ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ナイトライダー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ナイトライダー」に関する情報が集まったページです。

週刊「ナイトライダー」創刊 8分の1スケール「ナイト2000」を全110号で キットの名セリフも聞ける
デアゴスティーニ・ジャパンは、1980年代の米国ドラマ「ナイトライダー」に登場するスーパーカー「ナイト2000」を作る「週刊ナイトライダー」を6月に創刊する。(2021/3/24)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
中二病をくすぐり技術者を生み出した(?)「ナイトライダー」の魅力
1980年代海外ドラマは「エアーウルフ」も「Aチーム」も「マクガイバー」も楽しかったですよね!(2017/10/17)

いけませんマイケル:
「ナイトライダー」の「K.I.T.T.」を、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画やテレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第2回は「ナイトライダー」だ。(2017/10/4)

完全におじさまホイホイ! 東京コミコンにナイトライダー「ナイト2000」&BTTF「デロリアン」が登場!
「K.I.T.Tと呼んでください」の脳内再生余裕でした。(2016/12/3)

IoTと製造業の深イイ関係(3):
「ナイトライダー」が現実に、音声アシスタントの進化が止まらない
脚光を浴びるIoT(モノのインターネット)だが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第3回は、IoTと人工知能(AI)との連携によって進化が加速している音声アシスタント機能の動向に迫る。(2016/11/15)

自動運転技術:
「ナイトライダー」目指し、ホンダとソフトバンクがAIの共同研究
ホンダとソフトバンクが、人工知能分野での共同研究を開始する。ソフトバンク傘下のcocoroSBが開発したAI技術「感情エンジン」のモビリティ分野に向けた研究を行う。(2016/7/21)

「ナイトライダー」ハイビジョンリマスター版、NHK BSプレミアムで放送!
マイケルとナイト2000に会えるよ!(2015/12/22)

ナイト2000が帰ってくる! 「ナイトライダー」新シリーズのトレーラー映像が公開
「行くぜ、キット!」「了解です、マイケル」。(2015/12/18)

ナイトライダーのKITTも嫉妬──SamsungのスマートホームCM
80年代の人気ドラマ「ナイトライダー」の主役コンビ(1人と1車)がSamsungのスマートホームCMで再共演。スマートホームに嫉妬するKITTがかわいい。(2014/9/3)

「ジャイアントロボ」や「スター・トレック」:
「Samsung GALAXY Gear」の初CMは“SFがついに現実に”
「Evolution」というCMにはSF映画に登場する腕時計型の再現作品が、「A Long Time Coming」というCMには「ディック・トレイシー」や「ナイトライダー」で端末を使うシーンが登場する。【動画あり】(2013/10/7)

半端ない再現度! 「ナイトライダー」のナイト2000の自作レプリカが胸熱
今にもしゃべりだしそう。(2013/9/4)

情報マネージャとSEのための「今週の1冊」(90):
ナイトライダーも示唆する人とシステムのあるべき関係
“使ってもらえる”システム、“なくてはならないと認識してもらえる”システムを開発する上で、重要な視点とは何なのだろうか?(2012/5/22)

「ナイトライダー」の「ナイト2000」が電気自動車になって登場
「ナイト2000」の電気自動車が1280万円で発売。残念ながらしゃべらないようだ。(2012/5/11)

ターボブーストはできませんが:
ナイトライダーEVが発売、完全受注生産で価格は1280万円
米国の人気ドラマ「ナイトライダー」に登場するスーパーカー「ナイト2000」の電気自動車(EV)が発売された。(2012/5/10)

ナイトライダーの「ナイト2000」レプリカ、3台限定で販売
ある世代には感涙ものの「ナイト2000」レプリカ車両が限定販売される。(2012/4/5)

「ナイトライダー」のあの人がゲームのCMでコスプレしまくり
「ナイトライダー」で主役を演じていたあの人が、いろいろ変な格好しちゃってますけど……。(2011/10/14)

次世代ナイト2000はフォード製
新ナイトライダーはポンティアックではなくマスタングに乗る。(2007/12/17)

「ギャラクティカ」「ナイトライダー」がiTunes Music Storeに登場
「モンク」「バトルスター・ギャラクティカ(リメーク版)」などNBC系列の11番組が、米国版のiTunes Music Storeで発売された。(2005/12/7)

車はどこまで“ナイトライダー”に近づいた?
昨今のカーナビで熱いのが、携帯を組み合わせてオペレータと音声でやりとりしながら目的地を設定する有人オペレータサービス。その先駆けである日産のカーウィングスを試した。(2005/5/13)

「80年代のテレビ主題歌をかけてくれ」――カーステレオも“ナイトライダー型”に進化する
CDDBのGracenoteと音声認識ソフトのScanSoftとは、音声認識による楽曲ナビゲーション技術を共同開発する。早ければ2005年末までに“ナイトライダー型カーステレオ”が登場するかもしれない。(2005/1/20)

「Mac miniを“KITT”にする」車載キットが登場
CES、Macworld ExpoではiPodの車載キットが花盛りだったが、Mac miniを車に取り付けるキットが登場した。目標はナイトライダーの「KITT」だという。(2005/1/17)

ゲームのキャラと口げんかできる――“感情”を読み取る音声認識エンジン
「PS6」の実現に一歩前進?声のトーンからユーザーの感情まで判断し、適切なレスポンスを返せるという音声認識技術が登場した。ゲームキャラと感情のこもった会話ができ、「ナイトライダー」の「キット」のようにドライバーと会話をしながら適切な判断ができるエージェントの開発にも応用可能だ。(2004/5/7)

2006年、車は“ナイトライダー”への一歩を踏み出す
「未来の車はナイトライダーになる」という発想から、ゼンリンデータコムは、対話型のエージェントナビを開発。今年の秋にはまず、PCと携帯電話向けにエージェント機能を搭載する予定だ。(2004/2/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。