ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「吉本興業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「吉本興業」に関する情報が集まったページです。

ロンブー田村亮、活動再開 相方・田村淳「再びコンビとして活動していきたいと思います」
亮さんは株式会社LONDONBOOTSに所属、吉本興業はエージェント業務でサポート。(2020/1/10)

吉本興業、動画配信サービス「iflix」にコンテンツ提供 アジア市場を開拓
吉本興業が制作するテレビ番組や映画などが、動画配信サービス「iflix」で配信スタート。アジア市場の開拓を狙う。(2019/12/26)

京都の市民団体、吉本芸人の“ステマツイート”で市に100万円返還を求める
吉本興業所属のコンビ芸人が京都市の依頼を受け、市政を宣伝するツイートを宣伝表記なしに投稿した問題をめぐり、市民団体が京都市長に100万円の返還を勧告するよう求めた。(2019/12/16)

「ブラック企業大賞」2019年ノミネート発表 KDDI、セブン-イレブン、電通など
闇営業問題の吉本興業も。(2019/12/13)

2019年は9社:
セブンに電通、吉本興業…… 各社が「ブラック企業大賞」にノミネートされた理由
“今年1番のブラック企業”を決める「第8回ブラック企業大賞」のノミネート企業9社が発表された。(2019/12/13)

たむらけんじ、吉本興業と“専属エージェント契約”へ 対等な話し合いに喜びも「ギャラの割合が納得いかん」
「スッキリもしてないけどモヤモヤもしてない」。(2019/12/12)

田村淳、相方の亮と新会社「LONDONBOOTS」設立 独立ではなく「田村亮と吉本興業を繋ぐ為」
亮さんは現在も活動自粛中です。(2019/12/2)

「ミキ」のステマツイート批判、吉本興業は「プロモーションだと世間一般にご理解いただける」「ステマではない」
「PR」表記や依頼を受けて行ったツイートであることが明示されていなかった。(2019/10/31)

京都市と吉本興業、“4ツイート100万円”で宣伝 広告表記なしで「ステマ」批判相次ぐ
京都市が吉本興業所属の芸人に、市を宣伝する内容のツイートを有償で依頼していたと京都新聞が報じた。ツイートには、広告主が市であることを示すような表記がなく、「ステルスマーケティングではないか」という批判が相次いでいる。(2019/10/28)

吉本興業「ミキ」が1ツイート25万円でPR表記なしの宣伝ツイート 依頼した京都市は「誤認させる投稿ではない」とステマ認めず
【追記】吉本興業のコメントを追記しました。(2019/10/28)

マウス、「よしもとゲーミング」参加イベントにゲーミングPCを機材提供
マウスコンピューターは、プロゲーミングチーム「よしもとゲーミング」が参加するイベントにG-Tune製品の機材提供を行うと発表した。(2019/10/18)

「白い恋人」の石屋製菓が関西初進出 吉本興業とのコラボ商品「ゆきどけ」も販売
「ゆきどけ」だと!?(2019/9/11)

吉本興業、「闇営業」芸人11人の謹慎を解除へ 8月19日より仕事復帰
関係各所と相談の上で判断したとしています。(2019/8/9)

専門家に聞く:
「テープ回してないやろな」ハラスメント対策の秘密録音、どこまでがOK? 
お前ら、テープ回してないやろな−。闇営業問題に絡み、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)は、吉本興業の岡本昭彦社長(52)にこうすごまれたと明かした。ICレコーダーなどによる録音が内部告発の切り札となるケースは多いが、会議や面接、飲み会などの場で、相手に無断で録音することに問題はないのか(2019/8/2)

専門家のイロメガネ:
吉本興業がテレビ業界から干される日
不祥事で謝罪会見を行えば、ある程度、トラブルは鎮静化するものだが、「グダグダ」「意味不明」と批判された会見によってさらに報道はヒートアップ。今後の吉本は、テレビ局各局から「干される」可能性すらある。そしてその動きはすでに表面化している。(2019/8/2)

【追記あり】ナイツ、“吉本興業”と“ジャニーズ”に触れた漫才の動画が削除 切り込んだ内容で話題に
好意的な意見が多数寄せられていました。(2019/7/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
吉本、かんぽの炎上会見に見る「組織の病巣」 なぜ“上下断絶”が生まれるか
かんぽ生命の不正事件、吉本興業の闇営業問題と、企業のトップによる会見が相次いで批判を浴びている。“えらい人”たちの発言はなぜ不誠実なのか。そこには、権力に酔いしれたトップと、その下にいる人たちとの大きな断絶がある。(2019/7/26)

吉本興業、経営アドバイザリー委員会設置 今後の体制見直しへ
来週中に第1回委員会を開催するとのこと。(2019/7/25)

「タイムリー過ぎる笑」 ナイツ、“吉本興業”と“ジャニーズ”に切り込んだ時事ネタ漫才がネットで話題に
マセキ芸能社の公式YouTubeチャンネルで公開されています。(2019/7/24)

山本圭壱、相方・加藤浩次との歴代2ショット投稿 “加藤の乱”で不安の声相次ぎ「解散ないですよね?」
闇営業問題に関連し、加藤さんは吉本興業退社を視野に入れていると明言していました。(2019/7/24)

清水圭、吉本興業・岡本社長から受けた“18年前のどう喝”を告白 「どの口が言うとんねん!」と会見内容に怒りも
清水さん「話を聞かずいきなり恫喝する このパターンは私の時と全く同じです」。(2019/7/23)

スピン経済の歩き方:
吉本興業の謝罪会見が、壮絶にスベった理由
吉本興業が謝罪会見で、壮絶にスベってしまった。と言っても、説明の中に気のきいたギャグがなかったとかそういう類の話をしているわけではない。筆者の窪田氏が言いたいことは……。(2019/7/23)

専門家のイロメガネ:
「テレビ局が株主だから大丈夫」宮迫・亮の謝罪会見に見る、吉本興業の深刻な勘違い
宮迫・亮の謝罪会見で注目されたのが、「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫」といわれた、という発言だ。これは吉本が「テレビ業界の子会社」のような位置づけに近いことを意味する。事務所を辞めるべきは芸人なのか、それとも事務所幹部なのか? そして甘い対応をすれば、テレビ局にも責任が発生する可能性もあるのではないか?(2019/7/22)

加藤浩次、スッキリで「このままの体制が続くならこの会社(吉本興業)を辞める」と明言 「ここは変わるとき」と語気を強め
目に涙をためながら訴えました。(2019/7/22)

吉本興業社長、22日に会見 闇営業問題で
(2019/7/21)

「全員連帯責任でクビ」 宮迫博之と田村亮、“闇営業問題”会見で謝罪 吉本興業の圧力も明かす
謝罪会見を開きたいという意向を認めてもらえなかったと説明しました。(2019/7/20)

宮迫博之、吉本興業との契約解消 闇営業に加え金塊強奪犯との親交報じられ
芸能界にも波紋。(2019/7/19)

闇営業:
吉本興業および芸人は謝罪会見を開くべきか問題
闇営業問題は収まる気配を見せず、延焼し続けています。一方でそもそも闇営業問題と、反社勢力問題は別という冷静な意見も出始めました。結構な数の問い合わせをいただいていますので、本件について謝罪すべきかどうか、意見を述べたいと思います。(2019/7/10)

専門家のイロメガネ:
テレビ局が吉本興業を出入り禁止にすべき理由
吉本興業の芸人による闇営業。この事件で最も重要なことは、事務所のあずかり知らない所で所属芸人が詐欺集団の会合に参加したことであり、芸人をマネジメントすべき吉本興業がそれを防げなかったことだ。本来研修を受けるべきは芸人ではなく、吉本興業の経営陣ではないのか。(2019/7/9)

「地獄過ぎて」 吉本興業所属のなだぎ武、タイムリーに窮状訴える姿に心配の声
ネタなのか本当なのか。(2019/6/28)

よしもとからの打診は「本気で世界を目指すからコンビを解散して」 芸人兼プロゲーマーから見た日本eスポーツ界
YouTubeでも活躍中のプロゲーマー兼芸人。(2019/4/29)

吉本芸人がエアコンクリーニング会社を創業!? 「ラフ・コントロール」重岡が“社長芸人”になった理由
“エアコンを長持ちさせる方法”も聞いてみました!(2019/3/21)

綾瀬市で地域発信型映画を制作 メインキャストにインパルス堤下さんなど
制作した作品は、2019年4月に吉本興業などが運営に携わっている沖縄国際映画祭に出品し上映される。(2018/12/17)

よしもとの芸人ネタ、Apple Musicのプレイリストに
吉本興業のよしもとミュージックエンタテインメントがApple Musicのキュレーターとして参加。プレイリストが公開されている。(2018/8/13)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
謝罪マスターと炎上専門家が考える、ネットの便利さと危険性 竹中功×おおつねまさふみ対談第2回
炎上対策会社「MiTERU」を立ち上げたネットウォッチャー、おおつねまさふみ氏と、吉本興業の謝罪会見を仕切ってきた竹中功氏との対談第2回。(2018/7/4)

mora、ひょっこりはんネタ音源の「一時配信停止」を決定 BGMの著作権侵害問題で、よしもとからの申し出受け
申し出があればすぐに対応できるよう、準備するとしていました。(2018/6/1)

「残念で悲しい」 ひょっこりはんのネタBGMが著作権侵害? 音源配信のmora「よしもとからの連絡待ち」
「はい、ひょっこりはん」で芸能界にもファン多数(追記あり)。(2018/6/1)

吉本興業、「鉄拳7」の大会「MASTERCUP TRY」をサポート 出場選手1人に対し「EVO2018」参戦を支援
名をあげるチャンス?(2018/4/24)

「シャドウバース」プロリーグが始動 選手には月給30万円を保証、総額2000万円の年間インセンティブも
au、おやつカンパニー、サッポロビール、吉本興業が参入チームのスポンサーに。(2018/3/9)

「シャドウバース」のプロリーグ発足 サッポロビールら4団体が参戦
スマートフォン向けカードゲーム「シャドウバース」で国内初のプロリーグが発足。au(KDDI)、吉本興業、おやつカンパニー、サッポロビールがオフィシャルパートナーとして参戦する。(2018/3/9)

吉本興業「eスポーツ」参入 プロチーム発足、ゲーム実況配信、大会開催も
吉本興業がeスポーツ事業に本格参入。「よしもとゲーミング」としてプロチームを複数運営するほか、ゲーム実況に特化したタレントを育成。eスポーツイベントも主催する。(2018/3/8)

吉本興業がプロゲーマーチーム「よしもとゲーミング」発足 eスポーツ事業にガチ参入
他にもイベント・大会実施などを通じ、国内eスポーツ産業の創出を目指していくとのこと。(2018/3/7)

23日放送のニコ生「聖夜のクリスマス飯」で放送事故 吉本芸人のしつこい“いじり”に出演者激怒、ドワンゴが謝罪
ニューヨークの出演者に対する態度に「不快」との声が多くあがっていました。(2017/12/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大リーグ移籍をめぐって、大谷翔平と吉本興業の関係
メジャーリーグ移籍を目指す大谷翔平投手の新天地が注目されている。連日、複数のメジャー球団と交渉を続けているわけだが、大谷側に“影のサポーター”が存在していることをご存じだろうか。吉本興業である。(2017/12/8)

大阪の人気番組が月額480円で見放題――NTTぷららと吉本興業が提供する「大阪チャンネル」
(2017/4/18)

「悪質な転売と戦う」 オリラジ中田さん、チケット販売を「よしもと」から「Peatix」に
「このライブで、テクノロジーによる勝利宣言をしたい」と意気込んでいる。(2017/4/17)

医療技術ニュース:
お笑いを医学的に検証、ストレスマネジメントでの活用を目指して
オムロンは、近畿大学や吉本興業、NTT西日本と共同で「笑い」の医学的検証研究を開始した。「笑い」が心身にもたらす効果を明らかにし、測定方法を開発するなどして、2021年には「笑い」を活用したストレスマネジメントの実用化を目指す。(2017/3/2)

「笑い」の効果、吉本興業や近畿大が検証 精神疾患の新治療法を開発へ
笑いが心身に与える効果を検証する実証実験を、近畿大学や吉本興業などがスタート。研究結果を基に、精神疾患を笑いで治す方法の開発を目指す。(2017/2/17)

炎上するリスクを減らすには:
ノンスタ井上の事件、吉本興業の正念場
お笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介氏の事件は今、大きな岐路に立っています。厳しい状況であることは当然ですが、この先の対応は今正に正念場です。(2016/12/14)

もはや自虐はお家芸? 茨城県が自虐で魅力を紹介するPR動画公開 よしもと芸人が都道府県役
茨城県は都道府県魅力度ランキングで3年連続最下位。(2015/11/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。