ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「N703iD」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「N703iD」に関する情報が集まったページです。

NTTドコモ、「SH903iTV」と「N703iD」に新色を追加
NTTドコモは、シャープ製の“AQUOSケータイ”「SH903iTV」に新色のPINKを、NEC製のデザインコラボモデル「N703iD」に新色のBLACKとREDを追加した。8月3日に発売する。(2007/7/30)

「N904i」の“ここ”が知りたい(1):
「N903i」「N703iD」「N703iμ」と違う点は――「N904i」
世界的デザイナーとNTTドコモ、そしてNECによる3者コラボモデル「N904i」。3インチワイドVGA液晶を搭載し、HSDPAに対応するなど話題豊富な新端末と、現行“N”端末の違いをまとめた。(2007/5/16)

「N703iD」開発陣インタビュー
“変えるため”にあえて変えなかったあのカタチ――「N703iD」
アートディレクター佐藤可士和氏とドコモ、NECのコラボケータイ第2弾となるのが「N703iD」だ。前モデルからどこを変え、どこを変えなかったのか? 開発担当者に話を聞いた。(2007/1/29)

「N703iμ」「P703iμ」「N703iD」「P703i」の“ここ”が知りたい:
音楽や写真に割り当てられた内蔵メモリの容量は?──「N703iμ」「P703iμ」「N703iD」「P703i」
ドコモのFOMA開発で協業しているNECとパナソニック モバイル。両社の春モデル4機種について、内蔵メモリの容量をチェックした。(2007/1/26)

デザイナーコラボモデル第2弾「N703iD」発売――新規は1万円台後半
佐藤可士和氏とNEC、ドコモがコラボレーションしたデザインケータイ「N703iD」が発売された。新規契約の価格は1万9950円。(2007/1/26)

「N703iD」の“ここ”が知りたい(1):
「N903i」と、どう違うのか──「N703iD」
「N703iD」は、ハイエンドモデル「N903i」のソフトウェアをベースに開発したモデル。比べてみると、N703iDのほうが機能面で進化したところもあった。(2007/1/24)

Mobile Weekly Top10:
守るところは守り、変えるところは思い切って──佐藤可士和氏が語る「N703iD」
一見すると前モデルの「N702iD」と同じように見える「N703iD」だが、デザインを担当した佐藤可士和氏は「言い出せばきりがないほど、丁寧に細かいところを見直している」と話す。(2007/1/18)

写真で解説する「N703iD」
第2弾は進化ではなく「深化」――N702iDのフラット&スクエアというコンセプトはそのままに、デザインと機能を掘り下げたという「N703iD」。よりシンプルに、そしてよりスリムなフォルムがとなった。(2007/1/17)

進化したフラット&スクエア――「N703iD」は最薄おサイフケータイ
「N703iD」は、アートディレクター佐藤可士和氏とNEC、ドコモのコラボモデル第2弾。N702iDのフラット&スクエアなデザインをさらに進化させ、音楽機能の使いやすさなどを追求した。(2007/1/16)

パナモバ製au端末「W51P」がJATE通過
パナソニック モバイル製のau向け端末「W51P」、NEC製FOMA端末「N703iD」がJATEを通過した。(2006/12/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。