ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「関越自動車道」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関越自動車道」に関する情報が集まったページです。

「マイクラ」チックな壁に視覚がバグる!? 角川武蔵野ミュージアムが所沢で8月プレオープン
鉱石が埋まっていないか探してしまいそう。(2020/7/7)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019:
高速トンネル内でも打音がクリアに、機械学習で異常波形を検知
ネクスコ東日本エンジニアリングは、コンクリート構造物の打音点検を通行車両の騒音やトンネル内の反響音がある環境下でも、クリアに聞こえるようにするシステムの開発を進めている。(2019/8/19)

国民よ立て! 徒歩移動をミニベロに変えて、立てよ! 国民! 自転車を電車に乗せて「輪行」するのだ!
あなたを沼へ引きずり込みます。(2019/3/21)

祝「東京外環千葉区間」開通、フツーじゃ見られない高速道路の裏側公開 「これがあの“緊急避難路”かっ!」
2018年6月2日開通。苦節50年、開通直前の外環へ「歩いて」潜入!(写真100枚)(2018/5/26)

中京、関西、九州でも:
定額で高速乗り降り自由 ETC二輪車「ツーリングプラン」今年も
ETCを搭載する二輪車限定で、高速道路を定額で自由に乗り降りできる「ツーリングプラン」が4月27日から販売される。(2018/4/16)

千葉県区間:
外環道「三郷南IC」〜「高谷JCT」が6月2日開通
東京外環自動車道(外環道)の三郷南IC(埼玉県三郷市)から高谷JCT(千葉県市川市)が6月2日に開通する、(2018/3/23)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
ジャパニーズドリームを、群馬から――群馬イノベーションアワード(群馬県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第16回。群馬県のイノベーション機運を高めようと、毎年開催されている「群馬イノベーションアワード」を紹介する。(2018/3/23)

クルマで帰省する人必見、年末年始の高速道路「大渋滞」予測 いつ、どこが、どれだけ混むの?
正しい「渋滞の避け方」は?(2017/11/30)

10月3連休の渋滞はどうなる? 渋滞予報士による予測と「渋滞を発生させない方法」
10月の3連休(7〜9日)の渋滞状況を、渋滞予報士が予測。(2017/10/5)

ジェイテクト:
直径約7.7mの旋回座軸受が、国内最大のトンネル用シールド掘進機に採用
ジェイテクトは、同社の旋回座軸受が国内最大サイズのトンネル用シールド掘進機のカッター回転部に採用されたことを発表した。(2017/8/29)

ご当地キャラクター初のミュージアムがオープン 深谷市の「ふっかちゃんミュージアム」に行ってきた
頭に深谷ねぎが生えています。(2017/6/17)

人工知能ニュース:
「ポリンキー、ポリンキー、サービスエリアの秘密はね…」人工知能で教えてくれる
NEXCO東日本は、人工知能技術を活用した対話接客システムをサービスエリアに試験導入する。2017年3月までを実証実験の期間とし、実用化に向けた可能性や課題を探る。(2016/11/14)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
4日間1600km、盛大に寄り道しながら北海道と東北をクルマで走ってきた
クルマがあるからこそ、被災地に行くきっかけになったと思います。(2016/8/30)

杉山淳一の時事日想:
北近畿に異変アリ! 異業種参入のバス会社が鉄道事業を託された理由
国土交通省は3月11日、北近畿タンゴ鉄道と沿線自治体、ウィラートレインズによる鉄道事業再構築実施計画を認定した。4月1日から「京都丹後鉄道」が発足する。その背景には何があったのか……。(2015/3/20)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(2):
“メガネメーカーが開発したウェアラブル機器”JINS MEMEはなぜ生まれたのか
“メガネメーカーが開発したウェアラブル機器”として大きな注目を集めたジェイアイエヌの「JINS MEME」。そのアイデアはどこから生まれ、そしてそれを形にするにはどんな苦労があったのだろうか。革新製品の生まれた舞台裏を小寺信良氏が伝える。(2014/7/1)

PR:飛び石連休のドライブ旅行に――「カーナビタイム for Smartphone」で渋滞を賢く回避
せっかくのドライブ旅行も、渋滞に巻き込まれてしまうと楽しみが減ってしまう。効率よく都会を脱出し、帰りもスムーズに帰宅できるのが理想だ。そんな誰もが持つ期待に応えてくれるのが、通信機能を持ったスマートフォン向けのカーナビアプリ「カーナビタイム for Smartphone」である。(2014/4/17)

電気自動車:
東日本の高速道路33カ所に急速充電器、2014年秋にサービス開始
国内で電気自動車の販売が伸び悩んでいる。最大の理由は充電インフラが整っていないことだ。特に長距離の走行には充電が不可欠なことから、高速道路の運営会社が充電インフラの拡充に乗り出した。東日本地域のサービスエリアとパーキングエリア33カ所に急速充電器を新設する。(2014/1/31)

『鬼平犯科帳』の世界を再現したPA、羽生にオープン
羽生PAが「鬼平江戸処」としてリニューアルオープンする。時代小説『鬼平犯科帳』の世界をリアルに再現し、鬼平が舌鼓を打った江戸の味を提供するという。(2013/7/12)

シュワッチ! 関越自動車道、高坂SAに「ウルトラマン・ウルトラマンゼロ自動販売機」設置
しゃべるし光る。(2013/4/22)

「保護観察なう」――堀江貴文氏、仮釈放 ニコ生に登場
元ライブドア社長の堀江貴文氏が仮釈放され、Twitterを更新。ニコ生に元気な姿を見せた。(2013/3/27)

24時間対応のコールセンターも:
EV用急速充電器の有料化が加速、日産出資企業も会員制サービスを立ち上げ
日産自動車などが出資するジャパンチャージネットワークは、神奈川県を中心とする電気自動車(EV)用急速充電器を有料で利用できる会員制サービスを始める。トヨタ自動車、ホンダ、三菱自動車などが出資する充電網整備推進機構も、同様の会員制サービスを立ち上げており、EV用急速充電器の利用料を有料化する動きが加速している。(2012/9/5)

電気自動車:
電気自動車の有料急速充電サービス開始、コンビニやレストランでも充電可能に
電気自動車が注目を集め、三菱自動車工業、日産自動車、本田技研工業などが製品化しているが、外出先で充電サービスを利用できる場所が少ないという問題がある。その問題の解決につながるサービスが始まる。(2012/9/5)

取り寄せる? 食べに行く? ユニークご当地アイスめぐり
「ご当地」ブーム真っ盛り! 夏にピッタリの「ご当地アイス」はいかがですか?(2012/7/25)

生き残れない経営:
頻発する学童自動車事故の無策に激怒──民間企業経営では考えられない
国やお役所の対応を、仮に民間企業で行ったとしたら企業は間違いなく崩壊する。そもそもそんな経営は許されない。(2012/6/4)

えっホント!? コンプライアンスの勘所を知る:
高速ツアーバス事故にみるコンプライアンスの意味
多くの被害者を生じさせた高速ツアーバスの事故はなぜ発生したのか――業界体質や規制、市場原理など複雑な要素が絡み合うこの事故からコンプライアンスを考える。(2012/5/25)

貸切バス事業者の8割が赤字、人員削減や賃金切り下げも
帝国データバンクの調査によると、貸切バス事業者の8割以上が赤字であることが分かった。規制緩和で競争が激化した結果、現場の勤務状況も悪化しているようだ。(2012/5/10)

相場英雄の時事日想:
“激安”に潜む危険性とマスコミの罪
GW中に起きたツアーバスの事故は記憶に新しい。デフレ経済が長期化し、消費者はとにかく安いほうを好む傾向がある。しかし“激安”の裏に、危険は潜んでいないのだろうか。(2012/5/10)

窪田順生の時事日想:
「関越道バス事故」と「中国の観光バス事故」の共通点
46人もの死傷者をだした関越自動車道のツアーバス事故。次々と驚くような事実が明らかになっているが、筆者はこの事故と、1週間前に起きた事故の共通点に注目している。(2012/5/8)

杉山淳一の+R Style:
第40鉄 夏の青春18きっぷ旅(4)日本一のモグラ駅をズルい方法で訪ねた
記録的な猛暑の夏、涼を求めて彷徨う青春18きっぷの旅。4回目は地下70メートルの上越線土合駅と、そこから徒歩で行ける谷川ロープウェイを訪ねた。太陽の光が届かない「トンネルの中の駅」なら、きっとひんやりしているはず……。(2010/10/5)

高速道路のSA・PAで、無性に食べたくなるモノは?
クルマを運転するドライバーは、どのようなB級ご当地グルメを食べているのだろうか。月1回以上クルマを運転している人に聞いたところ「富士宮やきそば」を挙げた人が最も多かった。ソニー損保調べ。(2010/9/16)

お盆の渋滞ピーク、上り8月12日〜15日、下り13日〜16日
(2010/7/16)

UQコミュニケーションズ、幕張PA、羽生PA、三芳PAにWiMAXエリアを整備
UQコミュニケーションズが、高速道路のパーキングエリア・サービスエリアにUQ WiMAXのエリアを広げはじめた。NEXCO東日本では、UQ WiMAXを利用して「ニンテンドーゾーン」を展開する。(2009/12/14)

劇的3時間SHOW:
弘兼憲史氏&青年漫画誌編集長が語る、漫画編集者の仕事とは
島耕作シリーズなどで知られる漫画家の弘兼憲史氏は10月10日、JAPAN国際コンテンツフェスティバルのイベント「劇的3時間SHOW」に登場、『モーニング』(講談社)の古川公平編集長、『ビッグコミックオリジナル』(小学館)の吉野彰浩編集長とともに漫画編集者の仕事やエピソードなどについて語りあった。(2009/10/21)

私を“万座”へ連れてって:
唯一無二の選択肢――「BMW X3」を選ぶ理由
“コダワリの大人”に、今、オススメしたいクルマが「プレミアムコンパクトSUV」。アーバンクルージングはあくまでもスマートに乗り心地よく、だが一歩大自然に飛び込んだらその真価を発揮する――。「BMW X3」の魅力を試乗リポートでチェック!(2009/2/26)

近距離交通特集:
どうなる、こうなる首都圏の道路網――(最終回)首都高・圏央道編
今後の首都圏での高速道路建設計画を紹介する連載の最終回(全4回)。今回は「3環状」のうち、最も外側にある首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の建設計画を取り上げる。(2008/12/16)

近距離交通特集:
どうなる、こうなる首都圏の道路網――(3)東京外かく環状道路編
今後の首都圏での高速道路建設計画を紹介する連載の3回目(全4回)。今回は「3環状」のうち、2番目に外側にある東京外かく環状道路の建設計画を取り上げる。(2008/12/5)

近距離交通特集:
どうなる、こうなる首都圏の道路網――(1)都心を囲む3つの環
原油高でクルマの利用が敬遠されるようになったものの、首都圏の道路では慢性的な渋滞に悩まされている。その渋滞を解消するため、今、3つの環状道路が建設されようとしている。本記事では4回に分けて、首都圏の道路建設計画を紹介していく。(2008/11/21)

高速道路をもっと便利にする「スマートインターチェンジ」とは?
(2008/7/7)

被災者を支える、地元ケーブルテレビの死闘 (後編)
前回に引き続き、新潟中越地震で被害にあったCATV局を手伝いに行ったときの話をレポートしよう。マスコミの取材のあり方、火事場泥棒のような真似をする連中と、いろいろ考えさせられる経験だった。(2004/11/15)

被災者を支える、地元ケーブルテレビの死闘 (前編)
22年、ビデオ編集を仕事にしてきた筆者だが、そろそろ現役を引退しようかと考えていた。そんな矢先、新潟中越地震で被害にあった地元CATV局が編集マン不足で困っているという話を聞いた。どうせ看板を下ろすなら、最後は人の役にたってからにしよう――そう考えた筆者はボランティアとして現地に向かった。(2004/11/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。