ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オイルヒーター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オイルヒーター」に関する情報が集まったページです。

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
そのスマートスピーカー、待機電力はどれくらい? スマホで見て分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカーが普段どれだけの電力を消費しているのか、ワットチェッカーを用いて測定した。果たして未使用時に電源をオフにする意味はあるのだろうか。(2019/6/7)

見える化で分かったもの:
スマホで家電の電気代を見える化して分かったこと
ラトックシステムのBluetoothワットチェッカーを使って、手当たり次第に家電の電力使用量をチェックしたところ、最も電気食いだった製品が分かった。それは……?(2019/3/23)

家電は“電気の通った家具”――10年先も愛される製品を目指す「GLAPS」
エアクリーナーの分野に新規参入を果たしたREVSONIC(レブソニック)の新しい家電ブランド“GLAPS”(グラップス)。クリエイティブディレクターを務める坂口信貴氏に詳しい話を聞いた。(2016/8/22)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
大切なのは“イタリアニティ”――デロンギのモノ作り哲学
エレガントな家電製品で知られるデロンギ。今回は、その本社や工場があるイタリアのトレヴィーゾを訪れ、複数のキーパーソンにモノ作りの哲学を聞いた。ファン必見。(2015/11/11)

表面温度は60度 デロンギ、火と温風を使わないオイルヒーター新モデルを9月に発売
デロンギは、空気を汚さず乾燥しにくいというオイルヒーターの新モデル3種を発表した。9月1日に発売する。(2015/8/7)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
±0.5度で設定した温度にぴったり寄り添う――デロンギの新世代暖房器具「MD HEATER」
従来の暖房機が抱えていたジレンマを打ち破った先進的なヒーター「MD HEATER」が登場した。一度快適な温度に設定したら、ほとんど温度変化を生じさせない快適な暖房器具だ。(2014/11/21)

スマホで操作可能:
究極の睡眠を求めた暖房器具、アルミラジエーター方式採用の「SmartHeater2」
バルミューダは、就寝中の体温変化にあわせた温度で自動運転し、質の高い睡眠を提供するという暖房器具「SmartHeater2」を発売した。(2014/9/30)

売れるのには理由がある:
空気を汚さず乾燥もしにくい、デロンギのオイルヒーターは温める概念が違う
デロンギといえばオイルヒーター、オイルヒーターといえばデロンギ。そこまでに定着し、他社を寄せ付けないオイルヒーターの定番中の定番だが、愛用される理由はどのあたりにあるのだろうか?(2012/12/21)

デロンギのオイルヒーター「ドラゴンデジタル」に、消費電力を抑えたエコモデルが登場
デロンギ・ジャパンは、デジタルタイプ・オイルヒーターの新モデル「デロンギ ドラゴンデジタルスマート」を発売する。(2012/10/11)

拡がる電子機器設計の熱対策:
PR:熱設計でよく使われる解析の機能とメリット
多層化高密度化するプリント基板の配線パターンを反映した放熱分布を細かく見たい、あるいは放熱ファンモジュールの小型化と高効率を同時に実現したい-そのような課題を抱える電子機器の設計チームにとって、流体解析ツールによる熱設計の検討は、身近で必須の開発プロセスになりつつある。(2010/12/1)

最も欲しい暖房器具は「床暖房」
秋も終わりに近付き、厚着の人も見かけるようになってきた。暖房器具を使い始めた人もいるだろうが、どういった暖房器具を使用している人が多いのだろうか。アリババ調べ。(2008/11/19)

ゲームでエコを考える――「GAMERS HEART」プロジェクト
オンラインゲーム「真・女神転生IMAGINE」にて、「100万人のキャンドルナイト」に合わせて行われるキャンペーンの発表会が開催された。ゲームの世界でカーボンオフセットに協力できるプロジェクトとは?(2008/6/20)

+D Voice:
日本人ならやっぱりコタツだ?!
冷え込みが厳しくなるこの時期、「メインの暖房機器」を尋ねてみた。(2007/12/17)

2005年の携帯業界を振り返る(1):
3Gの成熟で進む、携帯のセグメント化と多様化
通信ジャーナリストの神尾寿氏とITmedia+Dモバイルの斎藤編集長が、2005年の携帯電話業界を振り返る年末対談企画。第1回のテーマは「端末」。キーワードはセグメント化、デザイン、海外モデルだ。(2005/12/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。