ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「Kindle Paperwhite」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Kindle Paperwhite」に関する情報が集まったページです。

【Amazonプライムデー】Fire 7 タブレットが45%オフにEcho Dotは半額! Fire TV Stickなどお買い得なAmazon製品まとめ
「Fire TV Stick」も40%オフ!(2019/7/15)

ITはみ出しコラム:
次は「AirPods」対抗の無線イヤフォン? 気付けば身の回りはAmazonハードウェアだらけに
Amazonが「Alexa」搭載の完全無線イヤフォンを開発中とのうわさが話題ですが、気付けば、身の回りにAmazonのハードウェアがあふれつつあります。(2019/4/7)

終了:【Amazonタイムセール祭り】セール最終日! 新型Kindle Paperwhiteが1万980円、iPadやMacbookもタイムセールに登場
セールは4月1日の23時59分まで!(2019/4/1)

終了:【Amazonタイムセール祭り】対象2000冊以上が100円以下! Kindleマンガセールが熱いぞ
『ぼのぼの』1〜43巻が各10円!(2019/3/30)

終了:【Amazonタイムセール祭り】防水・フロントライト付きの新型Kindle Paperwhiteがもう3000円OFFに! タイムセール祭り初日の注目商品をチェック
至高のレトロゲーム互換機「レトロフリーク」もセールに登場。(2019/3/30)

終了:【Amazonタイムセール祭り】セール最終日! Kindle PaperwhiteやFire TV Stick 4Kなど注目商品をチェック
紛失防止トラッカー「Tile」シリーズなんかもオススメです!(2019/3/1)

終了:【Amazonタイムセール祭り】54時間のビッグセール! Echo Spotなど注目商品をチェック
Echo Spotが1万980円!(2019/2/27)

Amazon、2月27日から「タイムセール祭り」開催 54時間限定のビッグセール
恒例のポイントアップキャンペーン(最大5000ポイント還元)も。(2019/2/24)

Amazonのビッグセール「サイバーマンデー」は12月7日18時から ルンバやPS4 Proなどもセール対象に
ほしい商品は今のうちにチェックしておきましょう。(2018/12/6)

「Kindle Paperwhite」に新モデル 防水対応で1万3980円から
電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」の新モデルは、防水機能(IPX8等級)に対応。シリーズ史上最も薄く、最も軽い。(2018/10/17)

Kindle Paperwhiteに防水付きの新型登場 薄型軽量の新デザインで11月7日出荷開始
最深2メートルの真水に最大60分間耐えるとのこと。(2018/10/17)

電子書籍リーダー「Kobo」にマンガ向けモデル、年内発売 ストレージを32GBに増強
電子書籍リーダー「Kobo」シリーズの最上位モデル「Kobo Aura ONE コミックEdition」が日本で2017年内に発売。ストレージ容量を32GBに強化した。(2017/10/30)

お風呂で漫画読むのに使いたい 「Kindle Oasis」最新モデル、シリーズ初となる防水端末に
ライブラリの漫画を、シリーズごとにまとめてくれる機能も。(2017/10/12)

お風呂で読める「Kindle Oasis」発売 7インチ画面で読みやすく
電子書籍リーダー「Kindle」の最上位機種「Kindle Oasis」新モデルは、シリーズ初の防水機能を搭載。従来より本体サイズを一回り大きくし、7インチディスプレイを備える。(2017/10/11)

Kindleに「マンガモデル」登場 32GBの大容量ストレージで「こち亀」も「あさりちゃん」も全巻持ち歩けるぞ
ページ送りも33%高速化され、快適に読めます。(2016/10/18)

Kindle Paperwhite「マンガモデル」登場 ページめくり高速化、32GBストレージ搭載(動画あり)
“漫画好き”向けの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」が登場。32GBストレージを搭載し、漫画約700冊を保存できるという。(2016/10/18)

充電不要で”数カ月”使用可能 「Kindle Oasis」4月27日発売、価格は3万5980円から
広告なし・無料3G付きモデルでは4万3190円。(2016/4/14)

Kindle史上最薄・最軽量「Kindle Oasis」は何がすごい? 従来機種との違いをチェック
「Kindle」の最上位モデル「Kindle Oasis」は、従来機種「Paperwhite」「Voyage」とどう違うのか。サイズや機能を比較してみよう。(2016/4/13)

Apple「Magic Trackpad 2」、実は時間泥棒促進アイテムだった
入力デバイス好きのみなさん、お集まり下さい。(2016/1/20)

電子書籍リーダー端末に搭載されているフロントライト技術の変遷
現在市場で販売されている電子書籍リーダー端末の大半に搭載されている「フロントライト」。あまり語られることのないこの技術がどのように変化してきたか、時系列で調べてみた。(2015/7/30)

Kobo史上最高の解像度 300ppiの「Kobo Glo HD」をほかのモデルと比較してみた
楽天Koboの最新電子書籍リーダー端末「Kobo Glo HD」。300ppiの画面解像度を持つこの端末を「Kobo Aura」「Kobo Aura H2O」と比較してみた。(2015/7/23)

300ppiのPaperWhiteはVoyageよりも買い? 「Kindle Paperwhite 2015」比較レビュー
6月30日に発売されたKindle Paperwhiteの最新モデルを、2013年モデル、上位モデルのKindle Voyageと比較してみた。(2015/7/17)

Kindle Paperwhiteに300ppiの新モデル、1万4280円から
「Kindle Voyage」と同じ300ppiのディスプレイを搭載。プライム会員なら4000円引きとなる。(2015/6/18)

電子書籍(実は)もうかります! ちきりんの“I Love ebook”宣言
(2015/5/30)

電子書店完全ガイド:
Amazon「Kindleストア」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第2回目はAmazonの「Kindleストア」を紹介する。(2015/4/28)

電子書店完全ガイド:
「電子書店パピレス」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第1回目は「電子書店パピレス」を紹介する。(2015/4/1)

Kindleに新色「ホワイト」が登場、キャンペーン中は実質4000円以下に
(2015/3/31)

電子書籍端末ショーケース:
Kindle Voyage――Amazon
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。今回は、AmazonのKindleシリーズからハイエンドモデルに位置する「Kindle Voyage」を紹介。(2015/2/23)

電子書籍端末ショーケース:
Kindle(2014)――Amazon
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。今回は、AmazonのKindleシリーズからローエンドに位置する一台を紹介。(2015/2/23)

Kindle ピンポイントレビュー:
進化 or 退化? Kindle Voyageのページめくりボタン
11月4日に発売された、Kindleシリーズのハイエンドモデル「Kindle Voyage」。その特徴をピンポイントでピックアップして、動画や写真を使って紹介していく。(2015/1/23)

Amazon、Kindleの「Word Wise」機能対象書籍を一気に22万タイトルに拡大
対象書籍は毎月少しずつ増やしていくと発表されていたが、いい意味で裏切られた形だ。(2014/12/18)

Kindle ピンポイントレビュー:
これで辞書いらず? Kindleの新機能「Word Wise」を使ってみた
文章中の難しい英単語を簡単な同義語に言い換えてくれる。(2014/12/4)

Kindleの英書で難しい単語の意味を補足する新機能「Word Wise」
Kindleリーダーの新機能として、難しい英単語に簡単な同義語を併記し、洋書の読書をサポートする「Word Wise」が搭載された。(2014/12/3)

Kindle ピンポイントレビュー:
動画と写真で見る Kindle Voyageの自動調光機能
11月4日に発売された、Kindleシリーズのハイエンドモデル「Kindle Voyage」。その特徴をピンポイントでピックアップして、動画や写真を使って紹介していく。(2014/11/21)

Kindle(2014年モデル)とKindle Paperwhite(2013年モデル)を動画で比較
2014年モデルのKindleは画面解像度こそ見劣りするが、2013年モデルのKindle Paperwhiteと比べてもなかなかいい仕事をしてくれる。(2014/10/22)

ドイツで防水機能を備えた電子書籍リーダー端末「Tolino Vision 2」が発表
トレンドとなっている防水機能のほか、端末の背面全体が感圧タッチスクリーンになっており、背面のタップでページをめくれるのが新しい。(2014/10/15)

Amazon、Kindle上位モデル「Kindle Voyage」など新端末発表 
AmazonがKindleの上位モデル「Kindle Voyage」や新「Kindle Fire HD」、8.9インチの「Kindle Fire HDX」新モデルを発表。(2014/9/18)

Kindleの最新モデル「Kindle Voyage」が発見さる
6インチ300ppiと高解像度。しかし価格は2万円オーバーに?(2014/9/17)

ボイジャー、池澤夏樹のメルマガをまとめた電子書籍を発売
ボイジャーは、メールマガジン「パンドラの時代」と書き下ろしエッセイも収録した電子書籍『新世紀へようこそ+』『続・新世紀へようこそ+』を発売した。(2014/9/17)

写真で振り返るKobo端末の軌跡
そろそろKoboも新端末の投入時期にさしかかるころだが、ここで同社のこれまでリリースした電子書籍リーダー端末の軌跡を振り返ってみよう。(2014/8/4)

屋外で画面の見え方を比較、Kindle Paperwhite 2とKindle Fire HDX 7の場合
動画で比較するGood e-Readerの名物シリーズ。今回は、屋外で行ったKindle Paperwhite 2とKindle Fire HDX 7の読書テストをお届け。(2014/8/4)

屋外で画面の見え方を比較、Kindle Paperwhite2とkobo Auraの場合
動画で比較するGood e-Readerの名物シリーズ。今回は、屋外で行ったKindle Paperwhite2とkobo Auraの読書テストをお届け。(2014/8/4)

スタバの「ビジネス ステーション」って何? 六本木ヒルズに誕生
7月16日、六本木ヒルズ ウエストウォークの1階に、スターバックスの「ビジネス ステーション」が誕生する。聞き慣れないお店だが、どんなコンセプトなのか。一足先に、のぞいてきた。(2014/7/15)

BEAMSやjournal standard FurnitureのKindle用ケースが登場
journal standard Furnitureからは、使い込むほどに味が出るレザー素材のケース。BEAMSからは、ポップなバイカラーのエナメル素材のケースをそれぞれ発売。(2014/7/14)

鞄の中のデジモノ百科:
モバイルWi-Fiルーター営業マンの商売道具
モバイルWi-Fiのお世話になっているビジネスパーソンも多いはず。今回は海外渡航者向けにモバイルWi-Fiルーターレンタルサービスを展開しているビジョンの事業推進担当者・中山俊一さんのカバンの中身を見せてもらった。(2014/6/30)

鞄の中のデジモノ百科:
Surface活用でカバンの中身はコンパクト――Microsoft社員の仕事術
Microsoftの藤本恭史さんは、仕事でもプライベートでもSurface Pro 2をフル活用している。おかげでカバンの中身は軽くなっているというが……?(2014/6/23)

「BIGLOBE WiMAX 2+」新規ユーザー対象のルータ&クレードル0円キャンペーン――「Kindle」プレゼントも
BIGLOBEの高速モバイルサービス「BIGLOBE WiMAX 2+」で、新規申し込み者を対象としたWi-Fiルータ&専用クレードルの0円キャンペーンを開始。「Kindle」のプレゼント特典も用意している。(2014/6/12)

Amazonが2014年上半期ランキングを発表――「Kindle Paperwhite」がギフトでトップに
(2014/6/10)

2014年上半期、世界の電子書籍リーダー端末新モデル6選
Amazonなどは新モデルを9月以降に発表することが多いが、2014年上半期、世界ではどんな電子書籍リーダー端末が登場したのだろうか。ここでは6製品、紹介しよう。(2014/5/27)

米Amazon、イタリアの書店チェーン最大手Giunti al Puntoと提携――紙書籍・電子書籍融合の新業態開発へ
(2014/5/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。