ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小田急電鉄」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小田急電鉄」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「小田急マルシェ狛江」8月にリニューアル、どんな店が入る?
小田急SCディベロップメントは、商業施設「小田急マルシェ狛江」のリニューアル計画を発表した。(2024/6/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
流浪のクルーズトレイン「THE ROYAL EXPRESS」が静岡、浜松へ JR東海に観光列車の幕が上がる
東急の観光列車「THE ROYAL EXPRESS」がJR東海に乗り入れ、2024年11〜12月に横浜〜三島〜沼津〜浜名湖〜静岡〜日本平を巡る。東海道本線を行き来しながら富士山の景色を楽しみ、東海道の歴史と景勝地を訪ねる。これはJR東海、東急、乗客、静岡県にとって、四方良しだ。(2024/6/15)

駅長の絵心も見守りたい 駅で目撃された“ツバメ”らしきイラストが味わい深くて「優れた人格の代わりに画力が犠牲になった疑い」
画伯ぅぅ!(2024/6/13)

「ぼっち・ざ・ろっく!」が小田急とコラボ! “仕事猫”のくまみね先生による描き下ろしイラストが登場
下北沢駅にオリジナルイラストを使ったフォトスポットも登場!(2024/6/5)

どうなってるの!? どう見ても平屋の家→裏に回ると実は…… まさかの仕掛けに驚き「なるへそ」
間取りが気になる。(2024/6/5)

小田急・本厚木駅前に商業ビル「TRUNK本厚木」がオープン、特徴は?
店舗を軸とした街づくりを総合的に支援する店舗流通ネットは、小田急・本厚木駅前の商業ビル「TRUNK本厚木」がグランドオープンすると発表した(2024/5/23)

都市の構造が変化:
なぜ「池袋〜新宿〜渋谷」は混んでいるのか? “郊外”だった駅が繁栄したワケ
平日でも混雑している山手線の西側エリア。開業時の利用者はほとんどいなかったが、なぜここまで繁栄したのだろうか。(2024/5/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
所沢駅前に巨大商業施設が出現、そこは昔「電車の工場」だった
2024年9月、西武線所沢駅西口から徒歩3分の場所に大型商業施設「エミテラス所沢」が誕生する。敷地面積はベルーナドームの約8割、延べ床面積はイオンモール幕張新都心とほぼ同じ。地上7階建てで142店舗が入居する。この用地の歴史をさかのぼり、鉄道用地開発について考えてみたい。(2024/4/28)

東京「だけ」は勝つために:
山手線沿線の再開発が進む 「新宿、渋谷、品川」駅の工事はいつ終わるのか
鉄道会社も協力し、「東京」の世界的競争力を高めるべく、大規模な再開発が進んでいる。気になるエリアを実際に歩いてみた。(2024/4/25)

「次の駅まで」に読めるハナシ:
なぜ「案内所+バス」にベッドを置いたの? 東海バスが宿泊施設を始めた背景
小田急電鉄グループの傘下で路線バスを運行する東海自動車が宿泊施設をオープンした。バス会社がなぜ畑違いの事業を始めたのか。取材したところ……。(2024/4/23)

笑顔で手を振る駅員たち 小田急の“お茶目な姿”に「ほっこりする」「素晴らしいですね!」
貴重な風景。(2024/4/21)

ユニクロが展開する古着・リメーク商品の狙いは? 実際に見て「ある程度売れるかも」と思ったワケ
ユニクロが、実験的に古着の販売を始めている。2023年に続き、第2弾となるポップアップストアを2店舗で設置。果たして今後、ユニクロの新業態となっていくのだろうか。(2024/4/13)

次世代コミュニケーションの実証実験:
飛び出すテスラを「見る」+「体験する」 XR広告×3Dビジョンの効用とは?
小田急エージェンシーは、Tesla Motors Japanなどの協力の下、XR技術と3Dビジョンを使用した屋外広告の実証実験を開始する。(2024/4/11)

新宿駅に大型サイネージ「新宿BBB」開業 3種類のメディアで没入体験を提供
JR東日本グループは4月15日から、新宿駅南改札内コンコースにメディア空間「新宿BBB(スリービー)」を開業する。新宿BBBは3つの大型サイネージで構成され、総面積は約250平方メートル。(2024/4/10)

実況者向け「ゲーミングマンション」内見してみた 防音・家賃はどんな感じ?【動画あり】
ゲーム実況者向けに防音とネット回線にこだわった「ゲーミングマンション」を内覧。それぞれの性能も検証してみた。(2024/4/5)

東京メトロ東西線、工事のため5月11日〜12日に一部区間で終日運休 う回ルートや振り替え輸送は
東西線南砂町駅の線路・ホーム増設へ向けた線路切替工事のため。(2024/4/2)

「小田急マルシェ狛江」6月にリニューアル どう変わる?
小田急SCディベロップメントは、東京都狛江市の商業施設「小田急マルシェ狛江」を6月27日からリニューアルオープンする。(2024/3/31)

小田急、ロマンスカーのサブスク開始 新宿〜小田原間が1カ月最大3万2800円割引に
小田急電鉄は4月1日から、特急ロマンスカーのサブスクリプション電子チケット「EMot ロマンスカーパスポート」の販売を開始する。(2024/3/30)

新百合ヶ丘駅前の「新百合ヶ丘エルミロード」 18年ぶりに地下1階がリニューアル
小田急線新百合ヶ丘駅前の商業施設「新百合ヶ丘エルミロード」は、約18年ぶりとなる地下1階のリニューアルを実施する。(2024/3/29)

新宿西口の空が広くなってる! 小田急百貨店の解体工事で一変した風景に感動集まる
次に見られるのはいつだろう……。(2024/3/17)

「リスキリングしてくれない社員」に困る企業がやるべき3つのこと
(2024/3/15)

関東との違い:
朝のラッシュ時に、なぜ関西の私鉄は「有料座席サービス」を導入できるのか
阪急電鉄が7月から有料の座席指定サービス「PRiVACE」を開始する。関西の鉄道では近年、類似のサービスが次々と導入されているが、なぜ関東の鉄道では見ないのだろうか。(2024/3/14)

「ららぽーと海老名」リニューアル どう変わる?
三井不動産商業マネジメントは、運営する「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」にて12店舗の新店をオープンすると発表した。(2024/3/13)

プリキュアの駅ジャック広告が「見に行かなきゃ」と話題 「プリキュア ジェニック」プロジェクト
ポップアップストア「precure genic room」オープンに合わせて。(2024/3/2)

小田急、新宿駅南口に3Dの大型LEDサイネージを設置 オーディエンスデータの可視化も実施
小田急グループの小田急エージェンシー(東京都新宿区)と小田急電鉄は、大型LEDサイネージ「新宿サザンテラスビジョン」を新宿駅南口に新設する。大きさは縦3.6メートル×横19.0メートルで、小田急線新宿駅南口の改札に隣接する低層店舗の塔屋に設置した。(2024/2/22)

関東の私鉄沿線格差:
公園が多い路線はどこか? 首都圏を詳しく見る
公園、といってもいろいろなタイプがある。宅地しかないような住宅街の小さな公園から、都市計画に位置づけられた大規模な公園まで、さまざまである。(2024/2/17)

お腹いっぱいになる「倍ナポ」(倍のナポリタン)、プロントの一部で提供開始
麺が通常の2倍。(2024/2/15)

関東の私鉄沿線格差:
「人気の観光地」が多い路線はどこ?
東京圏の鉄道は、通勤利用が多いものの、休日には観光地への行楽輸送のために利用されることも多い。(2024/2/15)

関東の私鉄沿線格差:
「ファミリー」または「独身者」がたくさん住んでいる路線はどこか
ファミリーが多く住む路線、独身者が多く住む路線はどこか。2020年の国勢調査をもとに、1都3県で東京大都市圏にあたる地域の1世帯あたり人数を出してみた。(2024/2/11)

関東の私鉄沿線格差:
「定期券利用客」が多い路線、低い路線はどこか
鉄道の定期券利用者について、首都圏の私鉄を見てみよう。(2024/2/9)

関東の私鉄沿線格差:
通勤ラッシュ時でも「遅れにくい」路線は? よく遅れる路線の特徴
国土交通省は、「東京圏の鉄道路線の遅延『見える化』」と題し、遅延証明書の発行状況や遅延の発生原因などをまとめている。通勤ラッシュ時でも「遅れない」路線の特徴は……。(2024/2/7)

関東の私鉄沿線格差:
沿線住民の「高齢化」が著しい路線はどこか
首都圏では全地域で高齢化が進んでいる。沿線住民の高齢化が著しい路線は……。(2024/2/5)

関東の私鉄沿線格差:
人口が減少しているのに、乗客数を伸ばしている路線はどこ?
関東圏の大手私鉄はどこもが輸送人員を減らしている。かつてほどの乗客増が見込める路線はないが……。(2024/2/1)

PR:J1リーグ「FC町田ゼルビア」がAI活用 「リピート来場の壁」突破へ データで導く“集客UP策”をビジネス軸で見る
(2024/2/1)

富士急行が念願の「箱根」進出 将来的には?
絶叫系コースターで全国的に知名度の高いテーマパーク「富士急ハイランド」や山中湖畔別荘地など、山梨県の富士北麓地域を地盤としてきた富士急行が事業エリアを広げている。(2024/1/30)

「箱根登山鉄道」組織再編で社名変更 SNSで「伝統の社名が」「何ともさみしい」の声
小田急箱根ホールディングス、箱根登山鉄道、箱根観光船、箱根施設開発が合併して「小田急箱根」に。(2024/1/24)

「駅すぱあと」アプリ、経路検索でリアルタイム運行情報を提供 首都圏の鉄道6社局で
ヴァル研究所のアプリ「駅すぱあと」にて、経路検索結果で首都圏の鉄道事業者5社局のリアルタイム運行情報を提供開始。「現在の遅延状況」も考慮して経路を検討できるようになる。(2024/1/23)

データに隠された真実:
「駅別マンション価格」を可視化したら、住みたい街が見えてきた
首都圏、特に東京23区では不動産価格の高騰が止まりません。「駅を変えれば、町を変えれば何とかなるのでは?」という希望をかなえるべく、中古マンションの価格を可視化してみました。(2024/1/23)

藤田ニコル、旅行中のプライベート姿で“指先”に反響 きらり光るモノが「ミニ新婚旅行?」「やっと指輪姿みせてくれた」
2023年8月に稲葉友さんとの結婚を発表。(2024/1/5)

データに隠された真実:
不動産広告には載っていない 「改札から改札」までの時間が面白い
マンションなどの広告を見ると「〇〇駅まで〇〇分」と書かれていますが、「改札から改札」までの所要時間はどうなっているのでしょうか。(2024/1/4)

「これがUR賃貸住宅!?」 団地とは思えない首都圏2DKリノベーション物件に「新築マンションみたい」の声
お部屋もすてき。(2023/12/28)

小売・流通アナリストの視点:
本当の「消費」といえるのか? 大手百貨店の増収増益を手放しで賞賛できないワケ
物価上昇に多くの消費者が苦労している一方、好調を報じられているのが百貨店業界だ。長年、売り上げの右肩下がりが続き、構造不況業種ともいわれていた上に、コロナ禍で甚大なダメージを受けた百貨店業界。本当に回復期を迎えているのか、その現状を見てみよう。(2023/12/13)

午前0時を過ぎて、新宿から電車で帰れて家賃が安い駅 2位「座間駅」、1位は?
LIFULLが調査(2023/12/2)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「AQUOS sense8」のカメラを試す ミッドレンジ機らしからぬ基本性能の高さが魅力
ハイエンド端末は高いし大きくて、手に余りそう。そんな人におすすめなのが「AQUOS sense8」だ。普及価格で光学式手ブレ補正、メインカメラの画素数は5030万画素。突出した特徴はないものの、基本性能がしっかりしているところが魅力だ。(2023/11/30)

購買業務改革:
PR:2年間で654時間を削減 小田急電鉄が推進した購買管理基盤による業務変革
為替を含む物価高騰などの影響を受け、企業を取り巻く購買環境は厳しさを増している。こうした中でより効率的な購買業務の実現に取り組んでいるのが大手私鉄の小田急電鉄だ。同社の取り組みを紹介する。(2023/11/30)

JR新宿駅、混雑を抑制する「ラウンドアバウト歩行」2度目の実験 定着目指して長期化、案内は派手に
JR東日本は9日、新宿駅南口で歩行者が一方向に動くことで安全でスムーズな乗り換えにつなげる「ラウンドアバウト歩行」の2度目の実証実験を行うと発表した。(2023/11/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ中央線は「グリーン車」を導入するのか 2つの“布石”が見えてきた
JR東日本が中央線快速電車に導入するグリーン車を、2024年度末の導入に向けて報道公開した。グリーン車は日本の鉄道の上級座席だが、なぜ上級座席があるのか。中央線快速電車のグリーン車導入を、大手私鉄の通勤用着席サービス列車と並べた報道もあったけれど、経営施策としては意味合いが違う。(2023/10/28)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ西武鉄道は中古を購入するのか 東急と小田急にも利点がある
2023年9月26日、東急電鉄と小田急電鉄の中古車両を西武鉄道に譲渡すると、3社連名で発表した。今回は日本の鉄道史上極めて珍しい事例で、鉄道事業経営の面からも興味深い。そしてこの西武鉄道発案の電車売買は、結果として3社にとって利点のある提案だった。(2023/10/14)

経済の「雑学」:
山手線の駅にも! 自動改札機だけの「無人改札口」は、何のためにあるのか
東京圏の駅では近年、新しいタイプの「無人」改札が増えている。駅員はいるのだが、なぜか改札は無人なのだ。その理由は……?(2023/10/9)

東京ゲームショウ2023:
東京ゲームショウで話題「ゲーミングマンション」 目玉の「防音・高速ネット回線」、真相は
東京ゲームショウで話題の「ゲーミングマンション」。目玉として打ち出す「防音・高速ネット回線」はどの程度?(2023/10/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。