ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「K-POP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「K-POP」に関する情報が集まったページです。

「BLACKPINK」ジェニー、インスタをハックされていた 「放っておいて」の嘆きに「彼女への破壊行為」と心配の声
#RESPECTJENNIE=ジェニーのプライバシーを尊重して。(2020/11/30)

グラミー歌手アリシア・キーズ、BTSカバーが35万RTを超えて拡散中 英語詞に隠された粋な計らいへ「泣ける」「ありがとう」
一生聞いていたい。(2020/11/26)

TWICEモモ、24歳の誕生日に公開された“永遠のルームメイト“とのオフショットにファン「尊い」「愛が爆発してる」
仲の良さに癒やされる……。(2020/11/9)

「可愛いおじさんてこんなに推せるんだな」 アンジャッシュ児嶋、高難度“プリンセスメイク”がもう萌えでしかない
無邪気な反応が見ていてたまらん。(2020/11/2)

怒涛の「推しプレゼン」を受けた人は沼に落ちるのか? フォロワーの勧誘を受けた人の漫画が悲しい結末を迎える
沼に引きずり込まれた側のエッセイ漫画です。(2020/10/20)

「綺麗な女の人がいる。。」 浅沼晋太郎、初カレンダーの妖艶な女装姿がファンの心を盗んでしまう事態に
艶っぽいまなざしにドキッとしちゃう。(2020/10/16)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
上品で美しいパープルカラーの「Galaxy S20+ 5G BTS Edition」 日本で触れる場所は?
サムスンの「Galaxy S20+」とK-POPグループのBTSがコラボした限定モデル「Galaxy S20+ 5G BTS Edition」が発売。「Galaxy Harajuku」に実機が自由に触れる状態で展示されています。パッケージにはBTSのシンボルロゴである台形が配置されています。(2020/10/15)

「dミュージック」月額コースを刷新 約5000万曲が聴き放題、動画見放題も追加
NTTドコモは、9月16日に定額音楽配信サービス「dミュージック」の月額コースをリニューアル。楽曲数を約5000万曲に増やし、約10万曲のミュージックビデオやライブ映像が見放題となる動画見放題機能を追加料金なしで利用できるようになる。(2020/8/18)

「誰かと思ったら……!」 ドランク塚地に激似のグラリオサ音子、チェゴとの「NiziU」ダンスカバー動画が圧倒的存在感
楽しそうで予想外に良コラボ。(2020/7/27)

2020年、オタク女子の傾向って? 若い女性オタクの「ヲタ活」動向を調査した結果のわかりみが深い
ジャニーズ、LDH、K-POP、アニメ・漫画のオタクを比較してみたら……。(2020/6/25)

トランプ大統領のタルサ集会「空席が多かったのはTikTokユーザーのたくらみのせいではない」と陣営幹部
トランプ大統領が当初Juneteenthに計画し、批判を受けて翌日にオクラホマ州タルサで開催した大統領選に向けた集会の参加者は、スペースの3分の1に満たなかった。TikTokユーザーが組織的にオンライン入場券を申し込んで参加しないことで影響を与えたと報じられたが、陣営はこれを否定した。(2020/6/22)

「Huluさんの本気」「見ないと損」 クライマックスのNizi Project、Huluで一挙無料配信に虹プロファン狂喜
デビューメンバー決定前に、虹プロ総復習じゃ〜!(2020/6/19)

「地上に舞い降りてきた女神様」 TWICEツウィが21歳の誕生日、愛され末っ子の美麗なオフショットにファン眼福
愛され末っ子みが深いツウィ。(2020/6/15)

東方神起チャンミンが9月に一般女性と結婚へ EXOチェン、イ・ヨニに続きSMエンタが結婚ラッシュ
おめでとうございます!(2020/6/12)

「自家発電でテンションを上げるのは正直大変!(笑)」  古坂大魔王・作曲家「バグベア」がオンライン対談で「2020年注目の音楽」「リモートワークの本音」を語る
「PPAP」に隠された秘密も明らかに。(2020/6/6)

突如街に現れる大波 水槽の中に波を表現する映像アートがリアルすぎてすごい
飲み込まれそう。(2020/5/24)

「日本スゴイ」では勝てない:
日本の中高年はなぜいまだに韓国を“格下”に見てしまうのか
世代間でイメージが大きく違う国、韓国。特に中高年だと古い印象が強いケースも。国際ビジネスに必要な「ライバルの真の姿」を知るには。(2020/5/22)

堀江貴文の「スマホ人生戦略」:
堀江貴文が語る、ジャニーズ事務所「新時代の海外戦略」――“嵐×Netflix”はテレビ主役時代の「終わりの始まり」
IT起業家として、インターネット黎明期から第一線を走り続けているホリエモンこと堀江貴文。堀江の行動原理はしばしば「多動」とも呼ばれているが、その多動的な行動を支えているのは実はスマートフォンだ。堀江は自身の仕事においてPCはほとんど使わず、スマホを使って多くの関係者とコミュニケーションを取りながら複数のビジネスを回している。第2回はジャニーズ事務所の海外戦略などを例に、動画配信が変えるビジネスの変化について語る。(2020/5/19)

近くて遠い国、韓国:
日本の中高年はなぜ若者の韓流ブームを全く理解できないのか
中高年に分かりづらい今の若者の韓流ブーム。世代間の認識のズレはどこから生まれるのか。一線の朝鮮半島の研究者とジャーナリストが対談。(2020/5/18)

JYJジェジュン、Instagramに「コロナ感染」ウソの投稿 エイプリルフールの注意喚起も、誤報に混乱
(2020/4/1)

ハートの刺繍やティアラにきゅん HONEY SALONのマルチケースが「推し活」に便利そう
ブロマイドやチケットを持ち運ぶのに便利なケースです。(2020/3/22)

誤解だらけの日韓関係を問う:
第3次韓流ブームの真相――それでも中高年が韓国に「上から目線」な訳
今の韓流ブームは「第3次」とされる。その実態と支持層について毎日新聞の外信部長が分析。ブームに反し中高年世代に「反韓」感情が強い理由とは?(2020/2/21)

女子と労働:
「キャリア、ライフステージ、そしてオタク事が三つ巴」――“オタク女子と労働”の大変さと楽しさを『本業はオタクです。』劇団雌猫かんさんに聞いた
みんなラクラク両立できてるわけではない!(2019/11/30)

2019年の振り返りと2020年の抱負を幹部が語る:
Twitterにあって他の動画プラットフォームにない提供価値は「話題化」と「話題に乗る」
令和への改元やラグビーワールドカップ2019日本大会をはじめとする大イベントをはじめ、2019年も日本で圧倒的な存在感を示したTwitter。現況と2020年に向けたビジネス展開について幹部が語った。(2019/11/28)

倖田來未、東方神起の2人との親密3ショットを投稿 「最倖な写真」「家宝です」「鳥肌立ちました!」とファン反応
倖田さんと東方神起は12年前に楽曲でのコラボも。(2019/11/21)

今日のリサーチ:
渋谷、原宿、新宿、池袋 女子大生(JD)の生態比較――CCCマーケティングとSHIBUYA109 lab.共同調査
来街目的、消費傾向、エンタメ、ファッション。各地に生息するJDの生態をビッグデータとアンケートで明らかにしています。(2019/9/11)

Twitter、スワイプ式のリスト新機能や“クソリプ”非表示機能をテスト導入 「いかにして健全性を高めるか?」中の人に聞いた
新機能よりも「会話の健全性」を強調。(2019/9/1)

年内めどにオープン化も:
「auスマートパスプレミアム」の会員特典が拡充 11月からコンテンツの“放題”サービスを追加
auの有料会員サービス「auスマートパスプレミアム」が、コンテンツの定額視聴に対応する。月額料金と既存サービスの内容は据え置きで、2019年内にはau契約者以外にもサービスを提供する予定だ。(2019/8/28)

「HomePod」を試す Apple Musicの楽しみ方と自宅での音楽体験が変わる
Appleのスマートスピーカー「HomePod」が、いよいよ日本でも発売される。Apple Musicユーザーとしては、HomePodの登場を心待ちにしていた。そんなHomePodを試用する機会を得たので、短期間ではあるが、使ってみて感じたことをまとめたい。(2019/8/13)

AmazonのアレクサがAppleMusicに対応 「アレクサ、Apple Musicでアニメのラジオをかけて」が通じるように
利用には、設定変更が必要です。(2019/6/26)

CCさくら、ハリポタなどかわいすぎるコラボが話題 韓国ファッションブランドSPAOに行ってきた
日本未上陸のハイクオリティーなコラボ。(2019/4/11)

「店員さんが来ると黙るカラオケ」「謎に年の離れた友達」オタクの楽しさあるあるとは? 『トクサツガガガ』丹羽庭×劇団雌猫対談
オタクって、楽しい……!(2019/4/10)

「黒マスクのルーツは韓国」って本当? 2019年に入ってから各社が報道 → ネット上で疑問の声
どこまで正しいのか調査してみました。(2019/3/14)

中国ディスプレイメーカーも本格参入 2019年は「折りたたみスマホ」ラッシュになる?
SamsungやHuaweiが相次いで「折りたたみ(フォルダブル)スマホ」を発表している。中国のディスプレイメーカーもそれに対応するディスプレイの生産を始めており、2019年中には中堅メーカーまで含めて折りたたみスマホが流行するかもしれない。(2019/3/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
チーズがビヨーンで大ブーム 「ハットグ」は「チーズタッカルビ」を超えるか?
韓国式チーズドッグ(ハットグ)がブームだ。提供するお店が増えて“乱戦”状態になっている。なぜここまでブームになったのか、背景を探る。(2019/3/5)

活躍の舞台は世界:
日本でのK-POP躍進の軌跡 長年支え続けてきた功労者に聞いた
"K-POP"が世界を魅了している。だが、日本で歩んできた道のりは決して平坦なものではなかった。K-POPを長年支え続けてきた功労者の1人であるユニバーサル ミュージック合同会社執行役員、中村卓さんに話を聞いた。(2019/1/30)

タワレコ渋谷リニューアル 洋楽フロア縮小、K-POPやアイドル拡張 「ネットで埋もれる」アーティスト紹介も
タワーレコードは、旗艦店のCDショップ「タワーレコード渋谷店」を1月19日にリニューアルする。洋楽を現在の3フロアから2フロアに統合する一方で、イベントスペースのキャパシティを倍増させるほか、K-POPやJ-POPを拡張する。(2019/1/11)

オタク女子のみなさん、2018年は何に“浪費”しましたか?
「天下一浪費女大忘年会」イベントレポート。(2018/12/28)

「餓死するかと思った」「顔に生理用ナプキンを……」壮絶な痛みを乗り越えて、整形女子たちが「かわいい」を求める理由
「美容整形トークショー vol.1」レポート。(2018/12/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
「原爆Tシャツ」「ナチス帽」で苦境のBTS 全米1位の裏にある“異常”な実態
韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」が「原爆Tシャツ」などの騒動を巻き起こしている。全米ヒットチャート1位にも輝いたこのグループの実態を探ってみると、興味深いことが見えてきた。(2018/11/15)

スピン経済の歩き方:
BTSの「原爆Tシャツ」騒動が起きても、韓流ブームが打撃を受けない理由
「原爆Tシャツ」を着用していたことを受け、韓国の人気グループ「BTS」が揺れている。「このままでは韓流ブームに陰りが出るかもしれない」と感じている人もいるかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2018/11/13)

「お金が不安、でも推しへの支出はやめたくない!」ハッピー浪費生活を続けるための“3つの鉄則”
「日○WOMAN」には載らないお金の話。(2018/10/24)

GirlsAward 2018 A/W:
K-POPガールズグループ「MOMOLAND」の腰クネダンスに女子熱狂! 圧倒的美脚を見せつける
今後の活躍が楽しみなガールズグループです!(2018/9/17)

15〜24歳女性の6割が「自分はヲタ」と自覚 1年に使っている金額は?
多い? 少ない?(2018/7/17)

「チョコ」「ジェシカ」など登場:
LINEに“動く”無料スタンプ120種追加 人気歌手とコラボの「BT21」も
「LINE」に動く無料スタンプが120種類追加される。公式キャラクターが80種類、韓国の人気歌手とコラボしたキャラクター「BT21」が40種類。動くスタンプを無料提供するのは同社初。(2018/6/22)

“日本が知らない”海外のIT:
世界中の若者が熱狂 自撮りは“口パク動画”の時代へ
世界中の若者が動画アプリに熱狂する中、「口パク動画」といわれる「リップシンク動画」が注目を集めている。(2018/3/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
過熱する「チーズタッカルビ」ブーム いつまで続く?
韓国料理をベースにしたフュージョン料理「チーズタッカルビ」がヒットしている――。今回は、チーズタッカルビなる料理が日本の外食で広がっている現況と、新大久保コリアン街を再生させて、日本全国に普及した過程を解説していきたい。(2018/2/20)

スピン経済の歩き方:
なぜ女子中高生は「韓国カルチャー」にハマったのか
「10代の若い女性を中心に『韓流ブーム』が起きつつある」というニュースが話題になっている。「本当なの?」「自分の周りにそんな人はいない」と思われたかもしれないが、なぜ日本の女子中高生は韓国カルチャーにハマったのか。その裏には……。(2018/1/23)

「これは不倫ですか?」 ぺえ&鈴木奈々の “疑似スキャンダル”写真にファンざわつく
文春砲ならぬ“ぺえ砲”。(2017/11/17)

新人記者(元女子高生)が行く:
知ってる? イマドキ高校生の好きなモノ
高知県から修学旅行でやってきた高校生1年生30人に、好きなものやハマっているものを聞いた。すると「ヒカキンはメッシ」なんて言葉も出てきて……!? ティーンのブームを探ってみた。(2016/11/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。