ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OCB方式」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Optically Compensated Bend

オヤイデ、コンパクトなフォーンプラグと「OCB-1シリーズ」専用ネジ式スパイクを発売
小柳出電気商会から、コンパクト・フォーンプラグ「P-275MS/LS」および、オーディオ用電源タップ「OCB-1」シリーズ専用のネジ式スパイク「OSP-SC」が登場した。(2012/8/2)

今年は“3D”と“狭額”、FPD International 2011
「パシフィコ横浜」でフラットパネルの総合技術展「FPD International 2011」が開催中。今年は“3D”と“狭額”をアピールする展示が目立つ。(2011/10/27)

FPD International 2010:
3Dテレビ、次の一手
フラットパネルディスプレイの総合技術展示会「FPD International 2010」が千葉・幕張メッセで開催されている。3Dテレビそのものが注目を集めた昨年と異なり、今年は3D表示の品位向上を目指した展示が目立つ。(2010/11/11)

東芝モバイルディスプレイ、クロストーク軽減の3Dメガネ用液晶パネルを開発
東芝モバイルディスプレイは、3D映像のテレビ/映画/ゲームなどの視聴に適した3Dメガネ用液晶パネルを開発した。(2010/5/18)

FPD International 2009:
3Dテレビのあの手、この手
パシフィコ横浜で開幕した「FPD International 2009」には各社の3Dテレビや関連技術がめじろ押し。また3.9ミリの超薄型40型液晶テレビや8倍速液晶パネルも展示されている。(2009/10/29)

FPD International 2007:
FEDに有機EL、最新のフラットパネルをチェック
パシフィコ横浜でフラットパネルディスプレイの総合展示会「FPD International 2007」が開幕した。今年のトレンドは、液晶テレビのスリム化やLEDバックライトなど幅広いが、まずは既存の薄型テレビと少し違う方式をチェックしよう。(2007/10/24)

「品質」で失敗しないためのアプローチを知る:
半導体IPの正しい選び方
今日のLSI/SoC設計では、いかに高品質の半導体IPを選択するかが大きなカギとなる。選択を行うための参考情報やコツはいくつもあるが、それらを体系的に役立てて最適なものを選ぶにはどうすればよいのか。本稿では、IP業界で行われている品質保証のための取り組みの状況と、IPの選択で失敗しないためのアプローチを紹介する。(2007/5/1)

“後ろ姿”を見てほしい――ナナオが「FORIS.TV」新製品を発表
EIZOの液晶テレビ「FORIS.TV」に新製品が登場。音や画質はもちろん、“後ろ姿”にもこだわったインテリア性の高い製品だ。11月15日発売予定。(2006/10/10)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
「液晶」「プラズマ」どちらを選ぶ?
そろそろ大画面薄型テレビを……と考えた時、気になるのが「液晶とプラズマ、どちらを選べばいい?」という問題。今回のデジタル閻魔帳は“映像の鬼”麻倉怜士氏に、液晶・プラズマの最近の進化と今後の方向性、そして選び方について語ってもらった。(2006/4/30)

富士写、液晶TV用フィルム工場新設で270億円投資
生産能力をほぼ倍増し、伸び続ける液晶TVパネル需要に対応する。(2005/1/27)

レビュー:
みんな気になっていた“あの格安液晶テレビ”を観てみた
驚きの低価格で話題を集めているバイ・デザインの液晶テレビ「d:2732GJ」は、27V型で15万円弱と大手国内メーカー品に比べて10万円前後も安い。ウェブ販売中心で店頭で観る機会の少ないこの注目機をレビューで探ってみた。(2004/12/1)

世界最速5.5ms! 地デジ対応の32Vおよび23V型「FORIS.TV」が発表
ナナオは、ナチュラルで忠実な映像と迫力あるサウンド、個性的なデザインのFORIS.TVシリーズの新型を発表した。32V型の「VT32XD1」が税込み44万5200円。23V型の「VT23XD1」が税込み33万6000円。同社のショッピングサイト、EIZOダイレクトを中心に販売される。(2004/9/30)

東芝松下ディスプレイ、大型液晶パネルに参入 低温ポリ32インチを開発
東芝松下ディスプレイテクノロジーがTV用大型液晶パネルに本格参入する。低温ポリTFTとしては世界最大となる32インチワイドパネルを開発、ハイエンド製品向けに供給する。(2004/9/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。