ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「OpenVPN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「OpenVPN」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Cloud IAMで一元管理:
Google、SaaSとLDAPアプリの管理を統一できる「Secure LDAP」機能の正式版を公開
Googleは、同社の「G Suite」または「Cloud IAM」を使って、従来のLDAPベースのアプリケーションやITインフラへのアクセスを管理できる「Secure LDAP」機能の正式提供を開始した。(2018/11/30)

PR:AirMacシリーズ販売終了……Macユーザーが今買うべき無線LANルーターは?
Synologyの無線LANルーター「RT2600ac」がMacやiPhoneユーザーから注目を集めている。その理由は……(2018/6/26)

PR:NASとして使うだけではもったいない!? ASUSTOR NASを導入したら入れるべきアプリ10選
ブログ、マイクラサーバ、ゲームエミュ……NASでこんなことまでできるの?(2018/5/18)

PR:Synologyの市場参入で変わるルーターの常識 新世代ルーター「RT2600ac」(活用編)
前編ではSynologyの無線LANルーター、RT2600acの導入までを解説した。後編では具体的な活用方法を紹介する。(2017/9/8)

告知が遅すぎた?
iOSとmacOSの“PPTP突然打ち切り”に振り回されるAppleユーザーたち
危ないといわれつつも普及していた主要VPNプロトコルのサポートが突然打ち切りに。急きょ“代役”を探せと言われてもすぐに見つかるものではない。(2017/2/9)

特集:成熟するOpenStack、企業における利用の現場(2):
NTTドコモにおける、OpenStackプライベートクラウドの価値を高める取り組みとは
NTTドコモでOpenStackによるプライベートクラウドを推進している人々が、2016年10月にスペインで開催されたOpenStack Summit Barcelona 2016で、自らの活動について語った。OpenStackを運用するというだけでなく、ユーザーにとっての価値を高める取り組みを進めている。(2016/11/21)

Oracle RATによる新旧DBの性能検証をクラウドでも:
PR:DBアップグレードのベストプラクティスはOracle Database Cloud Serviceでも使える! ライトウェルが検証
Oracle Databaseのアップグレードでは、旧環境におけるデータベース処理の性能が新環境で劣化しないかどうかのテストが大きな課題となる。ライトウェルは先頃、Oracle RATとOracle Database Cloud Serviceを用いて、このテスト環境を迅速に作って検証を行い、アップグレード作業を効率化できることを確認した。[パブリッククラウド][運用管理効率化][Oracle Cloud][Oracle Enterprise Manager](2016/7/13)

DRBDの仕組みを学ぶ(9):
クラウドサーバと結ぶVPN環境を「OpenVPN」で構築する(後編)
災害対策システムのための「VPN環境を構築する方法」を解説する本稿。前編は、「OpenVPN」のインストールと設定方法を解説しました。後編では、その設定を済ませ、実際にシステムを稼働させるまでを解説します。(2016/3/17)

DRBDの仕組みを学ぶ(8):
クラウドサーバと結ぶVPN環境を「OpenVPN」で構築する(前編)
万一の時にも、業務に影響を与えない/自動的に復旧することを目指す「災害対策システム」。今回はオープンソースのVPNソフトウェア「OpenVPN」を使い、遠隔地のサーバとのVPN環境を構築する具体的な方法を説明します。(2016/3/16)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(4):
ハマる前に理解する「Firewalld」の設定方法、「iptables」との違い
システム管理に関する部分が前バージョンから大きく変更された「CentOS 7」は、Linuxに慣れていても「ハマる落とし穴」が幾つかあります。今回は、CentOS 7で採用されたパケットフィルタリングのための新たな仕組みである「Firewalld」の基礎と運用方法を解説します。(2016/2/18)

DRBDの仕組みを学ぶ(7):
今こそ真剣に考える「災害対策システム」──クラウドと「DRBD Proxy」ですぐ構築する方法
「災害対策」を行っていますでしょうか。必要とは理解しつつも、高額で手をつけられない事情も多くあるでしょう。今回は、中堅中小企業でもソフトウェアのみですぐ実行できる、災害対策システムを構築する方法を解説します。(2016/2/15)

半径300メートルのIT:
海外旅行で気になった「個人用VPN」の実際
1年ぶりに海外へ取材旅行に出ました。このコラムでふれてきた「個人用VPN」が実際に使えるものかどうか検証する旅にもなりました。(2015/6/2)

半径300メートルのIT:
便利すぎて怖い「個人用VPN」
自宅ルータの「VPNサーバ機能」を使って、外出時にも自宅ネットワーク上のNASに接続できるようにしました。便利ですが、ちょっと気になることも。(2015/5/12)

Tech TIPS:
ChromebookでVPNを設定する
外出先からインターネットを使って社内ネットワークにアクセスする際や、公衆無線LANサービスでセキュリティを確保する際にインターネットVPNが利用される。そこでChromebookでVPNを設定する方法を紹介する。(2015/4/3)

仕事で使うNAS 第2回:
WindowsサーバからNASに乗り換えるとき気をつけるべきことは?
「仕事で使うNAS」の連載第2回では、WindowsサーバからNASに乗り換える際、注目すべきポイントを見ていく。(2015/2/26)

OpenSSLの脆弱性、いまだに悪用可能なWebサイトが相当数存在
セキュリティ企業が6月上旬に発覚したOpenSSLの脆弱性への対応状況を調査した。(2014/6/17)

OpenSSL脆弱性にベンダーが状況公開、影響システムを探る動きも
「Heartbleed」問題でGoogleやMozilla、Amazon Web Servicesなどの各社が対応状況を説明。顧客側にもSSL証明書の入れ替えなどの対応を促している。(2014/4/10)

Google、OSSのセキュリティ問題対応にも報奨金を提供へ
OpenSSHやBINDといったオープンソースプロジェクトのセキュリティ強化に貢献した研究者などに、500〜3133.7ドルの賞金を贈呈する。(2013/10/11)

フフフ、こうも簡単に入れ替えられるとはな:
こんなに手軽――QNAP「TurboNAS」を新モデルにリプレースする
オフィスでファイルサーバを導入しているところは多い。だが、HDD込みのシステムとして購入すると、償却前に容量が足りなくなったとき、コストや保守の面から対応が困難になりやすい。また、ユーザーやファイル数が増えてくればファイルサーバ自身のパフォーマンスが問題になることもある。今回は実際にTurboNASのリプレースを行う場合の手順について紹介しよう。(2012/7/2)

簡単NAS活用術:
きさま見ているなッ!――iPhone/Androidで自宅のNASを遠隔操作
せっせと貯め込んだあんな動画やこんな動画を手元のスマートフォンからいつでもどこでも視聴したい――そんな人にはTurboNASがおすすめだ。(2010/12/22)

「オープンソースの整合性と品質は改善」――Coverity報告書
Coverityが発表したオープンソースソフトウェアの品質に関する報告書によると、この3年間でコードのエラーは16%減少しており、整合性と品質が改善されていることが明らかとなった。(2009/9/24)

AdminIT Daily News:
リンク、OpenVPNを採用した新サービス「ssVPN」を提供開始
リンクは専用サーバサービスのオプションとして、OpenVPNを採用した「ssVPN」を提供開始する。課金体系は同時接続数ベースのため、アカウント数を気にする必要がないという。(2008/10/1)

Security Incident Report:
Debian OpenSSLの脆弱性はあなたのシステムにも影響する
DebianのOpenSSLパッケージに脆弱性が見つかった事件。自分のシステムはDebianでもUbuntuでもないから安心だと思っているサーバ管理者は、それが大きな間違いであることに一刻も早く気づき、対策を施すべきである。(2008/5/20)

DebianのOpenSSLライブラリに予測可能な乱数の生成を行う脆弱性
OpenSSHやOpenVPNなどの暗号化にも用いられるOpenSSLライブラリに予測可能な乱数を生成してしまう脆弱性が発見された。DebianやUbuntuでOpenSSHなどを用いている方はすぐにチェックが必要だ。(2008/5/15)

Ubuntu 8.04 LTSがリリース
Ubuntuの商用スポンサーである英CanonicalはUbuntuのサーバおよびデスクトップの最新版がそれぞれリリースされたと発表した。(2008/4/28)

SSL VPN と OpenVPN:多くの嘘とわずかな真実
SSL VPN市場は、ここ5年、活況を呈しているが、その裏には従来のVPN技術への不満がある。ここではSSL VPNの問題点を挙げるとともに、OpenVPNという強力な製品について述べていこう。(2005/10/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。