ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「脳内メーカー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脳内メーカー」に関する情報が集まったページです。

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

「Googleモバイル」年間検索ランキング、「痛いニュース」や「前略」上位に
08年の「Googleモバイル」の検索キーワードランキングは、「mixi」「2ちゃんねる」「モバゲー」のトップ3に続き、4位に「痛いニュース」が入った。(2008/12/22)

Mobile Weekly Top10:
Googleの年間モバイル検索ランキング、トップは?
Googleが、同社初となる年間モバイル検索ランキングを発表した。トップ3に入ったのは……。ちなみにPC向けの年間検索ランキングトップは「Yahoo」だった。(2008/12/22)

Yahoo!検索ランキング、総合1位はYouTube
Yahoo!JAPANの2008年検索キーワードランキング総合1位は「YouTube」。2年連続1位だった「mixi」をおさえてトップになった。(2008/11/25)

「海bizocean」、ビジネスノウハウを“苦労した社長”に聞く連載を開始
ミロク情報サービスが運営するビジネス情報サイト「海bizocean」で、「たまごが立たないコロンブスたちへ!」と題した社長インタビュー記事の連載がスタートした。起業家、ベンチャー経営者、独立を目指すビジネスパーソンなどを読者対象として、企業経営や起業への活力を与えたいという。(2008/8/1)

Yahoo!検索上半期ランキング、1位はYouTube Perfumeも登場
ヤフーの2008年上半期検索ワードランキング総合1位は「YouTube」。著名人ランキングも変動あり。(2008/7/15)

SNSやWebを変える!? OpenSocial徹底解説(後編):
OpenSocialアプリケーション作成のための基礎知識
(2008/4/23)

新世紀情報社会の春秋:
ゲーム機が切り開くビジネス市場――PCの限界を侵食
ゲームの世界はもはや単なるエンターテイメントの一部ではなく、情報社会の今後の展開に非常に重要な役割を果たす存在となりつつある。(2008/4/7)

モバイルで検索、“1語検索”が減少傾向
アイレップとYICHAが、モバイル検索の利用実態に関する調査結果を発表。検索窓に1つの言葉のみを入れる「1語検索」は減少傾向にあるという。(2008/3/5)

「脳内検索メーカー」のケータイ版、期間限定で開始
(2008/3/4)

ひとりで作るネットサービス:
【番外編】「高校生がもっと出てきてほしい」――「ねみんぐ!」を作った現役高校生3人組からのエール
「ねみんぐ!」というネットサービスを作ったのはなんと現役の高校生。熊本在住の草野さん、東京在住の安野さん、三重在住の倉世古さんが勉強の合間に作り上げた。“現役高校生”しながら「ねみんぐ!」を作り出した経緯についてアツく語ってくれた。(2008/2/21)

オルタナブログ通信:
物あふれ時代が呼んだロングテール化――企業生き残りの選択肢
2008年はどのような年になるのだろうか。さまざまな分野でロングテール化が進み、政治でもインターネットを見過ごせなくなってきた。地球温暖化防止へ向けてグリーンITはどうすべきか。オルタナティブ・ブロガーたちは、ITにまつわる時事ネタを、独特の感性で解いていく。(2008/1/15)

仕事“脳内メーカー”がビジネステンプレートサイトに生まれたワケ
あなたの“仕事脳”はどんなカタチ? 1万5000ものビジネステンプレート──「社用車購入の稟議書」「私有車の業務上利用に関する規程」「校内事故による損害賠償請求をするための内容証明」を備える「海」がリニューアルした。(2008/1/10)

News Weekly Access Top10(2007年12月30日−2008年1月5日)
ニコニコ的「あけおめ」
年賀状の代わりに年賀メールを送る人も多いが、今年はニコニコ動画でも、新年のあいさつや「初詣で」が行われていた。(2008/1/7)

ケータイlivedoorの年間検索キーワードランキング、トップは「脳内メーカー」
(2007/12/28)

ITmedia News 年間アクセストップ50(07年1月1日〜12月26日)
“守る”と“創る”は対立するのか――07年のネット界
「Second Life」がポシャり、「ニコニコ動画」が急成長。何の前触れもなく降臨した「初音ミク」が創造を加速する。ネットの創造は既存の著作権の枠組みと矛盾し、対立する――その先には、何が見えるだろうか。07年のアクセス上位の記事から振り返る。(2007/12/27)

2007年のケータイ検索キーワードランキング、トップは「脳内メーカー」――froute.jp
携帯向け検索ポータルサイトfroute.jpを運営するエフルートが、2007年に検索されたキーワードランキングを発表。2007年年間ランキングのトップは「脳内メーカー」。2位には「顔ちぇき」、3位には「花より男子」がランクインした。(2007/12/27)

今年も大賞は「ウィキペディア」 Web of the Year
今年のベストサイトをWeb投票で決める「Web of the Year 2007」年間総合大賞は、昨年に続き「ウィキペディア」。ネット視聴率をもとに選んだ「ネットレイティングス賞」は「ニコニコ動画」に。(2007/12/21)

その道のプロが選んだのは“ビリー”――All About 話題 of the Year 2007
All Aboutはこの1年間で話題になったモノとして、「ビリーズ・ブートキャンプ」を大賞に選んだ。2008年はエコとオトコ市場を、注目株として見ているようだ。(2007/12/21)

Google検索ランキング、「初音ミク」が著名人3位に
Googleの2007年国内キーワード検索ランキングで、エンタメ作品2位に「ひぐらしのなく頃に」、3位には「らき☆すた」が、著名人3位に「初音ミク」が入った。(2007/12/19)

News Weekly Access Top10(2007年12月2日−12月8日)
Vistaを使う勇気がなく、XP機を探し回った週末
Windows XPマシンが壊れた。Vistaに移行する勇気はなく、新しいXPマシンを探し回ったが、なかなか見つからず困ってしまった。(2007/12/10)

Yahoo!検索年間ランキング、1位「mixi」・2位「YouTube」
Yahoo!JAPANの07年検索ランキングは、1位が昨年と変わらず「mixi」。2位には「2ちゃんねる」を抑えて「YouTube」が入った。「脳内メーカー」「ニコニコ動画」も上位にランクイン。(2007/11/30)

「ニコニコ」「初音ミク」もノミネート Web of the Year投票スタート
毎年恒例「Web of the Year」の投票受け付けがスタート。話題賞には「Twitter」や「脳内メーカー」「ニコニコ動画」「初音ミク」などがノミネート。(2007/11/5)

News Weekly Access Top10(2007年9月2日−9月8日)
テレビが増幅する「脳内メーカー」人気
「脳内メーカー」記事へのアクセスが増え続けている。テレビで紹介されるたびにネットで検索され、ITmediaの記事が大量に読まれているようだ。(2007/9/10)

News Weekly Access Top10(2007年7月15日−7月21日)
「脳内メーカー」の“異常”人気
6月に掲載したあの記事が、先週のアクセストップだった。(2007/7/23)

News Weekly Access Top10(2007年7月1日−7月7日)
編集部もiPhoneに熱狂
「iPhoneが米国で騒がれているのは、米国の携帯の機能があまり充実していないからでは」――そんなうがった見方をしていた記者だが、本物を手にしてやっぱり騒いでしまった。(2007/7/9)

オルタナブログ通信:
サービス連携で得する人、損する人――iPhoneから2ちゃん、社保庁で見えたもの
iPhoneが米国で発売された。日本でも発売に向けた水面下での争奪戦があるという。また、2ちゃんねるに検索窓が加わったが、匿名性は担保できるのか――オルタナブログは、ITの今を独自な視点から発信する。(2007/7/6)

頭の中が丸分かり? 「脳内メーカー」が人気
名前を入力するだけで、あなたの「脳内図」を作成してくれる「脳内メーカー」が人気だ。(2007/6/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。