ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「安全保障」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全保障」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
ソニー、巣ごもり需要好調も米国の中国向け再輸出規制が今後の足かせに
ソニーは2020年10月28日、2021年3月期(2020年度)第2四半期の業績を発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響から家庭での“巣ごもり需要”によるゲームや音楽、ホームAV製品などが好調だった一方で、米中貿易摩擦で米国政府の中国特定大手企業に対する再輸出規制により、イメージセンサー事業が大きな打撃を受ける結果となっている。(2020/10/30)

「どこからがAI?」「越えてはいけないルールは?」 AI規制の最前線、日欧のキーパーソンが解説
AIは便利な一方、無秩序に利用すると人権侵害などを発生させる恐れもある。AIを使いながらも健全に社会を発展させていくには、一定のルール作りが必要だ。日本と欧州でAIの規制作りを進めるキーパーソンが、規制の考え方などを解説した。(2020/10/28)

この頃、セキュリティ界隈で:
ランサムウェアが見せつけたWindowsの脆弱性「Zerologon」の威力
わずかな時間で組織内で感染が広がる危険性をはらむWindows Active Directoryの脆弱性。(2020/10/26)

IBMとRed Hatの“良い前例”が希望か
NVIDIAによる買収で“Arm離れ”は結局起こるのか、起こらないのか
GPU大手のNVIDIAが、プロセッサ設計大手のArmの買収を発表した。Armは複数のプロセッサベンダーと取引をしており、今回の買収は顧客企業との関係性に影響を及ぼす可能性がある。どのような影響があるのか。(2020/10/24)

米情報長官、イランとロシアが米国の有権者情報を盗み、悪用したと発表
米国家情報長官は、イランとロシアが米選挙制度の信頼を損なう目的で有権者登録情報を窃取したと発表。FBIとCISAは翌日、ロシアは遅くとも9月から米政府機関をサイバー攻撃の標的にしていると説明した。(2020/10/23)

スマートファクトリー:
製造業の将来像は3つの姿に、データの価値が高まる中でのモノづくりの在り方
インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)は2020年10月8日、「IVI公開シンポジウム2020-Autumn-」をオンライン開催した。その中で「IVIオピニオン」として、IVI 理事長で法政大学 教授の西岡靖之氏が「デジタル化とデータ化と価値経済の行方」をテーマに講演。データと価値の関係という根本的な問いかけから、製造業・モノづくりが進む方向性・可能性などについて紹介した。(2020/10/22)

スウェーデンも5GシステムでHuaweiとZTEを禁止
英国に続き、スウェーデンも5Gネットワーク展開での中国HuaweiおよびZTEの製品採用を禁止した。軍と安全保障局による安全性の評価に従ったもの。通信業者に対し、既存の製品の排除も求めている。(2020/10/21)

中国、個人情報保護法制定へ 対米念頭に対抗措置も定める
中国がインターネット上の個人情報の取り扱いを厳格化する「個人情報保護法」の制定へ作業を積極化させている。個人情報を取得する際は個人の承諾を得る必要があると定めた。個人情報を海外に不正に持ち出した場合は最高で約8億円の罰金を科す。(2020/10/21)

外務省、情報通信網刷新へ 中国企業を事実上排除 米国と足並み
外務省が、2022年度までに在外公館も含めた情報通信網を刷新する方針を固めた。通信の高速化や業務の効率化を図ると同時に、複雑化するサイバー攻撃への対応力を強化する狙いがある。米国と歩調を合わせ、中国企業の製品を事実上排除する。(2020/10/19)

この頃、セキュリティ界隈で:
進化を続けるマルウェア「Emotet」 怪しく見えないメールも警戒を
姿形を変えていく、やっかいなマルウェア「Emotet」。その実態を紹介する。(2020/10/15)

ランサムウェアの脅威が変化:
Microsoft、サイバーセキュリティ年次レポート「Digital Defense Report」を公開
サイバーセキュリティ動向に関するMicrosoftの年次レポート「Digital Defense Report」は、攻撃者がこの1年間に手口を急速に巧妙化させているために、攻撃の検知が困難になったこと、セキュリティに詳しい人をも脅かしていることを明らかにした。最も基本的な対策の一つが多要素認証(MFA)だという。(2020/10/12)

KAMIYAMA Reports:
投資からみた米中関係:現状維持予想
米中の対立は、今後おおむね現状で推移するだろう。一言でいえば、今後、中国と米国の貿易・安全保障における対立が(舌戦などではなく幅広い輸出入制限となって)ますます激化し、両国経済が苦境に陥る可能性は非常に低いとみている。米中の相互依存が緩やかに低下することは、日本やその他の国の企業のチャンスを増やすかもしれない。(2020/10/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
ビザ審査厳格化でも不十分な「中国スパイ対策」 日本の未来を揺るがす“経済安全保障”の大問題
政府が留学生などのビザ審査を厳格化する方針だと報じられた。中国などへの技術の流出が懸念されているからだ。日本の「経済安全保障」にとっては重要な動きだが、今回の対策では心もとない。日本では米国のような厳格な取り締まりができない。本気の対策が求められる。(2020/10/8)

大山聡の業界スコープ(34):
Intelのファブレス化を見据えている? 半導体に巨額助成する米国の本当の狙い
米国の連邦議会が半導体産業に対して大規模な補助金を投じる検討に入ったもようだ。こうした動きには、米国の政府および、半導体業界の強い思惑が見え隠れする。正式な発表は何もないが、ここでは筆者の勝手な推測を並べ立ててみたい。(2020/10/7)

トランプ大統領夫妻が新型コロナ感染 大統領選に影響必至
 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は2日、ツイッターで自身とメラニア夫人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。トランプ氏はこれに先立ち、自身の側近であるヒックス大統領顧問が新型コロナに感染し、自身と夫妻が検査を受けたと発表していた。トランプ氏はただちにホワイトハウスで自主隔離に入る。(2020/10/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
止まらない中国排除 米国の次のターゲット、鍵を握る「クラウド」企業
米国のさらなる中国企業排除が注目されている。米政府の「クリーンネットワーク計画」では5つの分野で情報を守ろうとしているが、特に中心となるのが「クラウド」。中国のクラウドサービスが次のターゲットとなる可能性があり、日本もまた振り回されそうだ。(2020/10/1)

エレクトロニクス業界の主な動向:
2020年度上半期を振り返る 〜新型コロナからNVIDIAのArm買収まで
2020年4月から9月上旬までのエレクトロニクス業界の主な動向を、EE Times Japanに掲載した記事とともに振り返る。(2020/9/30)

米政府、中国最大の半導体企業SMICへの輸出に規制──Reuters報道
米商務省が中国半導体受託生産最大手のSMICへの米粉k企業からの輸出を規制するとReutersなどが報じた。輸出の際、商務省への許可申請が必要になる。SMICだけでなく、同社から供給を受けている中国Huaweiにとっても大きな打撃になりそうだ。(2020/9/28)

「プライベート5G」の基礎【後編】
「ローカル5G」が理想でも「ネットワークスライシング」を選びたくなる理由
企業が「5G」のプライベートネットワークを構築・運用する場合、「ローカル5G」と「ネットワークスライシング」が選択肢になる。セキュリティ重視であればローカル5Gが選ばれそうだが、話はそう単純ではない。(2020/9/28)

ワンクリックで権限奪取が可能:
「Netlogon」の脆弱性突く攻撃が発生、攻撃コードが流通
Microsoftが8月の月例パッチで対応した脆弱性「Zerologon」を悪用する攻撃が確認された。CISAは「全ドメインコントローラが更新されるまで、インフラ全体が脆弱な状態となる」と警告している。(2020/9/25)

パスワードを盗むマルウェア「LokiBot」横行、CISAが対策の徹底呼び掛け
Webブラウザなどから認証情報を盗むマルウェア「LokiBot」を使った攻撃が、2020年7月から目に見えて増えている。(2020/9/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
菅政権の肝いり「デジタル庁」は中途半端で大丈夫か――電子国家・エストニアの教訓
菅新政権の目玉政策の一つが「デジタル庁」の新設。だが2021年中の設置、時限組織というのは中途半端では。平井デジタル改革相も口にするデジタル大国・エストニアの事例を見ると、便利さにはリスクも伴う。セキュリティ対策も徹底した組織運営が必要だろう。(2020/9/24)

「Chrome 85」セキュリティアップデートを公開
更新版の「Chrome 85.0.4183.121」ではデスクトップ版に存在する10件のセキュリティ問題を修正した。(2020/9/23)

TikTok、米国での配信停止を回避へ Oracle・Walmartと提携、新会社「TikTok Global」を設立
配信停止騒動もやっと一段落。(2020/9/21)

米国政府が「TikTok」「WeChat」の配信を停止
安全保障上のリスクがあるためとしています。(2020/9/19)

米商務省、「TikTok」を9月20日にアプリストアから削除し、交渉がまとまらなければ11月12日に完全停止
米商務省が、大統領令に沿って中国製アプリ「TikTok」を9月20日に米国のアプリストアからのダウンロードを禁止し、TikTok運営に関する交渉が11月12日までにまとまらなければ完全にサービスを停止させると発表した。中国製アプリ「WeChat」は9月20日に使えなくなる。(2020/9/19)

イノベーションのレシピ:
コロナ禍を契機にデジタルシフトできるのか、日本に期待されるイノベーション像
NEDOは2020年7月31日、「2020年度NEDO『TSC Foresight』オンラインセミナー」を開催。同セミナーでは、NEDO TSC(技術戦略研究センター) デジタルイノベーションユニット長の伊藤智氏が「コロナ禍後の社会変化と期待されるイノベーション像」をテーマに講演を行った。(2020/9/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
“ファーウェイ排除”本格化で5Gの勢力図はどうなる? エリクソン、サムスンの動きとは
米政府によるファーウェイへの半導体輸出規制が強化された。同社が半導体を入手できなくなれば、シェアトップを誇る5Gの機器にも打撃となる可能性がある。5Gを巡る勢力図は米国の介入によってどう変化しているのか。韓国のサムスンも存在感を見せ始めている。(2020/9/17)

Windows Serverの脆弱性を狙う悪用コード公開 セキュリティ機関が警戒呼び掛け
悪用されれば、内部ネットワークに足掛かりを持つ攻撃者が実質的にワンクリックでドメイン管理者になってしまうという。(2020/9/16)

F5やExchange Serverの脆弱性を悪用か:
米当局、中国国家安全局が関与するサイバー攻撃に注意喚起
過去1年で頻繁に悪用されていたのは、F5 NetworksやCitrix、Pulse Secure、Microsoftなどの脆弱性だった。(2020/9/15)

Microsoft、TikTok買収を断念
Microsoftが、TikTok買収で交渉中のByteDanceから、同社にはTikTokを売却しないと通告されたと発表した。9月15日までに交渉中のOracleなどの米企業がTikTok事業買収で合意に達せない場合、米国でのTikTokサービスは停止する見込みだ。(2020/9/14)

米大統領選にロシア、中国、イランから多数の攻撃ありとMicrosoftが警告
米大統領選に関連する組織へのロシア、中国、イランからの攻撃が続いているとMicrosoftが報告した。2016年の選挙結果に影響を与えたとするStrontiumは攻撃力を強化したとしている。(2020/9/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
“5つ星”の見返りとは? コロナ禍で再び注目される「やらせレビュー」の実態
アマゾンなどのECサイトや飲食店情報サイトなどで「やらせレビュー」が問題になって久しい。コロナ禍でECを利用する人も増える中、アマゾンがやらせレビューを大量に削除したことも話題に。消費者をだますレビューはどのような手口で投稿されているのか。(2020/9/10)

ロシア軍、アメリカ軍の車両に「あおり運転」 シリアの砂漠で繰り広げられた一触即発のロードレイジ映像が公開
こわい。(2020/9/7)

「米政府が中国SMICもエンティティリストに追加検討」の報道に「中国軍とは無関係」とSMIC
米トランプ政権が中国最大の半導体ファウンドリSMICの「エンティティリスト」への追加を検討しているとの報道を受け、SMICが「非常にショックを受け、困惑している」と語り、「中国軍とは取引していない」とした。(2020/9/7)

「特別警報」級の台風10号が西日本に接近 養生テープの効果は? オフラインでも役立つアプリなど対策まとめ
特別警報級に発達し、西日本に接近するとみられる台風10号は、2019年10月に東日本に甚大な被害をもたらした台風19号よりも強い勢力で近づく恐れがあり、早めの対策や避難が必要だ。ここでは基本的な対策方法の他、ネットで話題になった対策などをまとめる。(2020/9/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
「家でペットと過ごす」需要が急拡大 コロナ禍で加速する“品薄”の背景
コロナ禍で世界的にペット需要が拡大している。日本のペットショップでは、犬猫が品薄に。価格も高騰している。近年、子犬や子猫をむやみに量産することを規制する動きが進んだ事情もある。経済停滞が続けば、世話できなくなる人が続出する懸念も出てくる。(2020/9/3)

米中摩擦で「TikTok」に利用禁止の動き、日本での事業は継続されるのか?
日本でも大人気の動画投稿サービス「TikTok」が、世界各国でサービス停止の危機にある。その背景には米中摩擦をはじめとした、中国と各国との対立激化が大きく影響している。日本のTikTokのサービスにどこまで影響が及ぶのだろうか。(2020/8/31)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本でも堂々リクルート 中国の“人材狩り”に切り込んだ、豪レポートの中身
オーストラリア発で、中国の“優秀人材狩り”に関するレポートが公開された。世界中に拠点を構え、あの手この手で先進分野の人材を協力者にしている。日本でもリクルートイベントなどを開催している。知財などの搾取を止めるため、法規制や危機管理を徹底すべきだ。(2020/8/27)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
TikTokがトランプ政権を訴えた理由
トランプ政権がTikTokを追い詰めるのに用いたツール、TikTok側の反撃、そして過去にTikTokの「悪さ」とされてきた出来事などを検討していく。しかしトランプ政権のやり方は「ずさん」であり、TikTok側に反論、反撃の余地を与えている。さらに、トランプ政権が出した命令には合衆国憲法違反の疑惑も出てきた。TikTokが米国資本に買収されることが、既定路線となっているように報じている記事も見かけるが、それはどうだろう。現時点で先はまだ読めないと筆者は考えている。(2020/8/25)

TikTokとByteDance、トランプ政権を米地裁に提訴 米から締め出しの大統領令に抗議
中国ByteDanceと傘下の米TikTokが、ドナルド・トランプ米大統領の政権を米地裁に提訴した。TikTokを米国から排除する大統領令は違憲だと主張する。(2020/8/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
まだまだ世界で人気? いまだに「FAX」を使い続けるワケ
新型コロナに関する保健所の対応で注目されたのが、今でもファクスを使っている実態だ。しかし、米国や欧州でもまだまだ現役で使われている。コストやビジネス文化などの理由でファクスが使いやすいという声も根強い。まだしばらく、なくなることはなさそうだ。(2020/8/20)

関連会社38社をリストに追加:
米国がHuaweiに対する禁輸措置を強化
米国のトランプ政権は、中国への半導体輸出に対する圧力を強めている。Huawei Technologiesの関連会社を輸出禁止措置の対象に追加することで、中国による米国製の最先端半導体製造装置の利用をさらに制限する方針だ。(2020/8/19)

TikTok、「うわさや誤報に対抗」と新サイトを公開 ユーザーデータの扱いなどについて説明
「米国のユーザーデータを中国政府に提供したことはない」と主張。(2020/8/18)

米商務省がHuaweiに対する「輸出一時許可」を延長せず スマホやタブレットへの影響は?
米商務省が、中国Huaweiに対する制裁措置を強化する旨を発表した。その中で、既存取引のメンテナンスを許容する「一時的一般許可証」の延長が行われなかったことにも言及されている。今後、Huaweiのスマホやタブレットにはどのような影響が出るのだろうか。【追記】(2020/8/18)

米連邦政府、Huaweiへの禁輸措置を強化 米技術採用チップの入手が困難に
米商務省が中国Huaweiへの禁輸措置拡大を発表した。エンティティリストにさらに関連会社38社を追加し、米技術採用チップ入手をさらに制限する。(2020/8/18)

トランプ大統領、中国ByteDanceにTikTokの米事業を90日以内に売却せよとの大統領令
トランプ大統領は14日、新たな大統領令で中国ByteDanceに米国のTikTok事業を90日以内に売却またはスピンオフし、米国ユーザーのデータを破棄するよう命じた。(2020/8/16)

NSAとFBI、ロシアがスパイ活動で利用というLinux向けマルウェア「Drovorub」のアドバイザリー公開
米国家安全保障局(NSA)と米連邦捜査局(FBI)が、ロシア政府とつながるハッカー組織apt28が利用しているというLinux用マルウェア「Drovorub」のセキュリティアドバイザリーを公開した。(2020/8/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
台頭する“グレー”クレーマーの生態 悪質な苦情にどう対処すべきか
インターネットの普及で企業のクレーム対応は難しくなっている。最近は反社会的勢力による被害が減る一方、一般の消費者が迷惑行為をしてしまう“グレー”なクレームが増えた。どう対処すればいいのか。法律や対処後のフォローを念頭に置いた対応が効果的だ。(2020/8/13)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
なぜ? 中国アプリTikTokに米トランプ大統領が異例の圧力
中国発の動画共有アプリ「TikTok」に対して、米国のトランプ政権が異例の圧力をかけている。圧力をかける根拠は、アプリが「プライバシーを侵害し、安全保障上の脅威となっている」というものだが、その証拠は見つかっていない。なぜTikTokが標的とされたのだろうか?(2020/8/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。