ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小田急電鉄」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小田急電鉄」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

“ウチ鉄”しませんか? 「鉄道博」初のオンライン開催中
「今年の冬は、鉄道博オンラインで"ウチ鉄"しませんか?」――毎年1月の3連休に「大阪ビジネスパーク」で行われている鉄道イベント「鉄道博」が、2021年はオンライン開催中だ。(2021/1/15)

「やったー!」「復活嬉しすぎる」 ローラアシュレイが日本に再出店、公式ECサイトもオープン
花柄などのオリジナルテキスタイルで人気のブランドです。(2021/1/14)

深夜の一部列車を運休:
東京メトロ、東急など各社が終電繰り上げ発表 前倒し要請を受けて
首都圏の鉄道各社が1月20日から当面の間、終電時刻を繰り上げる。JR東日本に続き、東京メトロや西武鉄道、東急電鉄などが国や自治体からの要請に対応。今回の措置は現行ダイヤの一部を変更するもので、春に予定しているダイヤ改正の前倒しではないという。(2021/1/13)

藤沢市が調査:
江の島に最も訪れているのは首都圏出身の「おひとりさま」? 緊急事態宣言中の訪問者は半減
神奈川県藤沢市は、2020年3〜7月に行った、江の島の人流解析の実験結果を発表した。測定期間中は約1万3000人が来訪していて、一斉休校や緊急事態宣言の期間は、通常期の50〜80%程度まで減少していた。(2021/1/13)

JR東が特急「湘南」を運行開始:
なぜ? 首都圏で「通勤向け特急」が増えている背景
JR東日本が、通勤向けの特急に力を入れている。すでに常磐線の「ときわ」、高崎線方面「スワローあかぎ」、中央・青梅線方面の「はちおうじ」「おうめ」が運行されているが、来春のダイヤ改正では、特急「湘南」が東海道本線方面にデビューする。これら通勤向け特急が運行される背景を考えてみたい。(2020/12/24)

元日早朝の臨時列車も:
東京メトロ、京急なども終夜運転中止 要請受けた全6社で取りやめに
東京メトロなど鉄道各社が、大みそかの夜から元日の朝にかけて計画していた終夜運転を中止すると発表。先に発表したJR東日本に続き、自治体からの中止要請を受けた6社全てが終夜運転を取りやめることになった。(2020/12/18)

東京メトロも大みそかの終夜運転中止
東京メトロも、大みそかから元旦にかけての終夜運転を全線で取りやめる。元旦限定のロマンスカー「メトロニューイヤー号」の運行も中止する。(2020/12/18)

プロジェクト:
空き家や住宅ストックの利活用を安心して行える買い取り再販型スキーム
小田急沿線既存住宅流通促進協議会は、国土交通省の「住宅ストック維持・向上促進事業」における提案事業として「(仮称)あんしんストック住宅」を開発し、2020年11月中旬から試行を開始した。空き家・住宅ストックの利活用に貢献する。(2020/12/16)

参拝客の需要見込む:
京急は大みそかの終夜運転実施 各社で対応分かれる
京急電鉄が年末年始期間の特別ダイヤを発表。12月31日から2021年1月1日にかけて終夜運転を実施するなど、参詣・参拝客の需要を見込んだダイヤで運行する。終夜運転は実施しないことを発表している企業もあり、各社で対応が分かれる。(2020/12/9)

「バーミリオンオレンジ」を使用:
小田急、「ロマンスカー」のマスク発売 子ども向けに現役乗務員がデザイン
小田急電鉄は12月4日、特急「ロマンスカー」のデザインを施した子ども用のオリジナルマスクを発売する。現役の乗務員がデザインを考案。最新車両の「GSE」などをあしらい、ロマンスカーの色や形状を取り入れたマスクに仕上げた。(2020/12/2)

小田急電鉄、ポケモンGOの公式パートナーに バス停2400カ所をポケストップ化
小田急電鉄が「ポケモンGO」の公式パートナーになったと発表。まずはグループ会社が管理するバス停約2400カ所を順次「ポケストップ」にする。(2020/12/1)

ガチンコの鉄道:
富士急行に、なぜ乗客が集まるのか
私鉄グループ各社のなかで、多角経営により東証一部へ上場しながら、鉄道事業にも本気で挑んでいるのが、富士急行だ。本社は人口4万6000人ほどの山梨県富士吉田市にあり、メイン路線は大月駅から富士山駅を経て河口湖駅までの延長26.6km。そんな地にありながらも営業係数は100を切り、黒字を維持している。今回は、富士急行が取り組む本気の鉄道事業を紹介したい。(2020/11/29)

「ゼネラル・オイスター」の旬の牡蠣が食べ放題! 生牡蠣はもちろん、素焼きやカキフライも食べられます
アレンジメニューもおいしそう。(2020/11/27)

コロナ以前からの課題:
鉄道会社の終電繰り上げは「必然」、これだけの理由
コロナ禍で利用者が減少し、鉄道各社の決算見通しが悪化している。10月下旬以降、各社が来春のダイヤを公表し始めたが、揃って「終電繰り上げ」を表明。原因として、コロナ禍による利用減少が浮かぶかもしれないが、実はそれはきっかけに過ぎない。鉄道業界では、以前から終電繰り上げが検討されていたのだ。(2020/11/27)

沼津駅「長泉旬便り 冬うらら」(1000円)〜御殿場線・富士岡駅スイッチバック跡からの富士山
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 静岡県・沼津駅「長泉旬便り 冬うらら」です。(2020/11/20)

21年春から:
京王電鉄、終電を最大30分繰り上げ 深夜の利用は5割減
京王電鉄は、2021年春のダイヤ改正で、京王線と井の頭線の終電時刻を繰り上げる。新型コロナウイルスの影響によって深夜時間帯の需要が縮小。生活様式の変化に合わせた運行や夜間のメンテナンス時間の確保を目的にダイヤを変更する。(2020/11/18)

MaaS基盤としてのAWSをどう活用? 採用企業が語ったサービスのこれから
MaaSサービスの開発に向けた動きが活発だ。電車やバス、タクシーがAPIを公開したら暮らしはどう変わるか。コロナ禍を経てMaaSへの国内のニーズはどう変わったかを、国内MaaSサービスで先行する4社が語った。(2020/11/12)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
施設内の密回避を可視化する「安心ゲート」の実証実験が小田急新宿で開始
パナソニックは、商業施設の来店客が密を回避しながら移動ができる「安心ゲートソリューション」を開発した。(2020/11/10)

深夜の利用者約4〜5割減:
西武鉄道も終電を20〜30分繰り上げへ 21年春のダイヤ改正
西武鉄道は2021年春のダイヤ改正で、主要路線の終電時刻を20〜30分繰り上げると発表した。実施路線は山口線、多摩川線を除く全線。詳細は21年1月に発表する。(2020/11/9)

21年春のダイヤ改正:
小田急、終電を20分繰り上げへ 深夜の利用者は約5割減
小田急電鉄は、2021年春のダイヤ改正で、終電時刻を最大20分程度繰り上げる。一部の始発列車の時刻繰り下げも行う。新型コロナウイルスの影響による夜間の利用者減少に対応する。(2020/11/4)

小田原駅「旬彩八角弁当 紅葉狩り」(1180円)〜秋の行楽シーズン、工夫して鉄道旅!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 神奈川県・小田原駅「旬彩八角弁当 紅葉狩り」です。(2020/10/25)

モバイルディスプレイのすゝめ:
まだテレワークで消耗している? よろしい、よみうりランド「アミューズメントワーケーション」の出番だ
旅先でバカンスしながら仕事もこなす「ワーケーション」だが、都会にある遊園地の「よみうりランド」が新たな提案をスタートさせた。早速、モバイルディスプレイを片手に乗り込んでみた。(2020/10/23)

Googleさん:
最先端をやめたPixel 5、でも手に馴染む Pixel 4ユーザーが使ってみて感じたこと
Google純正Androidスマートフォンとしての最新ハイエンドモデル「Pixel 5」を使ってみました。いままでにない色「Sorta Sage」のバイオレジンでコーティングしたアルミ筐体の手触りは優しく、手に馴染みます。(2020/10/18)

ナチュラルボーン鉄オタか ロマンスカーグッズが欲しいキッズの駄々のこねかたが将来有望すぎる
「やー(→)だー(↑)やー(↓)だー(→)」。(2020/10/15)

新宿駅にサブスク型のドリンクスタンド「フラット」がオープン 1日1回「お茶」「プロテイン」「スムージー」「ビール」を駅でもらおう
絶妙なラインアップだ。(2020/10/12)

定期券でも:
PASMO、iPhoneとApple Watchで利用可能に
 首都圏の鉄道やバス会社で構成するPASMO協議会は「PASMO」のApple Payでの利用を開始。iPhoneやApple Watchで電車やバスの交通利用や、電子マネーでの買い物が可能となる。(2020/10/6)

タイムアウト東京のオススメ:
下北沢に日帰り入浴もできる温泉旅館、由縁別邸 代田が開業
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/10/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界で大流行の「SDGs」 背景に見える、エコテロリズムへの危機感
東急で環境保護などをうたったラッピング車両「SDGsトレイン」が走り始めた。こういった取り組みが鉄道業界でも浸透し始めている。環境に配慮した車両は以前から開発されてきたが、あらためてSDGsを発信する背景には、環境保護を訴える若者などへのメッセージの意図がある。(2020/10/2)

モビリティサービス:
MaaSは地域の課題解決に貢献できるか、実証実験で見えてきたこと
2020年9月2日にはオンラインシンポジウムを開催し、全国から事業者が参加した。シンポジウムでは「地方版MaaSにおけるデータ連携」と「低密度・中山間地域における地域課題解決」をテーマとした2つのパネルディスカッションを行った。(2020/9/25)

「音楽、最高です」「映画みたい」 深夜2時の新宿駅に響いた「すてきすぎる生演奏」、ネットで絶賛の声
音楽の力、ステキ! 演奏者さんに話を聞きました。(2020/9/14)

ライフスタイルの変化に対応:
JR東が抱く“未来への危機感” 終電繰り上げ・定期券値上げ検討の背景とは?
JR東日本が終電時刻を繰り上げることを発表して話題になった。コロナ禍で深夜の利用者が減り、ライフスタイルの変化は元に戻らないと同社は見ている。定期券サービスの見直しも含めて、鉄道の未来への危機感が現れている。(2020/9/11)

2029年完成予定:
新宿西口に260メートル高層ビル、小田急と東京メトロ 消費者との交流で“ビジネスを生み出す”機能も
小田急電鉄と東京メトロは、新宿駅西口地区の開発計画概要を発表。高さ約260メートルの超高層ビルを建設し、オフィスと商業施設を整備。その間には「ビジネス創発機能」を備えた施設も設ける。2029年度の完成予定。(2020/9/10)

「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」首都圏版が発表 テレワーク浸透で都心より郊外が人気
LIFULLは、「LIFULL HOME'S コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表した。(2020/9/9)

箱根湯本駅「贅・箱根よくばり弁当」(1030円)〜箱根ゴールデンコース60年! 夏の疲れは箱根で癒したい!
かれいの西京焼き、小田原蒲鉾、厚焼き玉子と三種の神器が入った正統派幕の内。箱根ゴールデンコースの旅のシメにいただきたい贅沢な駅弁です。(2020/9/6)

“夢の国”だけではない:
住民に愛されている街、「ファミリー向け家賃相場10万円以下」の1位は?
リクルート住まいカンパニーは、関東1都4県のファミリー向け家賃相場10万円以下の街を対象とする「住民に愛されている街ランキング」を発表。1位は千葉県浦安市の「舞浜」だった。(2020/9/3)

モバイルディスプレイのすゝめ:
モバイルディスプレイとPCを持って外に出よう! これぞ“どこでもテレワーク”を実践した結果
作業領域が広がり、テレワークの際に威力を発揮してくれるモバイルディスプレイだが、屋外で使った場合はどうなるのだろうか。(2020/9/3)

箱根湯本駅「はこねいなり」(670円)〜まもなく半世紀! 箱根湯本のロングセラー
経木香るふたを開けると、4つのいなり寿司。箱根の温泉宿で満たされた心を邪魔しない黒子感がロングセラーの秘密なのかもしれません。(2020/8/29)

モビリティサービス:
小田急がMaaSアプリの機能拡充を加速、後押しするのはAWS
小田急電鉄の「MaaSアプリ」が急速な進化を遂げている。同社は2018年末にMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車を所有せず移動をサービスとして利用すること)での協業を決定。2019年4月にヴァル研究所とともに交通に関するデータ基盤「MaaS Japan」の開発を開始し、同年10月末にMaaS Japanを活用したスマートフォン向けアプリ「EMot(エモット)」をサービスインした。(2020/8/26)

Weekly Memo:
運輸業のDXを推進する「MaaS」は、コロナ禍でどう成長するのか
AWSジャパンが次世代移動サービス「MaaS」支援の取り組みを明らかにした。その内容を紹介しながら、「運輸業のDX」と目されるMaaSの今後の普及におけるポイントを探ってみた。(2020/8/24)

やすこーんの「くらしの鉄道」:
「ウソみたいだろ。駅舎なんだぜ。これで。」 竜宮城から始まる江ノ島めぐりの旅に行ってきた
これが駅舎!? 竜宮城を見たことはありますかー? 実は電車で行けるんですよ。(2020/8/23)

「まるでブラックホールだ」「ぞわっとする」 都心に集まる人の流れを可視化したマップがすごい
ぞわぁぁぁ! 朝一気に集まってくる様子、そして帰宅で離れていく様子は何だか“まっくろくろすけ”のようでもあります。(2020/8/21)

終電後の小田急線で人身事故の案内が…… 「うそだろ?」「成仏して」とザワつく
テスト入力したものを誤って配信してしまったそうです。(2020/8/16)

モビリティサービス:
過疎地の移動手段確保にも、国交省が地域課題解決に貢献するMaaS事業を支援
国土交通省は2020年7月31日、「日本版MaaS(Mobility as a Service)推進・支援事業」として、地域課題の解決に貢献し得るMaaS事業として38事業を選定したと発表。該当する事業に対しては、事業化に向けた実証実験を実施した際に、その経費の一部が補助金として交付される。(2020/8/12)

「特に魔の3日目が怖い」 ほぼ全ての新幹線車両に乗りまくる日本縦断3泊4日ツアーが「行程が鬼すぎる」と話題に
新幹線への愛と体力が試されます。(2020/8/11)

やすこーんの「くらしの鉄道」:
おかえり箱根登山電車! 飲んで食べて、祝う 9カ月ぶりに復旧した「新しい箱根」の旅【漫画】
「おんな鉄道ひとり旅」をゆるーく楽しく提唱し続ける著者によるほんわか旅行記、箱根の漫画も1話丸ごと特別公開。一緒にどうぞ〜。(2020/8/7)

新宿駅「135周年記念新宿弁当」(1350円)〜いよいよ東西自由通路供用開始! 135周年の新宿駅
新宿駅開業135周年記念の「新宿弁当」。新宿ゆかりの内藤とうがらしをはじめ、甲州・信州ゆかりの食材もたっぷりです。(2020/7/30)

東西が、結ばれる:
新宿駅東西自由通路の開通で、どんな未来が待っているのか
「新宿駅は複雑で、迷いやすい」といった不満を感じていた人も多いのでは。そんな不満を解消するかのように「東西自由通路」が開通した。どのように変わったのかというと……。(2020/7/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
リモートワーク普及で迫りくる「通勤定期券」が終わる日
大手企業などがテレワークの本格導入を進める中で、通勤定期代の支給をやめる動きも目立つ。鉄道会社にとっては、通勤定期の割引率引き下げや廃止すら視野に入ってくる。通勤に伴う鉄道需要縮小は以前から予想されていた。通勤しない時代への準備はもう始まっている。(2020/7/17)

「まさかアレを全線走らせるとは」 小田急全線で「赤い1000形電車」が走る! 「アツすぎでしょ」ファンも歓喜
箱根登山鉄道全線復旧記念で、普段は走らない赤い車両が新宿までやってきます。8月1日から。(2020/7/15)

月刊乗り鉄話題(2020年7月版):
ロングシートなんて大嫌い? 乗り鉄がこだわる「座席」のお話
ほんとはこだわりたいんです。でもロングシートもいいものです。回転クロスシートも褒め称えたいんです。(2020/7/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。