ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「近藤科学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「近藤科学」に関する情報が集まったページです。

第5回ROBO-ONE autoレポート:
あの自律ロボットバトルがリニューアル、物体認識の導入で難易度大幅アップ!
2足歩行ロボットによる自律バトル競技会「第5回ROBO-ONE auto」が2019年9月28日、神奈川県立青少年センターで開催された。1年ぶりとなる今回のROBO-ONE autoは、物体認識の導入という大きな変更があったがその結果やいかに。大塚実氏によるレポートをお送りする。(2019/11/21)

ザクのプログラミング教材、きょう予約開始 「CEATEC 2019」にも出展
「ザクII」のキットを組み立てながらプログラミングを学べる教材「ZEONIC TECHNICS」の予約受付が、10月11日午後8時に始まる。(2019/10/11)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
PR:バンダイの「動くザク」を取材しに行ったら完全に「分かってる人」が出てきて最終的に「分かってますねえ……」と意気投合しました
ザクを組み立てて動かせる「ZEONIC TECHNICS」について、ガンダムオタク丸出しで取材してきました。(2019/10/11)

「ザクII」を動かすプログラミング教材、20年3月発売 約10万円
「機動戦士ガンダム」の世界観を楽しみながらプログラミングを学べる教材「ZEONIC TECHNICS」が2020年3月に発売。価格は9万8890円(税込)。(2019/9/27)

アシタカとサンがバイクで来た 「もしも、もののけ姫の世界に自衛隊がいたら」世界観がおかしなことになってしまったコスプレが話題に
ヤックルとモロの子が鉄の塊になってしもうた。(2019/8/15)

「遊びの先に学びがある」 ザクのプログラミング教材が生まれた理由
バンダイが、モビルスーツ開発を体感しながらロボティクスの基礎や、プログラミングの概念を学べるSTEM教材を開発。誕生秘話を聞いた。(2019/8/14)

東京おもちゃショー2019:
伝えたいのは「ガンダムの世界観」 ザクのプログラミング教材で学べるもの
バンダイが「東京おもちゃショー2019」でザクのプログラミング教材を展示。実際にザクが動くデモンストレーションを実施している。(2019/6/13)

抜群の高級感と光沢 煮干しのメタリック感を金属で完全再現した煮干しフィギュアがカプセルトイで登場
煮干しらしからぬ高級感。(2019/3/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
“片づけ”でアメリカンドリームをつかんだ「こんまり」と、ピコ太郎の共通点
ベストセラー『人生がときめく片づけの魔法』で知られる近藤麻理恵氏が、Netflixで冠番組を開始し、世界で話題になっている。「こんまりメソッド」の盛り上がりを見ると、同じように世界で人気になった「ピコ太郎」との共通点が見えてくる。(2019/1/24)

「知らなかった」では済まされない:
違反すると懲役刑や罰金刑も! 「残業時間の上限規制」の影響を弁護士に聞いた
2019年4月から働き方改革関連法が施行される。「残業時間の上限規制」など関連法の内容と、企業団体の人事・総務に求められる具体的な対応を、TMI総合法律事務所パートナーの近藤圭介弁護士に聞いた。(2018/12/20)

CEATEC JAPAN 2018:
こいつ、モノアイまで動くぞ! ザクらしさを追求したプログラミング教材
バンダイは「CEATEC JAPAN 2018」の同社ブースでザクをモチーフにしたSTEM学習教材シリーズ「ZEONIC TECHNICS」を披露する。ベースの二足歩行ロボットは近藤科学製。デモムービーには、ザクの象徴ともいえるモノアイを動かす姿、そしてショルダータックルの姿勢をとるザクも映っていた。(2018/10/16)

CEATEC 2018:
STEM教育で生み出す驚異のメカニズム、ジオニック社から公式ロボット教材が
バンダイは、「CEATEC JAPAN 2018」において、ロボット工学技術の基礎を学べるSTEM学習教材「ZEONIC TECHNICS(ジオニックテクニクス)」を展示した。(2018/10/16)

「いつのまにかシスプリが始まった」? 妹萌アニメ「いもいも」冒頭が全国のお兄ちゃんに衝撃を与える
シスプリ1期の妹13人がキャストそのままで登場。(2018/10/11)

OSS脆弱性ウォッチ(6):
PostgreSQLの“仕様”による、運用者にとって悩み深い脆弱性とは
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説していく。今回は、2018年3月1日に公開されたPostgreSQLの脆弱性情報(CVE-2018-1058)を取り上げる。(2018/5/16)

「若い!」「痩せてる!」 ニッチェ江上、ストレートヘアな15年前の姿が現在とのギャップを浮き彫りにする
ニッチェ江上要素ゼロ。(2018/4/10)

太田智美がなんかやる:
82歳のiPhoneアプリ開発者を支え続ける、62歳女性秘書の正体
「82歳のiPhoneアプリ開発者」として有名なマーちゃんのそばにいつもいる1人の女性。その正体とは……?(2018/2/19)

ロボットイベントレポート:
ロボットは自律でどこまで戦えるのか――ROBO-ONE auto第2回大会レポート
ロボットバトル競技の草分け「ROBO-ONE」に新たな部門が誕生。自律機のみが出場できる「ROBO-ONE auto」だ。神戸で開催された第1回大会に続き、第2回大会が2017年9月23日、神奈川県青少年センターで開催された。頂点に立ったのはどんなロボットだったのだろうか。(2017/10/6)

ドラえもんと現代アートの競演 「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が六本木で開催、5組の完成作品公開
ドラえもんが溺死している!? と思いきや……。(2017/10/5)

ニッチェ江上、「モアナと伝説の海」のあのキャラにそっくりだった 相方・近藤が写真公開
そっちだったか。(2017/4/10)

太田智美がなんかやる:
参加者は“変態” 2足歩行ロボットの頂点を決める格闘競技大会「ROBO-ONE」技術者が受継ぐ文化
2足歩行ロボットの格闘競技大会「ROBO-ONE」が開催された。今回第29回目を迎える歴史あるロボットの大会には、どのような人が参加しているのか。(2016/10/12)

太田智美がなんかやる:
トイレットペーパーいざ出陣 二足歩行ロボットの格闘競技大会で試合してきた
9月24〜25日に開催された二足歩行ロボットの格闘競技大会「ROBO-ONE」「ROBO-ONE Light」。猛者が集まる戦いに挑んできた。(2016/9/27)

俳優だってアイドルだって「ポケモンGO」で遊びたい! 仕事中にもポケモンをGETしちゃう芸能人が続出
一方で偽物をつかまされた悲しい人も。(2016/7/22)

的確すぎるデザイン 応募から商品化された「弱点靴下」に共感しかない
タンスや机の角にぶつけた過去の記憶……。(2016/7/17)

ハウステンボスに「ロボットの王国」誕生 ロボットのレストランや体験型ミュージアムなどの複合施設に
2015年にはロボットが働く「変なホテル」をオープンしていた。(2016/7/13)

エリアに入ると18歳以上? Ingressイベントで掲出されたGoogleのお知らせが物議をかもす
驚くのも無理はない。(2015/3/28)

Geeks便り:
デジタルモノづくりクリエーターが集う「MONOCAFE2014」に行ってきた
モノづくりアイデア投稿交流サイト「Geeks」からワクワク感あふれるトピックスを紹介する「Geeks便り」。今回は北九州市の西日本総合展示場で2014年11月15〜16日に開催されたデジタルモノづくりクリエーターの祭典「MONOCAFE」に展示されていた作品を紹介する。(2015/2/2)

お坊さんがヒャッハーなモヒカンに 1カ月きれいな言葉をかけ続けたものと罵声を浴び続けたものの比較画像ネタが流行
変わりすぎだろ!(2014/11/11)

ロボット開発の分業化・効率化を目指す:
ソフトバンクのロボット事業、本命は「Pepper」ではなく「V-Sido OS」か!?
先日のソフトバンクの発表に続き、同グループ会社のアスラテックが「新規ロボット事業」に関する記者説明会を開催。ロボット制御ソフトウェア「V-Sido OS」を主軸とする同社の戦略・展望を、当日の発表内容とチーフロボットクリエーターである吉崎航氏のコメントを交えて紹介する。(2014/6/12)

再検証「ロボット大国・日本」(14):
ホビーロボから巨大ロボまで――ロボットの簡単制御を実現する「V-Sido CONNECT」
水道橋重工が手掛ける搭乗型巨大ロボット「クラタス」の制御ソフトウェアに採用され、大きな話題となった「V-Sido(ブシドー)」。開発者の吉崎航氏は、さらなる使い勝手を追求し、間もなく、シリアルサーボモーターをつなぐだけで簡単にロボットが作れるハードウェア基板「V-Sido CONNECT」を世に送り出そうとしている。(2014/4/10)

「ロボでサバゲ!」メカニズム編:
ロボットでサバイバルゲームできるのか
ゲーム編では、「ロボでサバゲ!」が行っている屋内でのロボットを使ったサバイバルゲームを紹介したが、メカニズム編では使われている機体がどういったものかを紹介する。(2012/8/10)

戦うロボット:
映画「リアル・スティール」もリアルだったが、日本のリアル「リアル・スティール」はもっとリアルだった!!
2020年のアメリカでは、もはやボクサーとして闘うのは人間ではなく、高性能のロボットだった……という世界が描かれたのが映画「リアル・スティール」。2012年の日本には、そんな「リアル・スティール」の世界を体現するかのようなロボットが存在するんです。(2012/3/23)

散歩するガジェット:
超軽量ウェアラブルビデオカメラLooxcie2で往く! 体験映像ハンティングツアー
何気ない日常が非日常に! 超軽量ウェアラブルビデオカメラLooxcie2で、なんのヘンテツもない行動がエキサイティングで臨場感溢れる映像になりました。さらにはセグウェイに乗車、二足歩行ロボを操縦、アキバのメイド喫茶体験撮影も!!(2012/1/13)

1機50万円のロボットがマットに叩き付けられる!? ロボットプロレスは過激なエンタテインメントだった!!
プロレスをロボットでやられてもねぇ……って、腰振りパフォーマンスにジャーマンスープレックスホールド炸裂!! ちゃんとプロレス、ちゃんとエンタテインメントしてるじゃないですかっ!?(2011/12/20)

タチコマ風ロボが作れるキット、5月発売
クモのような6脚歩行ロボットを作れる組み立てキット「KMR-M6」が近藤科学から登場する。(2011/4/26)

インデックス、Android端末のきせかえテーマアプリを配信する「KISEKAE ANDROID」を開設
インデックスが、週2回の定期更新を行うAndroidきせかえテーマアプリポータルサイト「KISEKAE ANDROID」を公開した。(2010/8/25)

今度はアニマルだ:
KONDOから多脚ロボット「カメ型ロボット01」登場
近藤科学は、多脚型ロボット「カメ型ロボット01」を7月15日に発売する。(2010/7/12)

ねとらぼ:
コーヒーを入れてくれるヒューマノイドロボットがすごい ニコニコ動画で人気に
「ニコニコ動画」にアップされた動画に登場する、コーヒー豆をひき、ドリッパーでコーヒーを入れてくれる小型ヒューマノイドロボットがすごい。(2009/6/19)

人とロボットの秘密:
最終章-1 ガンダムも参戦できる「ROBO-ONE」
二足歩行ロボによる格闘技大会「ROBO-ONE」は、ガンダムなどサンライズアニメをモチーフにしたロボットも参戦OK。ロボットはみなレベルが高く、操縦者の技量が勝敗を分ける。(2009/6/9)

「うさぎのモフィ」公式サイトオープン──リラックマ作者と共同開発されたキャラクター
(2008/6/9)

パオン、「日本語検定 DS」「NEW HORIZON English Course DS」を発売
(2008/1/31)

二足歩行ロボットの価格破壊、「i-SOBOT」がやってくる
タカラトミーが10月に発売する「Omnibot 17μ i-SOBOT」は、17自由度の本格的な二足歩行ロボットだ。付属のコントローラで自在に動かすことができるほか、多彩なアクションとセリフをボタン操作だけで実行できるという。詳しい話をタカラトミーに聞いた。(2007/8/2)

量産型「マノイ PF01」、新カラーで発売
4月1日の限定先行販売から2カ月弱、ヒューマノイドロボット「マノイ PF01」量産型が発表された。音声カードをはじめ多彩なオプションを用意した。(2007/5/29)

京商の2足ロボ「マノイ PF01」、限定カラーで先行発売
京商は6月の量産型発売に先駆け、ヒューマノイドロボット「マノイ PF01」の先行販売バージョンを発売する。カラーも限定色のシルバー&ホワイト。(2007/2/9)

「KHR-2HV」用の外装も公開:
近藤科学、アキバにホビーロボットの情報発信基地「ROBO SPOT」を開設
東京・秋葉原にホビーロボットの情報発信基地「KONDO ROBO SPOT」がオープンした。近藤科学「KHRシリーズ」ユーザーに向け、各種講習会やイベントの練習などに使える場を提供する。(2006/10/13)

二足歩行ロボットのワンメイクレース
京商「マノイ」に“アスリートモデル”誕生
京商は、二足歩行ロボット「マノイ」を用いたワンメイクレース「KYOSHOアスリート ヒューマノイド カップ」を今年12月に開催する。あわせてスピード競技向けの“アスリートモデル”「マノイ AT01」を投入。(2006/8/3)

インタビュー:
アオシマのロボットアームで僕と握手
青島文化教材社が6月下旬に発売する「ロボットアーム」は、PCに接続しての本格的な制御を行える教材感覚のロボットキットだ。同社がロボット市場に参入した経緯を、開発担当者に聞いた。(2006/6/28)

週末アキバPickUP!
「計算が合わない」――アキバに現れた1つの謎
アキバ各ショップをITmedia取材班が調査、注目商品をピックアップしていく「週末アキバPick UP!」。今週のキーワードは「16+8+1+1=20?」「「AM2環境でAGPを」「「冷却パーツの新ジャンル誕生か」「「10万以下で始める自作ロボ」だ!(2006/6/4)

ツクモ、「KHR-2HV」のオリジナルセット販売
九十九電機は5月26日、近藤科学が発表した二足歩行ロボットキット「KHR-2HV」を秋葉原のロボット専門店「ツクモ ロボット王国」などで販売すると発表した。各種のオリジナルセットも用意する。(2006/5/26)

9万円を切る二足歩行ロボットキット「KHR-2HV」、近藤科学から
近藤科学は、二足歩行ロボットキットの第2弾「KHR-2HV」を6月2日に発売する。基本構造は「KHR-1」を踏襲しつつ、サーボをHV化(High Voltage)して性能アップ。一部に樹脂製フレームを採用するなどして価格を下げた。(2006/5/26)

“第2世代”ヒト型2足歩行ロボキット「KHR-2 HV」登場――ツクモ
九十九電機は、近藤科学製2足歩行ロボ組み立てキット「KHR-1」の後継モデルとなる「KHR-2 HV」シリーズを販売する。強力モーター搭載、新型マイコンボード採用など各種仕様強化がなされている。価格は8万9985円。(2006/5/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。