ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「M-1グランプリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「M-1グランプリ」に関する情報が集まったページです。

オタクは「病んでる暇」がない! 続々と発売されるゲームやアニメに元気づけられた漫画に共感集まる
とにかく時間が足りない……!(2021/10/20)

ナイツ塙、ブレイク前の給与明細公開 かなり寂しい“最高月収額”にがく然とする声 「芸能界は本当厳しい」「そんなに安価」
「みなおか」「めちゃイケ」「うたばん」の出演料も。(2021/9/26)

シニア層は外、若手層は内:
「シニア=無能」なのか? 多くの企業が導入する早期退職・シニア活用施策に潜む違和感の正体
多くの企業でシニア活用の機運が高まってきている。希望退職・早期退職のニュースも増えてきたが、そこには「年齢差別」が隠れていないだろうか。(2021/6/9)

目つきヤバっ! チュート徳井、27年前のポートレートが怖すぎて「狂気を感じる」次元
雰囲気めっちゃ暗くない……?(2021/5/6)

「スーパー野田ゲーPARTY」、任天堂の審査を通る マヂラブ野田さんがラジオで報告
お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の野田クリスタルさんが制作したミニゲーム集「スーパー野田ゲーPARTY」が任天堂の審査を通った。(2021/4/16)

違和感しかない ミルクボーイがイメチェンして「EXIT」化、ピンク髪&金髪の“オートミールクボーイ”に
「おかん」じゃなくて「ママ」。(2021/4/14)

Creepy Nuts、新曲「バレる!」が「R-1グランプリ」テーマソングに起用 3月3日デジタルリリース
M-1の告知動画にも楽曲が使用されていたCreepy Nuts。(2021/2/22)

PR:M-1優勝賞金は投資に使うべき? マヂラブの2人が資産運用を学ぶ動画「学べるラブリー」がガチで勉強になる
絶対にもうかる株を選びたい男でーす。(2021/2/17)

「きたコーンロウ」「流行るかも笑笑」 千鳥ノブが公開した「相席食堂」スタッフの“後ろ姿”にまたしても笑いが起きる
もはやおもちゃと化してしまった。(2021/2/10)

ザブングル松尾が芸能界引退でコンビ解散 ファンからは悲しむ声も「もう水神様見られないのか」「くやしいです」
加藤歩さんは単独で活動継続。(2021/2/1)

「おいでやすこが」こがけんが既婚&2児のパパだと告白、過去ネタとシンクロしすぎて「まさに『言えよ!!』の状態」
奥さんはまさかリトアニア人……?(2021/1/22)

「山里さんは正式に関係ないです」 「南キャン」山里、相方・しずちゃんの新型コロナ陽性で地味にダメージを受ける
山里さん「なんだか寂しくなる連絡」。(2021/1/9)

ナイツ・塙、「M-1」録画ミスで女児アニメ「ミュークルドリーミー」が録画されてしまう→娘たちが大喜びの超展開に
「ミュークルドリーミー」見てみよう。(2021/1/9)

「漫才は色んな形があっていい」 サンド富澤、“漫才の定義”に一石投じたマヂラブの優勝ネタに賛辞送る
テツandトモも決勝に出たことあるし漫才を画一的に考えなくていいのでは。(2020/12/23)

「M-1」公式動画にCreepy Nuts「板の上の魔物」が起用 「MADを待っていたら公式が来た」「激アツ展開すぎる」と大絶賛
漫才ドラマ「べしゃり暮らし」のテーマ曲。(2020/12/7)

ノンスタ石田、うつ闘病で陥った“薬漬け”を告白 今もなお「あの薬飲んだら楽になれるのかな」と頭をよぎる
妻の助けを借りて依存状態を抜け出したそうです。(2020/8/11)

南キャン山里、しずちゃん宅初訪問で思わず照れ顔 眼鏡なしの姿に「初めてみた」「誰だか分かんない」の声も
相方のそばだから出せる顔。(2020/6/9)

「これじゃぁ人は笑わんよ」 ノブ、千鳥&笑い飯の“大トガり若手時代”写真にセルフツッコミ
ニコニコしてくれ。(2020/4/29)

「どうぶつの森」で売られている服がどう見てもミルクボーイ ネットで「予想以上に似てますね」と話題に
ミルクボーイやないかい。(2020/4/7)

VR空間でeスポーツを観戦、バーチャル施設「V-RAGE」オープン
VR空間でeスポーツを観戦できるバーチャル施設「V-RAGE」のβ版が3月15日にオープンする。観戦者はアバターを使って来場し、他のユーザーとチャットもできる。(2020/3/10)

わずか2カ月の開発期間
米大統領選の前哨戦で集計トラブル 原因は投票アプリのテスト不足?
2020年2月3日のアイオワ州党員集会で、利用された投票数集計用アプリケーションで集計ミスが発生した。アプリケーションのテストが不足していたことが原因ではないかと複数の専門家は指摘する。(2020/3/6)

「なんでほんまにやんねん」 かまいたち、開設したYouTubeチャンネル名「ねおミルクボーイ」にするどいツッコミが飛ぶ
初投稿からキレッキレのかまいたち。(2020/2/21)

「クラスで4番目の美人らしいねん」「ウチやないかい!」 気になる男子の好みをミルクボーイ風に探る漫画が楽しい
「でも、分らんねんな」(2020/2/4)

「こんなんなんぼあってもいいですからね!」 ミルクボーイ、ケロッグ公式応援サポーター就任で“腕組んでるトラ”とコラボ
“生産者さんの顔が浮かばない”のくだり好き。(2020/1/29)

携帯キャリアが“VR最前列”に熱視線? ドコモも8KVRライブを配信 5Gが追い風に
NTTドコモが、8KのVR映像を配信するサービスを始める。アイドルのライブのVR映像配信も行い、新規ユーザーの獲得を狙う。5Gの商用化を見越し、携帯キャリア3社は現在、同様の取り組みに注力している。(2020/1/22)

企業SNS「中の人」がいま考えるべきこと:
これからのSNS運用で必要なものがケロッグ、バーガーキングの成功事例から見えてきた
SNSは、今や必要不可欠な存在となっている。企業側も、マーケティング手法の一環として活用するのが当たり前の時代になってきた。消費者との新たな関係性を築ける一方で、いわゆる「中の人」がトラブルになったり反感を買ったりしてしまうケースも。電通メディアイノベーションラボ主任研究員を務め、SNSに詳しい天野彬氏は、これからの企業SNSは「ファスト」になるべきだと解説する。国内外の成功事例をひもときながら、解説する。(2020/1/16)

「えらいことです!」 M-1優勝の「ミルクボーイ」内海崇、公式サイト閲覧者数が約150倍で驚き
M-1優勝の影響すごいな。(2019/12/24)

「M-1グランプリ」最終決戦をVR配信 KDDIが提供
KDDIが「M-1グランプリ 2019」最終決戦のVR映像を配信する。番組の放送は22日で、VR映像は25日から配信する。(2019/12/20)

森田まさのりの肖像【後編】:
『ろくでなしBLUES』作者・森田まさのりが語る「『べしゃり暮らし』は一生描き続ける」宣言の真意
累計発行部数5000万部を超える漫画『ろくでなしBLUES』著者の森田まさのりさんが、『べしゃる漫画家』の出版イベントで、『ろくでなしBLUES』にまつわる秘話などを語った。森田さんはなぜ50歳を過ぎてから漫才コンクールの「M-1グランプリ」に出場したのか? 前後編で余すところなくお届けする。(2019/11/10)

森田まさのりの肖像【中編】:
『ろくでなしBLUES』作者・森田まさのりが50歳を過ぎてから「M-1グランプリ」に挑戦した理由
累計発行部数5000万部を超える漫画『ろくでなしBLUES』著者の森田まさのりさんが、『べしゃる漫画家』の出版イベントで、『ろくでなしBLUES』にまつわる秘話などを語った。森田さんはなぜ50歳を過ぎてから漫才コンクールの「M-1グランプリ」に出場したのか? 前後編で余すところなくお届けする。(2019/11/9)

「フリートークで輝いていると思うコンビ芸人ランキング」 サンドウィッチマンがダウンタウンを抑えて1位に
3位は博多華丸・大吉に。(2019/11/5)

森田まさのりの肖像【前編】:
『ろくでなしBLUES』作者・森田まさのりが明かす「人を笑わせる仕事哲学」
累計発行部数5000万部を超える漫画『ろくでなしBLUES』作者の森田まさのり氏の「人を笑わせる仕事哲学」に迫る――。(2019/11/9)

森田まさのり「絶対笑わない稲垣選手を笑わせてみた」 ラグビー稲垣啓太選手のイラストに反響、本人も反応
めちゃくちゃいい笑顔だ。(2019/10/16)

霜降り明星の粗品が京アニに競馬で当てた約100万円寄付 「長門に来る馬教えてもらった」
粗品さんは以前からアニメ好きとして知られています。(2019/7/30)

声優・速水奨と野津山幸宏が漫才コンビ結成で「M-1」出場! イケボ漫才に期待の声
あのイケボで漫才だと……?(2019/7/13)

サンド富澤、息子の“好きな人ランキング”に大ショック 「どんなランキング1位より、息子からの1位が欲しかった…」
がんばれトミー。(2019/6/10)

「12年越しの再会」 ジャルジャル後藤、芸人目指す少年との“運命的な出会い”がファンの感動呼ぶ
現在ではジャルジャルの後輩に。(2019/5/7)

オードリー春日の「結婚」は二度目? 現実のほうがドラマチックな「春日プロポーズ事件」の裏を読み込む
あの結婚式場でのドッキリは実は2回目。(2019/4/22)

平成最後の「IPPONグランプリ」徹底解説。ホリケンの狂気回答にバカリズムもロバート秋山もクルクルクルクル。松本人志、嘆く
サドンデス勝負のお題は「新元号発表の雰囲気で何かを発表してください」それでなぜ全員クルクルに?(2019/4/21)

「どんだけ働いてんねん」 たむらけんじ、M-1常連の和牛・水田が生放送中に倒れている姿を公開し心配の声続出
これは心配になる。(2019/2/20)

これからのAIの話をしよう(ダジャレ編):
AIがダジャレ判定→面白いと布団が吹っ飛ぶ “Qiita映え”バッチリ、話題のAI開発した若手チームを直撃
ダジャレを入力するとリアルに布団が吹っ飛ぶ装置が登場。AI(人工知能)がダジャレの面白さを判定する。(2019/2/6)

「私は意図的に落とされた」「審査員のセンスを疑ってしまう」 ピン芸人・キートン、「R-1グランプリ」の審査に苦言で波紋広がる
TwitterとInstagram両方に思いをつづったルーズリーフを投稿しています。(2019/1/31)

「最後はエンターテイメントで」 キンコン西野、梶原&オリラジ中田のトラブル決着に期待
コラボ動画が見られそう。(2019/1/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
“大炎上”を引き起こす政治家と企業の「決定的な欠陥」とは
新年早々、平沢勝栄議員の発言が炎上。近年は政治家や企業がSNSなどで炎上するケースが相次いでおり、2019年も続くだろう。自分たちの意見や表現が世間と「ずれている」と気付かないのは、ある能力が決定的に欠けているからだ。その能力とは……(2019/1/10)

PR:検索データを分析すると未来が見える? ヤフーが開発した「Yahoo!検索トレンドマップ」とは何か
TwitterとInstagram関心者の検索ワードってこんなに違うの……?(2018/12/10)

「最大級の雷を落とします」 博多大吉、暴言炎上のとろサーモン久保田&スーマラ武智に怒りあらわで説教宣言
大吉先生の言葉は響きそう。(2018/12/6)

最もツイートが多かったのは「和牛」! 「M-1グランプリ」のツイートを分析してみた
3年連続2位はダテじゃない。(2018/12/6)

「クソが」「更年期障害かと」 とろサーモン久保田&スーマラ武智、M-1放送後の上沼恵美子への暴言を謝罪
2人のSNSには批判コメントが殺到しています。(2018/12/4)

「また明日から精進します!!!」 ジャルジャル、最後の「M-1グランプリ」で3位も爽やかな笑顔
ラストイヤー、おつかれさまでした!(2018/12/3)

「僕より1秒でも長く生きてほしい」 サンド富澤、相方・伊達の誕生日に見せた“コンビ愛”にファン感涙
並々ならぬ愛情を感じる。(2018/9/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。