ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BWA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Broadband Wireless Accessの略

IoTと製造業の深イイ関係(6):
プライベートLTEからローカル5Gへ、ドイツの製造業は進化を止めず
脚光を浴びるIoTだが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第5回は、ドイツの製造業が期待を寄せる「プライベートLTE」と「ローカル5G」にスポットを当てる。(2019/4/24)

「オネェの音楽で心をハッピーに」 misono&Nosuke夫婦、倖田來未のUSJライブに駆け付け元気な姿を見せる
みるみる元気になっているNosukeさん。(2019/4/9)

「なにこの姉妹感」 益若つばさ&島崎遥香、仲良しデートでゼロ距離“ぱるつば”2ショット
近い近い。(2019/1/23)

5G・IoT時代に向けて見直しは不可避だが課題も――第7回「モバイル市場の競争環境に関する研究会」開催 「接続料」「第二種指定」に関して意見交換
総務省の「モバイル市場の競争環境に関する研究会」が7回目の会合を開催。今回はMVNO市場活性化に向けて、事務局が取りまとめた5つの論点について構成員が意見交換を行った。(2019/1/22)

MVNOの深イイ話:
“日本最大のMVNO”はKDDI? 市場調査から見える実態
日本では幾つかの調査会社が定期的にMVNOの市場調査を行っています。調査結果からは、どのMVNOのシェアが高いかが分かります。今回は、この調査から分かることを紹介します。(2019/1/16)

5G時代に向けた新たな規制のあり方を模索すべき――総務省「モバイル市場の競争環境に関する研究会」でMNOが主張
総務省の「モバイル市場の競争環境に関する研究会」が5回目の会合を開催。大手キャリア(MNO)、無線ブロードバンド(BWA)事業者や中古端末業界団体からのヒアリングと、意見交換を行った。この記事では、MNOとBWA事業者の主張を簡単にまとめる。(2018/12/26)

課題は「接続料」? 公正取引委員会が第2回「意見交換会」を開催
公正取引委員会が携帯電話サービスの提供条件を有識者で話し合う「携帯電話分野に関する意見交換会」を立ち上げた。初の一般公開となる第2回会合では、MVNOからの意見聴取とそれに伴う意見交換が行われた。(2018/5/23)

JASA発IoT通信(8):
実運用を想定した産業用ドローンの無線通信 〜 無線通信と組込みソフトの業界団体が連携したアプローチ
モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)は、一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)と連携し、無線通信の面からの産業用ドローン(無人航空機)を用いた社会サービスの検討を行っている。今回はその検討内容を紹介する。(2018/4/26)

サブブランド優遇、2年縛りなど各種問題点の結論は? 総務省が“報告書”を公開
総務省は4月20日、「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の第6回を開催。過去5回に渡る討議の論点がまとめられた「報告書(案)」が公開された。今回の会合では報告書(案)の内容が説明され、構成員が意見交換を行った。(2018/4/23)

モバイル通信市場の「公正競争」促進には何が必要? 総務省の検討会が論点整理
2017年度内に開催されると思われた「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の第5回会合が、年度をまたいで4月9日に行われた。総務大臣への提言にむけた論点整理が行われたが、その「論点案」は多岐に渡る。(2018/4/10)

「サブブランド」優遇 してる? してない?――KDDI、UQ、ソフトバンクが説明
大手キャリア(MNO)やそのグループ企業が運営する、いわゆる「サブブランド」と呼ばれる通信サービスに対して、一部MVNOから批判が噴出している。総務省が主催する会合において、当事者たちが反論した。(2018/1/24)

SIM通:
最近CMで見る「UQ mobile」の出自は?得する使い方は?
UQ mobileのCMを最近テレビでよく見かけますが、「UQ mobileって何?」と思ってる方もいるのでは? 今回は、そんなUQ mobileの正体に迫ります。(2017/3/9)

MM総研のMVNO市場調査、楽天モバイルとmineoがシェアを伸ばす
MM総研が、国内MVNO市場の実績を発表。独自サービス型SIMの回線数は2016年9月末で657.5万となった。事業者別では楽天モバイルとmineoがシェアを伸ばした。(2016/12/14)

セキュリティ・キャンプ九州 in 福岡 2016レポート(後編):
サイバーセキュリティのプロになるための3箇条とは――熱気あふれた「セキュリティ合宿」
2016年9月16日から19日にかけて開催された「セキュリティ・キャンプ九州 in 福岡2016」から、専門講座のレポートをお届けする。(2016/10/21)

格安SIMの契約数は539.4万回線、シェアは「楽天モバイル」が3位に
MM総研は、国内MVNO市場の2016年3月末実績を発表。MVNOサービスの総契約回線数は2016年3月末時点で4717万回線、独自サービス型SIMの契約回線数は539.4万回線と前年比65.5%増となった。(2016/6/15)

SIM通:
国内MVNO市場規模、2015年度末には4,000万回線へ
MM総研は、国内MVNO市場の2015年9月末実績が3,642万回線に達し、前年同期比88.9%増加したことを発表した。(2015/12/25)

格安SIMのシェア1位は「OCN モバイル ONE」が維持――MM総研の国内MVNO市場調査
MM総研は、国内MVNO市場の2015年9月末実績を発表。MVNO回線契約数は前年比88.9%増の3642万回線となり、2016年3月の4000万回線突破は確実とみられる。格安SIMのシェアは引き続き「OCN モバイル ONE」がトップだった。(2015/12/8)

MMD研究所が調査:
格安SIM購入層が20代男性と40代女性に拡大 普及のカギは「安倍首相による後押し」?
直近の調査では音声付きプランを選ぶユーザーが6割を超え、2台持ちから格安SIM/スマホに1本化する傾向が強まっている。(2015/10/19)

総務省、電気通信サービスの契約数とシェアに関する四半期データを公表
総務省は、電気通信事業者からの報告などに基づいた2014年度第4四半期の電気通信サービスの契約数とシェアについて公表した。(2015/6/24)

MM総研、国内MVNO市場の2015年3月末実績を発表――契約数は前年比2倍以上の3045万回線に
MM総研は、国内MVNO市場の2015年3月末実績を発表。総契約回線数は、2015年3月末時点で3045万回線となり、2014年3月末の1480万回線と比べ105.7%増という成長ぶりを見せた。(2015/6/18)

SIM通:
総務省の中の人が語る、MVNOの現在と未来
1月24日に開催された第6回IIJmio meeting。スペシャルゲストとして総務省の「中の人」が登壇するとあり、250名の会場にも関わらずキャンセル待ちが出るほどの人気となりました。総務省の人が語る、MVNOの将来像をレポートします。(2015/2/12)

IIJmio meeting 6:
SIMロック解除の行方は? MVNOの未来はどうなる?――総務省 富岡氏がMVNO政策を語る
MVNOを含むモバイル通信にまつわる政策を決定しているの総務省は、MVNOについては推進するスタンスを示している。IIJmio meetingにて、SIMロック解除、MNOのネットワーク開放、訪日外国人のSIM利用という3点から、総合通信基盤局 事業政策課 企画官の富岡秀夫氏が語った。(2015/1/27)

国内企業の4割、ワークフローの課題は「印刷量」「書類作成の手間」と回答――IDC調査
ワークフローシステムの導入目的では時間の短縮やフローの可視化などが挙げられた。(2015/1/26)

契約回線数は1928万に増加、回線種別はBWAが最多――MM総研「国内MVNO市場規模の推移」から
MM総研は、国内MVNO市場規模の推移について発表。9月末時点のMVNO回線契約数は、同年3月末と比べ30.3%増の1928万回線となった。(2014/12/25)

MM総研、国内MVNO市場の2013年度実績と予測を発表――回線契約数は前年度比42.7%増
MM総研は、国内のMVNO市場における2013年度実績と予測を発表。2013年度末時点での契約回線数は前年度比42.7%増の1480万、回線種別は携帯電話(3G/LTE)が前年度比46.0%増の730万となった。(2014/6/10)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
間もなく合併して新会社に ウィルコムとイー・モバイルの足跡を振り返る
6月に合併する予定のイー・アクセス(イー・モバイル)とウィルコム。定額音声通話や高速なモバイルデータ通信など、今日では当たり前になったサービスをいち早く提供してきた両社の歩みを振り返ってみたい。(2014/5/20)

MVNOサービス拡大に期待――矢野経済研究所による携帯電話の国内市場調査
矢野経済研究所が発表した「携帯電話の国内市場に関する調査結果 2014」によると、新規契約とハンドセット出荷台数は鈍化する一方、MVNOサービスの拡大に期待が寄せられるという。(2014/4/10)

増加基調を維持──PHS、AXGP、イー・アクセス第3四半期契約実績
ソフトバンクモバイルは、2月12日に行った2014年3月期第3四半期の決算報告の中で、ウィルコムのPHSとイー・アクセス、WCPが契約数実績を公開した。(2014/2/12)

気になるWiMAX 2+契約者数は:
UQ WiMAX契約者数、2014年度第3四半期実績で減少へ
KDDIは、1月30日に発表した2014年3月期第3四半期の決算発表資料で、UQコミュニケーションズのUQ WiMAX契約数を公開した。(2014/1/31)

改めておさらい「WiMAX 2+」:
「HWD14」で現在のWiMAX 2+の挙動を知る──ハンドアップ/ダウン、ハンドオーバー編
2回のアップデートを経て少しよくなった「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」。改めて、WiMAX 2+とWiMAX 2+対応ルータはどんな特性があるかをじっくりチェックする。(2014/1/17)

Mobile Weekly Top10:
2013年に「ITmedia Mobile」で最も読まれた記事は?
2013年最後のMobile Weekly Top10は、いつもの週間ランキングに加えて年間を通して読まれた記事ランキングも集計。そして1カ月ごとのTop10も再掲した。(2013/12/31)

UQ、ウィルコム、WCPが離脱――2013年10月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2013年10月末時点での携帯電話各社の契約数情報を発表した。なお、10月末集計からPHSとBWAは月次公開やめて四半期公開となった。(2013/11/8)

普通は無線LANでつないで使います:
「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」とGALAXY Note 3でWiMAX 2+を使ってみた
10月31日から運用を開始する「WiMAX 2+」は、下り最大110Mbps/上り最大10Mbpsという高速なデータ通信が利用できる、という。本当かどうか街で試してみた。(2013/10/29)

KDDIのMNPが2013年で最高に――2013年9月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2013年9月末時点での携帯電話・PHS、BWA各社の契約数情報を発表した。各キャリアが発売したiPhone新モデルの影響はどうだったのか。(2013/10/7)

“速度制限なし”はWiMAXだけ、220Mbpsで業界最速を奪還:
新世代サービス「WiMAX 2+」の強みと弱み
新世代の高速サービス「WiMAX 2+」が10月31日に始まる。月額料据え置きで高速化やマルチネットワーク対応など喜ばしいポイントがある半面、既存WiMAXサービスとは異なる部分もいくつかある。強みと弱みをまとめた。(2013/9/30)

そろそろ夏も終わります――2013年8月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2013年8月末時点での携帯電話・PHS、BWA各社の契約数情報を発表した。夏モデルの販売が落ち着く中、KDDIはMNP実績で2013年最高となった。(2013/9/6)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
2013年後半に相次いで開始予定の「100Mbps超」新サービスをおさらい
2013年7月〜8月上旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。今回は「2.5GHz帯追加割当」「ドコモの150Mbpsサービス」「ソフトバンク+イー・モバイルのハイブリッド機器」などを解説する。(2013/8/23)

やはり“ツートップ”か――2013年7月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2013年7月末時点での携帯電話・PHS、BWA各社の契約数情報を発表した。ドコモの純増数がプラスに転じ、2013年3月以来の高い水準となった。(2013/8/7)

Mobile Weekly Top10:
7月に最も読まれた記事は?
週間ランキングでは「Xperia Z Ultra」関連の記事が3週連続でトップを獲得。その勢いは7月の月間ランキングにも現れている。(2013/8/5)

4K/8Kに注目が集まるも様子見ムード? ケーブル技術ショー
4K対応STBや4K/60pを15Mbpsに圧縮する技術が登場。しかし、2014年の4K試験放送、2016年の8K試験放送というロードマップをCATV局はどうとらえているのか。(2013/7/31)

「提案が評価されたと思っている」:
KDDI田中氏、「スマートフォンでもWiMAX 2+を利用したい」
KDDI、2014年3月期第1四半期の決算を発表し、増収増益となった業績の理由を説明した。また、2.5GHz帯域追加割当にともなうWiMAX事業の展開も語っている。(2013/7/30)

2013年10月サービスイン、当初は110Mbpsから:
UQ、1Gbps超「WiMAX 2+」サービス開始へ
2.5GHz帯/20MHz幅の追加割当がUQコミュニケーションズに決まった。これを受け、UQはより高速化したモバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+」を2013年10月に開始する。(2013/7/29)

Mobile Weekly Top10:
写真で見る「バリバリつなガレー」イベントでのお父さん
ソフトバンクモバイルが開始した「バリバリバンバンキャンペーン」。その一環として「バリバリつなガレー」の店頭配布が始まった。開始イベントには芸能人も登場したが、最も大きな歓声を集めていたのはお父さんだった。(2013/7/29)

WCP、2.5GHz帯追加割り当ての答申に不服申し入れ
ソフトバンクグループのWCPが、2.5GHz帯の追加割当先をUQコミュニケーションズにするとの答申を受け、総務大臣らに「不服申し入れ及び情報公開請求書」を提出した。(2013/7/26)

2.5GHz帯の追加割当、UQに
2.5GHz帯/20MHz幅の追加割当がUQコミュニケーションズに決まった。(2013/7/26)

透明化を訴える一方で大人の対応も:
孫氏と宮川氏、BWA追加周波数割り当てで総務省に要望書
7月25日未明の「追加割り当てはUQに」報道を受けて、Wireless City Planningは審議延期を“激しく”要望。このままでは「50対20」の苦しい状況になるという。(2013/7/25)

夏モデルの影響は?――2013年6月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2013年6月末時点での携帯電話・PHS、BWA各社の契約数情報を発表した。KDDIは純増数を増やし、ほか2社は5月からペースを下げた。(2013/7/5)

3社とも5月というのに意外と好調――2013年5月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2013年5月末時点での携帯電話・PHS、BWA各社の契約数情報を発表した。三社とも純増数を前月から増やし、2012年同月と比べても好調を維持している。(2013/6/7)

商戦期が終わって実績も一息――2013年4月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2013年4月末時点での携帯電話・PHS、BWA各社の契約数情報を発表した。三社とも純増数を前月から減らして「通常並」に落ち着いた。(2013/5/9)

三社ともに前年同月を上回る好況――2013年3月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2013年3月末時点での携帯電話・PHS、BWA各社の契約数情報を発表した。三社とも純増数を前年同月と比べて大幅に増やしている。(2013/4/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。