ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「吉本興業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「吉本興業」に関する情報が集まったページです。

「FUJIWARA」藤本敏史、YouTubeチャンネルで活動再開へ 吉本興業が報告「今回の反省を活かして一からやり直す機会を」
2023年10月に接触事故を起こし活動自粛を発表していました。(2024/2/23)

体重105キロの吉本芸人、“基準値オーバー”だらけの健診結果さらし「この世に未練ない」 前回より大幅悪化に「病気のデパート」「生きて」
まずは痩せよう。(2024/2/9)

吉本芸人、制作会社の社長に殴られるパワハラ被害訴え 大御所芸人は見ても「笑ってるだけ」? 波紋も投稿削除
該当の制作会社と吉本興業ホールディングスに事実関係などについて問い合わせました。(2024/1/28)

吉本興業、松本人志さんの週刊誌報道に「お詫び」 事実確認を進め「説明責任を果たす必要」
当初は“事実無根”としていました。(2024/1/24)

松本人志、週刊文春を提訴と吉本興業 損害賠償請求と訂正記事による名誉回復求める
【追記】提訴の知らせに、文藝春秋側もコメント。(2024/1/22)

粗品、残高2000円に追い込まれ“通帳没収”のピンチ 吉本興業の英断に「支持します」「めっちゃ良い会社やん」
親みたいなことしてくれるんだ。(2024/1/16)

松本人志らの週刊文春報道、吉本興業は法的措置を検討
当該事実は一切ないと否定。(2023/12/27)

見取り図・盛山、自身も出演するテレ朝系新ドラマにポツリ→ファン爆笑 「余計によしもとにしか」「合成ですよね……?」
存在感ある。(2023/12/13)

「新婚さん」に元よしもと芸人が登場、ネタを見た妻は「この人と絶対2年後に結婚する!」と直感 ……その後の出会いがまさに“奇跡”
偶然が重なって導かれた2人。(2023/11/11)

東野幸治、美少女VTuberになる ノブコブ・吉村とYouTubeチャンネル開設
タレント・東野幸治さんが美少女VTuberになる。吉本興業のグループ会社が、5月29日にYouTubeチャンネル「東野・吉村のVTuberはじめました!」を開設。平成ノブシコブシの吉村崇さんと共に、美少女アバターを使ったリアクション芸などに挑戦する。(2023/5/29)

「青空」須藤理恵さん45歳で死去 ノンスタ石田、ブラマヨ小杉&チュート徳井と通夜で献杯「引き合わせてくれたんだなぁ」
かつて須藤さんとともに「baseよしもと」で活躍したメンバー。(2023/5/28)

アーキテクト調べ:
吉本の人気グループ芸人 3位「千鳥」、2位「博多華丸・大吉」、1位は?
「吉本興業に所属するお笑い芸人ランキング」を発表。グループ芸人、ピン芸人それぞれの1位は?(2023/1/1)

宮迫博之、吉本興業の本社に連行される 大崎洋会長が在社でガチ焦り「絶対に怒ってるから!」
エグい角度のドッキリだ。(2022/12/29)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
EMI Records敏腕レーベルヘッドに聞く、音楽アーティストと部下の魅力を引き出すマネジメント術
元吉本興業敏腕マネジャーが、若手からキャリアの長いアーティストまで間近に接するEMI Recordsの岡田武士氏と対談。アーティストの成功を引き出す方法や、部下のマネジメントなどについて話を聞いた。(2022/12/26)

プロジェクト:
東京ドーム×吉本興業グループが「東京ドームシティ」内に新劇場を建設、竹中の設計・施工で23年末開業
東京ドームと吉本興業グループが計画していた「東京ドームシティ」内での新劇場の建設プロジェクトがスタートした。(2022/12/20)

吉本興業HD、「東京ドームシティー」に新劇場 2023年12月開業
吉本興業ホールディングスが2023年12月、「東京ドームシティー」に新たな劇場をオープンする。完成後の運営は吉本興業HD傘下のLIVE FORWARDが手掛ける。新劇場名は未定。(2022/12/12)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
「失敗のない人生は面白くない」 リアル“オールドルーキー”が話す「やりたいことがない人」の育て方
元吉本興業敏腕マネジャーが、ドラマ「オールドルーキー」のモデルであるスポーツバックス代表取締役澤井芳信さんにマネジメント術を聞く。(2022/9/30)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
「空気が読めない」と悩むリーダーへ―― 上原浩治を支えるマネジャーが語る人間関係の築き方
元よしもと敏腕マネジャーでFIREBUG社長の佐藤詳悟佐藤詳悟氏が、今会いたい“敏腕マネジャー”と対談。メンバーのモチベーションをあげる方法や才能を開花させる方法のヒントを探る。(2022/9/29)

ドンキ、霜降り明星せいやが企画した「酒袋飲みごろタンブラーシリーズ」 7月発売
ドン・キホーテは7月1日、吉本興業所属の霜降り明星せいやさんとドウシシャ(大阪市中央区)が共同企画した「酒袋飲みごろタンブラー」シリーズを発売する。(2022/6/27)

NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」、4月13日提供開始 吉本興業など17コンテンツと連携
 LINEの暗号資産およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC(東京都品川区)は3月23日、NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」の提供を4月13日より開始すると発表した。(2022/3/24)

「LINE NFT」始まる スクエニやB.LEAGUE、機動警察パトレイバーなどと連携 Web3.0に本腰【追記あり】
LINEがNFTの総合マーケットプレース「LINE NFT」を4月13日に提供すると発表した。吉本興業など17コンテンツと連携し、7ジャンル100種類以上のNFTを販売する。(2022/3/23)

BSデジタルで「BSよしもと」など3チャンネル放送開始 スマホ向けの動画配信も
BSデジタル放送で「BSよしもと」など3チャンネルが相次いで開局する。BSよしもとと「BSJapanext」はネットを介した動画配信も始める。(2022/3/21)

国際映画祭が最後に:
「よしもと沖縄花月」4月閉鎖 吉本興業が発表
吉本興業の沖縄での常設劇場「よしもと沖縄花月」は1日、「島ぜんぶでおーきな祭 第14回沖縄国際映画祭」を最後に、同劇場を閉鎖すると発表した。(2022/3/2)

「筋肉の扉は自らの筋肉で開く」 なかやまきんに君、吉本興業を退所後は海外挑戦&オンラインフィットネス
10代からの夢をかなえるため動き始めたきんに君。(2022/1/25)

漫才動画で集中力がアップする? キリンと吉本興業などの共同研究
キリン中央研究所が、笑うことで集中力とストレスが改善されるとした研究結果を発表した。吉本興業と近畿大学などと共同で実施した臨床研究で確認したという。同研究所などは研究結果を基に、新サービスの開発などにつなげる方針。(2021/11/24)

「電車でGO!!はしろう山手線」と吉本芸人のコラボ 「電車でGO-1グランプリ」特別番組、YouTubeで7月30日配信
ダウンロード版が25%オフとなるセールも開催〜。(2021/7/27)

吉本興業がユニバーサルミュージックに流通業務を委託 CD・DVD商品の売り上げ向上狙う
映像・音楽ソフトを制作、発売する吉本興業ホールディングスのグループ会社「よしもとミュージック」は、同社のセル・レンタル商品の営業・流通業務をユニバーサルミュージックに10月1日より委託する。(2021/6/28)

加藤浩次、吉本興業から完全離脱 3月末でエージェント契約終了へ「新しい環境での活躍を応援」
2019年10月からエージェント契約を締結していた加藤さん。(2021/3/9)

「映画 えんとつ町のプペル」が興行収入20億円、観客動員数150万人突破 リピーター獲得の要因は?
吉本興業は、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さん原作のアニメーション映画「映画 えんとつ町のプペル」が、興行収入20億円、観客動員数150万人を突破したと発表した。(2021/2/19)

キンコン西野亮廣、吉本興業と契約終了 退社示唆から3日の急展開「トラブルが原因とかじゃないっす!」
はやっ。(2021/1/30)

オリエンタルラジオ、吉本興業からコンビで独立 「2人の意向を最大限尊重」と12月31日で契約終了
芸能界、変わってきてるな〜。(2020/12/28)

強いブランドをさらに大きくするために:
なぜアドビは吉本興業とコラボしたのか 「Adobe Creative Cloud」担当執行役員が語る
プロのクリエイターのツールとして圧倒的な市場優位性を誇る「Adobe Creative Cloud」だが、強い製品だからこそ抱えるジレンマもある。さらなる高みを目指して成長の地図を描くためのポイントが「市場の再定義」と「インサイト」だ。(2020/8/28)

吉本興業が「笑うドライブインシアター」開催 大阪・万博記念公園で8月2日から
クルマと笑いと映画のコラボ、料金は「1台」単位です。(2020/7/29)

たむらけんじ、吉本興業との“エージェント契約”締結を発表 松本人志イチ押しの姿で「上向いてやっていこう」
たむらさん「責任もしっかりと負わなくてはいけません」(2020/7/13)

ペナルティ・ワッキー、中咽頭がんを公表 「ステージ1と先生から伝えられました」
所属している吉本興業を通して発表し、Twitterでも伝えています。(2020/6/7)

吉本興業と“にじさんじ”の配信者、任天堂タイトルのゲーム実況OKに 著作物利用の包括的許諾契約を締結
任天堂が同社の著作物の利用ガイドラインを改定。吉本興業やいちからに対し、著作物の利用を許可した。これらの事務所所属の配信者は、任天堂ゲームの実況動画などの投稿や収益化ができる。(2020/6/1)

任天堂、にじさんじの「いちから」や「UUUM(吉本興業含む)」などと新たに包括契約 公式の実況動画が可能に
任天堂がUUUM(吉本興業所属を含む)、いちから、ソニー・ミュージックマーケティング、東京産業新聞社(ガジェット通信)と新たに契約を締結。(2020/6/1)

吉本興業とUUUMが資本業務提携 吉本所属タレントの約800チャンネルがUUUMと共同運営に
強力タッグ。(2020/4/28)

UUUMと吉本興業が資本業務提携 芸人YouTubeチャンネル強化やYouTuberのテレビ進出も
吉本興業に所属するタレントのYouTubeチャンネルを共同で運営する他、UUUM所属クリエイターのマスメディア進出などで協業する。(2020/4/28)

吉本興業、YouTubeで落語を8日間連続配信 桂文枝らの演目を無観客の劇場で収録
3月31日まで、毎日2人の演目が追加されます。(2020/3/24)

動画配信、XR、ライブ、お笑い――「au 5G」の新エンタメサービス発表
KDDIが、「au 5G」サービスの発表と同時に、エンタメ関連のサービスや提携などを発表した。「ビデオパス」に代わり、新動画配信サービス「TELASA」を4月7日にスタートする。SHOWROOMや吉本興業と提携し、新たな動画コンテンツやお笑いサービスの提供も目指す。(2020/3/23)

吉本興業、漫才や新喜劇を無料で生配信 期間は「公演再開までを予定」
吉本興業が、全国の劇場から漫才やコント、新喜劇などをネットで生配信するという。視聴は無料。新型コロナウイルス感染拡大によって公演が中止になっていることから、配信を決定。配信期間は、公演再開までを予定している。(2020/3/5)

ロンブー田村亮、活動再開 相方・田村淳「再びコンビとして活動していきたいと思います」
亮さんは株式会社LONDONBOOTSに所属、吉本興業はエージェント業務でサポート。(2020/1/10)

吉本興業、動画配信サービス「iflix」にコンテンツ提供 アジア市場を開拓
吉本興業が制作するテレビ番組や映画などが、動画配信サービス「iflix」で配信スタート。アジア市場の開拓を狙う。(2019/12/26)

「ブラック企業大賞」2019年ノミネート発表 KDDI、セブン-イレブン、電通など
闇営業問題の吉本興業も。(2019/12/13)

2019年は9社:
セブンに電通、吉本興業…… 各社が「ブラック企業大賞」にノミネートされた理由
“今年1番のブラック企業”を決める「第8回ブラック企業大賞」のノミネート企業9社が発表された。(2019/12/13)

たむらけんじ、吉本興業と“専属エージェント契約”へ 対等な話し合いに喜びも「ギャラの割合が納得いかん」
「スッキリもしてないけどモヤモヤもしてない」。(2019/12/12)

田村淳、相方の亮と新会社「LONDONBOOTS」設立 独立ではなく「田村亮と吉本興業を繋ぐ為」
亮さんは現在も活動自粛中です。(2019/12/2)

「ミキ」のステマツイート批判、吉本興業は「プロモーションだと世間一般にご理解いただける」「ステマではない」
「PR」表記や依頼を受けて行ったツイートであることが明示されていなかった。(2019/10/31)

京都市と吉本興業、“4ツイート100万円”で宣伝 広告表記なしで「ステマ」批判相次ぐ
京都市が吉本興業所属の芸人に、市を宣伝する内容のツイートを有償で依頼していたと京都新聞が報じた。ツイートには、広告主が市であることを示すような表記がなく、「ステルスマーケティングではないか」という批判が相次いでいる。(2019/10/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。