きく変革している。百貨店は男性(特に若い層)の取り込みに躍起になり、コンビニは中高年にターゲットを移す。そしてネットショッピングの浸透が止まらない。(2010/12/29)

医薬品ネット販売継続を――楽天、ヤフー、MIAUらが厚労相に要望書
医薬品のネット販売継続を求める要望書を、日本オンラインドラッグ協会やヤフー、楽天、MIAUなどが舛添厚労相に提出した。(2008/12/11)

メール・Webの適正利用へ業界団体が発足
日本インターネットプロバイダー協会など7団体が、電子メールとWebの適正な利用を推進する業界団体を設立した。(2008/12/2)

日本インターネットプロバイダー協会ら7団体、「Eメール・ウェブ適正利用推進協議会」設立
(2008/12/1)

「医薬品のネット販売継続を」 ネット薬局が自主ガイドライン策定
ケンコーコムなどが加盟するオンラインドラッグ協会は、医薬品ネット販売継続に向けた自主ガイドラインを策定した。(2008/8/6)

ワイヤレスジャパン2007:
絵文字・デコメ必須――PCとは別世界のケータイEC
最強の販促ツールは絵文字入りHTMLメールで、敬語を使わない“なれなれしい”文面の方が売れる――携帯電話向けECは、PC向けとは異なる独特な性質があるようだ。(2007/7/19)

コンタクトセンターが企業の顔になる:
「サポセン」とどこが違うのさ?
僕は30余年の東京住まいを止めて、佐渡島に住んでいる。近所にコンビニはないが、必要なものは居ながらにして買える。日本のビジネスも進歩したものだとつくづく思う。そのポイントとなるのがコンタクトセンターだ。(2006/2/10)

通販市場が急拡大、3兆円突破に
(2005/8/15)

IT Business フロントライン(6):
「楽天」だけが一人勝ち?オンライン・ショッピングモール最新事情
(2000/9/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。