世界を変える5G
連載
» 2021年04月26日 17時00分 公開

「料金」「通信速度」「ネットワーク」には満足だが…… ドコモの5Gに“足りない”モノとは?5分で知るモバイル通信活用術(1/2 ページ)

ドコモが「5Gギガホ プレミア」の提供を開始しました。Xi(LTE)エリアも含めて月間通信容量が無制限なのはよいのですが、他のキャリアにはある「据え置きルーター」ルーターがないことは残念でなりません……。

[島田純,ITmedia]

 NTTドコモは4月1日から、5G通信サービス用の新料金プラン「5Gギガホ プレミア」の提供を開始しました。従来の「5Gギガホ」とは異なり、テザリング(インターネット共有)を含む全てのデータ通信に月間容量制限が設けられていません。「5Gデータプラス」「データプラス」を契約する子回線の利用分や海外ローミング中の「パケットパック海外オプション」利用時には月間30GBの容量制限はあるものの、他キャリアの「容量無制限プラン」と比べると制限は少なめです。

 月額料金は税込みで5Gギガホよりも1100円安い7315円で、月間通信容量が3GB未満となった場合は自動的に1650円引きの5565円となります。ドコモの料金プランでは、オンライン専用の「ahamo(アハモ)」が注目を集めている所ですが、個人的には、国内の自回線での通信容量に制限がない≪5Gギガホ プレミアの方が“本命”です。

 今回の5分で知るモバイル通信活用術では、5Gギガホ プレミアを使う中で気が付いたドコモの5G通信サービスに「足りないもの」を見つめます。

5Gギガホ プレミア比較 5Gギガホと5Gギガホ プレミアの比較

5Gエリアが徐々に広がる筆者の生活圏 一部離島にも5Gが

 ドコモの5Gサービスは、エリア展開的にまだまだで「いつでもどこでも5G」にはまだ遠い状況にあります。これは、au(KDDIと沖縄セルラー電話)やソフトバンクのも同様です。

 それでも、筆者の生活圏(東京23区内)では、主要な鉄道駅や繁華街だけでなく、子どもと遊びに出かける公園、ショッピングモールの店内はもちろん、自宅付近もドコモの5Gサービスの圏内となりました。それほどトラフィック(通信量)の多いとは思えない住宅街や、新築ではない(≒営業の合間に5G対応工事を進めなければいけない)ショッピングモールもカバーしたことは、さすがにビックリです。

ピクトの図 筆者の自宅近辺では「5G」のピクト表示がよく出るようになった
そこそこ高速 条件が良いと、自宅近辺で下り1Gbps近い速度が出る
住宅街 東京23区内の住宅街でも5Gエリアが出現し始めた。条件が良ければ、下りで1Gbps、上りも100Mbpsを超える速度を出せる

 「エリア化が早いのは大都市部(東京23区内)だけでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、場所によっては離島にも5Gエリアが出現し始めています

 筆者は先日、沖縄県の宮古島に滞在しました。エリアマップを見てみると、宮古島は6月末までに西側(中心街付近)が5Gエリア化する予定……なのですが、既に5G通信ができる場所が存在します。自動車で移動しながら確認してみると、結構広い範囲をカバーしているようにも思えます。

 筆者の推測ではありますが、マクロ局によって5Gエリア化されたのだと思われます。

エリアマップ エリアマップ上では、6月末までに5Gエリア化される予定の宮古島市の中心街には……
5Gエリアだよ 既に5Gエリア化されている場所がある。筆者の調査の限りでは、ある程度広い範囲で通信できる

 ドコモの5Gギガホ プレミアは、拡大中の(とはいえ現時点では限られている)5Gエリアだけでなく、全国のXi(LTE)エリアでも月間通信量に制限がありません。既に全国に広がっているXiエリアでも通信容量や速度制限を気にすることなく、モバイルインターネットが使い放題になるメリットは非常に大きいものがあります。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう