ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モダンアート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モダンアート」に関する情報が集まったページです。

解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
内側はこうなってたんだ……!(2024/4/20)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、4月から5月に行くべきアート展
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/4/16)

AIに作らせた“ミニ四駆の最速セッティング”が参考になる……? タイヤが車体外に飛び出た前衛的マシンが好タイム
ネタかと思いきや参考になる部分も多数。(2024/4/4)

テニミュ俳優、同姓同名プロレゴビルダーと“ミス”きっかけにまさかの初絡み 「光栄です」「こっそり拝見」やりとりにファンほっこり
ちょっとした偶然で初めてやりとりした2人。(2024/3/22)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、3月から4月に行くべきアート展
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/3/19)

静止画じゃないよね……? 自分たちで考え出した“銅像ごっこ”で遊ぶワンちゃんにびっくり仰天【メキシコ】
現代美術かな?(2024/3/17)

盛大に崩れたはずが…… 平積みCDが起こした奇跡の光景がもはやアート
はみ出た部分どうなってるの!?(2024/2/7)

ベトナムで見た“壊れた時計の修復”が豪快 ある意味最高に合理的な手法に「逆におしゃれ」「現代アートかと思った」
買わずに使い続ける精神がある意味でステキ。(2024/2/4)

「アートがアートたり得る価値」って何だっけ? 美大コメディーマンガ『ミモザイズム』が現代美術の見方に視点を与えてくれそうな予感
あなたは美術館の床にメガネが落ちていたらアート作品と捉えますか?(2024/2/1)

タイムアウト東京のオススメ:
一般は非公開の文化財「九段ハウス」で観て買えるアートイベントが初開催
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/1/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「日本一高いビル」「1室200億円超」 麻布台ヒルズは確かにスゴいが、気になったいくつかのこと
長い年月を経て、ようやく完成した麻布台ヒルズ。森ビルの「ヒルズ」としては8つ目の施設となる。いったいどんな施設なのか。森ビルのどんなノウハウが詰まっているのかなどを合わせ、あらためて解説していく。(2024/1/3)

これが「学び」の可能性だ! ジェットパックで飛び立つ二宮金次郎像に「なにこれ面白い」「何を思って作ったの」
宇宙の彼方へ。(2023/12/31)

「時計の中で時間が崩壊してる」 宇宙の法則が乱れそうな壁掛け時計の写真が話題「芸術を感じる」「アートですね」
エモい。(2023/12/29)

真夜中ドラマ「地球の歩き方」、三吉彩花&森山未來&松本まりか&森山直太朗が出演決定
2024年1月13日スタートです。(2023/12/19)

クルマ、家だけではなく「人」もシェアリング 高齢化進む地方創生のカギになるか
民泊やカーシェアなど、モノやスペース、資産を個人間で共同利用、共有するサービス「シェアリングエコノミー」。地方では、「人口減や高齢化といった社会的課題の解決に役立つのでは」と注目されている。(2023/12/14)

“海外旅行のバイブル”『地球の歩き方』がまさかのドラマ化
韓国、タイ、サイパン、ニュージーランドを芸能人ライターがめぐるストーリー(2023/12/8)

生活感あふれるクリスマスツリーに共感多数 「うちも材料たくさん」「洗濯ロースが来そう」
洗濯物の山も、星を載せるだけでいい感じ。(2023/11/23)

第2子控える滝川クリステル、上品な“ぽっこりおなか”姿が注目の的 穏やかママの顔なマタフォトに「そろそろかなとドキドキ」「目立ってきましたね」
上品なマタニティ姿。(2023/11/20)

英老舗ギャラリー、パレスチナ・ハマス紛争に言及した中国人アーティストの展覧会を直前中止 決定は「ソフトな暴力」と批判
アイ・ウェイウェイ「自己検閲はアーティストから重要な機会を奪い、多様な声を求める時代にとって痛恨の矛盾となる」(2023/11/17)

12月22日オープン:
羽田空港に「地方創生型の店舗」が登場、特徴は?
羽田未来総合研究所は、羽田空港第3ターミナル出国エリア内に日本発の地方創生型ラグジュアリーブランド「JAPAN MASTERY COLLECTION」のショップをオープンする。(2023/11/16)

ゆで卵作りに失敗したら…… まさかの“ヘンテコな形”にツッコミ殺到「どうして!?」「そうはならんやろ」
なにかすごいものが生まれてる……?(2023/11/5)

いつ使うんだよ! カップヌードルが“謎肉”のLINEスタンプを販売、マジで使い所が謎
うるせぇ謎肉ぶつけんぞ。(2023/11/2)

堀ちえみ、松本伊代のライブで“花の82年組”同期・新井薫子と40年ぶりに再会 現在はアーティストとして活動
現在はイラストレーターとして活動している新井さん。(2023/10/21)

現代美術における最も革新的な画家はiPadで描き続ける86歳 ホックニーがiPad絵画に魅せられる理由
11月5日まで、東京都現代美術館で「デイヴィッド・ホックニー展」が開催中だ。ホックニー氏がさまざまなデバイスを使って絵画を続ける理由や、そこで開催されたiPadを使ったワークショップの様子を見ていく。(2023/9/22)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(7):
純金純銀のジュエリーを1つずつ手作り、大量生産が難しい素材をあえて使う理由
本連載では、厳しい環境が続く中で伝統を受け継ぎつつ、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回はジュエリーブランド「four seven nine」を取り上げます。(2023/8/8)

芸大の受験生がデッサン像の中を覗いたら…… まさかのちいかわの登場に「二度見した」「寄生型w」と驚く声
ひえっ。(2023/7/12)

似たゆで卵がいっぱい……コピペかな? →実は人力でたくさん並べたやつ Photoshopに頼らず撮影した苦心作がすごい
3時間かけて卵を並べ、立体物を平面のように表現。(2023/6/18)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
「未来はどうなっていると思う?」 考えるコツ、あります コニカミノルタとSF作家に学ぶ方法論
50年後の未来はどうなっていると思いますか?――こう聞かれてどう答えますか。簡単には見つけづらい未来の価値を考える思考法があります。その一つがSFの物語を活用する「SFプロトタイピング」。どのようなものなのか作家とコニカミノルタのキーパーソンに聞きました。(2023/6/16)

完全にあのCM 自作の“ハトが舞うスノードーム”に「クイズダービー!」「スマスマだ〜」と懐かしむ声続々
ロート、ロート、ロート♪(2023/6/5)

福原遥と深田恭子、7月放送のドラマ「18/40〜ふたりなら夢も恋も〜」でW主演 「姉妹のような関係性でお芝居ができるのがすごくうれしい」
訳あり男子のキャストも気になります!(2023/4/27)

専門店ゾーン「T8」:
「京都高島屋S.C.」10月オープン、51店舗が登場
高島屋および連結子会社の東神開発は、高島屋京都店と隣接地に増床する専門店ゾーンからなる商業施設「京都高島屋S.C.」を10月17日に開業する。専門店ゾーン「T8」に出店する51店舗の情報を公開した。(2023/4/18)

“猫砂をまき散らす猫”のスノードームがカプセルトイに 猫飼いあるあるなシーンを再現
散らかすにゃ〜!(2023/4/11)

通話もネットも使えない「AcryPhone」が生まれたワケ きっかけは“電池の切れたスマホ”
スマホのようでいてアクリルを切り出しただけの板「AcryPhone」がネットで話題を集めた。デジタルデトックスを促すものかと思いきや、違うという。作者の福澤貴之さんは、「共感して面白がってくれる人がいたらいい」と語る。(2023/4/7)

Marketing Dive:
コカ・コーラが「GPT-4」活用で目指す“最強のマーケティングモデル”は何がすごいのか
Coca-Colaの新たな取り組みである「Create Real Magic」は、生成AIの活用がマーケティング領域でも急速に展開されていることを示している。(2023/3/29)

虹の橋を渡った愛犬が、キャンバスに生き生きと再現され…… 家族の涙に「これからは絵の中から見守ってくれますように」
涙が止まらない。(2023/3/8)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第31回):
“私がムンク風”に? AIで自撮りを加工 ARフィルターで「表情豊かな自由の女神」爆誕 無料アプリで遊ぶ
自撮り画像をAIで加工するアプリをGoogleが提供している。写真をゴッホやムンクなど名作風にできる「Art Transfer」と、顔の動きに合わせてアートを動かせるARフィルター「Art Filter」で遊んでみた。(2023/2/18)

現代アートを体感:
淡路島にグランピング施設が誕生、特徴は?
兵庫の淡路島に3月、新たなグランピング施設がオープンする。湖畔で静かに現代アートを体感できるというその特徴は……。(2023/1/21)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、お正月に行ける展覧会3選
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/12/27)

渡辺直美、浮世絵風の“着物ファッション”が魅力しかない 「進化した日本の美」「圧倒的な存在感」と絶賛集まる
最高じゃないですか!(2022/11/19)

“今行くべき全国のサウナ”ランキング 2位「Thermal Climb Studio Fuji」(静岡県)、1位は?
SAUNACHELIN(サウナシュラン)と題し、全国9600施設以上あるサウナから11施設をノミネートした。(2022/12/27)

もしかして世界って、こけしに乗っ取られてました……? 地球儀のような形の「国境の無いこけし」がインパクト大
くるくる回してみたい。(2022/11/18)

「どうして疲れると眠たくなるの?」 東大の無料で読める広報誌の特集「素朴な疑問vs東大」が興味深いと話題
ほかにも「どうして歳を取るとボケるの?」「どうして世界は民主主義の国ばかりにならないの?」など全21問が収録されています。(2022/10/4)

北大阪急行「延伸開業時期」決定! どこまでできているの? 地下20メートルの新駅「箕面船場阪大前駅」じっくり見てきました
禁断の「通電前のサードレール」も触っちゃいました。(2022/9/3)

デジタルで新しい「花」の姿を表現し続けたフラワーアーティスト:
「デジタル時代に新たな花の文化を開かせる」――東信氏AMKKの滑らかなDX化と新たな挑戦
Apple製品を使い、これまでにない表現を続けるフラワーアーティストの東信(あずま まこと)氏。林信行氏が、花とデジタルツールとの融合や、制作にかける思いを聞いた。(2022/8/26)

Midjourneyで話題のAI絵画は歴史的には要するにカメラである
絵描きにショックを与えているというMidjourneyなどのAI絵画ですが、絵画の歴史的に考えると、これとほぼ同じことは過去にもありました。(2022/8/16)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第15回):
AIが評価するお絵描きゲーム 判定は「アートっぽいけど、何なのか見当つかない」 高得点を狙うには?
お題を基に絵を描き、お題にどれだけ似ているかAIで判定するWebアプリ「Guess the Line」がある。試してみたら、評価は「アートっぽいけど、何なのか見当つかない」だった。高得点を狙うコツを考えてみる。(2022/8/6)

丸善で個展も:
HYDEが企画・プロデュースした画集が発売 金子國義に師事した「画狂人 井上文太」
HYDEさんが企画とプロデュースを務めた画集『閃き 〜 INSPIRATIONS 〜 画狂人 井上文太』が、8月26日に発売。(2022/8/3)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第14回):
Googleの新感覚パズル、絵画を並べるクロスワードに挑戦 ゴッホとゴーギャンの交差点って?
クロスワードといえば文字を並べるゲームだが、「Visual Crosswords」は絵画を並べる新感覚パズルだ。例えば、ゴッホとゴーギャンの交差点を埋めるには何が適切だろうか。挑戦してみた。(2022/7/30)

「威嚇しながら近づいてくる猫」を完全再現した手作りオモチャがそれっぽすぎて話題 「じわじわくる」「ほんまにこんなん」
威嚇しながら近づいてくる猫ちゃん。(2022/7/13)

ウサイン・ボルトをPRに起用:
ペーパーレス化が進んでいるのに、なぜプリンタとインクの売り上げが伸びた? セイコーエプソン社長に聞いた
コロナ禍で在宅ワークにシフトしたことによって、家庭用プリンタとインク需要が逆に伸びて好業績を挙げているのがセイコーエプソンだ。社長就任3年目となるセイコーエプソンの小川恭範社長に狙いを聞いた。(2022/6/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。