ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モダンアート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モダンアート」に関する情報が集まったページです。

【大鶴義丹・54歳、迷走の果て Vol.1】空冷カタナを自宅リビングに飾って、たまに乗る
大鶴義丹さんが「GSX-1100Sカタナ」を購入。「自宅のリビングルーム」で保管し、溺愛しています。今カタナを手に入れた理由、思いとは……?(2022/7/2)

ウサイン・ボルトをPRに起用:
ペーパーレス化が進んでいるのに、なぜプリンタとインクの売り上げが伸びた? セイコーエプソン社長に聞いた
コロナ禍で在宅ワークにシフトしたことによって、家庭用プリンタとインク需要が逆に伸びて好業績を挙げているのがセイコーエプソンだ。社長就任3年目となるセイコーエプソンの小川恭範社長に狙いを聞いた。(2022/6/24)

「時は金なり」を立体化したら?:
アート作品「時間を買える貯金箱」が話題 ダイソー時計と“ラズパイ”を活用 制作者の思いを聞いた
「時間を金で買う行為を立体化した」とするアート作品がTwitterで注目を集めている。制作者に作品に込めた思いを聞いた。(2022/6/23)

新しいかじ取り役:
売り上げよりも営業利益 オラクル出身の「イトーキ社長」に聞く“オフィス3.0”の意義
社外から初めて次期社長としてイトーキに招聘されたのが3月に社長に就任した湊宏司氏だ。湊氏はIT大手の日本オラクルで最高執行責任者(COO)を務めていた。イトーキの新しいかじ取り役に、今後の方針を聞く。(2022/6/8)

銀座 蔦屋書店が「書」の作品展を開催 狙いは?
「銀座 蔦屋書店」は、書家・財前謙氏の作品展「平仮名 ひらがな」を6月17日まで開催する。(2022/6/6)

「控えめに言って天才」「仮装大賞なら優勝」 保育園児の娘による“カタツムリのマネ”が衝撃的すぎると話題に
ツノの表現が天才すぎた。(2022/5/29)

かっこよすぎるだろ! 片岡鶴太郎、次男との“モデル風”2ショットでイケオジの魅力が爆発してしまう
おしゃれだ。(2022/5/21)

日本の美術品市場の規模は2186億円、前年から7%減
「日本のアート産業に関する市場調査2021」。約2万人を対象とした購入動向調査により「美術品市場(彫刻・現代美術・写真など)」の規模を、2186億円と推計した。20年の2363億円から7%の減少となっている。(2022/5/2)

ミツバチの群れに見立てたNFTコレクションをリリース 環境に関心を持つコミュニティーを活性化
養蜂と都市緑化を手掛けるBeeslow(東京都江東区)は4月11日、NFTコレクションを販売すると発表した。(2022/4/13)

「殺生石」が割れたことを受け那須町で慰霊祭と平和祈願祭 吉兆になることを願って
撮影した殺生石をハッシュタグ付きで投稿するキャンペーンも開催。(2022/3/25)

起業しか生きる道がなかった:
でんぱ組.inc、虹コンの生みの親「もふくちゃん」に聞くディアステージ立ち上げ秘話
「でんぱ組.inc」「虹のコンキスタドール」をプロデュースしているのが音楽プロデューサーの「もふくちゃん」こと、福嶋麻衣子さんだ。インタビュー前編では、福嶋さんの学生時代から就職、ライブ&バー「秋葉原ディアステージ」の立ち上げから、「でんぱ組.inc」を生み出すに至った経緯を聞く。(2022/3/16)

導入事例:
戸田建設の現代アート作品公募「KYOBASHI ART WALL」、新本社ビルの仮囲いで受賞作品を展示
戸田建設が現代アートを東京・京橋の新TODAビル建設現場の仮囲いに展示する試み「KYOBASHI ART WALL」で、第1回の優秀作品に、応募総数222作品のうち2作品が選出された。(2022/3/14)

清水寺に全長12.5メートルの巨大こけし「花子」登場 「ガンツみたい」「イベントクリアしないと進めへんやつ」とネット民&参拝者騒然
RPGの通せんぼキャラみたいな……。(2022/3/7)

清水寺にサイバーな“こま犬”降臨 赤い目にメタリックなボディーで厄除けする現代アート作品が36万回再生
メカゴジラやメガテン的なかっこよさ。(2022/3/4)

ポケモン×現代アート ピカチュウの彫刻など91作を収めた『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』発売
ポケモンと鉱物が合わさった不思議な造形。(2022/2/3)

人材バリュー:
美大生の進路はどうなっている? キャリアの実態
世間の人は美大生にどんなイメージを持っているでしょうか? 芸術に何の素養も持たない私ですが、秋田県にある秋田公立美術大学において、美大生のキャリア教育を担当してきました。 結論から言えば……。(2021/12/12)

Spotifyのランキングから見る、日本アニメの海外人気:
なぜOfficial髭男dismとあいみょんはランクインしないのか
Spotifyが発表した「過去5年間に海外で最も再生された日本のアーティストの楽曲」をみると、国内外のランキングで共通してランクインしているのはYOASOBIの「夜に駆ける」のみ。その要因は何なのか。(2021/12/4)

タイムアウト東京のオススメ:
ミッキーマウスの現在と未来を表現した展覧会が渋谷パルコで開催中
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/11/30)

東口エリアのにぎわい拠点:
渋谷ヒカリエ隣接地に高さ約120メートル複合施設、東急などが着工/24年度開業
渋谷二丁目17地区市街地再開発組合と東急は、東京・渋谷駅東口エリアで計画している再開発事業の新築工事に12月1日から着工すると発表した。(2021/11/25)

自治体初:
「自動運転バス」実用化から約1年、茨城県境町の変化は?
2020年11月、自治体初の事例として自動運転バスを3台導入し、定時・定路線での運行を始めた茨城県境町。21年8月より停留所の数を16カ所に増やして、土日の運行も開始した。約1年間の実用化によって、町にどんな変化があったのか。(2021/11/3)

『タイムアウト』が調査:
代官山が「世界で最もクールな街」35位に選出 理由は?
『タイムアウト東京』は、「2021年、世界で最もクールな49の街」の日本語版を公開。日本からは東京の代官山が35位にランクインした。その選出理由は……?(2021/10/22)

【漫画】現代アートの価値はどう決まる? バナナに1600万円、バルーンアートに100億円!?
現代アートとお金の世界。(2021/9/15)

日本を騒がせた“巨大な顔”の全貌が明らかに、YouTubeで「顔報告会」ライブ配信
空に浮かぶ“巨大な顔”を製作したアートユニットがプロジェクトを振り返る「顔報告会」を9月5日にライブ配信する。視聴は無料。(2021/8/30)

日本を騒がせた“巨大な顔”が再び浮上も天候に恵まれず中断
7月に東京の渋谷上空に現れて人々を驚かせた“巨大な顔”が今度は東京の東部に現れた。(2021/8/13)

「かっこいい」「イケモフがいる」 新千歳空港に現れた“獣人”のアートが圧倒的存在感で話題に
圧倒的な存在感……!(2021/8/8)

タイムアウト東京のオススメ:
岡山に隈研吾監修のサステナブルなパビリオンが誕生
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/8/3)

新宿の“巨大ネコ”を黒猫で再現したら…… 飛び出すリアル猫に「天才の発想」と33万いいねが集まる
いつもより迫力ましましの黒猫さんです。(2021/8/1)

コインタワー職人が生み出した「靴タワー」が芸術的 「かっこいい」「アートとして展示されてても違和感ない」
明日から使えない豆知識がここに。(2021/7/29)

タイムアウト東京のオススメ:
村上隆らのドラえもんが街を彩る、六本木アートナイトが開催
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/7/20)

三菱地所、東京駅前常盤橋の「TOKYO TORCH」を本格始動 竣工した「常盤橋タワー」の特徴は?
「日本を明るく、元気にする」を目指すまちづくりが進行中。(2021/7/19)

怪奇漫画「首吊り気球」無料公開 都内に現れた“巨大な顔”が「似ている」と話題に
16日に東京渋谷区の上空に出現して人々を驚かせた“巨大な顔”に「似ている」と話題になった伊藤潤二さんの怪奇漫画「首吊り気球」が期間限定で無料公開された。(2021/7/17)

伊藤潤二『首吊り気球』が期間限定無料公開 東京の空に現れ話題をさらった気球アートを受け
伊藤潤二の世界へようこそ……。(2021/7/16)

東京の空に「巨大な人間の顔」が飛来!? 奇妙な夢のような光景に「めっちゃ怖い」「なにアレ」
子どものころ見た夢を“まさゆめ”に。(2021/7/16)

創作クラスタよ、2021年も「祭り」が来たぞ 物語創作にお役立ちなフィルムアート社のkindle本58冊が半額に
祭りだ!(2021/6/2)

ストリートファッションに身を包んだ75歳 孫の勧めでおしゃれに目覚めたおじいちゃんがステキ
服もポーズも完璧すぎる。(2021/5/15)

「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
商品化待ってます。(2021/5/8)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(12)ブロックチェーン(6):
「バンクシーの絵を焼き、NFT化する」という狂気
「ブロックチェーン」シリーズの最終回となる今回は、ここ数カ月話題になっている「NFT(Non-Fungible Token)」を取り上げます。バンクシーの絵画焼却という衝撃的(?)な出来事をきっかけに広がったバズワード「NFT」。これは一体、何なのでしょうか。いろいろと調べて考察した結果、「バンクシーの絵画を焼いた奴はバカ」という結論に達した経緯とともに解説します。(2021/4/27)

中村アン、ロングヘアをばっさり30センチ超カット クールビューティー際立つすっきりショートに「もはや少年ですな」
ドラマ「着飾る恋には理由があって」への出演と「自分の思っていたタイミング」が重なったため。(2021/4/4)

「遺伝的アルゴリズムで作ったエッチ画像」がNFTオークションに 現在の価格は約7万2500円
エッチな画像は現代アートになれるのか。(2021/4/2)

箱根の旅館に泊まってみたら「ネコちゃん好き」と「ボードゲーマーの楽園」だった…… 「1泊じゃとても足りない」と話題の旅館を取材
ここが天国か……。(2020/12/13)

5G時代の“au Design project”とは? 現代アート作品を5GとAR技術で体感できる「AR x ART」アプリ
KDDIは、au Design project [ARTS & CULTURE PROGRAM]の取り組みとして、現代アート作品を5GとAR技術で体感するアプリ「AR x ART」の提供を11月24日に開始した。第1弾として、「White Deer」「PixCell」などの作品で世界的に有名な彫刻家、名和晃平氏とコラボ。3つのアートエクスペリエンス(コンテンツ)を用意している。(2020/11/25)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵::
コロナで余儀なくされたオンライン化 東京五輪開会式のプランナーが仕掛ける“障がい者サーカスカンパニー”
コロナ禍の逆境をオンラインでつながることによって乗り越え、場所を問わずに参加でき、従来よりも多くの観客にイベントを見てもらえるなど新たなビジネスの可能性を見いだそうとしているサーカスカンパニーがある。東京五輪開会式のプランナーを務める栗栖良依氏などに狙いを聞いた。(2020/11/21)

山道に浮かび上がる「霊の顔」 恐怖のアート作品に「夜見たらチビる」「泣いちゃう」
引き込まれそう。(2020/10/21)

「圧がやべぇ」「何があった渋谷ツタヤ」 SHIBUYA TSUTAYAに未DVD化作品含む“ビデオテープ”レンタルコーナー爆誕
ビデオデッキ持っててよかった……!(2020/9/22)

タイムアウト東京のオススメ:
横浜で行くべきアートスポット
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/8/11)

おい創作クラスタ、「祭り」が始まったぞ 創作指南本などフィルムアート社のkindle本52冊が半額セール中!
年2回の大チャンス!(2020/8/7)

蚊取り線香を再現したペアリング 精巧なミニチュアのようにかわいいカプセルトイが登場
SNSで話題になった缶詰リングと中身リングのセットガチャです。(2020/6/5)

「輪ゴム」で編んだ服におどろきの声 独創的な卒業制作に「凄いとしか言えない」「発想もデザインも素晴らしい」
輪ゴムの色合いをステキだと感じる日が来るとは……。(2020/1/28)

プロジェクト:
新TODAビルに情報発信型のミュージアムを開設、戸田建設
戸田建設は、ソニー・クリエイティブプロダクツとタッグを組み、京橋1丁目東地区B街区に2024年に竣工予定の「(仮称)新TODA BUILDING」に、クリエイティブなコンテンツを専門的に扱う情報発信型のミュージアムを開設する。(2019/12/17)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
アトムにナウシカ……マンガ・アニメ原画が海外で1枚3500万円の落札も――文化資料の流出どう防ぐ
海外で日本マンガ・アニメ原画が高額取引されるように。オークションで手塚治虫が1枚3500万円で落札の例も。日本文化の貴重な資料流出、どう防ぐか?(2019/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。