ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モバイルシアター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モバイルシアター」に関する情報が集まったページです。

Mobile World Congress 2016:
見た目はまるでタブレット?――ZTE、薄く高精細になったAndroid搭載プロジェクター「Spro Plus」を発表
ZTEが、Android OSを採用し、LTE通信に対応したポータブルプロジェクター、Sproシリーズの最新モデル「Spro Plus」を発表した。モバイルWi-Fiルーターやモバイルバッテリーとしても使える。ミッドレンジのSIMフリースマホ2機種も発表した。(2016/2/23)

ソフトバンク、Android搭載モバイルプロジェクター「モバイルシアター」の発売日を告知――11月13日
ソフトバンクは、かねてより取り扱いを発表していたZTE製モバイルプロジェクター「モバイルシアター」の発売日をアナウンスした。(2015/11/5)

LTE対応Androidプロジェクター:
ソフトバンクの「モバイルシアター」、シェアプランなら料金は月500円から
発売は9月以降の予定。(2015/7/31)

石野純也のMobile Eye(6月8日〜19日):
ドコモ、ソフトバンク、KDDI――三者三様の株主総会を振り返る
3キャリアの株主総会では、各社の業績や、来期以降に向けた取り組みがあらためて発表された。3社の株主総会で各社が示した方向性や、ユーザーにも関心の高そうなトピックをまとめた。(2015/6/20)

Surface 3も登場:
スマートデバイスで生活が変わる――2015年夏の“新”ソフトバンクはAndroidにも注力 ヤフーとの連携はさらに強化
ソフトバンクモバイルが久々に大規模な発表会を開催した。ワイモバイルを統合し、商号を「ソフトバンク」に改める同社は、モバイルインターネットのNo.1コアカンパニーを目指す。(2015/5/19)

バッテリーとしても使える:
4GルーターとAndroidプロジェクターが合体 「モバイルシアター」
ソフトバンクの「モバイルシアター」は、4G対応のモバイルWi-Fiルーターとプロジェクターが合体したAndroidデバイス。本体には5型のHD液晶もあり、本体でのアプリ利用も可能だ。(2015/5/19)

Y!mobileからSurface 3も:
ソフトバンクが2015年夏モデルを発表――Xperia Z4/Galaxy S6 edge/AQUOS CRYSTAL 2などが登場
ソフトバンクモバイルが、ソフトバンクブランドとY!mobileブランドの2015年夏モデルを発表。スマートフォンはXperia Z4、Galaxy S6 edge、AQUOS CRYSTAL 2、AQUOS Xxの4機種を投入する。Y!mobileからは「Surface 3」のLTEモデルを発売する。【画像追加】(2015/5/19)

PR:第3回 ワイドメニュー、“ながら見”ワンセグ、横フルブラウザ──「AQUOSケータイ SH906iTV」の横UI
美しく鮮やかな映像と臨場感あふれる音声に加えて、AQUOSケータイ SH906iTVには「サイクロイドスタイル」という大きな魅力がある。今回はこの横画面を生かしたSH906iTVならではの操作性に迫る。(2008/7/14)

PR:第2回 「AQUOSケータイ SH906iTV」に世界初搭載──バーチャル5.1chドルビーモバイル
AQUOSケータイ SH906iTVは、携帯電話としては世界で初めて「バーチャル5.1chドルビーモバイル」を搭載した。最高の映像を映す液晶と最高の音を再生する音響技術──。SH906iTVは音にも妥協がない。(2008/7/7)

PR:第1回 3.3インチディスプレイがもたらす迫力──“モバイルシアター”「AQUOSケータイ SH906iTV」
AQUOSケータイ最大級の3.3インチディスプレイを搭載した「AQUOSケータイ SH906iTV」は、画像や映像を美しく表示できるのはもちろん、そのディスプレイの大きさを生かす、見やすさや使いやすさに配慮した機能も備えている。(2008/6/30)

PR:手のひらに乗るモバイルシアター──シャープ端末に搭載されたドルビーモバイルの秘密
シャープの「AQUOSケータイ SH905iTV」や「SH905i」には、世界で初めて“ドルビーモバイル”という技術が搭載された。映像と音にこだわって生まれたシャープの905iシリーズに、このドルビーモバイルは欠かせないものだった。(2008/3/17)

レビュー:
VGAに進化したHMD「iTheaterV」でニヤニヤと楽しむ
美貴本Beansの「iTheaterV」はVGA解像度を持ちながら、低価格を実現したHMD(ヘッドマウントディスプレイ)。電車内や街頭でニヤニヤできる。もちろんオフィスでも。(2007/8/15)

HD解像度再生/DTSにも対応するDVD再生ソフト「PowerDVD7 Deluxe デスクトップシアター」
サイバーリンク トランスデジタルは、デスクトップPC向けのフル機能を備えるDVD再生ソフト「PowerDVD7 Deluxe デスクトップシアター」を発売する。DTSサウンドの再生やHD解像度のMPEG4-AVC再生に対応。価格は1万1340円。(2006/7/27)

CLトランスデジタル、「PowerDVD」シリーズ最新版を発表
サイバーリンク トランスデジタルは、DVD再生ソフト「PowerDVD」シリーズの最新版となる「PowerDVD7 Deluxe モバイルシアター」を発表した。価格は7875円。(2006/6/27)

レビュー:ポータブルDVD特集(序章)
PSPはポータブルDVDに対抗し得るか否か
ポータブルDVDプレーヤーの高性能化/低価格化で「モバイルシアター」を楽しめる環境が整ってきた。だが、ほかの選択肢はないのか? ポータブルDVDレビュー特集の序章として、映像再生機器としてのPSPの実力を探ってみた。(2005/7/23)

レビュー
予約録画で深夜のアテネ五輪も朝すぐ持ち出せる〜「PocketMX PVR」
アールダブリューシーのポーターブルAVプレーヤー「Arex PocketMX PVR」の魅力は、動画ファイル作成から保存・再生までが本体のみで行える点。深夜放送の録画にも対応する予約録画機能も装備。手のひらサイズの小型軽量ボディで、実売2万5000円という価格にも注目。(2004/7/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。