ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「京極夏彦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「京極夏彦」に関する情報が集まったページです。

「メガネを探すのにメガネが要る」「例の気球」 Twitterで「視力悪いあるある選手権」が盛り上がる
やはり例の気球。(2019/4/4)

アガサ・クリスティをオマージュしたミステリイベントが伊勢丹で開催 「オリエント急行の殺人セット」などコラボメニューの名前もユニーク
島田荘司さんら有名なミステリー作家が参加するイベントも。(2019/2/14)

黒い鈍器のような重厚さ 京極夏彦『鉄鼠の檻』の厄除け札入りの希少な愛蔵版が1月26日に発売
特別な印刷技術が使われています。(2018/1/25)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
2000万部超えのラノベ王子、子猫になった重版童貞に語る王者のアドバイス「俺には彼女がいない」
彼の名は、講談社ラノベ文庫編集部の副編集長・庄司智。(2017/12/3)

「いまいち萌えない娘」ついに実写映画化 エイプリルフールじゃなかった……!
実写いまもえさんが兵庫各地で暴れまわる!(2017/4/2)

「京極夏彦の分厚い本にも対応」 万能ブックカバーの説明書が説得力半端ない
サイズが独特な新ハヤカワ文庫にも対応。(2016/10/24)

水木しげるを偲ぶ会、故郷の鳥取・境港で開催 京極夏彦と次女の座談会、妻・武良布枝からのお言葉も
米子鬼太郎空港で「ゲゲゲの鬼太郎」のステンドグラスが公開されるなど、当日は関連イベントもいっぱい。(2016/2/26)

荒俣宏さんや京極夏彦さんが発起人となる「水木しげるサン お別れの会」開催へ
水木先生へお別れを。(2016/1/9)

綾辻行人、京極夏彦、辻村深月が“文豪”キャラ化、「文豪ストレイドッグス」スピンオフ小説連載開始
綾辻氏の能力が「Another」、京極氏の能力が「憑物(つきもの)落とし」、そして辻村氏の能力が「きのうの影踏み」!(2015/9/25)

京極夏彦公認 『百鬼夜行』のシェアード・ワールド小説「薔薇十字叢書」始まる
10月には、KADOKAWAと講談社から計4作品が発売される。(2015/8/28)

編集部のアツい気合が伝わってくる! 講談社から新レーベル「講談社タイガ」が今秋創刊
作家陣豪華すぎでは?(2015/7/24)

第5回「山田風太郎賞」に、荻原浩さんの『二千七百の夏と冬』
選考委員は、赤川次郎、奥泉光、京極夏彦、筒井康隆、林真理子の5名。(2014/10/28)

京極夏彦の最新作『遠野物語拾遺 retold』、6月9日午前0時に配信開始
京極夏彦の最新作『遠野物語拾遺 retold』が、電子書店「Reader Store」と「ブックパス」で単行本の発売日である6月9日午前0時に配信を開始する。インタビューや直筆サイン本のプレゼントも。(2014/6/9)

話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:
「書楼弔堂 破暁」著者 京極夏彦さん
明治時代の中ごろは、庶民にとって本は買うものではなくて借りるもの。ふらっと立ち寄った書店で面白そうな本を買うなんてことはなかった。(2014/5/16)

「yomel.jp」が講談社の人気作品約3000点配信開始
スマートフォン/タブレット向け電子書籍読み放題サービス「yomel.jp」に、講談社の人気の作品、約3000点が追加された。(2014/2/10)

ついに新シリーズが単行本化! 京極夏彦さんインタビュー
出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』第53回は新シリーズ『書楼弔堂 破暁』が単行本化した小説家・京極夏彦さんにお話をうかがいました。(2014/1/7)

「ダ・ヴィンチ・コード」の著者ダン・ブラウンが「文豪ストレイドッグス」キャラ化
未来予知。(2013/12/20)

鈍器のような文庫本が武器? 京極夏彦氏が文豪キャラ化、「文豪ストレイドッグス」3巻発売記念で
2巻発売時にキャラ化した綾辻行人氏と対決する漫画も公開。(2013/12/4)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/2)

3カ月でマイナス12キロ モデルが太鼓判を押す「おからダイエット」
ダイエット食品として注目を集めるおから。今回は、そんなおからを使ったレシピ集よりオススメの食べ方を紹介します。(2013/4/25)

ブックウォーカー、電子書籍の新レーベル「カドカワ・ミニッツブック」を創刊
角川グループのブックウォーカーが電子書籍の新レーベル「カドカワ・ミニッツブック」を創刊。手軽な文量と価格で3月28日から配信する。(2013/2/25)

ドラゴンボールのフルカラー版も登場――電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/2/5)

ベストセラーじゃ物足りない? そんなあなたにひと味違った「読書メーターおすすめランキング」
読書メーターの2012年おすすめランキングは、売り上げランキングとは違った独自の雰囲気がある。(2012/12/19)

『眩談』の先行配信も:
京極夏彦氏の短編集めたiOS向け電子書籍アプリ『「 」談』
メディアファクトリーから京極夏彦氏の短編小説集を収録したiOS向け電子書籍アプリ『「 」談』が登場。ACCESSのソリューションを使って作品をEPUB3化している。(2012/11/15)

栗山千明×京極夏彦×小畑健 最恐の夜を過ごせる朗読企画
星海社による朗読企画「栗山千明の新月朗読館」最終夜をライブ配信する。“暗闇の恐怖”を描いた新作短編を朗読するこの企画。京極夏彦×小畑健のタッグで新しい文学体験をあなたに。配信は8月18日19時0分〜。(2012/8/13)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/7/9)

e-Book Expo Tokyo 2012 Report:
国内の電子書籍市場の「今と未来」を楽天と講談社の社長が語る
「第16回 国際電子出版EXPO」の基調講演に当たる国際講演が4日に行われた。楽天の三木谷浩史氏、講談社の野間省伸氏などが電子書籍のこれまでとこれからを語った。(2012/7/5)

電子書籍に親しんで――講談社の大型キャンペーン「夏☆電書2012」始まる
講談社が電子書籍の大型キャンペーン「夏☆電書2012」を開催する。プレゼントをはじめ、テーマごとの特集、作家や声優の作品朗読など、さまざまな企画で電子書籍の楽しみをアピールする。(2012/6/28)

読者を「編集者」に――ネットの“発掘力”に期待する出版社
講談社と小学館、出版大手2社がこの4月に相次いでWeb上で新たな取り組みを始めた。どちらも共通するのは、ユーザー参加型で作品や作家を発掘しようとしている点。ネット時代の新しいヒットの生み方を、出版社が模索している。(2012/4/24)

な、なんだってー! 伝説の漫画「MMR」、金環日食とともに再始動
「プロジェクト・アマテラスによりMMRは復活する!」「な、なんだってー!」(2012/4/23)

講談社、新規事業「プロジェクト・アマテラス」を発表――これは出版の地殻変動だ
講談社が動いた――新規事業「プロジェクト・アマテラス」を発表した同社は、ユーザーとともに作り上げる新しい出版モデルを作り上げようとしている。(2012/4/23)

古文書などを修復する「京極ファンド」設立
東日本大震災で被災した文化財を保護・修復する「文化財レスキュー」に、京極夏彦氏が自著電子版の配信収入の一部を寄付。「京極ファンド」として特に古文書などの修復・保護に役立てられる。(2012/4/2)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(3月31日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2012/4/1)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(3月23日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2012/3/23)

京極夏彦氏の「百鬼夜行」シリーズ、電子書籍化を開始
講談社は、「姑獲鳥の夏」や「魍魎の匣」など京極夏彦氏の代表作である百鬼夜行シリーズの電子化をスタート。電子版オリジナルの表紙画像も用意した。(2012/3/19)

寧々さんが「魍魎の匣」表紙だと? 「NEWラブプラス」読書月間に合わせて講談社より発売
愛花が、凛子が、寧々さんが描き下ろしの「NEWラブプラス オリジナルカバー版」で小説の表紙に。「赤毛のアン」「ぼくのメジャースプーン」「魍魎の匣」のカバーガールを務める。(2012/2/2)

eReading Maniacs――「電読」の楽しみ(1):
「電子書籍」で読書はもっと楽しくなる
百聞は一“読”にしかず、論ずるより“読”むが易し。「電子書籍」の未来は、その読者によってこそ語られるべき――。今回から始まった「eReading Maniacs――『電読』の楽しみ」は、読書好きの、読書好きによる、読書好きのための連載コラムです。(2012/1/25)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(10月21日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/10/22)

「第2回山田風太郎賞」は誰の手に? 結果発表をニコ生で 角川の井上社長が出演
大衆作家の故・山田風太郎さんに敬意を称し、有望な作家の作品を発掘するために昨年創設された「山田風太郎賞」の第2回選考結果発表をライブ配信する。角川書店の井上伸一郎社長がゲスト出演し、ライターのタカザワケンジさんと朝日新聞読書欄元編集長の佐久間文子さん。同賞は作家の赤川次郎さん、京極夏彦さんらが選考委員を務めている。配信は10月21日17時30分〜。(2011/10/20)

出版業界ニュースフラッシュ 2011年9月第4週
出版業界で起こったニュースにならない出来事をまとめてお届けする週刊連載。こうしたトピックの中に今後のヒントが隠されているかも?(2011/9/25)

出版社からスキャン代行業者への質問状を全文公開、潮目は変わるか
「出版社7社、作家・漫画家122人が『自炊業者』に質問状」が話題となっている。ここでは、スキャン代行業者に送付された質問状の内容と、今後の動きについて考える。(2011/9/6)

定点観測:
「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(8月5日編)
電子書籍ストア「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/8/5)

この電子書籍がすごい:
「ダ・ヴィンチ電子書籍アワード2011」大賞に輝いたのは?
メディアファクトリーは、「ダ・ヴィンチ電子書籍アワード2011」の審査結果を発表した。“電子書籍元年”の顔となった作品は? 何が鍵だったのか?(2011/4/28)

講談社が「メシランTOKYO 路地裏の名店」のiPhoneアプリをリリース
2月21日、講談社がApp Storeに「メシランTOKYO 路地裏の名店」のiPhoneアプリを公開した。価格は450円だ(2011/2/21)

「ダ・ヴィンチ電子書籍アワード」のノミネート作品が発表――電子書籍元年の優秀作品は?
メディアファクトリーが主催する「ダ・ヴィンチ電子書籍アワード」にノミネートされた16作品が2月10日に発表された。栄冠はどの作品に輝くのか。(2011/2/12)

京極夏彦氏「死ねばいいのに」がアップデートで英字対応に
1月12日、iOS版の電子書籍「死ねばいいのに」がバージョン2.0になり、英字表示に対応した。あわせて期間限定でキャンペーン価格が適用される。(2011/1/12)

ITmediaスタッフが選ぶ、2010年の“注目ケータイ&トピック”(ライター荻窪編):
スマートフォン時代を象徴する新たなクラウドサービスが面白かった2010年
メイン端末はiPhone 4で、Android端末はまだ常用するには至っていないため、2010年はあまり端末について多くを語ることがない。そのため、2010年本格的に使い始めた、スマートフォン時代を象徴するサービスをピックアップして紹介したい。(2010/12/27)

つぶやきを大きな声に 「Togetter」で起業、開発者が語る“まとめ”の力
「Togetter」で起業した開発者の吉田俊明さん。「Togetterは小さな声を広く一般に伝える拡声器」と“まとめ”の可能性を語る。(2010/12/21)

電子書籍時代、文芸が生き残るために 芥川賞作家・平野啓一郎さんに聞く
「電子書籍はデリケートな時期。継続的に成り立つ仕組みを考えるべき」――芥川賞作家の平野啓一郎さんは、電子書籍の値崩れや、拙速な出版社不要論にクギを刺す。(2010/12/10)

月刊エンジニアライフ(27):
彼女がC++に萌える理由
(2010/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。