ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Open Storage」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Open Storage」に関する情報が集まったページです。

NEC、データバックアップを高速化する新ストレージ発売
最新モデルでは従来機比で性能と容量が2倍近くにアップした。(2015/9/17)

処理速度を高速化したバックアップシステムの新製品、ファルコンストア
ファルコンストアはデータの重複除外に要する時間を短縮したバックアップ製品の最新版を発売した。(2012/5/29)

ストレージバックアップを効率化する新ソリューション、NECとシマンテックが提供
NECのストレージ「iStorage HSシリーズ」とシマンテックの「NetBackup」を組み合わせて提供する。(2011/12/21)

ネットアップが提唱するビッグデータのABC戦略
「ビッグデータ」に対する戦略説明会をネットアップが開催した。(2011/12/7)

ホワイトペーパー:
Open Storage:仮想化環境に最適なハイコストパフォーマンスストレージ
仮想化に最適な Open Storage、高性能と高可用性を実現しながらコスト削減、ストレージ管理の簡素化、および最新のフラッシュディスクの利用が可能(提供:サン・マイクロシステムズ)。(2010/2/1)

ホワイトペーパー:
Webインフラストラクチャ・ストレージのコスト・複雑性・パフォーマンスの管理
サンのOpen Storageソリューションで、Webインフラストラクチャにおけるストレージ管理を大幅に簡素化し、経済性を大幅に向上させる(提供:サン・マイクロシステムズ)。(2009/9/26)

Open Cloud Innovation Forum レポート:
PR:サンが模索する「あるべきクラウドの姿」
クラウドコンピューティングサービスへの参入を正式表明したサン・マイクロシステムズ。「The Network is The Computer」というビジョンに沿い、持ち前の技術力でクラウドの土台を磨いてきた同社による戦略が「Open Cloud Innovation Forum」で語られた。(2009/8/31)

Sun、クラウドコンピューティング市場に本格参入
Sunがオープンプラットフォーム「Sun Open Cloud Platform」を基盤としたサービスで、クラウドサービス市場に参入する。(2009/3/19)

アナリストが斬るITトレンド:
iSCSIが牽引する中堅・中小向けストレージ――大手ベンダーの動向は
データの増大にともない、ストレージへのニーズも高まる中、各ベンダーからさまざまなストレージ製品が発売されている。今回は特に、中小・中堅企業向けストレージにおけるベンダーの動きを探ってみよう。(2009/2/20)

サンがオープン性を前面に押し出したストレージ発表:
ZFSでNASアプライアンスをつくるとこうなる
(2008/11/20)

Sun、7〜9月期決算は17億ドルの大幅赤字
景気低迷の影響を受け、Sun Microsystemsの7〜9月期の売上高は前年同期比7.1%減、赤字を計上した。(2008/10/31)

Sun、ストレージのオープン化戦略で新ツールとサービスを追加
Sunが「Open Storage Revolution」を推進、OpenSolarisベースの新たなツールやサービスを用意。(2008/4/30)

Sun Storage Solution Day Report:
PR:サーバ、ネットワークに続きオープン化が進むストレージ
2月26日、サン・マイクロシステムズは「Sun Storage Solution Day」を開催した。広範なストレージ・ポートフォリオを持つ同社では、エコだけでなくオープン化を進めることがストレージ市場において重要だと考えているという。(2008/3/13)

Symantec Vision 2007 Report:
ストレージ統合を果たすVeritas NetBackup 6.5を発表、Symantec
米Symantecは同社の新戦略「Storage United」に基づく新製品として「Veritas NetBackup 6.5」を発表した。(2007/6/13)

NECとサン、戦略提携の一環でストレージ分野でも協業
NECとサン・マイクロシステムズは、4月に発表した戦略提携の一環として、ストレージ分野でも協業する。(2005/6/16)

サン、他社製ストレージとサン製クラスタソフトの接続認証を推進するプログラムを開始
サンは、他社製ストレージとサン製クラスターソフトの接続認証を推進する「Sun Cluster Open Storage Program」を開始した。(2004/8/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。