ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「木村正治」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「木村正治」に関する情報が集まったページです。

アッカvs.イー・アクセスはいったん決着 アッカ社長交代、イー・アクセスは要求取り下げ
アッカの木村社長が退任を発表。経営陣交代を求めていたイー・アクセスは新経営陣に「一定の評価」を与え、株主提案を取り下げる。ADSL同業同士の対立はいったん決着することになった。(2008/2/21)

アッカの木村社長が退任――イー・アクセスは株主提案を取り下げ
アッカは、社長の退任を含めた取締役の人事を発表した。筆頭株主のイー・アクセスはこれを評価し、経営陣の一新と経営改革を求める株主提案をいったん取り下げた。(2008/2/21)

アッカ・木村社長、イー・アクセス提案に改めて反対
アッカに対しイー・アクセスが経営陣退任を要求した問題で、アッカの木村社長は「提案は具体的な株主価値向上が見えない」として改めて反対。ドコモとHSDPAのMVNOで提携するなど、ワイヤレスブロードバンド事業を成長させてADSLの落ち込みをカバーする戦略を打ち出す。(2008/2/14)

アッカ、イー・アクセスの提案に「反対」 対立決定的に
アッカ取締役会は、経営陣退任を求めたイー・アクセスの提案に「具体的な方策がない」として反対意見を表明。両社の対立は決定的になった。(2008/1/29)

1年でアッカ株価が上がらなければ派遣役員はクビ──イー・アクセス千本会長が説明
イー・アクセスの千本会長が、アッカ経営陣刷新を提案した経緯について説明。現経営陣では株価回復は見込めず、「ADSLのプロ」による新経営体制が企業価値向上につながると強調。引き金が「MSCB」だったことも明らかに。(2008/1/23)

ロサンゼルスMBA留学日記:
ついに「アッカ獲り」に動いたイー・アクセス、成算は?
イー・アクセスがアッカ・ネットワークの筆頭株主に躍り出た。イー・アクセスは「純投資目的」としているが、“会社乗っ取り”の可能性が高い。今後、アッカはどういった動きに出るのか? 目が離せない展開になりそうだ。(2008/1/21)

イー・アクセス、アッカ経営陣に退任要求
イー・アクセスがアッカ株式を買い増して筆頭株主に。「抜本的な経営改革が必要」とアッカ現経営陣の退任を要求した。(2008/1/16)

2.5GHz帯の割り当て、総務省は「審査中」――21日にも電波監理審議会に諮問
2.5GHz帯の割り当て2社が内定したという一部報道に対し、総務省は「まだ審査中」と回答。審査結果は21日にも電波監理審議会に諮問する予定としている。(2007/12/18)

石川温が聞く:
アッカの強みは、インフラの提供だけにとどまらないこと──アッカ・ワイヤレス 木村社長
総務省が用意した2枠の割り当てを巡って、4社が名乗りを上げた2.5GHz帯周波数。オープンワイヤレスネットワークとウィルコムが“場外乱闘”を繰り広げる中、アッカ・ワイヤレスも周波数獲得に自信を見せる。(2007/12/17)

定額・1 IDで各種サービスを簡単に利用可能──アッカ・ワイヤレスのWiMAX戦略
アッカ・ワイヤレスは10月11日、2.5GHz帯を利用するモバイルWiMAXサービスの免許申請を行い、合わせてパートナー企業の紹介と事業戦略の説明を行った。木村正治社長はオープンな水平分業の事業を展開し、日本の通信関連産業の活性化を図りたい考えを述べた。(2007/10/12)

WiMAX派の2陣営が計画を発表、サービス開始は2009年3月から
2.5GHz帯を利用した無線ブロードバンドサービスにWiMAX方式で参入を目指す2陣営が事業計画を発表した。両陣営とも無線免許を取得した場合のサービス開始時期を2009年3月としている。(2007/10/11)

「PHSカード定額より安く」 WiMAXアッカ−ドコモ陣営にTBSら参加
WiMAX参入を目指す3陣営が免許を申請。アッカ−ドコモ陣営にはTBSや三井物産、大手ISPが参加を表明。09年3月にサービスを開始する計画で、料金はシンプルで安価にするという。ソフトバンク−イー・アクセス陣営も同時期にサービスを開始する計画を明らかに。(2007/10/11)

2.5GHz帯は誰の手に──WiMAX陣営3社がそろって免許申請
締め切りを翌日に控えた10月11日、オープンワイヤレスネットワーク、ワイヤレスブロードバンド企画、アッカ・ワイヤレスの3社が高速無線通信規格に割り当てが予定されている2.5GHz帯への認定申請を行った。ウィルコムを含め4社の申請が出そろった。(2007/10/11)

WiMAXは主導権を失わずに提携を進める――アッカの木村社長
アッカ・ネットクースの木村社長は、WiMAXの事業免許獲得に向けて他社との提携を推進する一方、事業の主導権を確保する考えを示した。(2007/8/15)

アッカ、WiMAX参入時のパートナーは「3社以上」
アッカはWiMAX参入に当たり、3社以上の戦略パートナーと組む方針だ。既存の通信事業者に加え、非通信分野の企業とも協力する。(2007/8/15)

7月14日〜7月20日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
7月18日から20日まで、東京ビッグサイトでワイヤレスジャパン2007が開催された今週。KDDIはauの新割引サービス「誰でも割」を発表。ドコモと加RIMはBlackBerryの日本語版をリリースすることを明らかにした。(2007/7/23)

ワイヤレスジャパン2007:
2.5GHz帯のWiMAXは水平分業で展開したい──アッカ・ネットワークスの戦略
アッカ・ネットワークス 最高経営責任者(CEO)の木村正治氏が、ワイヤレスジャパン2007の基調講演で、同社が考えるモバイルWiMAX戦略について説明した。(2007/7/18)

ワイヤレスジャパン2007:
4Gに向かうモバイル業界、キャリアのトップがビジョンを示す──ワイヤレスジャパン2007
7月18日から3日間にわたり、東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2007」。基調講演では4キャリアの社長が将来のビジョンを示し、モバイル業界で注目の技術をキーパーソンが解説する。(2007/6/29)

アッカ、WiMAXのための事業企画会社を設立
アッカ・ネットワークスはWiMAX事業を行うことを目的としたアッカ・ワイヤレスを設立する。(2007/6/21)

アッカ、WiMAXと法人ビジネス強化に向け経営体制を刷新
アッカ・ネットワークスはWiMAXと法人向け事業強化に向け、資本構成と経営体制を刷新した。(2007/6/6)

アッカ、経営体制を一新 NTT色薄めWiMAXに備え
アッカのCEOに日本IBM出身の木村正治氏が就任し、NTTコミュニケーションズが出資比率を下げた。WiMAXへの参入に備えて中立性をアピールし、幅広い企業と提携しやすくする。(2007/6/6)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。