ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オーマイニュース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オーマイニュース」に関する情報が集まったページです。

「元少年実名ルポ」著者は「鳥越辞任」問題のJANJAN元記者
母子殺害事件の元少年の被告を実名表記したルポが注目を集めているが、著者はJANJANで「鳥越氏がオーマイニュース編集長辞任」をスクープし、否定した鳥越氏を痛烈に批判した元記者だった。(2009/10/7)

「OhmyNews」閉鎖へ 「市民参加型」ニュースサイト、2年半で幕
「市民みんなが記者」をコンセプトにオープンした「OhmyNews」の閉鎖が決定。(2009/3/25)

藤田正美の時事日想・出版&新聞ビジネスの明日を考える:
オーマイニュースが、日本で普及しなかった理由
韓国で市民参加型のネット新聞として話題になったオーマイニュース。コストを抑えることで多くの市民がニュースの世界に参加することができたものの、「やはりニュースは報道機関によって“生産”されるものだ」ということを浮き彫りにした。(2009/3/9)

モバイル・IT研究会、オープンセミナーを開催――講師はオーマイニュース社長の小宮氏
(2008/11/14)

「OhmyNews」が「Oh! MyLife」に名称変更 生活者視点に転換
市民参加型ネット新聞「OhmyNews」の名称が「Oh! MyLife」に変わる。生活者視点で記事カテゴリーを区分し直し、体験レポートと専門家情報を掲載するサイトに衣替えする。(2008/8/1)

ネット報道の質向上へ、「インターネット報道協会」設立
ネット上の報道コンテンツの質向上を目的とした「日本インターネット報道協会」が設立された。「J-CASTニュース」「オーマイニュース」運営企業などが参加する。(2008/8/1)

オーマイニュースにSNS&動画投稿機能
(2007/4/3)

オーマイニュースにモバイル版
(2006/9/29)

「批判があれば記事を書いてほしい」オーマイニュース鳥越編集長
「市民記者」による記事を掲載するネット新聞「オーマイニュース」がオープンしてから1週間。編集スタッフ同士の議論やいわゆる「2ちゃんねらー」の“釣り”が取り沙汰される中、鳥越編集長らとブロガーがシンポジウムを開催した。(2006/9/4)

オーマイニュース創刊 「実名で本音を言う文化を」と鳥越編集長
「市民記者」による記事を掲載するネット新聞「オーマイニュース」がオープンした。鳥越俊太郎編集長は「実名で本音を言う文化を日本で育てたい」と意気込みを語る。(2006/8/28)

オーマイニュース市民記者、募集スタート
(2006/7/20)

ブログでも2chでもない「市民新聞」とは――オーマイニュース鳥越編集長に聞く
韓国のネット新聞「OhmyNews」日本版の創刊準備が佳境だ。ブログや2ちゃんねるなど、ネット上で発言できる場が整っている日本で今、ネット新聞を作る意味は何か。鳥越俊太郎編集長に聞いた。(2006/7/10)

オーマイニュース、市民記者候補を世界フォーラムに招待
市民参加型のネット新聞を目指すオーマイニュースは、7月12日から14日まで韓国・ソウルで開かれる「世界市民記者フォーラム」に、市民記者候補者を招待する。(2006/6/20)

「オーマイニュース」創刊準備ブログ公開
(2006/6/1)

鳥越俊太郎氏がオーマイニュース日本版の編集長に
(2006/5/22)

「オーマイニュース」日本版設立へ ソフトバンクが出資
韓国で大きな影響力を持つ市民参加型ネット新聞「オーマイニュース」にソフトバンクが出資。日本法人を設立し、日本版を展開する。(2006/2/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。