ニュース
» 2007年04月20日 14時31分 公開

「MUSIC PORTER X」に不具合、ソフト更新で対応

「モバHO!」に対応した「MUSIC PORTER X」(D851iWM)に、不具合があることが分かった。ドコモは無線経由のソフトウェアアップデートで対応する。

[ITmedia]
Photo 「モバHO!」に対応する「MUSIC PORTER X」

 NTTドコモは、同社の「モバHO!」対応端末「MUSIC PORTER X」に不具合があるとアナウンスした。同端末の販売台数は1万1000台で、うちモバHO!を登録している約3000台に影響する恐れがある。ドコモは4月20日から、携帯電話の無線を使った「ソフトウェア更新」で、改修済みソフトを配信する。

 不具合は、「モバHO!」の聴取時に、2007年4月1日から改編された音楽・音声チャンネル番号が設定できず、改編後の新チャンネル(モバHO!401を除く400番台)がすべて選局できなくなるというもの。2007年4月2日から5月6日までの期間は、「モバHO!」がチャンネル番号を一時的に改編前の番号に戻しているため選局できるが、5月6日以降は選局できなくなるため、ソフトウェアアップデートが必要となる。

 なお、改修済みソフトウェアには、ハードウェア制御に関する更新や、ブラウザ/メール動作の安定化を図る更新、マルチメディア関連の外部機器との連携を安定させる更新なども含まれる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう