ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モバHO!」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モバHO!」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

2.5GHz帯BWAの新周波数割当はどうなる?:
UQ、2012年度末基地局設置目標を前倒し達成、人口カバー率約94%に──新周波数割当で総務省にアピール
UQが特定基地局開設計画の基地局設置数目標を大幅に前倒して達成したと告知。次世代サービス WiMAX 2+展開に向けたモバHO!跡地の20MHz幅割当を求め、総務省にアピールした。(2012/12/3)

韓国携帯事情:
モバHO!終了も韓国モバイル衛星放送は健在――しかし課題は山積み
日本ではサービスを終了するモバイル向け衛星放送「モバHO!」。同じ衛星を使う韓国のモバイル向け衛星放送サービスは依然健在だが、モバHO!同様に課題が山積みとなっている。(2008/8/26)

5分で分かる、先週のモバイル事情
7月30日、ドコモが決算で減収増益を発表。新販売制度が好調で予想以上にいい決算だったと山田隆持社長は胸を張る。ウィルコムは「BWAユビキタスネットワーク研究会」を設立し、WILLCOM COREネットワークの活用方法を模索する考え。またモバイル放送はモバHO!サービス終了の意向を発表した。(2008/8/4)

「モバHO!」3月末に終了 ワンセグに敗北
移動体向け衛星デジタル放送サービス「モバイル放送」(モバHO!)が来年3月末をめどに終了。ワンセグとの勝負に“敗北”した格好だ。(2008/7/29)

アイリバー、「モバHO!」対応端末「B20」
アイリバーが「モバHO!」対応端末「B20」を発売。「モバHO!」加入者にはキャッシュバックされるキャンペーンも開催。(2008/4/11)

レビュー:
携帯向け衛星サービスの起爆剤?――モバHO!対応「U:MO」
アイリバー「U:MO」はモバイル機器向け衛星放送「モバHO!」に対応したポータブルプレーヤー。モバHO!は開始から3年近くになるものの、さほど普及していない。新端末はモバHO!普及の起爆剤になるのか。(2007/7/27)

モバHO!プレーヤー「U:MO」で入会金無料などキャンペーン
アイリバージャパンはモバHO!(モバイル放送)対応の小型プレーヤー「U:MO」について、モバHO!の入会費用が無料などになるキャンペーンを実施する。(2007/7/10)

アイリバー、モバHO!対応の小型プレーヤー「U:MO」
アイリバーが衛星放送サービス「モバHO!」に対応したの小型プレーヤー「U:MO」を発表。放送の録画も可能。レンタルで気軽に利用できる。(2007/6/18)

モバHO!とワンセグのデュアル端末が発売
モバイル放送はモバHO!(モバイル放送)とワンセグ放送の双方が楽しめるポータブル受信機を発売する。SDカードへの録画も行える。(2007/4/24)

「MUSIC PORTER X」に不具合、ソフト更新で対応
「モバHO!」に対応した「MUSIC PORTER X」(D851iWM)に、不具合があることが分かった。ドコモは無線経由のソフトウェアアップデートで対応する。(2007/4/20)

「MUSIC PORTER X」にモバHO!関連の不具合、ソフト更新で対応
ドコモのモバHO!対応端末「MUSIC PORTER X」で、モバHO!の音声が左右入れ替わって聞こえる不具合があることが判明した。ソフトウェア更新で修正する。(2006/8/9)

ブログの女王、眞鍋かをりがDJに──「MUSIC PORTER X」のイベントで
ブログの女王がDJに挑戦──。タレントの眞鍋かをりさんが、モバHO!携帯「MUSIC PORTER X」のライブイベントでDJプレイに初挑戦する。(2006/4/25)

MUSIC PORTER Xレビュー(2)
モバHO!携帯「MUSIC PORTER X」を試す──音楽機能
4月8日から店頭に並ぶ、モバHO!対応の音楽携帯「MUSIC PORTER X」。モバHO!の音質や録音の仕様を中心に、音楽機能を見ていく。(2006/4/6)

MUSIC PORTER Xレビュー(1)
モバHO!携帯「MUSIC PORTER X」を試す──基本スペックと外観
国内外のヒットチャートを始め、Jポップやロック、ヒップホップ、レゲエ、ジャズなどの多彩な音楽を聴けるのが、モバHO!対応の音楽携帯「MUSIC PORTER X」。まずはスペックと外観を見ていこう。(2006/4/5)

「モバHO!」利用料はiモード情報料──「MUSIC PORTER X」
初の「モバHO!」対応携帯電話として登場する「MUSIC PORTER X」。視聴にあたっての月額利用料金は、iモード利用料として支払うことになる。(2006/3/29)

韓国携帯事情:
20万人突破の衛星DMB、そして地上波DMBは?──韓国テレビ端末事情
携帯にテレビ──。韓国では地上波デジタル放送(地上波DMB)応の前に、衛星デジタル放送(衛星DMB:日本のモバHO!)対応端末が人気だ。「タイムマシーン機能」など、日本の先をいく韓国テレビ端末状況をリポートする。また、不透明な地上波DMBの現状もお伝えする。(2005/10/25)

初の「モバHO!」対応端末「MUSIC PORTER X」
国内初の「モバHO!」対応FOMA端末が登場する。外部メモリは備えないが、1Gバイトの内蔵メモリを搭載し、約700曲の楽曲を内部に保存できる。(2005/10/3)

ドコモ、モバHO!対応端末など4機種発表
NTTドコモは10月3日、「モバHO!」に対応した「MUSIC PORTER X」をはじめとする新FOMA端末4機種を発表した。(2005/10/3)

キーマンが語るワイヤレス業界のこれから:
モバイル向け「衛星放送」の意義と勝算──モバイル放送
モバHO!は、モバイル市場に特化した衛星放送サービスだ。地上デジタル1セグ放送など、モバイル向け放送の話題が多く取り上げられる昨今、先行するモバイル放送はどのように普及を進める戦略なのだろうか?(2005/7/7)

いま、ここにある機器〜「モバHO!」でまもなく使える受信機たち
ようやくその姿が見えてきたモバイル放送。サービスブランド名も「モバHO!」と決まった。端末機器はさまざまなものが今も開発・研究されているようだが、ここでは発売が実際にアナウンスされたものに焦点を絞って紹介していこう。(2004/10/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。