ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「K-POP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「K-POP」に関する情報が集まったページです。

地域経済の底力:
ラーメン業界の革命児「一蘭」幹部に聞く 最高益をたたき出した「3つの要因」
一蘭ホールディングスの事業統括責任者に過去最高益をたたき出した理由を聞いた。3つの要因はインバウンド、物販、そして店舗システムだ。(2024/5/15)

“完全体”となったtripleS、日本への本格進出発表 「日本WAVに会えるのが楽しみ」
ついに!(2024/5/9)

「広告の女の子誰!?」「かわいいな」 ポカリの新CMに出演、ファッション誌で活躍する2人が注目集める
K-POPアーティストの撮影を数多く担当するフォトグラファーのソン・シヨンが撮影。(2024/5/3)

“闇オークション”騒動で批判受けたブランドの商品がキャンペーン景品に ロッテ免税店銀座が経緯を説明
(2024/4/25)

アイドルが広告で着用した衣装を無断でオークションに スマホアクセサリーブランドが謝罪
「闇オークション」がトレンド入りする騒ぎとなっていました。(2024/4/11)

BTS、SEVENTEENを擁するHYBE ゲーム事業に参入するワケと勝算
数々のグローバルアーティストを輩出してきたHYBEが、なぜゲーム事業に本腰を入れるのか。同社のゲーム事業を手掛けるHYBE IMのチョン・ウヨン代表取締役を直撃した。(2024/4/2)

K-POPアイドル、日本人メンバーの“コメントなし”に物議 公式が謝罪「挨拶の言葉が重複」→「挨拶はコメントなんですか?」
エチュードの新ミューズに就任したRIIZEが告知動画に出演していました。(2024/3/25)

K-POP“第5世代”「RIIZE」が「FIRST TAKE」に初登場 デビュー曲「Get A Guitar」を披露
3月22日22時からプレミア公開。(2024/3/22)

「Mステ」出演のK-POP“第5世代”に「人身攻撃、侮辱、悪意的な誹謗中傷」が発生 “ストーカー行為、暴言や罵倒”に法的措置も検討
メンバーたちからの直接の言及もありました。(2024/3/14)

元「NMB48」の白間美瑠、初代ルフィ役俳優と“限定結婚” 「私たち結婚しました」出演で“指輪”キラリ
3月15日23時から配信。【訂正】(2024/3/14)

KDDIらが「オープンメタバースネットワーク」発足 企業や自治体の事業活用を支援
KDDIらは、複数のメタバースプラットフォームが連携した「オープンメタバースネットワーク」を発足。企業や自治体がメタバースの事業活用を検討する際、導入や事業課題の解決などに向けたコンサルティングなどを行う。(2024/3/14)

Go AbekawaのGo Global!〜テッテさんFromミャンマー(前):
私はまだ18歳で、それまでの人生の全てはミャンマーに置いてきた
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はMicoworksでマネジャー兼ブリッジエンジニアとして活躍するHtet Htet Lwin Thein(テッテ・ルウィン・ティン)さんにお話を伺う。内向的でもないけど外交的でもない、勉強はしていたけどあくまで適度に。そんな控えめな表現をするテッテさんが、ITの世界でプロフェッショナルを目指すようになったきっかけとは。(2024/3/11)

「K-POPがこのレベルまで来た」「全世界の若者たちが一緒に楽しめる段階へ」 J.Y. Parkがコカ・コーラとのビッグコラボをねとらぼに語る
J.Y. Parkさんが「K-POPの影響力と進化」について語ってくれました。(2024/3/3)

どんな夢展開だよ! 韓国の歌手、高齢の“おじいちゃんファン”をライブに招待 「信じられない!」と大興奮
すごい展開。(2024/2/22)

ITZYの生ライブ&J.Y. Parkのスピーチに全世界のメディアが熱狂! 韓国でのコカ・コーラ新製品発表会をねとらぼ編集部が取材
ねとらぼ、韓国へいく。(2024/2/21)

SEVENTEENの「THE CITY」 HYBE JAPANトップに聞く新時代のプロモーション
BTSやLE SSERAFIMなどのスターを輩出し続けるエンターテインメントライフスタイルプラットフォーム企業HYBE。同社がグローバルに展開しているユニークな公演ビジネスモデルが「THE CITY」だ。同社の日本本社HYBE JAPANのハン・ヒョンロックCEOに戦略を聞いた。(2024/2/16)

「2NE1」、久々の集合写真にファンどよめく デビュー15周年に「何か起こっているの?!」「それともカムバック?」
カムバックだったらうれしい。(2024/2/9)

若者がメインターゲット:
auから“高パフォーマンス”エントリースマホ「Galaxy S23 FE」が登場 8万8000円で手に入る!
サムスン電子のお手頃ハイスペックモデル「Galaxy S23 FE」が、いよいよ日本でも本格展開される。国内のキャリアではau(KDDI/沖縄セルラー電話)の独占的取り扱いとなり、8万8000円で購入可能だ。(2024/2/1)

アリーナ建設でゲームチェンジャーに:
投資額2200億円 韓国にオープンした米・統合型リゾートが日本を“狙い撃ち”したワケ
韓国でIR「インスパイア(INSPIRE)」が、仁川国際空港西側にソフトオープンした。ホテル、カジノ、ショッピングモール、ウォーターパークなど多彩な施設を備えている。特にインスパイアが注力しているのが日本市場だ。(2024/1/26)

K-POP“第5世代”、男性グループ「RIIZE」の勢いがすごい 長寿音楽番組で1位を獲得に「異例中の異例」
日本での活動にも期待が高まります。(2024/1/22)

【マンガ】ツンデレ過ぎるマフィアはボスの威厳を保てるのか……? 親に売られた少女とのラブコメ『世話焼きマフィアと薄幸少女』がキュンキュンする
2人ともかわいい。(2024/1/17)

宮脇咲良&「TWICE」サナ、“1カ月越しの伏線”をコラボ動画で見事に回収 異国で活躍するスターの共演が「尊い」「可愛すぎる」
次は“ちゃん呼び”してほしいサナさん。(2024/1/3)

第74回NHK紅白歌合戦:
セブチは「けん玉猛練習中!」 SEVENTEEN、乃木坂46、ハマいく、純烈、JUJUらが紅白リハに続々登場!
午前の部は「緑黄色社会」「ハマいく」「乃木坂46」「新しい学校のリーダーズ」「JO1」「純烈」「SEVENTEEN」「JUJU」8組が登場。(2023/12/29)

女子高生に流行った「ルーズソックス」が戻ってきた! 再ブームの背景は?
1990年代後半に一大ブームとなった「ルーズソックス」だが、2021年頃に到来した「平成レトロブーム」を機に再び注目されている。20数年を経てルーズソックスは、どのように変化したのか。(2023/12/28)

グッドパッチとUXの話をしようか:
「たまごっち」ブーム再来 25年も経つのに、なぜ大人も夢中になるのか?
発売から約25年経つ「たまごっち」が子供だけでなく、大人からの支持を集めています。その理由を「ユーザーが行動を起こすために必要な3条件」からひも解いていきます。(2023/12/22)

なりたい職業も調査:
小学生の流行語 「それってあなたの感想ですよね?」「なぁぜなぁぜ」を抑えた1位は?
ベネッセコーポレーション(岡山県岡山市)が提供する「進研ゼミ小学講座」が「2023年の出来事や将来に関する小学生の意識調査」を実施した。(2023/12/10)

情報量が多すぎる金爆「女々しくて 2023流行語ver.」、TikTokで200万再生超えの反響 「この歌で今年把握できるのほんま凄い」「毎年恒例にしてほしい」などの声
今年ももうすぐ終わりだぁ(遠い目)。(2023/12/7)

Xiaomiが期間限定体験スペースを渋谷にオープン 狙いは常設ストアの展開か
Xiaomi製品を一堂に集めたポップアップスペース「Xiaomi Smart Holidays from “mi” to you!」が2023年12月5日から17日まで、東京・渋谷に期間限定オープンしました。Xiaomiが日本で直接製品の展示・販売を行う場所を開業したのは今回が初めて。日本でもいよいよ「Xiaomiストア」がオープンするかもしれません。(2023/12/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
庶民派・高級派で二極化? オーケー出店で「銀座の格が落ちた」と考えるのは早計なワケ
ディスカウントストアのオーケーが銀座にオープンして、大きな話題を呼んだとともに盛況を見せている。昨今は数多くの廉価なチェーンが出店する中で、銀座の格が落ちたと感じる人もいるかもしれないが、意外とそうでもなさそうだ。(2023/11/30)

物価高騰でも「推し活」費用下がらず 推し活で「人生が良い方向に変わった」人はどのくらい?
楽天インサイトは、「推し活」をしている全国の20〜69歳の男女を対象に「推し活に関する調査」を実施。推し活に使っている年間の金額の中央値は「2万〜3万円未満」だった。(2023/11/28)

今日のリサーチ:
「推し活」で人生はどう変わる?――楽天インサイトが「推し活に関する調査」の結果を発表
好きな有名人やキャラクターなどを応援する活動である「推し活」が盛り上がっています。(2023/11/24)

紅白初出場で注目のグループ、新曲MVがたった一夜で170万超再生 急上昇ランク浮上の反響
韓国の8人組グループ「Stray Kids」が第74回NHK紅白歌合戦への初出場を決めました。(2023/11/20)

旧帝大卒アイドル「学歴の暴力」が読み解く、アイドル×高学歴の方程式 恥じらい・プライド・不安定、なぜ高学歴女子とアイドルは相いれないのか
日本一平均偏差値の高いアイドルに聞きました。(2023/11/15)

携帯サービス「livedoor MOBILE」開始 月額880円から、コンセプトは「推し活ケータイ」
さまざまな特典が受けられるプライムパス「推しパス」を販売します。(2023/11/10)

MVNOサービス「livedoor MOBILE」提供開始 音楽やお笑いの「推し活」特典あり
月額880円(税込み)からのMVNOサービス「livedoor MOBILE」が提供開始。K-POPのイベント優先権などをはじめ、さまざまな特典を受けられるSIM型ファンクラブ「推しパス」に加入できる。(2023/11/10)

“マクゴナガル先生”マギー・スミス、88歳にしてハイブラモデル起用でK-POPスター超えの反響 「グリフィンドールに1000点!」
知性と品格。(2023/10/27)

「オタク用語辞典 大限界」巡り、出版元が声明 不適切な部分は「可能な限り改善」 出版予定は変更なし
SNS上で物議を醸していた書籍「オタク用語辞典 大限界」を巡って三省堂は、声明を発表した。語釈の不備や不適切な用例として指摘された部分について「可能な限り改善した」と説明。関係者への中傷コメントなどは止めるように求めている。(2023/10/26)

現役大学生が監修:
「アクスタ」「推し」「開封の儀」――三省堂、オタク用語だけ集めた辞典を発売
三省堂は、11月21日にオタク用語だけを集めた「オタク用語辞典 大限界」を発売する。価格は1540円。名古屋短期大学現代教養学科小出ゼミの学生12人が、自分たちの周りで使われているオタク用語約1600項目を採集した。(2023/10/26)

異色のタッグ:
ディズニープラスがHuluと組む狙い パートナー戦略はSVOD業界の“標準”になるか
動画配信サービスのディズニープラスとHuluは7月、月額制で両サービスを視聴できるプラン「Hulu | Disney+ セットプラン」の提供を開始した。なぜ、ディズニーはHuluと“異色”のタッグを組んだのか。両社の経営層に聞いた。(2023/10/26)

あの三省堂から、オタク用語辞典「大限界」登場 今の若者が使う1600用語を収録
国語辞典「大辞林」など手掛ける三省堂が、「オタク用語辞典 大限界」を11月21日に発売する。名古屋短期大学現代教養学科の学生12人が、自身の周りで使われているオタク用語約1600項目を採集し、語釈と用例を付した辞典だ。(2023/10/24)

「尊い」「顔面国宝」「助かる」 三省堂が『オタク用語辞典 大限界』を11月に発売 “界隈”別に章立て、約1600語を収録
「まひるみ」「豆腐」「俺が払うよ」など特定ジャンルの用語もカバー。(2023/10/23)

「ポケモンカード、こうしたら売れやすくなるよ」などを提案 メルカリ、AIアシスタント実装へ
メルカリは、フリマサービス「メルカリ」上でAIアシスタント機能「メルカリAIアシスト」の提供を始めた。出品済みの商品をAIが分析し、出品者に対してより売れやすくなるような改善策を提案する。(2023/10/17)

日本のマンガ・アニメは世界一? 「10年後も安泰」とは言えないワケ
日本のソフトパワーの代表格であるマンガ・アニメ。韓国や中国をはじめ、従来の形式にとらわれないエンタメコンテンツが台頭する中、エンタメ分野で日本がこれから世界をリードするために必要な視点とは――。(2023/10/6)

責任者に聞く日本戦略:
仏ロレアルはなぜ「化粧品の王者」でいられるのか? マスカラ「スカイハイ」爆売れの深層
仏ロレアルは、実に36の化粧品ブランドを抱える世界最大の化粧品会社だ。日本で2022年9月に発売したマスカラ「スカイハイ」が好調だ。年間1位を記録した理由を消費者製品部門プレジデントに聞いた。(2023/9/27)

「Xperia 5 V」のターゲットは“若者” スペックよりも体験を伝える手法とは
ソニーは9月20日、スマートフォン「Xperia 5 V」の国内における販路を発表した。NTTドコモ、KDDI、楽天モバイル、ソニーストアが取り扱う。同日の説明会でソニーがXperia 5 Vのプロモーションに「NiziU」を起用した狙いなどが語られた。(2023/9/20)

渡辺直美、日本人3人目の快挙に「ホント凄すぎる」「おめでとおおおおおおお」 「TWICE」に並ぶインスタフォロワー数に
すごい!(2023/8/26)

ぴあ総研の見解:
音楽ポップスの興行規模  3位「ONE OK ROCK」、2位「SixTONES」、1位は?
2023年上半期の「音楽ポップス興行規模ランキング」。1位は「すとぷり」の60.9万人、2位は「SixTONES」の59.5万人、3位は「ONE OK ROCK」の51.6万人となった。(2023/8/23)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
中国OnePlusのイメージを一新させるミッドレンジスマホ「OnePlus Nord CE 3 Lite」
OnePlusといえば、ハイエンドモデルに特化したメーカーでしたが、ここ数年はミドルレンジクラスの製品「Nord」シリーズも次々と送り出しています。2023年4月に発売した「OnePlus Nord CE 3 Lite」も価格を抑えたモデルです。(2023/7/21)

「オタクって優しい!」「この気遣いはすてきすぎる」 “グッズ列に並んでいるときのオタクあるある”に頷きと感心の声
自然に協力し合うオタク、尊い。(2023/7/20)

今年10周年:
メルカリで最も売れたブランド 10年前は「シャネル」 22年は?
2013年にサービスを開始し、今年10周年を迎えたメルカリ。月間利用者数は2200万人以上で、累計出品数は30億品を突破した。(2023/7/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。